最近、様々な場所に用いられているLaserですが、日本語のカナ表記として最近主流なのは「レーザー」でしょうか、「レーザ」でしょうか?
(日本語表記にすると無理が出ますね。。。)
何か基準がありましたら教えていただきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

結論から言うと、どちらでも良いと思います。



思うに、単語の終りの「ー」を省略するのは、工学部系の習慣です。
理学部系では「レーザー」と書くと思いますし、工学部系では「レーザ」と書くことが多いと思います。これも一概には言えませんが。

終りの「ー」を省略する場合は、このほかにも、
コンピュータ(コンピューター)
センタ(センター)
などなど、本当に徹底的に最後の「ー」を省略します。
ただし、「フロー(流れ図)」のことを「フロ」とは書きません。
「フロー」というように「3文字」(省略してしまうと2文字になってしまう。)
以下の場合は、決して省略しないという習慣があります。

(いつだれが始めたんでしょうね?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「フロー」が「フロ」にならないという例にとても感心しました。

お礼日時:2002/01/24 18:02

「er」の発音ぐらい、まあ、適当でいいとおもうのですが、「プリンタ」「プロバイダ」という人なら、野球で「ピッチャ」「キャッチャ」と言えば?と思いますね。



ということが、以前の質問回答ですでに出ていましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
erやorのついた単語のカタカナ表記は厄介ですね。
いっそ、漢字で書ければいいのですが。。。
でも「Laser」を「誘導放出による光増幅器」と毎回書くのも面倒ですね。

お礼日時:2002/01/24 18:13

ちなみにLASER自体は単語でなく略語です。


(Light Amplification by the Stimulated Emission of Radiation の大文字部分)
私は「-(長音符号)」をつけた方がより口語的だと思います。また、これはあくまでカタカナの時にだけ用いる「符号」ですから、文字ではないので、より発音を正確に表記するための手段と認識すればよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私もカタカナで表記するなら、長音符号をつけるほうが好みです。
今まで書いていたものを省くと変な感じがしてしまいます。

お礼日時:2002/01/24 18:08

10ヶ月ほど前に、この欄で議論されています。


参考になると思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=50813
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この手の話はやはりあるんですね。

お礼日時:2002/01/24 18:06

こんにちわ。

No.1さんとは逆ですがレーザーと読んでいます。
本当の読みではないと思うのである意味どちらも間違ってると言えるでしょう。
英語での発音が正しい読みでしょうから。

例えば人の名前や星の名前・世界の地名などがメディアによって多少ずれている
ケースってあると思います。多分基準があったとしてもそれは世界基準ではなく
会社の基準の様なローカルな基準になるのではないでしょうか。

なので適切な回答にはなりませんが自分の思った様に呼ぶのがよろしいのでは
ないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私もできれば、アルファベットで記述したいと思うことが多々あります。
明らかに周知された単語ならできるのですが。。。

お礼日時:2002/01/24 18:04

こんんちは。


「コンピューター」と「コンピュータ」。
最近ではこういった言葉が多いですね。
私が思うにはのばす方が元々日本人が好んで(もとい教えられて)使っているんだと思います。
のばさないという定義もあまりないような気がします。
これらは日本古来の言葉ではないので、どちらが正しいとかはないのでは?
個人の趣味でしょうか?
私はのばさない派です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
この話はいろいろなところであるようですね。
早い回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 17:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーザを用いる距離計測について

レーザを用いた距離計測の方式は調べた結果,「位相差方式」,「パルス方式」でした。その他の方式があるのでしょうか?
 また,現在主流の方式はどの方式でしょうか?
 各方式の概要があるHP等がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>その他の方式があるのでしょうか?
マイケルソン干渉計、ヘテロダイン干渉計、レーザー共焦点、光切断法などなど。

>また,現在主流の方式はどの方式でしょうか?
どの程度の距離を測定するか、またその目的で変わります。

干渉計方式などは微小な距離を測定するのに使いますが、重力波検出では長距離をマイケルソンで計測していますし。

土木関係で使われるのは主にパルス時間計測や位相差方式です。

Q半導体レーザとホログラムレーザの違い

はじめまして。半導体レーザとホログラムレーザの違いを教えて下さい。
両方ともCDやDVDのピックアップ(?)に使われているんですよね・・・。
ちなみにピックアップというのは、信号の読み取りの事を意味するのですか?

Aベストアンサー

正確に言えばホログラムレーザというものはありませんね。
CD,DVDなどで使われているのは、「半導体レーザ」です。
では、なぜホログラムという言葉が出てくるのかというと、「半導体レーザ」から出た光はそのままCDに当てるのではなくて、
「半導体レーザ」→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「レンズ」→CD,DVDなどの記録面
と光学素子(レンズ、ビームスプリッタ)を通ってから光が当たるわけです。
当たった光の反射光は、
CD,DVD→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「受光器」
とビームスプリッタまでは同一経路ですが、そこから別れて受光器に入ります。
そして、電気信号に直されるわけです。

ホログラムは特殊な光学素子で、この「レンズ」「ビームスプリッタ」の役割をします。
また、最近では、半導体レーザと受光器とこのホログラム光学素子を一体にしたモジュールとして作ることによりコストダウンを測っています。
そのため、わかりやすいというか、印象が良いというか、まあそんな理由でこのモジュールのことをまとめてホログラムレーザと称しているだけでしょうね。
昔CDが出たばかりの頃は、小さなレンズ、スプリッタなどを組み合わせて作っていた自体もありますが、組立コストなどが馬鹿にならないので、最近ではもうこのホログラムタイプが主流かと思います。

ピックアップはこの場合ある記録媒体から「信号を取り出すモジュール」を意味することになりますので、このモジュール全体という事ですね。

正確に言えばホログラムレーザというものはありませんね。
CD,DVDなどで使われているのは、「半導体レーザ」です。
では、なぜホログラムという言葉が出てくるのかというと、「半導体レーザ」から出た光はそのままCDに当てるのではなくて、
「半導体レーザ」→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「レンズ」→CD,DVDなどの記録面
と光学素子(レンズ、ビームスプリッタ)を通ってから光が当たるわけです。
当たった光の反射光は、
CD,DVD→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「受光器」
とビ...続きを読む

Q最近およびこれからのマイコンの主流は

電子関係は専門ではないのですが仕事上(趣味もあり)マイコンを少しやっていました。
主にPICが中心でH8をやろうかなと思っていたところでしばらく離れることになり最近また始めようかと思っているところですが、この世界少し間が空くとデバイスも変わってしまいますしトラ技なんか見ると最近はARMマイコンやAruduinoやFPGA(マイコンじゃないですけど・・)の制作記事が目立つ気がします。
そこで現在の主流はどんな感じなのでしょうか?業務でもかかわることもあると思いますので動向も知りたいです。やはり業務用だとH8とか健在でしょうか?
Aruduinoなんかはどちらかといえば量産タイプでないような気もしますがどうなのでしょうか?
マイコンタイプは一度選択するとなかなかほかのタイプが使えない(多分覚えることが多いから?)とも言われているようなので新規で覚えるのならこれから普及していきそうなものが良いかなと思っています。

Aベストアンサー

今でも、H8やPICも主流の一つだと思いますよ。
CPUの選定は、仕様や用途で行えば良いと思います。

CPUのプログラムは、一つのCPUに関してしっかり勉強していれば、
後は、CPUのマニュアルを読んで違いが理解できれば、概ね何とかなります。
まずは、自分の理解しやすいCPUから初めても良いし、目的があれば
その用途に沿ったCPUを勉強すれば良いと思います。

少し気になったのは、ARM は アーキテクチャの名称であって固有のCPUを
指しているものでは有りません。
ARMのCPUであっても、個々のCPUによって、特徴や開発環境が異なります。

また、Aruduino は統合開発環境であって、これも、固有のCPUでは有りません。
基本的には、AtmelのATmega シリーズを載せたも物ですが、Aruduino互換として
PICやSTM32を使ったものも有ります。
Aruduinoは、CPUに対するプログラムというより、システム全体に対しての
プログラムになるので、純粋にCPUに対するプログラミングとは趣が異なります。

ご存じでしょうが、FPGAはCPUとは全く違う物ですね。
ただ、FPGAの中にCPUのダイや論理回路を持っている物も有りますが…

参考までに、私が良く使ってきたのは、STM32シリーズやTIのTMS320シリーズ
SH-2、H8 と、いった所でしょうか?
今後、ルネサスがどの様になるのかで、CPUのラインナップが変わってくるかも
しれませんが…

今でも、H8やPICも主流の一つだと思いますよ。
CPUの選定は、仕様や用途で行えば良いと思います。

CPUのプログラムは、一つのCPUに関してしっかり勉強していれば、
後は、CPUのマニュアルを読んで違いが理解できれば、概ね何とかなります。
まずは、自分の理解しやすいCPUから初めても良いし、目的があれば
その用途に沿ったCPUを勉強すれば良いと思います。

少し気になったのは、ARM は アーキテクチャの名称であって固有のCPUを
指しているものでは有りません。
ARMのCPUであっても、個々のCPUによって、特徴...続きを読む

Qレーザーポインターのレーザー光について

過去に、レーザー光を直視したために網膜を痛めるなどの事故がありましたが、反射したレーザー光は大丈夫なのでしょうか?もちろん鏡に反射したレーザー光は危険だと思いますが、プレゼン時に使用するスクリーンや白の壁に反射したレーザー光はどうなのでしょうか?これらの素材では、表面が凸凹のため拡散されて、安全なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レーザー・ポインターの出力とスクリーンとの距離によりますが、
まず、白いスクリーンや白壁でしたら問題はないと思います。

レーザーが危険なのは5mw以上のパワーを持ち、ビーム径が7mm以下のものをまっすぐに直すると、普通は眩しいと眼が反応するのですが、この反応が遅いと網膜にレーザー・ビームが入り、火傷もしくは部分的に失明、パワーや照射時間によっては完全失明する危険性があります。

スクリーンでも中には反射率を高めた工夫をされたものもあります。

それもよほどのパワーでなければ、まず、ギラッと目に突き刺さる感じと目に残像が残らない程度であれば大丈夫です。

もの凄いパワーのレーザーでビルの壁に絵を書いたりもしていますから。でも、これも一番近い場所で、安全なように工夫して、照射されております。

参考にLASAのレーザー・ディスプレイの安全運用の「3. 人体傷害の防止」を読んでもらうとよく理解できるかも知れません。

参考URL:http://www.lasa.gr.jp/

Qトランジスタを用いた平滑回路を用いた時の特徴と動作原理について

大学のレポートで困っています。自分でいろいろ調べてはみましたが、わかりません。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

低電圧の回路で使うという趣旨から見ると、No.4のanisolさんのお答えが正解のようですね。私も大変勉強になりました。
リップルフィルターの実際の回路がありました。参考URLの図47の右上で+10Vにつながっている部分がそれらしいです。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~sugai/pll/pll6.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報