愛と青春の宝塚っていうドラマがつい先日ありましたよね??そのときに中谷みきが演じてる子(名前忘れました・・・)がタバコをすってるシーンがあってそれがなんか違和感を感じたんです。戦時中に人々はタバコを吸ってたんだろうかって思って。そのシーンが不思議な光景のように思えたんです。タバコっていったいいつから吸われるようになったのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ms3079さん、こんばんは。



「塩とたばこの博物館」のHPによると、1492年にコロンブスがアメリカ大陸に到達してから、

>まずヨーロッパへ伝えられ、その後、 大航海時代 を経て、スペイン・ポ  >ルトガル・イギリスなどの国々によって世界中に広められました。

ということです。また、

>日本には、16世紀末ごろ、南蛮貿易を通じて伝えられたといわれています

 との記述もありました(以上、HP中「M2F たばこの来た道」より)。また、今のような紙巻タバコが日本で吸われるようになったのは、明治時代だそうです(HP中「2F 日本のたばこ」より)。詳しくは、下記をご参照ください。

参考URL:http://www.jtnet.ad.jp/WWW/JT/Culture/museum/exh …
    • good
    • 0

リーダースダイジェストを読んだ記憶からはイギリスへはインド経由


でつたわったという内容でした。たしか東インド会社などのからみ
だったと思います。

日本で煙草の普及にストップをかけたのは家康ではなかったかと思います。
(ウロおぼえ)
    • good
    • 0

今でも有る銘柄で「ゴールデンバット」と云うのが有ります。


太宰治も愛飲(愛煙)してたそうです。

また、戦時中兵隊(特攻隊員など)に菊の御門(天皇家の紋章)が付いたタバコを渡されたと聞いたことが有ります。
    • good
    • 0

#1の asadi です。

参考URLが抜けていました。大変失礼致しました。

「塩とたばこの博物館」
http://www.jtnet.ad.jp/WWW/JT/Culture/museum/exh …

参考URL:http://www.jtnet.ad.jp/WWW/JT/Culture/museum/exh …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタバコを一番最初に吸ったのは?

タバコを一番最初に吸ったのはどこの誰でなぜこんなまずくて意味のないものを吸い始めたのでしょうか?
そしてなぜここまで普及したのか理由が全く分かりません。
ご存知の方、推論含めて構いませんのでご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

ネイティブアメリカンが発祥で、ヨーロッパ全土に広まったというのは、すでに、出ています。
日本には、室町末期に入ってきて、やはり、相当な勢いで、伝播したようです。
秀吉の側室の淀殿は、相当なヘビースモーカーだったとか。
土地が痩せているところでも、栽培できたので、豊かではない土地に広まったのだと思います。
出る葉の枚数(33枚だったかな)が一定なので、管理がしやすかったとか。
タバコ栽培農家を地盤に持つ政治家さんは、苦慮してるようですね。
昔は、テレビカメラの前でも、プカプカ吸ってたのに、最近は、自粛しているようです。
もしかして、禁煙したのかも。

Q戦時下での評価が低い指揮官とその理由

これから50名の部下を率いて、リーダーとして仕事を行います。


ここでお聞きします。
過去の日本軍の評価の低い指揮官とその理由についてお教え下さいませ。最近、戦争物のドラマや映画を見るにつけ、どうして泥沼状態を回避出来なかったのか不思議なのです。

Aベストアンサー

日本軍の具体例ではなくより一般論に近いものですが
ドイツ陸軍のハンス・フォン・ゼークトの言葉に指揮官と部下の関係を
表した有名な言があります。

軍人は4つに分類される。
有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。
理由は主に二通りあり、1つは、怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。


有能な働き者。これは参謀に向いている。
理由は勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方が良いからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。


無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。
理由は自ら考え動こうとしないので、参謀や上官の命令どおりに動くためである。


無能な働き者。これは処刑するしかない。
理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、更なる間違いを引き起こすため。

Q戦時中のエピソード

沖縄戦か硫黄島かのどちらかだったと思うのですが、
守備隊が、武器弾薬が全く足らず作戦が成り立たないので至急送ってくれ、と毎日本土に打電していたのですが、既に制空権を奪われていたこともあり、本土からは何の反応もなかったそうです。
武器が届かぬままやがて米軍が上陸し激しい地上戦になりましたが、守備隊は洞窟などに隠れるなどして抵抗を続けたそうです。そんな日の夜、聞きなれた爆音が聞こえたので外をのぞくと日の丸をつけた輸送機がパラシュートで何かを投下していったのを目撃したそうです。
「武器が届いた!」「これで戦える!」と生き残り守備隊員達は、敵に見つからぬよう慎重にパラシュートの降下地点へ向かったそうです。運よく敵に見つからず、投下された大きな袋を発見したのですが、中には大量の竹ヤリが入っていたそうです。
守備隊員達は言葉も無く、その場で全員悔し泣きをしました。。。

といった感じのエピソードなのですが、(記憶が曖昧なので細部は違うかもしれません)
このエピソードが何の本に書かれていたのか、どこの島だったのか忘れてしまいました。
知っている方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。

沖縄戦か硫黄島かのどちらかだったと思うのですが、
守備隊が、武器弾薬が全く足らず作戦が成り立たないので至急送ってくれ、と毎日本土に打電していたのですが、既に制空権を奪われていたこともあり、本土からは何の反応もなかったそうです。
武器が届かぬままやがて米軍が上陸し激しい地上戦になりましたが、守備隊は洞窟などに隠れるなどして抵抗を続けたそうです。そんな日の夜、聞きなれた爆音が聞こえたので外をのぞくと日の丸をつけた輸送機がパラシュートで何かを投下していったのを目撃したそうです。
「...続きを読む

Aベストアンサー

水木しげるさんの「白い旗」に一部掲載されています。
ほんの一コマ二コマですが。

Q戦時の貨幣

こんにちは。
日本人が知るべきことの一つに戦時の貨幣経済が有ります。
戦争中貨幣経済は崩れるかと勘違いしていたらおとなりのおじさんは、戦争末期に貨幣経済が壊れることはなかったといいます。普通の国では戦争になったら貨幣経済は崩れるのでしょうか?崩れたら戦争どころか、その尻拭いに必死に動かないと国が消えてしまうと思います。
キンが出まわると一瞬想像しましたが、含有率が低いインチキのキンが出回ったのは江戸時代でもあることだし、キンがまともに貨幣として通用するとは思いにくいのですが、実態はどうなんでしょうか?
戦時下では物々交換が行われたとも聞きます。確かにぶつぶつのほうが、貨幣を信用しなくなった社会では現実的なのかもしれませんが。
軍票も調べてみましたが、貨幣より信用が低い軍票は信用されるのですか?日本が敗戦したことで軍票が紙になったというのが載っていました。ということはodaとかは未払い軍票の支払いという性質を持っているのではないかと考えたのですが、実際はどうなんでしょう?
戦時と貨幣について殆ど知らないので色々教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

>普通の国では戦争になったら貨幣経済は崩れるのでしょうか?
崩れません。

基本的には戦争の為の出費は実需ですし統制経済下ですので通貨の流通量は増大しますがインフレにはなりません。
そのかわり金があっても買うものが無い状態になりますが。

>戦時下では物々交換が行われたとも聞きます。確かにぶつぶつのほうが、貨幣を信用しなくなった社会では現実的なのかもしれませんが。
戦時下では有りませんインフレではなく金は余っているのですから。

>軍票も調べてみましたが、貨幣より信用が低い軍票は信用されるのですか?
軍票は占領地で使用する通貨です、占領前の政府は崩壊しているのでその政府が発行した紙幣は使えないし、使わせれば占領統治機構が無力化します。
軍票を発行するときは金や英ポンド、米ドルなど裏付けとなるものが有りますから一定の信用はあります。
この裏付け資金がナントカ資金など詐欺のときに出てきます。

降伏後は新政府は資金を没収しても軍票の交換には応じないことがほとんどですから無価値になります。

>ということはodaとかは未払い軍票の支払いという性質を持っているのではないかと考えたのですが、実際はどうなんでしょう?
講和時の賠償の対象になっていますからODAは関係有りません。

>普通の国では戦争になったら貨幣経済は崩れるのでしょうか?
崩れません。

基本的には戦争の為の出費は実需ですし統制経済下ですので通貨の流通量は増大しますがインフレにはなりません。
そのかわり金があっても買うものが無い状態になりますが。

>戦時下では物々交換が行われたとも聞きます。確かにぶつぶつのほうが、貨幣を信用しなくなった社会では現実的なのかもしれませんが。
戦時下では有りませんインフレではなく金は余っているのですから。

>軍票も調べてみましたが、貨幣より信用が低い軍票は信用...続きを読む

Q戦時中のフィルム

こんにちは。昔、NHKか何かだったと思うのですが、戦時中のフィルムが写って、群集が(たぶん爆撃で)逃げ惑い、その時、逃げ惑う群集に踏み潰されているおばあさんというものがあったような気がするのですが知っている方は教えていただけないでしょうか?逃げ惑う群集は確か階段を降りていたと思います。また、おばあさんかどうかは絶対分かりませんが、倒れている人を群集は何もなかったかのように踏み潰して自分達だけは逃げていました。

Aベストアンサー

今晩は。
 そうですね、確かにSCNKさんが言うようにソヴィエトのセルゲイ・エイゼンシュタイン監督の映画史上の傑作(と言われている)「戦艦ポチョムキン」のような気がします。階段のシーンでは乳母車も写っていませんでしたか?
 この映画に関しては↓をどうぞ。

参考URL:http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=13877


人気Q&Aランキング

おすすめ情報