この前うわさで、牡蠣を牛乳等カルシウムと一緒にとると、お互いの成分が反応して身体に吸収されないと聞きました。本当ですか?
もし本当だとしたら、牡蠣のクリームシチューは、栄養を無駄にしてる食べ方ってことですよね。で、もし牡蠣を食べて、そのあと牛乳をのむとかでも、だめなんですか?胃の中で混ざって反応する?!

もうひとつ、牡蠣にレモンを絞って一緒にとると、レモンの殺菌効果で、食中毒にならないと聞きましたが、本当ですか?
牡蠣って、よく食中毒が発生しますが、その人はレモンを振ってないせい??
そんなことないですよね。
やっぱりうわさはうわさでしょうか?

真相を知ってる方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

運良く.本が見つかりましたのでその内容から


東京化学同人
環境汚染物質の生体への影響17.亜鉛
1986年
171ページ付近

カルシウムノ存在ハフィチン酸ガ存在しなければ亜鉛吸収には影響しない。
亜鉛含有量が極めて少ない時にカルシウム含有量が多い場合に亜鉛旧称に影響がてるらしい。(お話しの内容はこのことと思われます)。イラン人で高カルシウム食(石灰石を食い物に混ぜ食べる習慣があるらしい)で亜鉛欠乏に関係しているらしい
ヒスチジンが多い食事で亜鉛欠乏が起こる

おおざっぱに書くとこのような内容です。子細は図書館でこの本を見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本まで探していただき、本当にありがとうございました。
いちど図書館で見てみます。

お礼日時:2002/01/13 15:19

牡蠣の主要栄養成分は亜鉛なので亜鉛に限ると.小麦粉に含まれるフィチン酸により吸収阻害になります。

クリームシチューで私のように小麦粉を使っていると吸収阻害されます。(他の吸収阻害因子の話しは忘却)。

レモンは酸性です。酸では大体の菌が死にます(死なないのは酢酸菌と乳酸菌ぐらい)。ですから.食中毒の原因となる雑菌の生育を抑える事が出来ます。
しかし.牡蠣の中に入っている毒素(細菌の種類にもよります)を分解は出来なかったと記憶しています。従って.食中毒になる可能性を減らす事は出来ますが.食中毒にならないわれではありません。運が悪ければ食中毒になります。精々食卓に並べている間に腐るのを防ぐ程度の能力です。(生牡蠣の場合に細胞が生きているので酸を適当に分解してしまう)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。牛乳ではなくて、小麦粉がダメなんですね。
まぁでも、害になるわけではなさそうなので、大丈夫ですよね。
れもんのこともありがとうございました。
やっぱり100%食中毒を防ぐのは、無理なんですね。
ちょっと話しがよすぎると、思いました。残念・・・。

お礼日時:2002/01/12 13:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q牡蠣と牛乳の共通点があるはずなんですが?

牛乳が体質にあわず、牛乳を少しでも飲むとお腹をこわしてしまいます。牛乳をそのまま飲むとほぼ確実です。
ところが牛乳で作ったもの、たとえば砂糖とまぜて作ったお菓子、シュークリームとか、ケーキとかそういうものは大丈夫なのです。(バターもそのままだったら確実にすぐお腹をこわしますが、ほかのと混ぜると多少いけます。)
ところで昨日お腹をこわしたのはどう考えても牡蠣くらいしかないのですが、考えたら以前も生牡蠣を食べたときにお腹をこわしてます。
インターネットで調べたら、牡蠣は海のミルクといわれるとか。成分表で調べてもはっきりとした共通点は、栄養豊富意外にはあまり特長ををかんじないのですが、何か共通するものがあるはずなんです。
他にも私の体質にあわないものはあるのではと、気になります。原因不明でお腹をこわすことがあるので、ひょっとして他にもしらずに食べてそうなっているのではと思います。
まずは牡蠣と牛乳、この共通するものを見つけたいのです。

Aベストアンサー

 牡蠣が「海のミルク」と呼ばれるのは、動物性食品でありながらアルカリ性食品であることに由来しています。
 以前は、酸性食品をとりすぎるのはよくない、アルカリ性食品を積極的にとりましょう、などといわれていましたが、要は、偏食せずになるべく多くの種類の食品を摂取するのが理想ということです。
 正常な身体なら、酸性食品をとりすぎたからといって身体が酸性になるなどということはありません。
 生牡蠣というのは、体質によっては体調を崩すことが多いものです。私も数年前の新年会で生牡蠣を食べ
私を含めた何人かの同僚が吐き気、嘔吐などを訴えました。
 大体、英語のスペルで月名にrが付かない月(5月~8月)は、生牡蠣は食べるなといわれています。
(加熱調理する牡蠣も、食べないほうが無難)
 牛乳による体調不調と牡蠣による体調不調とは直接関係ないと思います。
 私は、牛乳はいくら飲んでも平気です。

Q生レモンとポッカレモンの違い

にんじんリンゴジュースを毎朝飲んでます。最近小耳にしたのですが、にんじんは生で食べたりジュースで飲んだりするとビタミンCを破壊するのが解りました。で、レモンか酢を加えると解決なのですがポッカレモンなどは便利で良いのですが・・・。やはり生の絞りたてじゃないと効果がないのでしょうか?

Aベストアンサー

ポッカレモンでも大丈夫です。

ニンジンやキュウリ、リンゴなどの野菜(果実)には、
アスコルビナーゼというビタミンCを酸化する酵素が含まれていますが、
酸性にすることで、この働きは抑制されます。
ですから、ポッカレモンに限らず酸っぱいものならOKです。

ちなみに、この酵素によって
ビタミンCは酸化型(L-デヒドロアルコルビン酸)になるだけで、
破壊されるわけではありません。
酸化型は還元型(L-アスコルビン酸)に比べると不安定ですので、
体内での利用率が多少劣る可能性はありますが、
ビタミンCとしての効果が消失してしまうわけではありません。

Q牛乳を飲むと骨粗鬆症になるって、本当?

牛乳を飲むと、急激にカルシウムの血中濃度が上がり体の、恒常性コントロールが働き血中余剰カルシウムを腎臓から尿に排泄してしまうのです。
牛乳を毎日たくさん飲んでいる、アメリカ、スウェーデン、デンマーク、フィンランドで股関節骨折と骨粗鬆症が多いのはこのためだと言われています。
これは、本当ですか?

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>介護中の人がバナナと牛乳のジュースが好きで良く飲むと言っていたので、骨粗しょう症に成っては大変と思い質問しました。

骨粗しょう症は高齢化社会の日本では避けては通れない問題です。骨が弱くなることにあえて名前を付けるので仰々しく感じますが、早い話が老化です。

骨に関する栄養素はカルシウムやリンの他にもビタミンD・K・C、マグネシウム、フッ素、亜鉛など関係します。栄養素に関してはじつはまだ100%解明されておらず、更なる研究が必要なものもあります。ですから実際は、バランスの良い食事、朝食は抜かない、無理なダイエットはしないなど規則正しい生活が求められます。


股関節の骨折に関してもう少し説明します。例えば平均寿命が長ければ、歳とともに骨密度は減少しますからそれだけ骨折率は増えるでしょう。また臀部骨折率と言うことは転倒率が多いと言うことです。ですから転倒するリスクが何か関係しているはずです。たとえば下肢筋力低下、転倒率を高くする疾患が多い(例えば脳疾患、膠原病、低血圧、視力障害など)なのです。ステロイド薬の処方率(使用率)なども骨の強度に大きく関係します。

気候や天気、アルコール、カフェイン、喫煙率や、どのような運動をどれだけしているかってこともありますし、そもそも民族的なDNA(遺伝)なども関係します。ですから正しい統計をつるためには、同じ国、同じ地域で、日に乳製品をどれだけ摂取し、骨密度に関連しそうな項目を洗い出して、統計を取る必要があると思います。違う国同士を比べても、関連する項目が多すぎて正しいグラフとはいえないと思います。

それと臀部の骨折は、基本的に治療らしい治療はしないですから、病院の受診率も関係すると思います。健康保険など医療全体を取り巻くシステムや病院行けない貧しい国は、安静にするしかなく、これらは統計に上がってこないでしょう。でも安静で治ってしまう骨折ですから “大腿骨骨折” や “脊椎圧迫骨折” じゃないところがグラフのミソなのかも知れません。以上の観点から既存のグラフだけでは 「乳製品=骨粗しょう症」 とはいえません。


話題があちこち飛んで分かり難くなりましたが、個人的にお勧めするのは、

・三食バランスよく食べれば栄養素は特別気にしなくてよい
・屋外ウォーキングを運動の日課にする
・禁煙、飲酒は適度にが基本
・薬物療法

以上で十分だと思います。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

No.1です。補足ありがとうございます。


>介護中の人がバナナと牛乳のジュースが好きで良く飲むと言っていたので、骨粗しょう症に成っては大変と思い質問しました。

骨粗しょう症は高齢化社会の日本では避けては通れない問題です。骨が弱くなることにあえて名前を付けるので仰々しく感じますが、早い話が老化です。

骨に関する栄養素はカルシウムやリンの他にもビタミンD・K・C、マグネシウム、フッ素、亜鉛など関係します。栄養素に関してはじつはまだ100%解明されておらず、更なる研究が必要なものもありま...続きを読む

Q牛乳と成分無調整牛乳について

タイトルの通り牛乳と成分無調整牛乳について質問させていただきます。

私には、1歳6ヶ月になる子供がいますが、現在スーパーで売られている普通の牛乳を飲ませています。
いつだったか忘れたのですが、誰かから成分無調整の牛乳より普通の牛乳のほうが栄養があっていいと聞きました。
実際はどうなのでしょうか?漢字をそのまま読むからに、成分を調整してないって事は、搾りたてのままで栄養があように思います。

普通の牛乳と成分無調整の牛乳では値段も40~50円くらい差がありますし、もし成分無調整のほうが子供の成長にいいのであれば、安いほうの成分無調整牛乳を飲ませてやろうと思います。

物価も高騰しておりますので出来るだけ早い回答をいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。お礼を拝見して再度書き込みに参りました。

安いのは低脂肪牛乳とのことですが、お子さんに飲ませるのでしたら
成分無調整の普通の牛乳か、種類別では乳飲料になりますが
カルシウムが多く含まれている牛乳(例えば、グリコ乳業のカルシウムの多いミルクとか)を
飲ませるのがいいかなと思います。
ただ、#1で載せましたwikipediaにも書いてありますが、乳幼児期に大量摂取させると
食物アレルギーを引き起こす可能性がありますので、カルシウムの多い牛乳でも
普通の牛乳でも量は程々に。

また、最近では牛乳は体に悪いから飲まないほうがいいという話も耳にしますが
個人的には、そんなことはないと思っています。
(自分が牛乳好きだからなんですが…笑)

Q普通の牛乳と、MBP配合の牛乳

普通の牛乳と比べて、MBP配合の牛乳は
どのようなメリットがあるのでしょうか?

MBP配合だと、ものすごくカルシウムが取
れるような感じがするのですが

Aベストアンサー

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「カルパワー補償サービス」
面白いサービスですね!

◎http://it.nikkei.co.jp/it/archive/chokoku/2001062007052p8.cfm
(牛乳成分を分類)
この記載によると、カルシウムの腸管からの吸収促進ではなく、骨代謝に関連するようです。
いずれにしても、骨の健康維持には良いのではないでしょうか?
●http://www.snowbrand.co.jp/news/010803/01.htm
(乳塩基性タンパク質(MBP)に関する発表)
●http://www.hybridyan.com/milkcafe/health/ca.html
(MBPの働き)

ご参考まで。

参考URL:http://www.snowbrand.co.jp/news/020325/01.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報