SAJ1級を取得しようと頑張っているのですが、不整地(コブ)がどうしても苦手です。
これから暖かくなってくるので、集中的にコブを練習したいと思います。
関越道方面で比較的緩やかな斜面にコブがあるスキー場を、教えて頂けますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

http://www.oze-iwakura.co.jp/
尾瀬岩鞍のブナの木コース(上部)はコブ(自然コブ)だらけですよ♪
最大斜度23度、平均斜度16度だそうです。

http://www.kawaba.co.jp/
川場スキー場の無名峰ダウンヒルもコブ(自然コブ)だらけです。
最大斜度26度。

どちらも比較的急斜面ではないと思います。
緩斜面には、なかなか自然コブってつかないですよね。

関越ではなく、中央道諏訪ICか上信越佐久ICからのアクセスとなりますが、
http://www.blanche-ski.com/
ブランシュたかやまのスラロームコースには
スキー場曰く「基礎用のコブコース」が有るそうです。
斜度18~26度。
また、モーグルコースになってしまいますが、
「なんちゃってモーグル」コースが緩斜面に常設されています(誓約書要署名)。
斜度14~18度。

以上、あげた中ではブランシュのモーグルコースが一番緩斜面ですが、
モーグルコースなだけあって、ラインが掘れてしまうので、
基礎用の練習には不向きかとは思います。。。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

様々なスキー場を詳しく紹介して頂き、ありがとうございます。
特に尾瀬岩鞍は良さそうですね。
斜度も緩やかなので、まさに求めていた条件通りです。
頑張って滑り込んできます。
大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/15 18:14

ナスパスキーガーデン:


http://www.naspa.co.jp/ski/index.html

ゲレンデ規模は小さいですが、
ここも練習に適したコブ斜面があります。
たまに圧雪されちゃいますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

湯沢には良く行くのですが、ナスパには一度も行った事無かったんですよね。
スキーヤーオンリーのスキー場ならば、当然コブができやすいですよね。
一度行ってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/15 18:17

関越方面ではなく恐縮ですが・・・



白樺高原国際スキー場(スキーヤーオンリー)、
ホワイトコース、最大斜度28度、平均斜度20度

私はココのコブ斜で練習しすぎて椎間板ヘルニアを再発させました^^;
あ、ちなみに私は検定は持っていませんが、検定用の滑りを覚えれば1級受かりそうなレベルです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上信越でも佐久ICならば行けそうです。
スキーヤーオンリーなら自然にコブもできますよね。
平均斜度20度ならば練習にも良さそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/15 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソリで子供が遊べるスキー場(関越方面)

3月下旬に南軽井沢へクルマで行く予定です。
家族で行くのですが、途中で子供にソリで遊ばせたいと思っています。
親はスキーをせず、ただ子供のソリだけです。

東京から軽井沢に行く途中でもいいのですが、
どこかお勧めの場所はありませんか

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

軽井沢へ行くならこちらはどうでしょう。

佐久スキーガーデンパラダ
http://www.saku-parada.jp/ski/shisetsu/index.html

子供向けのキッズランドがなかなか充実しているようです。

QスキーのSAJの事について聞きたいのですが 準指導員と指導員はどっちの方がよいのでしょうか? 筆記試

スキーのSAJの事について聞きたいのですが
準指導員と指導員はどっちの方がよいのでしょうか?
筆記試験はあるのですか?資料や教科書があればURLで送ってもらってください

Aベストアンサー

準指導員の資格を所得後2年しないと指導員試験を受けられないのだったと思います。
SAJのサイト等に詳しくあるはずです。

http://www.ski-japan.or.jp/

Wikipediaにもありますね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85

試験内容についてはGoogleで「スキー 準指導員検定 2017」といったキーワードで検索すると来シーズンのバッジテストの日程や内容などの情報が得られるはずです。
各県などのスキー連盟のページがヒットすると思います。

参考まで。

Qコブ斜面での吸収について

私はもともと踵より後ろに刃が無いアイスホッケーの
靴を長い間履いていたせいか、後ろに体重をかけるのが
恐くて、スキーにおいてもかなりの前傾姿勢です。
スキーでは今まで後ろに転んだ事が無いほどで、
踵より後ろに板が無くてもきっと滑れるような気が
するぐらいです。
最近、スキーでコブを練習しているのですが、やっぱり
前に転んでしまいます。

コブを滑っている方にお聞きしたいのですが、コブに
差し掛かったときの膝の吸収動作時は、多少なりとも
踵より後ろの板に体重がかかった状態なのでしょうか?

かなり変な質問ですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1級です。

コブのコツはいろいろあります。前に転ぶのはコブ以外でも同じようですね。でしたら、全体的なことですから、整地で問題なければコブでも関係ないでしょう。

とりあえず・・・足首を柔らかく動かしてください。
足首で前後左右の移動をしないってことですが、わかりますか?
足を持ち上げて、足首を前後左右に動かします。そのとき、アキレス腱も含めて、足首の筋肉が動きますよね。その筋肉に力を入れず、フリーにして滑ります。
安定して滑れますよ。

ちなみに、足首以外で荷重を移動させることになるから、膝とか腰を使うことになりますから、2級手前くらいのテクニックが必要かもしれませんね。

QSAJバッジテストを平日開催しているところ(上越方面)

SAJのバッジテストで2級を受けようと思っているのですが、多くは日曜開催となっていて平日でも検定をしているスキー場をご存知の方教えていただけませんでしょうか。
上越方面としたのは埼玉在住で新幹線に朝乗って比較的早く現地に行けるからです。
長野の黒姫の検定パックなら平日も見たのですが・・・
上越方面の大きなスキー場(GALA・上越国際・NASPA)等はどれも日曜開催でした。

Aベストアンサー

川場スキー場は、どうですか?
http://www.kawaba.co.jp/
今シーズン初めてきましたが、
3級までなら、毎日検定しているのでびっくりしました。
2級以上だと、今シーズン残りわずかですがまだ出来るようです。
http://www.kawaba.co.jp/fail/school.html
自分は受けませんでしたが。。。(^_^;)

スキー場自体も、一番上のリフトがフード付きクワッドなので
とても快適にスキーをすることが出来ました。

上越まで行きませんが、
アクセスも新幹線から無料シャトルも出ているみたいです。
チェックしてみてください。

Qコブ斜面の滑り方

大体ハンターマウンテンのコブ斜面(FDRコース)で練習をしています。
このコースは斜度が余りなく、転ばないで何とか下まで滑れます。
ただ、自分滑りは結構えぐれた溝の壁にスキーをあて、吸収動作でコブを越える形で、スー・ドン・スー・ドンという感じとなり、結構、体に衝撃もきます。(スーはえぐれた溝と溝の間の滑りで、ドンはえぐれた溝にあてて吸収する部分)
上手い人の滑り方、ラインとは少し違うように思いますが、いかがしょうか。
後傾の為、滑らかなターンができていないようにも思います。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつもりで、必死でそれらを避けるとイメージするとよいと思います。
コブの中はすり鉢状になっているので、横方向にトップを向けていても、
ハーフパイプのように必ず谷側方向から反対の横方向に向いて板のトップが向いてきます。
板が回ってきたら、最初に戻って次のコブのできるだけ高い位置を目指すだけです。
ポイントとしてはストックをできるだけ長い時間突き、ストック支点で体を回すようにするとよいです。

基本的にこの滑り方はコブをコブとして考えない滑り方ですので、
コブの一番えぐれた部分は見ないようにイメージするとよいと思います。

言葉での説明は難しいのですが、
茶碗を二つ並べて少し斜めに置いてみてください。
この時、茶碗の縁に指を滑らせるのがバンク、
茶碗の縁から底そして縁という風に滑らせるのが質問者様の滑り方だとイメージするとよいと思います。

付け加えておきますが、バンクの滑りは溝コブに対して有効ですが、天然コブにはあまり向いていません。

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつ...続きを読む


おすすめ情報