10年以上前か、子供の頃、テレビで観た向田邦子さんのドラマなんですが、ちょっと恐い雰囲気の話(犯罪の恐さでなく、人間の恐さみたいなテーマ?)だったと思うのですが、タイトルが思い出せません。

はっきり覚えてるのは、このエピソードです
大根を薄切りにする時に上手く切れずに半月型になってしまうことがある、それを両親のどちらか、もしくは夫?に見られるととがめられるのを恐れている…
という描写が強く出てきたと思います。

長年気になってるので質問させて頂きました。
どなたか思い当たる方、暇な時でも結構ですので教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

向田邦子さん原作の「大根の月」だと思います。



ドラマではヒロインを万田久子さん、その夫を辰巳琢郎さんが演じておられました。

http://www.tvdrama-db.com/

原作はURLの「思い出トランプ」に掲載されています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/ntmukodakuni …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
それです!大根の月でした。向田邦子作品で検索しても思い当たるようなタイトルがなかったのですが、『思い出トランプ』という原作だったのですね。

とてもすっきりしました、ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/15 11:29

ドラマ『思い出トランプ』だと思います。


向田邦子さん原作の短編小説集をベースにドラマ化したものです。この短編集で向田さんは直木賞を受賞しました。

向田邦子(原作)&久世光彦(ディレクター)によるスペシャルドラマシリーズとしてDVD化されているのでTSUTAYAでレンタルされているかもしれません。

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/digiconeiga/redv-175.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
TSUTAYAでレンタルしてるかも知れないんですね!あらすじを確認したところ、大人になった今とても観てみたくなったので、早速探しに行こうかと思います☆  田中裕子さんの雰囲気と演技が、内容にとっても合っていた気がします。
参考になりました!

お礼日時:2006/02/15 11:50

田中裕子さん、小林薫さん、加藤治子さんの出演で


放映されていたものもあったはずです。
妻が誤って子供の指を包丁で切り落としてしまい、そのことで夫婦が別居することになる。
妻は子供の様子を知るために子供を診てくれる医師と関係を持つようになる。
ある日突然、子供の指のことで妻のことを良く思っていなかった夫の母が妻の元を訪れ、出前の鰻を食べながら「帰っていらっしゃい」と言う。
その帰りの電車の中で母は突然死ぬ。
という内容だったと記憶しております。

この回答への補足

ちなみに私の観たのはその田中裕子さん主演の物でした☆

補足日時:2006/02/15 11:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです!そのような内容でした!
子供心にそのくらい雰囲気が恐くて、でも目が離せないような衝撃的な内容だったと思います。
覚えていたのは、大根を切るシーンやそれが半月に似ている…という断片だけで、指を落としてしまう場面はもしかして、暗いテレビを観た不安から夢でも見たのかと、半々に思ってました笑

回答してくださった内容を見ると、大人になった今観た方がいいようなストーリーですね!

スッキリしました、ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/15 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qちょっとびっくりしたドラマ

母親がハム(ソーセージ?)を包丁で切っている途中で、突然子供がそのハムに手を出したために、母親が子供の指を切ってしまい、ハンカチを巻きながらうろたえて病院へと?走っていく…

という内容のドラマ(サスペンスドラマのような雰囲気でした)を、かなり幼い頃に見て衝撃を受けた記憶があるのですが、この様な内容のドラマを見た覚えがある方いらっしゃいますか?何か情報などあれば教えていただきたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

わたしが正解をお教えいたしましょう。

それは「大根の月」というドラマです。間違いない!!
フジテレビ系で月曜夜10時から1時間枠でやっていたサスペンスシリーズの一編ですね。

主人公は萬田久子。小学生の息子と家庭にはあまり関心のない夫(辰巳琢郎)、
嫁である萬田を嫌い、孫を溺愛する姑の4人暮らし。
萬田は、とても料理上手で厳しい母親に育てられました。
萬田が子どもの頃、母親の手伝いで大根を薄切りにしているとき、手元が狂って
大根の端が欠けてしまうとひどく叱られるので、母親が見ていない隙に
失敗した大根をこっそり食べて証拠隠滅をしていたことを、
朝の青空に浮かぶ白い月(半月と満月の間ぐらいの)をみると、彼女は思い出します。

「料理をきちんとするには良く切れる包丁でなければ。
だから、包丁はいつでも良く切れるように研いでおくのよ。」
そう言い聞かせられて育った萬田は、嫁いでからも
ヒマさえあれば包丁を研いでいました。

その包丁で夕飯の支度をしている最中、ハムを切る包丁の横に息子の指が!
息子がつまみ食いをしに来たんですね。萬田は「あぶないからダメよ!」
と叱るのですが、懲りない息子は再び包丁の下に指を入れ、指は切れてしまいます。
萬田は切れた指をタッパーに入れ、必死に病院へ向かうんですが時すでに遅し。
指はつながりませんでした。

当然孫を溺愛する姑は大激怒。
「料理人でもないのに毎日包丁を研いでいたあんたのせいだ」
「孫はあんたのことが嫌いだ。指を切り落とす女に母親の資格はない」などなど
萬田を罵倒しまくり、夫も彼女を守ろうとはせず、
結果いたたまれなくなった萬田は追い出されるように離婚してしまいます。

ところが何年か後、ひとり寂しく暮らす萬田のもとへ夫が訪ねてきます。
指をどうしたのかと訊く周囲の人に、
「おばあちゃんに指を切られた」と息子が言っている。
そのために姑がすっかりおとなしくなってしまった。
息子は自分が悪かったことも、萬田が自分のことで
姑に追い出されたことも全部分かっているんですね。
息子は萬田に家に戻って欲しがっている。
夫は萬田にそう告げて、家庭の復活を暗示してドラマは終わります。

関西地方では何回かローカルチャンネルで再放送していますが、何回見てもいいですね。
この枠のドラマはほかのものも味わい深くて、秀逸なものが多かったと思います。

わたしが正解をお教えいたしましょう。

それは「大根の月」というドラマです。間違いない!!
フジテレビ系で月曜夜10時から1時間枠でやっていたサスペンスシリーズの一編ですね。

主人公は萬田久子。小学生の息子と家庭にはあまり関心のない夫(辰巳琢郎)、
嫁である萬田を嫌い、孫を溺愛する姑の4人暮らし。
萬田は、とても料理上手で厳しい母親に育てられました。
萬田が子どもの頃、母親の手伝いで大根を薄切りにしているとき、手元が狂って
大根の端が欠けてしまうとひどく叱られるので、母...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報