最新閲覧日:

私は先日「歯根尖端切除術」といって、歯根にできた膿の袋を取る手術をしました。口腔外科にとってはそんなに難しい治療ではないとのことでしたが、歯茎を切開して骨を削ったりするわけで私にとってはかなりたいへんな出来事でした。
以前にも何ヶ所か歯の根っこの治療をしたことがあったのですが、その時は「しっかり治療できましたからもう大丈夫ですよ」といわれ、同じ根っこが再発するとは考えていませんでした。今回口腔外科でレントゲンを撮ってみたら、「あなたの場合は、どの歯もみんな怪しいですよ」と言われ大ショックです。30万ぐらいかけていれた差し歯やブリッチをはずして治療することになるなんて考えただけで恐ろしいです。症状にもよるのでしょうけど、外科的に歯茎を切開してやるほうがお金がかからないと思うのですが、最初のアプローチとしてはやはり歯の側から治療するものなのでしょうか。こんなことしょっちゅう繰り返していたら仕事もできません。何か予防策をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

確かに,はぐきを切って,骨を削るというのは大変なことだと思います。


通常,根の治療はまず,歯の方からアプローチしていきます。それで治癒できることがほとんどですが,それでも症状がおさまらない場合は歯根端切除を行います。それと,根の先の炎症が慢性化していくと,「歯根嚢胞」といっていわゆる膿のふくろができてしまうことがあります。
こういう状態になってしまうと,外科的に切除しなければ,治癒はしません。一度外科的に切除すれば,再発はありませんが,再発した場合は処置に問題があることが多いです。
高額な差し歯を入れたりすると,歯からのアプローチは難しいので歯根端切除をやらざる得ないと思います。

根の治療は一時的に良くなって,治療を終えても,根の中の微細な最近によって再発することは多いです。
まずは,虫歯をつくらない!!ことが肝要かとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
ご回答がなかなかなかったものですから、気が付きませんでした。すみません。

私は小学生ぐらいから歯医者通いが続いていまして、その歯医者は何かというと神経を取ってしまう治療法だったように今になって思います。虫歯を放っておいたこともなかったので神経までとらなくてもいい状態だったはずです。やはり神経がない歯の根っこは炎症を起こしやすいので、私の場合どの歯もそのような状態になりやすいということなのでしょうね。

また昨日から違う歯が浮いたような感じで痛み出しました。今度は歯からのアプローチになるといいんですが…。
なるべく差し歯やブリッジにしたところの歯以外のところが炎症してくれますように!と思っているしかないですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/02 01:13

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ