こんにちは。
先日「ばんべいゆ」という大きい柑橘類をいただきました。
頂いた時に「皮も煮て食べられる」とうかがったので
水とはちみつを鍋に入れて煮てみたところ
とっても苦くて食べられませんでした。

そこで教えていただきたいのですが、
どうやって煮れば良いのでしょうか?
皮の内側の厚くて白いぶわぶわしたところも
一緒に煮てしまったのがいけなかったのでしょうか。

まだ皮を残してあるので、どなたか御存じの方、
教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

晩白柚」に関するQ&A: 晩白柚の移植について

A 回答 (2件)

晩白柚ですね。



こちらに、砂糖漬けとピールにするやり方が詳しく載っています。
お風呂に入れるのも香り高くていいようですね。

http://www.hirano.com/nouen/kawacook.html

http://www.banpeiyu.com/menu08.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの御回答ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありません。

やっぱりいろいろ下準備が必要だったんですね。
本当に助かりました。

あとお風呂に入れるというのも簡単そうで良いですね。
この季節お風呂は楽しいので、ぜひやってみたいと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 20:51

「晩白柚(ばんべいゆ)」は、台湾からきたザボンです。


ですので、ざぼんの皮と同じ方法で、砂糖漬けが出来ると思います。
柑橘類の皮は苦味が強いので、URLをご覧になり、苦味を抜いてください。

http://www4.airnet.ne.jp/shinpo/akiyoshi/cook/or …

お風呂に入れても、いい香りがしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの御回答ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありません。

やっぱりいろいろ下準備が必要だったんですね。
本当に助かりました。

あとスウィーティーって、本当は「オロブロンコ」っていうんですね。
勉強になりました。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

晩白柚」に関するQ&A: 一番好きな果物は?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q甘酒を造ったのだけど、苦い苦すぎる!

酒っかすが古いと苦くなるの?
ちなみに酒っかすは、冷蔵庫の奥深くから出土されたもので、何時作られたかとかは不明なんだけど?
酒っかすの種類かな?

知ってる人いましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 酒関係の仕事に従事しています。
 酒粕には醸造過程で酵母菌により産出された多種類のアミノ酸が含まれています。それらのアミノ酸の中にはアルギニン、リジン等苦味を感じるものも多く、個々人の味覚の差異により苦味を強く感じることがあるのです。
 酒粕中の酵母菌、麹菌は搾られた後、数十日で死滅しますが、それらの酵素は残り、でんぷん→糖類、たんぱく質→アミノ酸に変える活動を行います。これらの活動は熟成と呼ばれ、奈良漬、わさび漬の原料として使用される酒粕は、味を濃くするためにわざと熟成させたものを使用することが多いです。よって古い酒粕がおいしくないというのは誤解だと思います。実際熟成させた酒粕は私は美味しいと思います。なお、熟成は温度が高いと早めに進み、また熟成が進むと糖類とアミノ酸が結びついて色が濃く(茶色く)なります。
 冷蔵庫に長期間置かれていたのであれば熟成が進み、その過程でアミノ酸が増えていたのではないかと思います。アミノ酸は種類により旨み、酸味、甘味、苦味がありますので、その苦味を強く感じられたのかと思いますが健康上問題はないと思います。
 なお、新しい酒粕についても苦味を感じることはあります。これは酒粕に含まれる(苦味を感じる)アミノ酸の量に拠るところが大きいです。精米歩合の高い酒粕は確かに雑味成分が多いですが、苦味の最も大きな理由であると私は思いません。
 また、酒粕はアルコールが10%程度含まれており、酵母菌等の特殊な菌を除き繁殖することができません。よって基本的に腐敗はしません。奈良漬や粕酢では常温で7年程度熟成させることもあります。密封して乾燥させなければいろんな用途に使用できます。

 酒関係の仕事に従事しています。
 酒粕には醸造過程で酵母菌により産出された多種類のアミノ酸が含まれています。それらのアミノ酸の中にはアルギニン、リジン等苦味を感じるものも多く、個々人の味覚の差異により苦味を強く感じることがあるのです。
 酒粕中の酵母菌、麹菌は搾られた後、数十日で死滅しますが、それらの酵素は残り、でんぷん→糖類、たんぱく質→アミノ酸に変える活動を行います。これらの活動は熟成と呼ばれ、奈良漬、わさび漬の原料として使用される酒粕は、味を濃くするためにわざと熟成...続きを読む

Q普段 はちみつ 食べますでしょうか。

私は食パンに はちみつ のみを全体に塗って
(というか垂らして!?)食べます。
他に使いようは ありますでしょうか。

Aベストアンサー

ハチミツとチーズは好相性です。
とくにブルーチーズにハチミツをかけると食べやすくなります。
ワインのお供になります。
クラッカーやフランスパンの薄切りにナチュラルチーズをのせて軽く温める程度に焼き、ハチミツを垂らして食べると美味です。
お手軽なところで市販の溶けるチーズでも試してみてください。
当然ながらチーズもハチミツも上等なものほどおいしいです。

Q煮物は、油いためしてから煮る?直接材料を入れて煮る?

煮物を作るときに、先に油でいためてからだし汁をいれ煮る方法と、だし汁などの中に直接材料を入れて煮る方法がありますが、何か違いはあるのでしょうか。
どちらの方がおいしくできるとか、また、もしそれぞれ利点があるようならば、それにあった料理なども教えてください。
主婦歴11年ですが、いまだにこんなことで悩んでいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。主婦歴1年半の者です。
基本的にお肉類は炒めてから煮ます。そのほうがお肉のうまみが逃げなくておいしくできあがると聞いた記憶があります。
後は、その料理によりますかね・・。
肉じゃがやカレー、シチュー等はお肉を炒めてから(表面が焼ける程度)、切った野菜を入れて油をからめる程度にまぜて(炒めて)から、煮ます。
おでんやお煮しめ等にいれる肉系は、炒めないで直接、煮ます。
おでんに入れる肉系は、だし取りがメインなので炒めません。

合ってるかどうかわかりませんが、私はそうしていますよ。

Q鮭の皮食わぬ馬鹿 ○○の皮食う‥

昔聞いた格言?のような言葉で「鮭の皮食わぬ馬鹿、○○の皮食う馬鹿?」というのを聞いた覚えがあるのですが○○が何だったのか忘れてしまいました。ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

”鰤”の皮食う馬鹿鮭の皮食わぬ馬鹿、のことかと思います。

Qはちみつが固まった!

はちみつって日にちがたつと固まりますよね。
湯煎でやるのが一般的ですが、他にはちみつを溶かす方法はありますか?

Aベストアンサー

ビンでも大丈夫ですよ。
中身がアツアツになるほど加熱すれば危ないでしょうけど。
はちみつは45℃を超えると変質して風味がなくなったり、とろみがなくなったりするので、熱くなるまで加熱しないほうがいいです。

結晶をきれいに溶かさないと、残った結晶を元にしてすぐに再結晶しやすいそうです。

このサイトでも検索するといろいろ出てきますけど、固まらないようにするには、というのでは『冷凍庫に入れる』というのがありました。
試した質問者さんも、固まらなかったそうです。(水あめみたいに硬くはなったようですけど)
http://okwave.jp/qa477141.html

発泡スチロールのケースに入れておくとか。
http://okwave.jp/qa4684778.html

下記サイトによると、はちみつが結晶化する温度は5~14℃だそうです。
http://bee.lin.go.jp/hn/faq/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報