わいせつ文書に関する判例としていくつかありますが、判例の傾向としてはどのようなことがいえるのでしょうか?問題点もいまいちわかりません。教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 判例は有名なチャタレー事件他の判決において、わいせつ概念を「徒に性欲を興奮又は刺激せしめ、且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するものをいう」としていますが、見ての通り、実に曖昧な言い方です。

わいせつ概念を統一的に定義することは困難であり、時代や社会に応じて、柔軟に、かつ客観的に判断される必要があります。また、この問題は刑法のわいせつ物頒布罪のみならず、憲法の表現の自由等にも関わってくる、重要な問題です。

 判例ははじめ、「作品中にわいせつ性を認めうる部分がある以上はわいせつ物である」という、部分的ないし絶対的なわいせつ概念を採用していました(最大判昭和32・3・13)。しかしこれでは、あらゆる芸術作品や科学作品がわいせつ物とされてしまいます。そこで最高裁は、「部分的に露骨な性描写があっても、作品全体から判断してわいせつ性を否定すべき場合がある」とする、全体的考察方法を採用しました(最大判昭和44・10・15)。さらに最高裁は、「文書のわいせつ性の判断にあたっては、当該文書の性に関する露骨で詳細な描写叙述の程度とその手法、右描写叙述の文書全体に占める比重、文書に表現された思想等と右描写叙述との関連性、文書の構成や展開、さらには芸術性・思想性等による性的刺激の緩和の程度、これらの観点から当該文書を全体として見たとき、主として読者の好色的興味に訴えるものと認められるか否かなどの諸点を検討することが必要であり、これらの事情を総合し」て判断すべきであると判示しました(最判55・11・28)。

 これらのことを考慮すると、芸術作品・科学作品であれば、わいせつ性が緩和されることも実ですが、上記判決のように諸事情を勘案した結果、わいせつ物と判断される芸術作品・科学作品がありうることもまた否めません。結論としては、表現の自由・学問の自由を尊重するため、端的に明らかなわいせつ物であるハードコアやポルノ等の物以外は処罰対象から極力はずすべきであると言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/22 14:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q詐欺+準強制わいせつはどのような場合に成立するか

タイトル通りですが、詐欺罪および準強制わいせつ罪がどのような状況で成立するか教えてください。

例えば、(健全な)映画に出演させてやるという名目でわいせつ行為を行った場合は、相手が特に抵抗などしなくても詐欺罪と準強制わいせつになるのでしょうか?

他にこういう証拠や状況があれば成立するなど、条件などを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

詐欺は具体的に財物を騙取(だましとる)あるいは騙すことによって財産的利益を得ることで、ここで詐欺罪にあたるとは考えられないでしょう。事後的に被害者を騙して、給料踏み倒したというのであれば詐欺罪になるのでしょうが。相手騙して性行為をしても詐欺罪にはなりません。

準強制わいせつも難しいと思います。というのも、わいせつ行為が行なわれた時点で、何ら抵抗していないわけであり、また、性交渉それ自体について何ら錯誤や詐欺といった事情は存在しないからです。これが、映画撮影の内容だと誤信させてわいせつ行為をすれば準強制わいせつに問われる可能性はありますが、この事例では映画の内容自体に被害者の錯誤はなく、映画撮影とわいせつ行為自体は切り離して考えるべきであるといえます(ただ、具体的事例によっては「抗拒不能」といえる場合もありうるので直ちに準強制わいせつが否定されるとはいいきれません)。

参考判例として、医師が患者の少女が自分を信頼しているのに乗じて姦淫した場合に準強制わいせつを認めていますが(大判大15.6.25)、これは性行為について認識あるものの、被害者が年若い少女であること、加害者が医者だということから、同意を無効にした事例であり、本事例がこの判例の射程に入るとは考えづらいでしょう。

詐欺は具体的に財物を騙取(だましとる)あるいは騙すことによって財産的利益を得ることで、ここで詐欺罪にあたるとは考えられないでしょう。事後的に被害者を騙して、給料踏み倒したというのであれば詐欺罪になるのでしょうが。相手騙して性行為をしても詐欺罪にはなりません。

準強制わいせつも難しいと思います。というのも、わいせつ行為が行なわれた時点で、何ら抵抗していないわけであり、また、性交渉それ自体について何ら錯誤や詐欺といった事情は存在しないからです。これが、映画撮影の内容だと誤信...続きを読む

Q判例タイムズでの判例の探し方

母が交通事故になり先方の保険屋さん(JA共済)と話し合わなければなりません。
各種の資料を集めている途中なのですが
過失割合は先方の主張は当方10 先方90ですが納得がいかず
当方0 先方100にしたいと思っています。
先日、東京都の都立図書館に行き判例タイムズで判例を探そうと思ったのですが量があまりにも膨大でどう探していいかわかりません。
このような場合、自分に必要な判例はどのような手順で探したら効率的に探せるのでしょうか ?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

判例タイムズで判例を独自に探してももちろんよろしいですが、
責任割合を知りたいことが最終目的であれば、
たとえば以下の方法で知ることができます。
そうしない理由は何かあるのですか?

1)ここに事故の状況について事実だけを書く。
2)加入保険会社の代理店などに同じ事を聞く。
3)上記により判例タイムスの該当部分を特定する。

Qわいせつ物図画頒布罪・公然わいせつ陳列罪

出会い系サイト等で利用者(相手)へ玩具の男性の局部写真を送付した場合、サイトの管理会社(経営者)は送付した利用者に対しわいせつ物図画頒布財または、公然わいせつ陳列罪で訴訟など起こすことは出来るのでしょうか。またそういった法律に触れた利用者からサイト内で定められている利用規約に従い罰金を取ることはできるのでしょうか。
教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

その辺の罪名なら送付された方が被害届けを出すという前提のお話です。刑事でするなら管理会社側からは威力業務妨害とかそっちの方では?
罰金云々の話は民事でなら幾らでもできます。請求だけは。
罰金の額などについてはあらかじめ契約書でも結んでいてそれが社会通念上妥当なものであれば、おそらく簡単に認められる可能性があります。ただ利用規約にあるからと言ってそれが全て認められる訳ではありません。相手も訴訟をおこしてくれば、果たしてどの程度が妥当な金額であるかとかで揉めることになります。裁判までやれば両者とも結果的に赤字になることは確実ですので、相手がごねだしたら適当なところで折り合いをつけるしかありませんし、それもやはり法的に根拠のある方式で行うことになるでしょうから、裁判ほどではないにしろ、やっぱりコストはかかります。
罰金を取るのではなく、あくまでも請求できる権利は幾らでもありますから、どうされるかは好きにしましょう。まずは弁護士にでも相談されてください。相談だけなら最低で5000円程度から可能です。

Q判例集未搭載の判例全文を知るには

新聞社の広告掲載責任を認めなかったことで知られる日本コーポ事件の最高裁判決(平成元年9月19日)の全文を知りたいのですが、判例集未搭載となっています。

これを知る方法はあるでしょうか。ご存じの方、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

判例集未掲載の裁判は,判例雑誌に当たるか,その分野の専門雑誌に当たることにないます。もちろん,第1審裁判所(本件では東京地裁)で閲覧する方法もありますが。
この判決は,(財)新聞広告審査協会「新聞広告審査協会25年史」に載ってます。
また,疋田氏による論文にもほぼ全文(理由部分)が載っており,ラッキーなことにネットで閲覧できます。
「新聞広告における媒体責任について」(疋田 聰 経営論集第51号 2000年3月)

参考URL:http://www.mng.toyo.ac.jp/publication/keieironshu/g200003/g0003.html

Q『わいせつ物頒布罪』などわいせつ物に関する法律全般について

『わいせつ物頒布罪』などわいせつ物に関する法律全般について
ある程度ググッてみたのですが、いまいちよくわかりません。

Q.どのようなものがわいせつ物なのか?
例えば、写真であるなら性器が写っているかどうか、性行為中の写真であるか、など。
またこの場合、モザイクなどの修正の度合いによって変わってくるものなのでしょうか?
また、性的なイラスト・デッサン・文章・動画・音声なども関わってくるのでしょうか?

Q.どのような行為が違法となりうるのか?
例えば、大勢(もしくは数人)にわいせつ物を一方的に(もしくは承諾の上)送る、など。
また、リンクを貼ることも違法なのでしょうか?

Q.アダルトサイトや成人漫画の立ち位置は?
これらが違法でないのはどうしてなのでしょう?

上記はあくまでも例です。「こんなケースでは」などより詳しく教えていただけると幸いです。

また、『わいせつ物頒布罪』意外にも『児ポ法』など関連する法律があるかと思います。
それら法律の観点からもご指摘いただければと思います。

Aベストアンサー

>Q.どのようなものがわいせつ物なのか?

これは社会通年上の概念によるので時代とともに変化します。


例えば昔は陰毛を見せるヘアヌード写真もわいせつ物とされていました。
陰毛が映っていた場合、逮捕まではいきませんが警察から注意されていたそうです。

しかし1990年頃からはヘアヌード写真に何も言われることが無くなりわいせつ物にはあたらないという結論が出ました。


現在では一般的な線引きは「性器が写っているかどうか」ですが、
海外の有名アーティストが撮影した写真集だと性器が写っていても
芸術性が認められてわいせつ物にあたらないという判例も出ていますし、
衣類を着ていてもその上から性器の形が見えたことでわいせつ物となった例もあります。


だから「性的羞恥心を煽る」という定義に当てはまるかどうかが焦点となり、ケースバイケースです。


>Q.どのような行為が違法となりうるのか?

リンクは今のところ違法ではありません。
しかし大勢ではなく一人でも配ったらわいせつ物頒布罪です。


>Q.アダルトサイトや成人漫画の立ち位置は?

アダルトサイトは普通に適用されます。

漫画は性器がリアルに描かれているかどうかです。
逮捕例もあります。

>Q.どのようなものがわいせつ物なのか?

これは社会通年上の概念によるので時代とともに変化します。


例えば昔は陰毛を見せるヘアヌード写真もわいせつ物とされていました。
陰毛が映っていた場合、逮捕まではいきませんが警察から注意されていたそうです。

しかし1990年頃からはヘアヌード写真に何も言われることが無くなりわいせつ物にはあたらないという結論が出ました。


現在では一般的な線引きは「性器が写っているかどうか」ですが、
海外の有名アーティストが撮影した写真集だと性器が写ってい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報