医療・福祉をとりまく仕事と、それに必要な資格について調べています。

さまざまな資格について、「なるには」や「どんな仕事なのか」については、文献やインターネットで
かなり調べる事が出来ましたが、医療現場での現状や先の見通しまでは推し量れません。
そこで、たくさんの資格の中から、以下に当てはまると感じるものを教えていただけませんか?

1、現在も将来も需要が多い、または今後需要が拡大すると思われる
2、現在は需要が多いが、近い将来には有資格者が過剰になると思われる
3、現在すでに有資格者が過剰になり始めている

私が今までに見た資料から考えると、こんな感じ…(福祉関係については、あまり知識がありません)
1、看護士、薬剤師
2、理学療法士?
3、臨床検査技師、医療事務(これは国家資格ではないですが)

医療や福祉のお仕事をされている方の多くは、需要の大小よりも、仕事の内容ややりがいに重きを
おいて、その道を目指されたのでしょうから、こんな分類の仕方は、大変失礼にあたると思います。
純粋に雇用に関して、数字や文献に出てこない「現場の感触」を知りたいので、どうぞお許し下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

管理栄養士 新卒」に関するQ&A: 新卒で管理栄養士として、サンドラッグ入社希望です。 以前一度掲載した志願理由を練り直してみたので、添

A 回答 (4件)

医療事務がおすすめです。



資格がなくても仕事に就くことが出来るとはいわれていますがやはり面接の段階ではじかれる可能性が高いので資格は取得していたほうが無難でしょう。

ただ、採用が決まってからは資格は役に立ちません。
仕事の内容が日進月歩なので、ずっと勉強が必要です。
でも子育てしながら仕事が出来ますし、仕事時間的にも、出勤時間も早過ぎず、退勤時間も遅すぎずなのでおすすめの仕事です。
    • good
    • 0

介護関係の職種が今後需要が出てくるでしょうね。

介護福祉士とか、ホームヘルパーとか、診療報酬も引き上げになるので、収入も増え、人材も足りないので資格や就職も取りやすいと思われます。
まあ今後供給過剰になるかもしれませんので(介護ロボットがもし出来たら、人を雇う必要がなくなるので)早く入るに越したことはないし、そうなると介護ロボの管理的な仕事になるのかもしれませんね。

なんか色々な妄想をしてしまいましたが(笑い)私が今注目しているのは台車医療に関するこちょです。「未病」、「病気にならない生き方」をサポートする医療です。予防医学とも考えが似ています。

なので、薬物治療や手術治療から、食事指導、サプリメントなどを用いた医療などが台頭してくるのは?と思っています。

となると、栄養士・管理栄養士、薬剤師などですね。
あと、独占資格の柔道整復師やはり師・あん摩マッサージ師、灸師などもいいと思いますよ。
    • good
    • 0

臨床検査技師は、医療職種の中では最も就職難です。


すでに飽和状態と言われ、新卒者でも就職が厳しいです。
せめて大卒でないと就職は難しく、専門学校卒の新卒者は就職が出来ないという話を聞いたこともあります。
臨床検査技師の臨床経験がある女性で、就職先の病院が倒産して、再就職先がない人もいました。

理学療法士は、介護保険が導入され注目も浴びていますが、臨床検査技師ほどではありませんが、需要が少ないようです。

看護婦は、最近、看護大学の増設と不況の影響もあり、看護婦になりたいという人たちが増えてきています。
最近、ようやく東京都内の看護婦要員は、満たされたと発表されました。
全国的にみると、まだ不足傾向のようです。
しかし、看護婦人員も満たされつつあります。
    • good
    • 1

参考になるかわかりませんが・・




            従事者数      従事者数の増減(2年前から)
  看護婦     544,929人(平8)      +10.8%
 准看護婦     383,967 (平8)      +3.9%
  薬剤師     175,119 (平8)      +11.0%
理学療法士      14,361 (平9)      +16.6% 
臨床検査技師     44,420 (平9)      +1.8%

   医師     239,002 (平8)       +4.5%
 歯科医師      84,366 (平8)      +5.5%
作業療法士      6,361 (平9)      +22.8%
診療放射線技師    30,517 (平9)      +7.8%
歯科衛生士      56,466 (平8)      +16.0%
歯科技工士      36,652 (平8)      +6.1%
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無資格者の医療現場のお手伝いについて

HIVの即日検査にて、看護師が採血を行った後、
<ピペットにチップを付け、採血管から血液を取り試験紙に垂らす行為>
を無資格者が行っても良いのでしょうか?
これは医療行為になりますか?

Aベストアンサー

採取後の血液に何をしようとただの検体検査ですから医療行為では
ありません。何の資格もいりませんよ。

Q精神保健福祉士(PSW)の需要・就職先について

4大卒で一旦普通の会社の事務員として就職し、退職した者です。
今年で24歳です。
現在私はうつ病を患っていて、精神保健福祉士という資格に興味を持ちました。
同じように苦しんでいる方を救える職に就きたいと考えたんです。

しかし、1点疑問なのですが、
今現在、精神保健福祉士(PSW)の就職先は現在どのくらいあるのでしょうか?
もし、苦労して資格をとっても就職先がなかったら悲しすぎます。

精神保健福祉士の就職先、社会における需要に関して何かご存知の方がいましたら、
どんな情報でもかまいませんのでご回答願います。

Aベストアンサー

現職の精神保健福祉士です。
就職については、時期やタイミングによるところが多いような気がします。
需要そのものは他の医療職や社会福祉士、ケアマネージャーに比べ少ないですし、採用側も職安等を通さず、私的に採用することも多いようです。
非常にやりがいのある、よい仕事ではありますが、一方でストレスの多い仕事でもあります。
同職種の人間が集まると、「自分も発病するかと思った。」くらいのストレスを一度や二度は抱えたことがあるという話はしばしば聞かれます。
今はまだ精神的なご病気をお持ちとの事ですし、うつ病は完治可能な病気ですから、まずはそちらの治療に専念されて、精神的に安定されてから改めて考えられてはいかがでしょうか。

Qなぜ過疎地は医療が過剰にならないの?

「田舎の過疎地は医師・看護師など医療従事者が不足している。病院も不足している。」とよく聞きますが、逆じゃないでしょうか?
過疎地ということは人口が急激に減っている地域なわけで、当然患者数も減るわけです。
となると病院あたりの患者数も少なくなるわけですから、人口あたりの医療従事者数や病院数はどんどん過剰になるはずなんですが・・・
患者が減りだすと過疎地の病院は都会に移転してしまうのでしょうか?そんな簡単に人間も施設も移転できるものなのですか?

Aベストアンサー

問題なのは地方出身者は医科大学を入学する時点でハンデイを負っているということなんです。実際、医科大学合格者は都会の名門受験専門私立一貫校出身者で、学習塾や家庭教師など多大な教育投資をされた生徒だけです。極端なことを言えば、地方の公立校でいくら勉強したところで医大には合格できない。

つまり医師免許を手にしているのは都市で生まれ育った者だけです。

それで好待遇で都会から医療従事者を招聘しようという動きになる。しかしそれに応じる医療従事者は少ない。医者という人種は労働者階級と違って、遊んで高給を貰いたいなどとは考えないのです。そうじゃなくて最先端医療の経験を積んで腕を上げたい。最先端の知識・技術を身につけたい。そう考えるのが医者です。ところが田舎で医者になるとおばあちゃんの嫁の悪口を何時間も聞かされるだけで、さっぱり医療の経験が積めない。で、田舎で医者になったところで結局、前述のような教育のハンディも負うことになります。田舎で開業医になったところで跡継ぎがいないのでは一代で絶えてしまう。いろんな意味で田舎で医者をやることにメリットがない。元々医者になる人は子供の頃から都会の厳しい競争を勝ち抜いてきただけに競争が厳しい都会でも苦にならない。

医学の進歩で、医療が細かく細分化され、高度な専門化が要求されればされるほど、都市部と郡部の教育格差が問題になるわけです。

江戸時代は名医に弟子入りさえすれば、都市部も郡部も全然差は無かったわけで、免許皆伝となれば一人で外科も内科も小児科もなにもかも一人でこなせたわけです。

ところが現在は何かというと医療過誤で損害賠償請求訴訟となるから、江戸時代のような大雑把な医療ではひとたまりもないのです。

患者側は自分で自分の首を絞めている。そういう現実もある。なにかというとやみくもに医者に頼りたがり、なにかというと損害賠償請求する。患者が求めるサービス要求水準が余りにも高すぎるってことです。

といったわけで。

問題なのは地方出身者は医科大学を入学する時点でハンデイを負っているということなんです。実際、医科大学合格者は都会の名門受験専門私立一貫校出身者で、学習塾や家庭教師など多大な教育投資をされた生徒だけです。極端なことを言えば、地方の公立校でいくら勉強したところで医大には合格できない。

つまり医師免許を手にしているのは都市で生まれ育った者だけです。

それで好待遇で都会から医療従事者を招聘しようという動きになる。しかしそれに応じる医療従事者は少ない。医者という人種は労働者階級と違...続きを読む

Q【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。 医療費控除って何ですか? 医療費控除を適用さ

【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。

医療費控除って何ですか?

医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?

Aベストアンサー

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費控除の「セフルメディケーション税制」がはじまります。市販薬の購入費に限定した医療費控除です。 いままでは医療費の合計が年間「10万円」、または「所得の5%」(所得が2百万円未満の場合)という足切りラインがあり、その額を超えないと使えませんでした。
※たとえば所得が100万円の方であれば、医療費が5万円を超えなければ医療費控除を適用できません。
これに対しセルフメディケーション税制では、足切りラインが年間「1万2千円」と低めに設定されていますので、対象医薬品(パッケージに「セルフメディケーション 税 控除対象」というマーク(共通識別マークがあったり店頭で対象かどうか確かめてOKとなったもの)のレシートを取っておけばいいのです。
ただし、この税制では
(1)インフルエンザなどの予防接種、
(2)定期健康診断、
(3)特定健康診査(メタボ健診)、
(4)人間ドッグやがん検診(市町村・健保組合等が実施)
などのうち、いずれか一つを受けていることが大前提の条件です。つまりレシート+これらどれかの領収書を合わせて提出することで所得税の控除対象となります。

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費...続きを読む

Q医療現場の現実

たまに、医師が患者を見殺し?にした、などの記事を見かけますが、


では、医師不足の病院で、医者が3人、重傷救急患者が一気に5人来た場合どうするんですか?

それで、重症度の重い順に治療をして、少なくともあと二人はすぐには処置されず、たとえば亡くなってしまった場合、「見ごろし」と、そういうふうに見られたり、最悪の場合そんな風に記事に書かれたりするんですか?

Aベストアンサー

それ以前に医師が足りない場合、病院側が拒否します。

だから救急車は病院をたらい回しにされた挙げ句患者が助からない事件があるのです。

ちなみに秋葉原通り魔事件のときには現場に駆けつけた医師は明らかに助からない程の重症患者は後回しにしました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報