新潮文庫の『注文の多い料理店』の中に、
『楢ノ木大学士の野宿』というのがありますが、この本だけ・・・
つまり『楢ノ木・・・・』の単行本って売っているんですか?
それじゃなくてもいいです、『注文の多い料理店』の中にある数々の話で、
もし単行本で出ているものがあったら出版社を教えてほしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは!



参考URLは、オンラインショップ『Amazon』です。
とりあえず、こちらでお探しのタイトルを検索してみては如何でしょうか。
(『楢ノ木大学士の野宿』は見つかりませんでした。)
あまり有効なアドバイスでなくて申し訳ないです…。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2002/01/12 18:30

 結論から言いますと、無いようです。

絵本なら、ある程度のタイトルは出版されています。(が、「楢ノ木...」は無いもよう。)



「楢ノ木大学士の野宿」は、「注文の多い料理店」の初版には収録されていません。各社が独自の観点から編集したものですが、角川文庫版は、初版に近く、その挿絵も載っているとのことです。



「注文の多い料理店」の初版データ
發  行 大正十三年十二月一日
定  價 金壹圓六拾錢
著  者 宮澤賢治
挿畫装幀 菊池武雄
發 行 者 近森善一
印 刷 者 吉田 春藏
發 賣 元 杜陵出版部、東京光原社
(判 型) 四六判、クロス装、194頁

・序
・どんぐりと山猫
・狼森と笊森、盗森
・注文の多い料理店
・烏の北斗七星
・水仙月の四日
・山男の四月
・かしはばやしの夜
・月夜のでんしんばしら
・鹿踊りのはじまり




---------------
注文の多い料理店(改訂新版、角川文庫 924)
角川書店
1996.06、234p, 15cm、図版1枚
内容: どんぐりと山猫 狼森と笊森、盗森 注文の多い料理店 烏の北
斗七星 水仙月の四日 山男の四月 かしわばやしの夜
月夜のでんしんばしら 鹿踊りのはじまり 年譜: p221-234

---------------
注文の多い料理店(新潮文庫 み-2-6)
新潮社
1990.05、358p, 15cm
内容: 注文の多い料理店 雪渡り ざしき童子のはなし さるのこしかけ
気のいい火山弾 ひかりの素足 茨海小学校 おきなぐさ 土神ときつね
楢ノ木大学士の野宿 なめとこ山の熊

---------------
注文の多い料理店 : イーハトーブ童話集
岩波書店
2000.06
内容: どんぐりと山ねこ 狼森と笊森、盗森 注文の多い料理店
からすの北斗七星 水仙月の四日 山男の四月 かしわばやしの夜
月夜のでんしんばしら 鹿踊のはじまり 詩



---------------
(参考)
宮沢賢治データ
http://www.d1.dion.ne.jp/~ueda_nob/authors/kenji …

宮沢賢治作品館・童話篇
http://www.cypress.ne.jp/why/douwa/sinla2.html

宮沢賢治童話館
http://ppcl.cnu.ac.kr/kenji/archive/sinla/douwa/ …


↑では、テキスト全文が入手出来ますので、印刷・製本してオリジナルの
自作本を作るのも良いかも知れません。

 

参考URL:http://www.d1.dion.ne.jp/~ueda_nob/authors/kenji/kenji.html,http://www.cypress.ne.jp/why/douwa/sinla2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく調べていただいてどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 18:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q注文の多い料理店

新潮文庫の『注文の多い料理店』の中に、
『楢ノ木大学士の野宿』というのがありますが、この本だけ・・・
つまり『楢ノ木・・・・』の単行本って売っているんですか?
それじゃなくてもいいです、『注文の多い料理店』の中にある数々の話で、
もし単行本で出ているものがあったら出版社を教えてほしいです。

Aベストアンサー

こんばんは!

参考URLは、オンラインショップ『Amazon』です。
とりあえず、こちらでお探しのタイトルを検索してみては如何でしょうか。
(『楢ノ木大学士の野宿』は見つかりませんでした。)
あまり有効なアドバイスでなくて申し訳ないです…。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Qオススメの本ありますか? 最近ヒマなので… 角川翼文庫や青い鳥文庫などでお願いします! ちなみに、私

オススメの本ありますか? 最近ヒマなので…
角川翼文庫や青い鳥文庫などでお願いします!
ちなみに、私が好きなのは 怪盗レッド
秘密作家スズ などです!

Aベストアンサー

青い鳥文庫の「黒魔女さんが通る‼︎」がオススメです!

Q注文の多い料理店

始めまして、よろしくお願いします。

今日、甥っ子の夏休みの宿題の手伝いがてら、宮沢賢治さんの「注文の多い料理店」を一緒に読みました。

しかし、これが不思議で不思議でたまりません。

「注文の多い料理店」の内容は、一体何なのでしょうか?

あの二人の狩人は、青い目の怪物は、2匹の犬はそれぞれ何を表したものなのでしょうか?
当時の国際情勢なのでしょうか?
それとも当時の日本の社会問題を表したものなのでしょうか?
それとも単に話の展開が面白い短編なのでしょうか?

しかし、あの宮沢賢治さんが、単に面白いというだけでこのような文を書くのでしょうか?

不思議でたまりません。


どなたか「注文の多い料理店」についての真相をご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

二人の狩人は、文明(都会)を象徴するもの。
山猫は、自然(地方)を象徴するもの。

虐げられた自然(地方)が、文明(都会)に復讐する物語。

場面展開の妙:「風邪がどうと~」の一文で不思議な世界に迷い込み、同じ一文で、また現実へと戻る。

私は小中学生向けに、教科書ワークなどを執筆していますが、「注文の多い料理店」の単元を書くときは、だいたい上記のアウトラインを頭に置いて取り組みます。

しかし、改訂のたびに、あらたな発見をし、目を開かされたような気持ちになります。

なお、梅原猛さんは、この作品について「近代日本文学が生んだ近代西洋文明に対するもっとも鋭い風刺の書」と評していらっしぃます。

しかし! どんな作品でも、絶対に正しい読み方など存在するはずがない、と私は確信しています。
上記は、ご参考までに教材屋の手の内を明かしたまでで、そう読むべきだなどとは毛頭思っておりません。自由に、楽しく、スリリングに本の世界を遊ばれればいいと思います。

Qコバルト文庫の著書:山本さんの『桃源の薬』について教えて下さい。

『桃源の薬』についてお尋ねしますが、
この本のタイトルはどう読めばいいのでしょうか?
調べてみたのですが、よく分からなくて困っています。

Aベストアンサー

トウゲンノクスリ と読むようです。
(http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=jBKID%3AB0551716)
タイトルや著者名の読みが分からない場合は
下記サイトで検索すると判明する場合があります。

参考URL:http://webcatplus.nii.ac.jp/

Q「注文の多い料理店」で宮沢賢治は何を訴えているのでしょうか。

「注文の多い料理店」をこの世に送り出した宮沢賢治は、この作品によって何かを訴えているのでしょうか。

Aベストアンサー

まず「二人の若い紳士」が、決して好意的に描かれていないことが挙げられます。「白熊のやうな犬」どもが死んでも、いくらの損失だと言いあうし、なにごとにつけ金銭でかたがつくくらいにしか考えない手あいです。

これを森が報復するお話だと受け取れば、一種の勧善懲悪劇です。「紙くづのやうになった二人の顔」がもとにもどらないというのは、最近はやりの言葉でいえばトラウマってことになるでしょう。

なんだか、つまんないですね。

お話は二人の紳士を中心に進められ、読者のほうも彼らの立場になって読み進み、変な具合だなと思ってどきどきするわけです。それが何と、食う立場だったのが食われる立場だったなんて。

主体が客体になる瞬間です。今まで世界の中心だったものが、ぱっと別の目が生まれて、第三者の目でそれを見つめる。そんな瞬間。

森って、なんて怖いところだろう。近づかないようにしよう。さいわい、身の回りには森らしい場所はほとんどなく、安心していられると、そんなふうにいっしんに心をなだめている子供の頃の自分がありました。

けれども、長ずるにしたがって、なにも森は山奥にだけあるのではない、都会にも社会にも、いたるところにあるものだということが分ってまいりました。

自分というものの傲慢さ。いけすかなさ。それと同時に、
なにか、ひどく邪悪なもの、理不尽なものがこの世の中にはあるのだという最初の体験だったかもしれません。

賢治は、童話集『注文の多い料理店』序で、
「なんのことだか、わけのわらないところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。」
と、韜晦していますが、同じく広告文の方では、
「故にそれはどんなに馬鹿げてゐても難解でも、必ず心の深部に於て万人の共通である。卑怯な成人たちに畢竟不可解な丈である。」
と言い切っています。

先に書いたことが作者の意図と一致しているなんてことは多分なさそうですが、私にはそういう作品だということで。ご参考までに。

まず「二人の若い紳士」が、決して好意的に描かれていないことが挙げられます。「白熊のやうな犬」どもが死んでも、いくらの損失だと言いあうし、なにごとにつけ金銭でかたがつくくらいにしか考えない手あいです。

これを森が報復するお話だと受け取れば、一種の勧善懲悪劇です。「紙くづのやうになった二人の顔」がもとにもどらないというのは、最近はやりの言葉でいえばトラウマってことになるでしょう。

なんだか、つまんないですね。

お話は二人の紳士を中心に進められ、読者のほうも彼らの立場にな...続きを読む

Q「モモちゃん」シリーズ(単行本)のカバーについて

「モモちゃん」シリーズ(単行本)のカバーについて
子供の頃読んだ松谷みよこの「モモちゃん」シリーズを読み返そうと思っています。

amazonで本の写真を見ると、カバーに人形の写真が使われていますが、
初版からその写真が使われていたのでしょうか?
家にあった本はすでに処分されており、確かめる事ができません。
ご存じの方おられましたら、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も子供の頃からモモちゃんシリーズが大好きで、大人になってから買い直しました。

そこで本なのですが、初版からかどうかはハッキリ言えませんが、40年前に最初に読んだ時には、表紙は写真でした。中は白黒のイラストですが、たまにカラーの写真が挟み込まれています。

ご参考になれば嬉しいです。

Q宮澤賢治の注文の多い料理店で死んだ猟犬が蘇るのは?

宮澤賢治の注文の多い料理店で死んだ猟犬がよみがえって,2人の紳士を助けにくるのは,宮澤賢治にしては珍しい矛盾で,単なるミスとする解説がありますが,そうなんでしょうか。そうでないとするとどのような効果があるのでしょうか。

Aベストアンサー

この作品には「1921・11・10」と脱稿日が記されています。
だから序文で「十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと」との箇所はこの作品のことを指しており、「どうしてもこんなことがあるようでしかたがない」のであり、それが「なんのことだか」は「わたしにもまた、わけがわからないのです」とも。

この作品は、最初の二人の会話に始まり、終盤の「二人は泣いて泣いて泣いて泣きました」までは、すべて二人の若い紳士の意識構造から見た描写を取っています。
専門の鉄砲打ちにちゃんと従っていない思い上がった態度だからこそ、彼らからすればその山の案内役は「ちょっとまごついてどこかへ行ってしまったくらゐ」の「山奥」であり、「あんまり山が物凄いので」犬たちも「めまいを起こして」「泡を吐いて死ん」だのだ、だって「その犬の眼ぶた」を「ちよつとかへしてみて」そう考えたのであり、そして何千円も損したと悔しがったのです。
ところが、案内役が<まごついた>り、犬たちが<死んだ>りした時点で、急に「顔色をわるくして」「寒くなったし腹は空いてきたし」で、実際には心細くなり迷子になったことにようやく気付き、歩きたくないよう、おなかが空いたようとぐずり出したからこそ、そんな大人子供の本性が露わになったがゆえに、とうとう自分たちの前に懐かしい都会の象徴であり、金さえ出せば主人で居られる、その金銭文化の代表でもある西洋料理店を出現させてしまったものでしょう。

でも本当はたんなる山の中での迷子でしかなかったとそれとなく告げるために「風がどうと吹いてきて…木はごとんごとんと鳴りました」という実際の情景描写が2か所に挟んでありますが、二人にはもはやそれさえ耳に入らないのです。札びらででひたすら自分の横柄な都合やわがまま勝手に振る舞ってきた、そんな贅沢に肥満した彼らへの「バチ」だったのでしょう。

第一次大戦での軍需景気で一山あてた「にわか成金」が、見せ掛けだけでも大都会に住み暮らす貴族並みに肩を並べたい、その象徴が英国風装備であり、ハンティングゲームであり、そのゲーム(獲物)を調理させるRESTAURANTだったのでしょう。

もっともヘビーな大型獣ハンターの服装を「イギリスの兵隊のかたち」といい(「なり」でさえなく「かたち」ですね)、大物撃ち用英国エンフィールドライフルの携行を「ぴかぴかする鉄砲をかついで」といい、ヨーロッパ貴族階級オオカミ狩り用の代名詞であり、一頭数千円もするハウンド犬(ボルゾイ)を「白熊のやうな犬」とする、これらの簡単な描写からして、敏感な幼い童話の読み手なら、いかに胡散臭い奴らかが一発でわかるというものです。

案の定、そのあとに続く二人の会話の「お下劣」振りには辟易させられます。
大型獣狩猟用の装備(服装・銃器・猟犬)で、なのに会話からすると狙いは山鳥や、せいぜい野兎狙いで、でも口では鹿のどてっぱらだとか、タンタターンとぶっ放せれば何でも構わないとか、いやはやとてもハンターとは思えない、お粗末にして軽薄嫌味な有様ではないですか。

ちょうどこの執筆直前に、日本国中を震撼させた現職首相である原敬暗殺事件が発生しています。平民宰相の死や暗殺者が19歳の青年だったことなど、漠然と日本の今後の行く末、平均的日本人の心象において、それこそが「扉の向ふのまっくらやみのなか」であったのかもしれません。

なお、賢治自身の広告文は次の通りです。
「二人の青年紳士が猟に出て路を迷ひ「注文の多い料理店」に入りその途方もない経営者から却つて注文されてゐたはなし。糧に乏しい村のこどもらが都会文明と放恣な階級とに対する止むに止まれない反感です。」

この作品には「1921・11・10」と脱稿日が記されています。
だから序文で「十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと」との箇所はこの作品のことを指しており、「どうしてもこんなことがあるようでしかたがない」のであり、それが「なんのことだか」は「わたしにもまた、わけがわからないのです」とも。

この作品は、最初の二人の会話に始まり、終盤の「二人は泣いて泣いて泣いて泣きました」までは、すべて二人の若い紳士の意識構造から見た描写を取っています。
専門の鉄砲打ちにちゃんと従ってい...続きを読む

Q筒井康隆の『富豪刑事』に出てくる料理

教えてください!

筒井康隆の『富豪刑事』を読み始めましたが、
「富豪刑事のスティング」の冒頭
「フラージパーネを食べ終わりウガンダ・ロブスターを
ひと口味わってから神戸大助はいった」というくだりの
「フラージパーネ」というのはどういう料理(?)でしょうか。

ググっても全然ないので、逆に興味がわいてきました。

わかる方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

「パーネ」はパンのことですが、「ウガンダ・ロブスター」からすると「フランジパンヌ」(frangipane)のことかな、とちょっと思いました。

「フランジパンヌ」はアーモンドクリームとカスタードクリームを混ぜたクリームで、タルトによく使われます。

クリームだけを食べるとは思えないので、
「デザートのタルトを食べ終わり食後のコーヒーをひとくち味わって~」
という感じになるのでは、と思います。

Q約15年?前後に放映された「注文の多い料理店」が基の2時間ドラマ?

こんにちは。
ずいぶん昔の話になりますが、大体、15年くらい前にテレビで放映された「注文の多い料理店」を基盤にした2時間ドラマを覚えている方はいませんか?(もしかしたら映画かもしれませんが……)
舞台はホテルで、女の主人公と男の人がいたと思います。
途中から見て、しかもラストを見られなかったので、どんなシーンがあったか具体的に説明できないのですが……
そのホテルを段々と奇妙だと感じている二人、
そしてラストのクライマックス?辺りで、屋外で木に縄で縛られている二人、その前でシェフとオーナー?が焚き火をしながら不気味に笑っていてピンチ、そんなシーンを覚えています。
もしこんな番組を覚えておられる方がいたら、タイトル、もし可能でしたら内容もお教えいただければ幸いです。
特に焚き火の後が気になって気になって……(苦笑)

Aベストアンサー

こんばんは。

もしかしたら↓このドラマでしょうか?








                  

参考URL:http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECNUM=23790

Q『不思議の国のアリス』の本を探しています。

今から20年くらい前に、家にあったもので、

 ・タイトルは『不思議の国のアリス』
 ・表紙は確か水色っぽく、アリスの顔が大きく描いてある。
 ・絵のページが所々にあって、絵本ではなく児童書
 ・イラストはカラーページと赤、青の単色刷り
 ・小さくなったアリスが机の上にある鍵を見上げているイラストが印象的。

以上のような特徴があります。
20年も前の事なので、記憶違いもあるかもしれませんが、心当たりの本をご存じの方はご一報下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!
私も「不思議の国のアリス」が好きなので、探してみたんですが、ご希望のものがいまひとつみあたりませんでした(汗)。
ただ、「見覚えがある」というイラストがジョン・テニエルのものなので、そこを手がかりにすればいいかもしれません。
あと、下記のサイトは「不思議の国の~」ファンの方が運営されているサイトですので、この方に事情を話して心あたりがあるか聞いてみるのもひとつの手かと思います。
結局回答にならず、申し訳ありません…。

参考URL:http://www.hp-alice.com/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報