子供の鉄道のビデオを一緒に見ていたら、北越急行の681系「はくたか」のことをこう言っていました。「最高速度は140km/hだけど、160km/hで走る性能を持っています。」で、ふと思ったんですが、160キロ出せるなら、なんで140キロで運転するんでしょうか。性能に余裕を持たせているということですか?あと、自分なりに考えた推測としては、車両側は160キロ出せるけど、線路側が140キロまでしか対応できないということでしょうか。でも、それなら最初から140キロで走る車両を開発すればいいわけだし・・・。
ちなみに、子供はまだ1歳9ヶ月ですが鉄道のビデオが大好きで、しゃべれないのにビデオを持って来て、見せてくれとせがみます。鉄ちゃんの素質あり。こんな子供のためにもよろしくお願いします。(父はどちらかというとカーマニア)

A 回答 (2件)

 ほくほく線内の現在の最高速度は150km/hです。

今年3月改正で160kmになることは決定しています(参考URL上段)。
 線路規格としては160kmで車両(681系)も160km出せる性能を有していましたが、開業当時は140km運転でした。経緯はわかりませんが、当時地上区間を走行する特急の最高時速が130kmであったことから、高規格路線であることも加味して将来のスピードアップ含みで140kmとされたのではないでしょうか。なお98年12月改正で150kmになりましたが、所要時間の短縮の効果が1分~2分程度であったため、余裕時分が増えただけにとどまりました。
 もともと北越急行の距離は60km程度で速度の制限を受ける箇所もありますから、最高速度引き上げに伴う効果はそう劇的なものではないと思われます。
 しかしそれでも今春の160km化が決まったのは、やはり飛行機との競争を意識したせいではないでしょうか。

 ちなみにはくたかの歴史を見つけましたので、ご参考程度に。

参考URL:http://www.jreast.co.jp/press/20011206/main.html …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

せっかく出せるスピードなら出したほうがいいですよね。はくたかの歴史もとても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 19:04

それは北越ほくほく線内の走行が160キロに格上げになるのを見込んで造ってある


からじゃないかと思いますよ。 たしか、3月のダイヤ改正で格上げされるはずで
す。 10~15分くらいは短縮になるだろうと言ってましたよ。
金沢←→越後湯沢で最速列車が2時間15~20分くらいになるそうですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、160キロは出すんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 19:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西武鉄道の車両の長さについて

関西から引越ししてきましたが、阪急電車の車両に比べて、西武の電車は長く感じられます。実際のところは、どうなんでしょうか。ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

長いですよ、確かに。

関西の民鉄は19mクラスが大半(阪急、阪神、京阪、山陽、神鉄など)ですが、関東の民鉄は20mが標準です。東武、西武、京王、小田急、東急、相鉄、営団地下鉄(一部路線を除く)などがそうですね。

ただし、関西でも近鉄と南海は20mですし、関東のうち京急と京成は18mという風に、若干違っているところもあります。

ただ、20m車というと片側4扉が一般的ですが、西武は20m車でも3扉が標準という時代がかなり長く続きました。といってもここ15年くらいは新製車は4扉ですけれど。地下鉄への相互乗り入れがはじまったこともあり、特色もだんだんと消えていってしまうのでしょう。

Q鉄道模型の車両について

トミックスのスーパーミニカーブの走行車両について、質問があります。
レールはまだ持ってません。

レールバス(ハイモ180)

の車両の画像、写真が見たいです。
トミックスのカタログに載ってますか。ページ数を教えて下さい。

その他のメーカーでの、走行可能車両は分かりますか。
プロホビーのキャラメルーNを持ってます。
説明不足だと思いますが、宜しく御願いします。

Aベストアンサー

ハイモ180は国鉄から第三セクター向けの
レールバスとして1980年代後半に登場したレールバスです
画像は有田鉄道の仕様↓
http://www.kamiyabe.com/pictures/arida.jpg


南部縦貫鉄道キハ10形はこちら↓
http://www.aba-net.com/train/image/syasou_nanbu.jpg
昭和37年に登場した同線専用の車種
丸みを帯びた車体が特長です

Q鉄道車両の重心の高さ

 狭軌の鉄道車両に乗っていて、1,067mmというレールの幅を車内から想像すると、かなりの部分がオーバーハングしているように思えてきます。車両を正面から見てみると、もっとよく分かります。

 鉄道車両は道路車両よりも、ずっと重たいのでしょうが、両輪が車体の最側端に位置する道路車両と違い、なんだかヤジロベーが走っているようにも思えます。

 てことは、鉄道車両の重量の殆どの部分は台車であって、腰上の車体や貨物・旅客の重さなんてのは、微々たるものなのでしょうかね。

 カーブではカントも付いており、オートバイが曲がるように自然に傾かせているのでしょうが、それでも停車時に転ばないようにはなっているとは思うし、あまつさえ平らな面での分岐器による急激な横Gでバランスを崩さないのは、これも全ては重量のおかげでしょうか。

Aベストアンサー

車輌重量の半分は乗客重量
(たとえば47t中22t)ぐらいの感じですね.

さて、多分ご質問の件は、
狭軌の場合、鉄道車両を見たときに、
軌間を1とすると、左右に1ずつ出ている状態での
安定性の話だとおもうのですが、
これは、車輌が倒れる時を想像してみてください.

左に倒れる時は、左側のレールが支点となります
右なら右のレールです。
すると、1:2となり、支点からの距離を考慮すると実質は1:4、つまり
4倍の力が片方に集中すると倒れるという事になります。

これは鉄道車両では考えにくい比率です。
(半分が車輌重量=固定重量なので)

昔は、狭軌=低速 という考え方がありましたら、
今では、1m程度の軌間があれば、軌道幅は最高速とは関係無いと
されています。

Q小田急線を走るJR車両

小田急線の車両を見ていると、たびたび、あきらかにJRだと分かる(というかJRと書いてある)車両が走っているのを見かけるのですが、こういうことは別に普通なことなんでしょうか・・・。
鉄道については全くの素人で、前から気になっているので是非教えてもらいたいです・・・。
ちなみに私は東海大学前駅周辺に住んでおります。その周辺をJR車両が走る理由などが分かる方、変な質問かもしれませんがお願いします・・。

Aベストアンサー

 ある鉄道会社の車両が他社に乗り入れするというのはお馴染みになっていますが、鉄道車両ならどこの路線でも走れるというわけではありません。鉄道会社間で各種設備の仕様などについて協定を結んだうえで、乗務員の訓練などを経て、乗り入れが実現されるわけです。
 例えば代々木上原で営団地下鉄千代田線のホームにJR常磐線の車両がいるのをご覧になったことがあるかもしれません。しかし同車両は代々木上原駅構内より先の小田急線には乗り入れていません。これは協定がないうえ、小田急線を走る上で必要な装備を欠いているからです。

 現在小田急線内を走るJR車両は、JR東海の「あさぎり号」371系だけです。「あさぎり号」は新宿と静岡県の沼津を結ぶ列車で、新松田の手前で小田急線から連絡線を経由してJR御殿場線(松田)に移り沼津へと向かいます。もちろんJRの車両とはいえ小田急線の保安装置などを備えています。ちなみに乗務員は松田駅で交代します。ダイヤについては参考URL上段をどうぞ。
 車両については共同運行の形になっています。つまり通常4往復のうちJRの車両で2往復、小田急の車両で2往復運転されています。ご覧になったのは、JR車で運転されていた「あさぎり号」かと思われます。
 どうして小田急がJR東海の御殿場線に乗り入れているのか、またJR東海の車両がどうして小田急線に乗り入れてくるのかということについては、あさぎり号の歴史をみていただく必要があります。参考URL下段をご覧ください。

参考URL:http://www.ekikara.jp/time.cgi?train36,http://www.ne.jp/asahi/mulberry/mt/kanto/odakyu2.html

 ある鉄道会社の車両が他社に乗り入れするというのはお馴染みになっていますが、鉄道車両ならどこの路線でも走れるというわけではありません。鉄道会社間で各種設備の仕様などについて協定を結んだうえで、乗務員の訓練などを経て、乗り入れが実現されるわけです。
 例えば代々木上原で営団地下鉄千代田線のホームにJR常磐線の車両がいるのをご覧になったことがあるかもしれません。しかし同車両は代々木上原駅構内より先の小田急線には乗り入れていません。これは協定がないうえ、小田急線を走る上で必要な装...続きを読む

Q鉄道車両の予備車と余剰車の違いとは

1.予備車と余剰車の違いについて教えていただきたく。
  列車が削減されたり廃止されたりすると、余剰車が発生したと聞きますが、
  予備車にすることはできないのでしょうか。予備車の台数には制限が
  ありますか?
2.余剰車・保留車・休車とは同じ意味ですか。
3.余剰車が発生すると廃車にするようですが、保有するメリットは全くないの
  でしょうか。
4.予備車は必ず保有していないといけないのでしょうか。何か決まりでも
  あるのでしょうか。

  恐らく車の車検と同じような考えではないかと(費用の関係で)思うのです
  が、わかる方がいれば教えていただきたく。
  宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大変、失礼をいたしました。前回の回答で下記事項に間違いがありましたので
訂正いたします。

>保留車・休車は運用に使用せず保有している車両のことをいいます。
>(自動車でいうところのナンバープレートだけを外しているのと同じ状態
>です。)
上記の通りに回答しましたがしましたが、「自動車でいうところのナンバー
プレートだけを外しているのと同じ状態」と同じなのは休車のみで、保留車は
含まれません。保留車は「ナンバープレートを付けて車庫に置いている自動車」
と同じだとお考え下さい。

誤った解答をしてしまい申し訳ありませんでした。


>ところで、保留車は余剰車と同様、税金だけ支払っていて赤字の元にならない
>ので しょうか。そこのところだけちょっと引っかかるのですが。

保留車は「もしかすると今は不要だが、のちに必要になる可能性がある」と
いう場合に発生しています。
確かに保留車は税金がかかり無駄のように感じますが、保留車を余剰車として
先に廃車解体にしてしまった場合、いざ車輌が必要になった時に車輌不足が発生
し、車輌を新製したり、自所・他所の車輌を短編成改造をしてその不足分に充当
することを考えるとかえって余分な経費を使用することになると思います。
あとあと大金を使うより少ない税金で保有している方が会社としてはメリットが
あると思います。
また、予備車と保留車の境目は全検を行った時期に関係していみたいです。

大変、失礼をいたしました。前回の回答で下記事項に間違いがありましたので
訂正いたします。

>保留車・休車は運用に使用せず保有している車両のことをいいます。
>(自動車でいうところのナンバープレートだけを外しているのと同じ状態
>です。)
上記の通りに回答しましたがしましたが、「自動車でいうところのナンバー
プレートだけを外しているのと同じ状態」と同じなのは休車のみで、保留車は
含まれません。保留車は「ナンバープレートを付けて車庫に置いている自動車」
と同じだとお考え下さ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報