NT初心者です。どうぞよろしくお願いします。

NT4.0サーバの稼動中、パフォーマンスモニタを5分間隔で動かし、
結果を一つのログに書き出したいのです。

定時起動をするにはATコマンドがあるということは調べたのですが、
実際のコマンドの記述がまったくわかりません。
↓このようなかんじかと思うんですが…
 AT 00:00 /NEXT: c:\winnt\system32\prefmon.exe
 AT 00:05 /NEXT: c:\winnt\system32\prefmon.exe

良い方法がありましたらご教授お願いします。

A 回答 (1件)

パフォーマンスモニタを何度も起動させなくても、パフォーマンスモニタの「ログ」を使えば、記録できます。



littlearkadiaさんが見ているのは「グラフ」です。表示メニューでログを選び、グラフと同じような感じでカウンタを追加しログファイルに記録してください。ログファイルはパフォーマンスモニタで参照できます。

この回答への補足

自己解決しました。
1)モニタのログファイル画面で設定してログ設定ファイルを作成

2)コマンドラインで起動
 C:\winnt\system32\Perfmon.exe C:\・・・・\(ログ設定ファイル名).pml

これで起動すると、自動的に採取を開始してくれました。
でも今度は終了ができないんですが(^^;)

補足日時:2002/02/01 12:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
質問の書き方が不足で申し訳ありません。

ログを取れば良いということはわかるのですが、
コマンドラインで採取する方法はあるでしょうか?
夜間に自動起動させたいので、バッチにしたいのです。

採取したい項目、ログの名前、保管場所は固定で、
ログ設定やグラフ設定を保管したファイル(pm*ファイル)は作成済みです。

お礼日時:2002/01/15 09:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパフォーマンスモニタの%Processor Timeが納得いきません

WindowsXPを使っていますが、何か大きな処理(例えばデフラグなど)をやりながらパフォーマンスモニタを見ていると、
"%Processor Time" の"Processer"を選んだ場合の波形が
タスクマネージャ/パフォーマンスで表示される「CPU使用率の履歴」とほぼ一致することがわかりました。
ところが、試しに同じ"%Processor Time" の"Process"で"_Total"を選んでみると
なぜか値が100を指したまま降りてこなくなっていました。"_Total"以外のプロセスでいくらか波が出ているにも関わらずです。

そこで質問です。
Q1:"%Processor Time" の"Processer"と
"%Processor Time" の"Process"の"_Total"は違うものなのでしょうか?
Q2:"%Processor Time" の"Process"の"_Total"とは
"%Processor Time" の"Process"の"_Total以外"の合計値だと思っていましたが、違うのでしょうか?

よろしくお願いします。

WindowsXPを使っていますが、何か大きな処理(例えばデフラグなど)をやりながらパフォーマンスモニタを見ていると、
"%Processor Time" の"Processer"を選んだ場合の波形が
タスクマネージャ/パフォーマンスで表示される「CPU使用率の履歴」とほぼ一致することがわかりました。
ところが、試しに同じ"%Processor Time" の"Process"で"_Total"を選んでみると
なぜか値が100を指したまま降りてこなくなっていました。"_Total"以外のプロセスでいくらか波が出ているにも関わらずです。

そこで質問です。
Q...続きを読む

Aベストアンサー

A1
Processerの方は、Idle以外のプロセスの合計+カーネル(OS)です。
Processの方は、すべてプロセスの合計です。カーネルの分は含みません。
A2
そのとうりで、_Total以外の合計値です。

なぜ100を指すのかというと、CPUを使用してない時は、Idleというプロセスがすべて消費しています。(タスクマネージャ上ではSystem Idle Processというやつです。)
つまり、このプロセスの使用率はCPUの未使用率になります。

しかし、Processの_TotalはIdleまで合計してしまうので、
使用率+未使用率-カーネル使用率となるので、カーネルが重い処理をしてなければ、ほぼ100を維持することになります。

Qbatである文字列内に特定の文字列が含まれているか確認したい

batファイルの中である変数「abc」の中に「test」という文字が含まれていたら○○を行なうという分岐を作成したいのですが、どのように行なえばよいのでしょうか?

そのまま、ずばりのお答えお待ちしております。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大文字小文字を区別しなくていいなら、

if not "%abc:test=%" == "%abc%" echo 含まれていた

区別するなら、

echo %abc% | find "test" >NUL
if not ERRORLEVEL 1 echo 含まれていた

Qbatファイル処理でのテキストファイルの内容を編集

batファイル処理のみにてテキストファイルの内容を編集する事は可能でしょうか。

例えば
aaa=0
bbb=0
ccc=0
ddd=0

という内容のテキストファイルが存在し、batファイルにて
aaa=0
bbb=1
ccc=1
ddd=0

というように、指定行の内容を変更させたいのですが、この処理をbatファイルのみで行う事は可能でしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんな感じですか?
パスは適切に設定してください
----- a.bat -----
cd c:\foo\bar
if exist test.bak goto skip
copy test.ini test.bak
cscript a:\hogehoge\replace.vbs test.ini
:skip
----- a.bat ここまで -----

----- replace.vbs -----
Const ForReading = 1
Const ForWriting = 2

strFileName = Wscript.Arguments(0)

Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFSO.OpenTextFile(strFileName, ForReading)

strText = objFile.ReadAll
objFile.Close
strText = Replace(strText, "bbb=0", "bbb=1")
strText = Replace(strText, "ccc=0", "ccc=1")

Set objFile = objFSO.OpenTextFile(strFileName, ForWriting)
objFile.WriteLine strText
objFile.Close
----- replace.vbs ここまで -----

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/technet/scriptcenter/resources/qanda/feb05/hey0208.mspx

こんな感じですか?
パスは適切に設定してください
----- a.bat -----
cd c:\foo\bar
if exist test.bak goto skip
copy test.ini test.bak
cscript a:\hogehoge\replace.vbs test.ini
:skip
----- a.bat ここまで -----

----- replace.vbs -----
Const ForReading = 1
Const ForWriting = 2

strFileName = Wscript.Arguments(0)

Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFSO.OpenTextFile(strFileName, ForReading)

strText = objFile.ReadAll
obj...続きを読む

Q処理件数を非表示にしたい

ManagementStudioでストアドプロシージャの開発をしています

開発中、デバッグのためにプロシージャをコールすると、SQLの発行の度に
「何件処理されました。」
「何件処理されました。」
「何件処理されました。」
「何件処理されました。」
「何件処理されました。」
・・・

と処理件数が表示され、確認の際に邪魔で困っています。
処理件数を非表示にするにはどうすれば良いでしょうか?

また同様に、SELECT文の発行ごとにSELECT結果がグリッドに表示されるのを非表示にできないでしょうか?

Aベストアンサー

処理件数を非表示にする方法

⇒SELECT文の前に「set nocount on」を記載すると件数は表示されません。

SELECT文の発行ごとにSELECT結果がグリッドに表示されるのを非表示にする方法

⇒デバッグのためには表示された方が良いと思いますが、
 とりあえず…SELECT文の前に「SET NOEXEC ON」を記載するとデバッグだけ実施され、
 グリッドは表示されません。
例であげると以下のとおりです。
SET NOCOUNT ON
SET NOEXEC NO
SELECT *
FROM DB.dbo.TableName
go


人気Q&Aランキング

おすすめ情報