ヨーロッパ音楽におけるソナタ形式の持つ意味とは何なんでしょうか?
教えてください!よろしくお願いします!!(><)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こういう簡潔なご質問に答えるのは難しいですね。

内容が内容だけに、これについて回答するには、かなり長くなりそうです。
複数の楽曲が集まって、それらが有機的に統合して全体が統一される、いわゆる「楽曲としてのソナタ」ではなく、ここでは、
ソナタの第1楽章で扱われることの多い「ソナタ形式」(別名、「第1楽章形式」「ソナタ・アレグロ形式」)について議論したい
と思います。質問文では「ヨーロッパ音楽における・・・」とあるので、このようなことについては、とりあえず音楽の歴史につ
いて良く勉強しなければなりません。また音楽のことだけではなくて、各時代でヨーロッパにおいてどのような哲学や思想が芽生
え発展したか、政治や国際情勢はどうであったかにまで議論を拡大して考えるべきです。そして忘れてはならないのが、作品の
アナリーゼ(分析)を数多く行うことです。音楽を勉強したり批評したりする人間は、まず音楽を良く聴き、作品がどのように構
成されているかを地道に研究しなければならないと思います。これを怠る人が言うことは、空論に過ぎないと見なす厳しい態度が
必要です。とはいえ、「直ぐに回答がほしい」ということですので、とりあえず、以下に色々な作曲家が残したソナタ形式につい
て時代順に見ていき(A)、最後にまとめ(B)を述べさせて頂きます。
(A)色々な作曲家が残したソナタ形式
(1)ハイドン・モーツァルト周辺……この2人が登場する前の時代にも、ソナタ形式で作品を残している作曲家は多数います。い
わゆる「前古典派」の時代の作曲家で、イタリア、オーストリア、ドイツ各地に、様々な作曲家が、徐々にソナタ形式を築いてい
きました。丁度この頃は、芸術的にも最高域に達したバッハの対位法音楽(ポリフォニー)が完成していましたが、戦争に明け暮
れ疲れ果てた絶対王政の時代は、(ポリフォニーよりも)もっと軽妙で明快・優美な新しい音楽を必要としていました。それが、
ホモフォニーです。ホモフォニーとは「単一の旋律とそれを支える和声」という構造の音楽で、1本の旋律を元にして、変奏技法
や旋律の融合といった高度な技術を要するポリフォニーよりも、厳格さが消え、より自由な音の使い方をめざす音楽です。
 ソナタ形式は、まさにヨーロッパが中世から受継いできたポリフォニーの世界から離れるときに現れてきたものです。ポリフォ
ニーでは、1つの主題(旋律)をもとにして、それがどんどん発展・展開していく音楽で、それが音楽の推進力になっていました。
それではホモフォニーにおいては何を推進力にして作品を構成していくかが問題となりました。何故なら、ホモフォニーにはポリ
フォニーほどの音楽的緻密さが得にくかったからです。そこで1つの主題だけでなく、2つの主題をもつソナタ形式はホモフォニー
音楽に論理的・合理的に推進力を与え得るものとして、世の中で徐々に認められていきました。そしてソナタ形式は、その揺籃の
時代を経て、ハイドンによって一応完成されました。ハイドンは弦楽四重奏極や交響曲にソナタ形式を応用し、この形式をメジャ
ーなものに育て上げました。モーツァルトはハイドンの意志を受継ぎ、より緻密な構成でソナタ形式を創り上げました。この2人
の偉大な作曲家によって、それまで幾分流動的であったソナタ形式に、「雛型」を与えました。すなわち、
    提示部[第1主題(主調)-移行部-第2主題(近親調)-小結尾] + 展開部(提示部で現れたモチーフを転調的に展開)
     + 再現部[第1主題(主調)-移行部-第2主題(主調)-結尾]
という典型的な形です。
(2)ベートーヴェン……上記の2人の意志を受継ぎつつ、さらにソナタ形式を発展させたのがベートーヴェンです。彼はそれま
で、やや曖昧であった主題労作を徹底的に用いて、作品に与えられる主題と楽曲中の各部分との関係を密なものにし、ソナタ形式
を非常に構築性のある音楽形式に高めました。また、例えば彼が残したピアノ・ソナタは、どれ一つとして同じような型を用いず
上記の雛型にはまることなく、常に新しいソナタ形式を模索しました。例えば「ワルトシュタイン」では主調がハ長調ですが、そ
れまで属調で書かれることの多かった第2主題をホ長調にしています。「熱情」では、第1主題と第2主題に多くの関連性を持たせ
ています。ベートーヴェンは他にもここでは書ききれないほどの多くの工夫をソナタ形式に与えました。
(3)ロマン派音楽におけるソナタ形式……ベートーヴェンが残した数々の傑作、例えば交響曲「運命」や「第九」、ピアノソナ
タや弦楽四重奏曲は、次のロマン派音楽の作曲家の目標となりました。ベートーヴェンの重要な作品の多くはソナタ形式が用いら
れているため、必然的に、「ソナタ形式で作品が書けること」は作曲家にとって決定的に不可欠な要素となりました(このような
考えは現代でも続いています)。殆どの作曲家はソナタ形式による作品を多く残しています。しかし、この時代はどちらかという
と論理性・構築性のある音楽よりも、歌曲や標題音楽などのある意味「ゴツゴツしていないくだけた音楽」が最良とされる傾向が
あったため、ベートーヴェンから発展した、より芸術的に高度なソナタ形式は生まれませんでした。比較的古典的なソナタ形式を
守ったのが、シューベルト、シューマン、ブラームスらの前期古典派の作曲家で、ショパン、リスト、ヴァグナーらはソナタ形式
から離れていく傾向にありました(ショパンの3つのピアノ・ソナタのソナタ形式は、構造の面から見れば幾分幼稚な構成となっ
ています)。それでも交響曲や協奏曲などの第1楽章は殆どソナタ形式で書かれ、ソナタ形式が消滅することはありませんでした。
(4)近・現代の音楽……時代が進み、ドイツロマン派が衰退していくと、フランスのドビュッシーなどが登場し、それまでの伝
統的な調性音楽が徐々に崩壊していきました。調が無くなって無調音楽がはびこると、調関係によって構造が支えられているソナ
タ形式は意味を失っていきました。もちろん作曲家は皆、ソナタ形式の作品を多く残していますが、歴史を変えるような重要な作品
において、ソナタ形式の役割の重要性は低くなりました。
(B)まとめ
 以上のように、18世紀の前古典派に生まれたソナタ形式は、古典派の偉大な作曲家によって確立され、ロマン派に受継がれまし
たが、現代音楽ではソナタ形式で書かれることは極端に減りました。しかし、ソナタ形式がヨーロッパ音楽に与えた影響は非常に
大きなものがあると言えるでしょう。「ヨーロッパ音楽におけるソナタ形式の意味」とは、
 まず第一に、ソナタ形式によって「主題の展開」を楽曲の音楽推進力の基本とするバロック音楽からの伝統が守られたこと。ま
たそのような西洋音楽の基本的な音楽の進め方において、ホモフォニーではソナタ形式が最も合理的かつ論理的な楽式であったこ
と。
 第二に、ソナタ形式が構築性のある形式として認められたのは、主題労作による「一貫性」と、第1・2主題の対比や、展開部の
導入によって「多様性」を音楽に与えたこと。本来「一貫性」と「多様性」は相反する内容であるが、ソナタ形式によって、両者
をよどみなく融合することに成功したこと。
 第三に、ソナタ形式によって、転調技術などが発展し、ホモフォニーを支える和声法を高度化したこと。

以上ですが、他にも色々と「西洋におけるソナタ形式の意味」はあると考えられます。上記だけでは不十分かと思いますが、是非
勉強してみてください。ソナタ形式について考えるだけでも、西洋音楽の様々な側面について知ることは多いはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりにくい質問でごめんなさい。とても詳しく答えてもらえてすごくうれしいです!!!ありがとうございました!!!もっといろんな作品にふれてみたいとおもいます☆どうもありがとうございました☆★☆

お礼日時:2002/01/15 11:26

この際、助産術を使うことにしましょうか。


補足要求:nakkolさんは、ソナタ形式がどんなものであるか説明できますか?
補足要求:nakkolさんは、ヨーロッパ音楽をどのような意味で用いていますか?
以上、2点に補足するだけでも、なんとなくわかってきそうなものだとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりにくい質問でごめんなさい。私自身がもっと作品にふれて勉強したいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/15 11:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバスーンについて教えてください!!(><)

バスーンとファゴットのことを調べています。
バスーンとバソンって 同じ楽器ですよね。
バスーンとはいったい何語なのでしょうか。
バスーンとファゴットを バスーンまたはファゴットというのは
どうしてですか。
でも ファゴットとバスーンはお国違いの同じ楽器、
というのは間違いですよね。
大変急いでいます。どなたかお助けください!!

Aベストアンサー

ファゴット(バスーン)とバソンは基本的には同じですが、違う楽器です。
バソンの方がキーが少ないです。その分、コントロールが難しいですが、音色も多彩で表現力があり、フランスっぽい(この表現は理解に苦しむと思いますが)音がします。
ファゴットはイタリア語で束って言う意味です。バスーンは英語読みです。

Q「がんばれ!とうちゃん!」って歌なんです(><)

こんにちわ。
2年くらい前に
かあちゃんとカラオケで歌ったのですが
男の人のグループでした。
「がんばれ!とうちゃん。まけるなとうちゃん。
あんたのかえりをまっている。」って
歌詞があったのですが
タイトルも歌っているグループも
どうやってさがしてもみつかりません。
ずっとさがしています。。
知っているひとがいたら
おしえてください。
おねがいします。         なる

Aベストアンサー

グループ:SEX MACHINEGUNS
題名:とうちゃん

検索キー:がんばれ 負けるな とうちゃん

Qソナタ形式の観点、とは・・・・?

誰かの交響曲の特色を、ソナタ形式の観点から書き綴らなくてはいけないのですが、そもそも「ソナタ形式の観点から述べる」が難しいという問題外な事態に陥っています。
今日一日色々なサイトを読み漁ったのですが交響曲の特色が分かりやすい人も探せません。始めはハイドンが書きやすそうだと的を絞って調べていたのですが、初心者には他の人の方が良いのでしょうか・・・(泣)時間が少なくなってしまったので、参考までにどなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
そういう時は初心にもどりましょう。
まずソナタ形式って何?
からはじめるといいでしょう。
参考URL程度の事はもう御存じだとおもうのですが、それぞれの「提示部」「第1(2)主題」・・・といった言葉に楽譜を当てはめて行けばその先が見えて来ると思いますが。
参考URLが判りにくければ
http://www.fsinet.or.jp/~mfujimot/music/words/style.html



http://ja.wikipedia.org/wiki/ソナタ形式#ソナタ形式

はかなり判りやすいかと思います。

参考URL:http://www.denen.org/keishiki/c07.html

Qクラシック音楽 ベートーヴェン 三楽章からなるソナタ

M・B・ゴフスタインの『ピアノ調律師』すえもりブックスp54にベートーベンの「三楽章からなるソナタ」という曲名が出てきます。これは32あるピアノ・ソナタのうちの三楽章で成り立っているソナタ、例えば「熱情」のようなものか、あるいは32のソナタとは別の何かのソナタなのか良く分かりません。特定の曲が気になります。「3つの選帝侯ソナタ」とも一瞬思いましたが、「三楽章」じゃないし…。この本の作者は他にも「ショパンのワルツ」というようにアバウトな書き方をしているから、このベートーヴェンのも特定できないのでしょうか。教えて下さい。
(ちなみに、他にメンデルスゾーンの「夢」、シューマンの「謝肉祭」など、分かる曲も出てきます)

Aベストアンサー

ゴフスタインは、ベートーヴェンの「三楽章からなるソナタ」としか書いていませんし、その前後にも曲を特定できるような記述は見当たりません。従って、残念ながら曲目は判らないとしか言えません。ベートーヴェンのピアノ・ソナタで3楽章のものは多数ありますので、読者が自分のイメージで想像してみたら、それでいいのでしょうね。まあ、それでも作品109や110ということにはならないでしょうけど。
※ どうしても気になるようでしたら、著者 M.B. Goffstein に出版社経由で問い合わせるという方法もあります。

Q音楽と哲学、音楽の解説、音楽と自然科学、その他音楽に関する論文

音楽に関してさまざまな視点から考察をした論文で、お勧めのものはありませんでしょうか。

わたしは、音楽をカッコイイといった次元とは異なった次元で考えてみたくなった者です。たとえば、音楽理論を数学的に、あるいは、心理学的に考えてみると、どのようなことがいえるのだろうかということを考えています。音大生等ではありませんので、なかなか興味深い論文を探し出すこともできません。

音大生、音楽専門学生、また音楽に詳しい方は、今までどのような興味深い論文を読まれましたか。教えてください。よろしくお願いします。

なお、ジャンルは不問です。

Aベストアンサー

 
 1
 
── 婦人はかつて唄を唱いピアノを弾くことを禁止されたことがある
だろうか。にもかかわらず、なぜ女性は作曲をしないのであるか。また
作曲をしても、その作品がなぜ不朽ではないのか。メービウスは音楽史
上に見出されるすべての女性作曲家の名を苦心して集めてみたが、その
長い人名簿のうちで、これはと思うのは、クララ・シューマンとファン
ニー・メンデルスゾーンとコロナ・シュレーターの三人だけであった。
しかもクララはその夫によって、ファンニーはその兄によって、またコ
ロナはその友ゲーテによって、それぞれ有名になったにすぎない。
── クレッチマー/内村 祐之・訳《天才の心理学 19820118 岩波文庫》P196-7
 Mobius, Paul Julius 精神医学 1853‥‥ Duitch 1907‥‥ 54 /
 Kretschmer, Ernst  精神病学 18881008 Duitch 19640208 75 /
 
 2
 
── クレッチマーは梅毒が脳にある程度の刺激を与えたため、脳髄に
破壊がおこらない時期には天才を促進することになったのではないかと
想像する。(略)ウォルフの創作を検討してみると、一八八八年までは、
一八七五-七八年ころに、いくらかの作品はあるが、独創的ではないし、
一八七九年以来、四年間はほとんど、まったく作品がなく、一八八三年
には一曲、一八八四年から八五年の間はゼロである。
── 宮城 音弥《天才 19670220 岩波新書》P078-080
 
 3
 
 堀内 敬三《明治音楽百年史 19680930 音楽之友社》によれば、初めて
日本の音楽(新内・俗曲など)を聴いた、お雇い外人の音楽教師たちは
「この民族は永遠に西洋音楽を理解できないだろう」と嘆いたそうです。
 
 その後140年たって、たしかに西洋音楽は日本に定着しましたが、
日本人の作曲で、欧米に輸出された作品は、あまりにも希少です。
 つまり、われわれが思うほどに西洋音階を掌握できなかったのです。
 
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1409684
 
 4
 
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1657834.html
── アラン/宗 左近・訳《音楽家訪問 1927-1965 白水社》
 Arland, Marcel   作家   18990705 France 19860112 86 /“新世紀病理論”
 
 上記の本は(いま手もとにないのですが)24人の音楽家を訪ねて、
それぞれの“調性”に関する架空の対話を著しています。
 わたしには、とても退屈でしたが、参考書としては有効かと思います。
 

 
 1
 
── 婦人はかつて唄を唱いピアノを弾くことを禁止されたことがある
だろうか。にもかかわらず、なぜ女性は作曲をしないのであるか。また
作曲をしても、その作品がなぜ不朽ではないのか。メービウスは音楽史
上に見出されるすべての女性作曲家の名を苦心して集めてみたが、その
長い人名簿のうちで、これはと思うのは、クララ・シューマンとファン
ニー・メンデルスゾーンとコロナ・シュレーターの三人だけであった。
しかもクララはその夫によって、ファンニーはその兄によって、またコ
ロ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報