私は某中小企業のA社の事務員をしています。
グループ会社であるB社は、A社の役員以外に従業員はいないという、
ほとんど名前だけの小さな会社ですが、そこの経理も私の担当です。

去年そのB社の社名と住所が変わることになりました。
決算時にB社の税理士の先生に「議事録の作成はしますか」と聞かれ、
A社の税理士さんと相談の上、B社の税理士事務所の顧問の司法書士さんに
「株主総会議事録」や「履歴事項全部証明書」を作成してもらったのですが、
実は上司もA社の顧問の司法書士に作成を依頼していたらしく、
今日その書類が届いてしまいました。
ほとんど同じ「履歴事項全部証明書」が2通手元にあります。

これはどの程度まずいことなのでしょうか。
あいにく今日上司は上司が出張だったため相談することができなかったのですが、
報告する前にこの失敗の重みと、対処法を知っておきたいのです。
よろしくアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>2人の司法書士さんが、日にちをずらして2度名義変更の登記を行ってしまったんじゃないか



これは、manumanuさんが司法書士さんにどう依頼したかによります。
私も増資や役員変更の手続きは司法書士さんと一緒にしたことがありますが、変更登記を法務局が2重に受け付けるかは???です(多分2重に受け付けたりすることはないと思いますが。。。)。
一度B社の司法書士さんにどういう手続きをとられたかを確認されると良いと思います。

結局最後まで役立たずですいません。m( _ _ )m
    • good
    • 0

 ほとんど心配ないと思います。

「証明書」は司法書士が作成するものじゃなくて、登記所が発行するものです。登記所のコンピューターに登録された情報をプリントアウトした書類なわけです。
 書き込みからすると、登記の「申請」をしたのは、あくまでB社の司法書士さんで、申請書の添付書類として作成した議事録と、依頼どおりの商号変更と本店移転が登記されたことの証明書を、登記所から出してもらって、送ってきているのです。
 A社の司法書士さんからは、証明書が届いただけなんでしょ?
 上司の方が、あとで、もう1通証明書が必要(提出先が2箇所)なのに気がついたんでしょう。そんで、いつもお付き合いしていて、頼みやすいんで、A社の司法書士に、証明書の取得だけもう1通追加でお願いした、それだけじゃないですか?何にも失敗してないと思いますよ!
    • good
    • 0

補足読ませていただきました。


ただ、どうしても疑問なのが、株主総会議事録は変更登記を行うときに必要になるものです。それをどうして、司法書士さんが変更登記が行われたあとに作成されたかが疑問です。その株主総会議事録は、ひょっとして、決算後の定時株主総会議事録であって、社名変更に必要な議事録ではないのではないでしょうか?ココで、確認したいのですが、B社の顧問税理士の顧問の司法書士さんに依頼されたのは変更登記手続きですか?それとも書類作成だけですか?

それともう一点確認したいのですが、その「履歴事項全部証明書」は2通とも全く同じなのでしょうか?
尚、No.1でも申し上げましたとおり、私は、「履歴事項全部証明書」を「登記簿謄本」と同じ意味でとらえています。当然その「履歴事項全部証明書」を発行するのは法務局と言うことになります。ですので、補足にもありました「法」の時の打ち抜きは必ずあると思いますよ。

再度補足いただけましたら状況が把握しやすくなると思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
みなさんの回答を頂いて、自分の疑問がはっきりしてきたような気がします。
2人の司法書士さんが、日にちをずらして2度名義変更の登記を行ってしまったんじゃないか、それぞれが株主総会議事録を作成し、法務局に提出して名義を変更し、処理を終えたので議事録と履歴事項全部証明書をこちらに送ってきたのではないか、というのが私の不安です。

そういうことは起こりえるんでしょうか。また、その場合はどうなるんでしょうか。


「履歴事項全部証明書」は、内容はほぼ一緒だったのですが、1通は2枚綴り、1通は3枚綴りであり、番号のようなものは違っていました。

補足日時:2002/01/15 00:35
    • good
    • 0

「履歴事項全部証明書」が2通作成されただけで、登記はまだされていないのでしょうか。



そういうことでしたら、上司と部下との意志疎通が悪かったということです。

どの程度まずいかというと、費用が余分に発生したことと
、上司に報告や確認をしなかったということです。
まあ、多少の小言はいわれでしょうが、素直に謝りましょう。

今後は、「ほうれん草」(報告・連絡・相談)を守りましょう。
    • good
    • 0

もし、上記が変更登記前であれば、書類が2通あるだけで特に問題にならないと思いますが、書類作成代金は2通分請求されるでしょうね。

。。
あと、上司の方のお小言があるかも知れませんが。。。

ただ、「履歴事項全部証明書」というのを私は訊いたことがありません。先ほどネットで調べたら、「登記簿謄本にあたるもの」なる記載がありました。となると、なぜ変更前に登記簿に当たるものが必要なのかがよくわかりません。(通常は変更後に登記簿を確認のためとったりはしますが。。。)

もしよろしければ、下記URLに社名変更手続きの方法が記載されていましたので、一度、manumanuさんがとられた手続きと、下記URLの手続きとを比較されてはどうでしょうか?

頼りない回答で申し訳ありません。

参考URL:http://www.rakucyaku.com/Koujien/B

この回答への補足

回答どうもありがとうございます。
すみません、書き方が悪かったみたいですね。
すでに名義の変更はなされてます。
ただそういう処理は上層部で行っているのでどういう処理がされたのか
私にはわからないのですが・・・。

作成代金のことはまあいいのですが、
登記・・・多分されちゃってるんじゃないかなあ(^_^;)
2通ともに「法」の字を打ち抜いた跡がありました。
これって法務局に提出したってことですよね?
こういう場合はどうなんでしょうか。無知で申し訳ありません。

ちなみに「履歴事項全部証明書」には「B社が○年○月に閉鎖され、
C社が○年○月に設立された」というようなことがかいてありました。

補足日時:2002/01/12 23:08
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株主総会議事録 議事録作成者の記入について

本当に初歩的というより少し外れた質問内容になるかと思われますので、場所汚しのようで大変申し訳無い限りで御座いますが、一点だけ、御質問させて頂きたく思います。

今回、法人の目的変更登記をする事になり、初めて株主総会・議事録作成に取り掛かる事になりました。

一族経営(取締役一人、アルバイト二人(息子二人))の法人なのですが、今回議事録作成をしたのは息子の私がしました。
現在『出席取締役 ○○ ○○ (議長兼議事録作成者)』という記入をしておりまして、代表者である父が議事録作成者としてあります。
実際には私が作成しておりますので、少し嘘の描写が入ってしまう事が気になり、議事録作成者を私とする適切な記入方等御座いますでしょうか??
しょうもない内容でこちらの場をお借りしてしまい、申し訳無い限りで御座いますが、先輩諸氏方の胸をお借りし、一つ、こちらで学ばせて頂けたらと思います。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

他の出席取締役の承認がなければ正式な議事録とはなりません。多少のうそがあったとしても承認を得れば立派な議事録です。

QA社にB社が51%、C社が29%、D社が20%出資すると

BSとPLとCFLOWの話ですが、

子会社の立場:A社

親会社の立場:B社が51%(連結対象)、
       C社が29%(持分対象)、
       D社が20%(持分対象)出資すると
質問1:
B社のBSにはA社のバランスシートが100%表現されるのでしょうか、ではPLは51%分だけ反映されるのでしょうか?
CASHFLOWには何がどの程度反映されますか

質問2:
C社やD社のBSにはA社のバランスシートには何が反映されるのでしょうか? 出資の有価証券の価値ですか? では持分利益は? それからPLやCFLOWには何か反映されますか?

Aベストアンサー

#1です。

 利益の計上では有りません。
 株の配当金です。

Q飲食費の折半(A社、B社、得意先)

A社、B社、得意先(2名)の計4名で食事会を行いました。
支払金額は、合計で3万円で、A社、B社で折半しました。

1万5千円÷4名=3,750円/人

仕訳
会議費 1万5千円 / 現金 1万5千円
上記の仕訳を行い、損金として処理しました。
折半でも「飲食費5,000円以下が損金算入」が認められますか?
それとも総飲食代が対象ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

5,000円基準の判定は、飲食店に支払った総額を頭数で割った額、言い換えると飲食店が受け取った額を頭数で割った額でおこないます。

したがって、お書きのケースでは、残念ながら損金不算入となります。

Q顧問税理士を変更する際に会計データを前税理士から貰いたいのですが

今回当社の顧問税理士を変更することになりました。
今までは記帳代行も依頼し税理士事務所にてデータ入力等すべてをまかせ、アウトプットしたものだけ貰ってました。
今後、自社で記帳・入力とも行うことにし、申告等は別の税理士に依頼することになりました。
そこで今までの税理士事務所に、会計データをコンバートして使用したいのでデータで貰いたい旨を伝えましたところ
いい返事をもらえませんでした。

ここで質問ですが、
(1)会計データはどちらに権利があるものですか?税理士事務所で入力したから顧問先にはそのデータをもらう権利がないのでしょうか?今までかなり高額の顧問料を支払っていたのに納得いきません。

(2)最悪、税理士事務所に権利があるとして、顧問契約が切れた後その事務所に自社のデータが残るのは嫌なので、すべてのデータを削除依頼することは可能ですか?

Aベストアンサー

本来はデータはもらえるべきものであると思います。

税理士も個人でやっているような小さいところは、顧問契約が打ち切られるということになると、露骨に嫌がらせをしてくるようなところが少なくありません。
まともな税理士であれば、きちんと対応してくれるはずです。

今回のケースも嫌がらせ的な感じがしないでもないですが、どうでしょうか?

どうしてももらえないようであれば、あきらめるしかないかもしれません。(裁判する気があるのであれば、話は別ですが)

おそらく決算書と総勘定元帳はもらっていると思いますので、とりあえず、この2つがあれば、何とかなると思います。

QA社から受取手形をA社の支払にあててもいいですか?

先月、A社振り出しの約束手形を受け取ったのですが、今月末A社以外に支払でまわせるところがなく困っています。普通に支払にあてても 良いものでしょうか?

Aベストアンサー

A社が了解すれば可能です。

実務的には貴社のA社受取手形と買掛金の相殺という処理になるともわれます。

その場合は手形と交換にA社から領収書を受け取れば良いでしょう。

受取手形は比較的安全な債権ですがリスクゼロというわけではありません。相殺してしまえば、その後の債務が消滅し一方手形のリスクもゼロになるので、異例ですが実務としては悪くないと思います。

先方との話し合い次第ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報