急いでます。
下記の文を訳していただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

I l y aura bien quelqu`un pour le rapporter a S.

A 回答 (3件)

Pochi1さんがフランス語できるひと


だったら申し訳ないのですが、
 
 それをSにもう一度はこぶ(Sの状態に戻すでしょうか?)
 のによい(ちょうどよい)ことがあるだろう。

でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れましたが、とても助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/09 10:05

 


  文脈が分からないと、色々に解釈できるのです。
 
  bien は形容詞ではないでしょう。この場合。すると:
 
  「少なくとも(間違いなく)、Sと関わりを持とうとする誰かが出現するだろう」
 
  「……しとうとする」とは pour se rapporter a - から出てくるかどうか分かりませんが、ケルカン= le だと考えると、そういう意味になるのではないかと思います。
 
  Il y aura bien quelqu'un pour le rapporter [a] S.
 
  という文章の場合です。[a] は、a の上にアクセント記号がついています。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございました。
急いでいたもので、早い方順にポイントを付けさせていただきました。すみません。しかし、一番わかりやすかったです。

お礼日時:2002/05/09 10:07

彼(le)とSとを結びつけるために、よい人が現れるでしょう。



でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

急いでいたもので、とても助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/09 10:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語で、Y a-t-il un poste de plice p

フランス語で、Y a-t-il un poste de plice par ici?に対する答えで、
Il y en a un dans la rue Verte.のenは、どういう意味・役割なのでしょうか?
副詞的代名詞、中性代名詞のいずれの解釈でも理解できませんでした。

Aベストアンサー

この en は中性代名詞です。直接目的語の名詞に不定冠詞、部分冠詞、数量を表す表現がついている場合、名詞を en に置き換えることが出来ます。

お尋ねのIl y en a un dans la rue Verte.を en を用いずに書くと Il y a un poste de police dans la rue Verte.になります。そしてこの Il y a~(~がある)という構文の場合、意味上の主語は~の部分でしょうが、文法的にはI l が主語、a が動詞、~部分を直接目的語と見做すのです。つまり Il y a ~は英語で言う SVO の構文です。そのOに当たるposte de policeの前にunという数字(つまり数量表現)が置かれていますね。そうすると poste de police はen に置き換えることが出来、そしてenは必ず動詞の前に置かれます。ここでは動詞は a ですからその前に来る訳です。

ただこの文で気をつけていただきたいのは、un という数字は後ろに残るということです。数字というのは正確を期すべき情報ですから残しておかないといけない。それに対して例えば Il y a de l'eau dans le verre.のような文であれば eau の前の部分冠詞は不特定の量を表しますから、正確を期そうにもできません。このような場合にはIl y en a dans le verre.と書き換えることが出来るのです。

この en は中性代名詞です。直接目的語の名詞に不定冠詞、部分冠詞、数量を表す表現がついている場合、名詞を en に置き換えることが出来ます。

お尋ねのIl y en a un dans la rue Verte.を en を用いずに書くと Il y a un poste de police dans la rue Verte.になります。そしてこの Il y a~(~がある)という構文の場合、意味上の主語は~の部分でしょうが、文法的にはI l が主語、a が動詞、~部分を直接目的語と見做すのです。つまり Il y a ~は英語で言う SVO の構文です。そのOに当たるposte de police...続きを読む

QLa France est le pays europeen qui compte le plus d'amimaux familiers.

La France est le pays europeen qui compte le plus d'amimaux familiers.

この文でなぜ le plus des animaux familiers と des にならないのでしょうか? le plus de は定まったフレーズとして覚えるべきでしょうか?

Aベストアンサー

Audrey_Carville さん 

門松の間を、又一つ通り過ぎ
さみしさが、又一つ増えると
人は、animaux familiers に
心が、より向うのでしょうか

改暦のご挨拶は、この辺で
本題に入るとに、致します

お示しのご質問は、二つの点で
le plus d'animaux familiers が
より正しいと言えます

ご存知の用にフランス語では既に
情報として提示されている事柄を
再度繰り返すことを避けて文章を
綴ります 此処では、le plus
(grand nombre)de と一番数多くと
数に関しての情報を明示している
ので、定冠詞は不要となっています

もし、これを~desとしますと
le plusと次の語句は、切れて
le plus は、副詞として動詞に係り
より多く数えると訳になります
(無論、昨今は、このような弁別を
意識しないで、le plus des も多く
見られますけど。。。)

QTout Tout Pour Ma Cherieの訳

Tout Tout Pour Ma Cherie(Michel Polnareff)という曲の和訳が
「シェリーに口づけ」となっているのですが、どこかで
和訳する際にミスがあって、本当の意味は違うと聞きました。
実際の歌詞はどういう意味があるのでしょうか?
歌詞は転載禁止だったと思うので書けないのですが;(すみません)
大体の意味とTout Tout Pour Ma Cherie自体の意味が知りたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

この「シェリーに口づけ」というのはシングルカットの際につけられた日本独自のタイトルで、インパクトを強くするために原文の意味と関係なく作られたものです。tout tout の音と cherie(意味は「いとしい」英語の dear に相当)の音から決められたと思います。
原題は「全て、全ていとしき君のために (All, All for my dear)」の意味で最初にアルバム収録されたときは直訳に近いタイトルがつけられていたと記憶しています。

歌詞
http://groups.yahoo.co.jp/group/YF_Francais/messages/52?threaded=1&viscount=-15&expand=1

公式サイト
http://polnaweb.com/

Qbien(フランス語)の意味

ロッテ:Au Japon, vous ne fe^tez pas Noe¨l?
アンナ:Si, on le fe^te.
C'est bien pour les enfants.

アンナの"bien"の意味が「確かに」なのか「よい」なのかわかりません。「それ(クリスマス)は子供のために(祝う)」なのか、「それ(クリスマス)は子供のため(喜ぶから)よい」なのかが判別らないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

bienはもともと副詞ですが、形容詞としても使われ その場合は変化しません。
でも ここでは副詞です。英語のjustに近いニュアンスで使われています。つまり、「確かに」というよりは
強調や限定を表しています。和訳するのが少し難しいですが「何て言ったって、子供のためにね。」くらいの感じです。

QFijate bien

JuanesのFijate bienという歌の歌詞で

"No vaya a ser que una mina
Te desbarate los pies amor(piesアクセント記号略)"

"Sos el hijo de la nada"

"Sos la vida que se va"

の意味がわかりません。どなたか教えていただけませんか。

Aベストアンサー

Juanesの出身国コロンビアの社会背景が分からなければ本当の訳は出来ませんが、ここでは中南米や後進国によくある話という前提で訳してみます。

まず歌詞の冒頭で主人公が土地、家、食料などを失い(取り上げられ)一家で都会へ出てその日暮らしをしていることが説明されます。

"Sos el hijo de la nada"  お前は今や無一文の男だ(無の息子)
"Sos la vida que se va"  お前そのものが失った人生だ

この世を渡るには足元をしっかり見なければいけない(お前が立っているところ、歩く道をしっかり見ろ・・・この世を地雷原にたとえている)

No vaya a ser que  というようなことにならないように
una mina Te desbarate los pies, amor 地雷がお前の両足を吹き飛ばす
amorは相手への呼びかけの言葉。

Juanesは平和ボケの日本で「情熱の貴公子」などとニックネームをつけられましたが、この歌にあるように社会の不条理、持てる者の横暴などを過激に走らず批判する社会派の歌手です。コロンビアの地方ではゲリラ活動が盛んで対人地雷が敷設され相当の犠牲者が出ているようです。 資本主義、富める者を直接非難せず、油断すると地雷を踏んで全てを失うぞと人生訓を垂れた歌です。

Juanesの出身国コロンビアの社会背景が分からなければ本当の訳は出来ませんが、ここでは中南米や後進国によくある話という前提で訳してみます。

まず歌詞の冒頭で主人公が土地、家、食料などを失い(取り上げられ)一家で都会へ出てその日暮らしをしていることが説明されます。

"Sos el hijo de la nada"  お前は今や無一文の男だ(無の息子)
"Sos la vida que se va"  お前そのものが失った人生だ

この世を渡るには足元をしっかり見なければいけない(お前が立っているところ、歩く道をしっかり見...続きを読む


おすすめ情報