こんばんは。

ちょっと前に「いのちはいのちをいけにえにしてひかりかがやく…」
という内容の詩を聞いていたく感動したんですけど、
タイトルも、誰の詩かもわからないのですが、もう一度全部を読みたい
のです!!

どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。
作者と、タイトル、載っている本の名前がわかると、ありがたいです。

A 回答 (1件)

谷川俊太郎「クレーの絵本」の中の「黄金の魚」です。


「クレーの絵本」は講談社から1500円で出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます!!
絵本なんですね…ますます欲しくなってきました。
本屋さんで探してみます。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2002/01/12 10:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QこのBL小説のタイトルと作者ご存知ですか?

しばらく離れていましたが、再びBL小説を読み始めました。

で、以前読んだ小説をもう一度読みたいのですが、
タイトルも作者も覚えていません。

以下のような感じだったと思います↓
主人公
・受
・会社員プログラマー?
・ゲイであることをあえて隠そうとはしていない

覚えている話
・主人公の会社に上司として赴任した相手に一目ぼれ(だったかな?)
・上司は、ゲイであることを主人公に告げるも驚いて自分もそうであることを言いそびれる
・上司は、差別をされたと誤解
・ある日主人公もゲイであることがバレ・・・最後はハッピーエンド


この話でタイトルと作者がお分かりの方がいましたら、
教えてください。

水上ルイさんかな?とも思ったんですが
ピンと来るものがありませんでした。
忘れているだけかもしれませんが・・・。

Aベストアンサー

義月粧子さんの「タイミング」かな? と思いました。
表紙イラストは掲載されていないのですが、アマゾンにあらすじ載っていたので、確認してみて下さい。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BA-%E7%BE%A9%E6%9C%88-%E7%B2%A7%E5%AD%90/dp/483521059X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1219415288&sr=8-2

表紙イラストは・・・こちらで^^;

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w27042262

受の子に料理上手なゲイの友達がいたり、攻の人は途中別の人と付き合っていたりと、そんな内容に覚えがあれば、間違いないと思うのですが・・・。

ただ、この本、ビブロスなんですよね^^;
まあ、探すのに苦はないと思うのですが。
お探しの本であればいいのですけれど・・・。

義月粧子さんの「タイミング」かな? と思いました。
表紙イラストは掲載されていないのですが、アマゾンにあらすじ載っていたので、確認してみて下さい。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BA-%E7%BE%A9%E6%9C%88-%E7%B2%A7%E5%AD%90/dp/483521059X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1219415288&sr=8-2

表紙イラストは・・・こちらで^^;

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/j...続きを読む

Q時代小説のタイトル・作者をおしえてください

20年以上前に、国語(現国)の模試に出てきた小説が今でも忘れられません。
ぜひ、読み返したく、これかもしれないと思う小説のタイトル・作者がわかる方いらっしゃいましたら、教えてください。

覚えている内容は以下になります。

------------------------
主人公は、江戸時代、町奉行所(もしかすると違う部門かもしれません)に勤める武士。
彼は、ある日島送りになる罪人を船乗り場まで護送していく。
罪人は、盗み(だったと思う)で捕まって島送りになったが、罪人の育った状況を考えるとむしろそのぐらいの罪しか侵さなかったことが僥倖にも思えるようなひどい育ち方をしている。
そして、罪人は、死罪にならず島送りで済んだこと、島送りに際して支度金までもらえることを感謝している。
そんな罪人の姿を見て、主人公の男は自分は御家人としてそうそう悪くない給料をもらい、罪人に比べれば素晴らしくいい生活をしているはずなのに満ち足りていないことに気が付く。
妻は周りの家とくらべ、足りないものをあげつらう。自分自身も、もっともっとという思いに駆り立てられていた。そう気がつくという小説。
-----------------------

もしかすると、長い小説の一部である可能性もあります。

もし、これかもしれないという心当たりがありましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

20年以上前に、国語(現国)の模試に出てきた小説が今でも忘れられません。
ぜひ、読み返したく、これかもしれないと思う小説のタイトル・作者がわかる方いらっしゃいましたら、教えてください。

覚えている内容は以下になります。

------------------------
主人公は、江戸時代、町奉行所(もしかすると違う部門かもしれません)に勤める武士。
彼は、ある日島送りになる罪人を船乗り場まで護送していく。
罪人は、盗み(だったと思う)で捕まって島送りになったが、罪人の育った状況を考えるとむしろそのぐ...続きを読む

Aベストアンサー

森鴎外の「高瀬舟」かもしれません。
こちらでご確認を。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/691_15352.html

Q親子関係や家族の普遍的価値について詩われた詩

親子関係や家族の普遍的価値について詩われた良い詩などはご存知ありませんでしょうか?

大変申し訳ありませんが、今は日本に住んでおりませんので、出来れば「詩集」のご紹介ではなく、「詩」そのもの、もしくは「詩」そのものが書かれたサイトをご紹介いただけると助かります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

教科書に載ってた詩なんですが、河井酔茗の「ゆずり葉」。
親、大人たちがこども達へ向けてうたった詩です。

著作権にひっかかる(?)かも知れないのでURLは載せませんが、作者と題名で検索すればすぐヒットしますよ。

Q感動した話 凄ーい奇跡の話 またまた、ちょ~とした感動話 小さな奇跡 

感動した話 凄ーい奇跡の話 またまた、ちょ~とした感動話 小さな奇跡 少年時代の思い出すと何とも言えないような気持の湧いてくる話などはないですか
本当に小さなことでも些細なことでも何でもいいので教えてください

Aベストアンサー

感動して泣ける話です。実話だそうです。
参考URLのところで、1話無料公開されていますのでどうぞ。
(高校野球に興味のない人も泣けます)

参考URL:http://www.kosaidoakatsuki.jp/shuppan/campaign/koshiendakega.html

Q本のタイトル、作者を教えてください。

前に読んだ本の内容が頭に浮かんだのですが、「誰の、何の本だったっけ??」と悶々としております。
もしよかったら、ご存知の方教えてください。

・国語の教師が主要人物。
・連絡簿に生徒とやり取りをする。その中で生徒が「明暗という漢字は暗の方がお日様が多いのに、暗いのはなぜ?」と聞いている。
・はじめての授業で漢字一文字を課題にして終わった。(何の漢字かは忘れてしまいました)

以上です。曖昧すぎて分かりにくいですよね・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北村薫さんの『スキップ』ではないでしょうか?

大体こんなかんじの話です↓
女子高生だった主人公が目を覚ますと、中年女性になっていた。
家族もすでにいて、協力して教師の仕事をこなしていく。
学校生活でも生徒たちと触れ合っていく(バレーボール大会をしたり文化祭をしたり劇をしたり)

参考になれば幸いです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報