流星群はそれぞれの彗星の塵が地球に突っ込んで来
ることからできることは知っています。
でも毎年同じ時期に見られるのはなぜでしょうか?
一回通過したならば、地球と交差した付近の塵は少
なくなるでしょうし、塵自体もかなりの速度で動い
ていることから次の年の流星数は激減するはずでは
ないでしょうか?
あと、流星の素の塵はダストテ-ルですよね?
もしそうならば彗星と同じ軌道にあるのはなぜです
か?彗星の軌道との角度からして彗星とは同じ軌道
をとるとは思わないのですが。

お願いします。

A 回答 (3件)

>あの現象は太陽風の影響で次々に離れて行くから、


>塵が尾のように見えるのではないのですか?
 ダストテール中のダストの運動に影響を与えるのは、核からの離脱時の初速度とその後の太陽風と太陽光の輻射圧です。太陽風と太陽光の輻射圧は、おっしゃる通り小さなものですが、ダストの運動に少し影響を与えるぐらいの大きさは持っているようです。

>くっついていっているのですか?
 近日点通過前にアンチテールが伸びることがあるという事実や、ダストテールが美しい湾曲をもって伸びることがあるという事実が、例証にはなりませんでしょうか?

>母彗星の軌道とダストテールを構成する粒子の進む
>向きは明らかに違いますよね。太陽の反対側に尾が
>のびるのに対し、彗星は太陽の周りを回っているこ
>とから。それはわかっていただけますか?
 母彗星の上に立ってテールを見るとダストがしだいに離れていくように見えるのは確かだと思います。しかし、太陽から見た場合はどうでしょうか? ダストと核はしだいに離れながらも、似たような方向に進んでいるように見えると思いますよ。もちろん「似たような方向」といっても軌道はかなり広がっているので、たくさんあるダストの中にはとんでもない方向に進むものもあると思います。特にイオンテール(太陽の反対方向に伸びるタイプ1の尾)の場合には、完全に母彗星とは違う方向に進むイオンがあるかもしれません。
 ともかく、ダストがもともと持っていた運動量は核から離れたからといってゼロになるわけではないことにご注意いただくと、問題は解決するかと思うのですが。
    • good
    • 0

 #1の補足見ました。


>そのダストテールは彗星の核を中心に太陽と反対側に
>のびていますよね。それなのに母彗星とほぼ同じ軌道
>をとるといのはおかしくありませんか?
 太陽風などによってどれだけの力を受けたかが問題になるでしょう。当然のことながら、ダストテールを構成する塵は核を離れる前には核と同じ軌道要素をもっています。核を離れたからといって、その運動量が消えてなくなるわけではありません。太陽風などから受けた運動量が最初のものより十分小さければ、母彗星とほぼ同じ軌道上を周回するでしょう。実際、彗星の尾はしばらくの間ほぼ同じ形を保ったまま彗星にくっついていくでしょう?

> 付け足しでπ/6AUほど拡がっているのならば他の
>彗星の塵も加わったならば毎日のように流星雨が見られ
>るような気もしますがどうなのでしょうか?
 塵の密度は一定というわけでありません。例にあげたペルセウス座流星群の場合には、極大の8月13日の前後2,3日程度は1時間あたり最大30~50個程度の出現があったと思いますが、その他の期間はもっと少ないのです。ですから毎日流星雨が見られるというわけにはいきません。でも、確かに他の彗星由来の塵も軌道が広がっているおかげで、毎日流星を見ることができます、運がよければ。

この回答への補足

>彗星の尾はしばらくの間ほぼ同じ形を保ったまま彗星
>にくっついていくでしょう?
あの現象は太陽風の影響で次々に離れて行くから、塵が
尾のように見えるのではないのですか?
くっついていっているのですか?


>太陽風などから受けた運動量が最初のものより十分小さ
>ければ、母彗星とほぼ同じ軌道上を周回するでしょう。
ちょっと意味がわからないのですが。誤解していたらす
いません。
 母彗星の軌道とダストテールを構成する粒子の進む向き
は明らかに違いますよね。太陽の反対側に尾がのびるのに
対し、彗星は太陽の周りを回っていることから。それはわ
かっていただけますか?
 太陽風の主成分は水素原子ですよね。対する塵は水分子
は発光しないので鉄やマグネシウムを主にあげておきまし
ょうか。
 その質量差で軌道を変えるほどの運動量はえられるので
しょうか?

散在流星というのを知っています。あれは群のなれの果てです。

補足日時:2000/12/22 22:03
    • good
    • 0

 母彗星から離れた塵は、太陽風や彗星内水分蒸発時の噴射などによる力を得るため、母彗星の軌道に近いものの微妙に異なります。

例えば馴染み深いペルセウス座流星群の活動時期は7月20日頃から8月20日頃ですよね。単純計算でπ/6天文単位の幅に広がっている塵の中を地球が進むわけです。
 確かに地球がその軌道を横切るたびに少しずつ塵が減っていくでしょうが、軌道要素ごとに早く公転するものもあれば遅く公転するものもあるわけで、翌年にはならされてしまって減少がよくわからなくなるのでしょう。それよりも母彗星の近日点通過前後に突然出現数が多くなる現象の方がはっきり観測されます。ペルセウス座流星群の母彗星は公転周期約135年のスイフト・タットル彗星ですが、1992年の近日点通過前後に大出現をしたのは記憶に新しいところです

この回答への補足

 彗星内水分蒸発時に彗星から離れた塵はダストテールと
いうものでしょう?
そのダストテールは彗星の核を中心に太陽と反対側にのび
ていますよね。それなのに母彗星とほぼ同じ軌道をとると
いのはおかしくありませんか?
 常に塵は出ているでしょうがベクトルはほとんど違うは
ずですよね。彗星と塵のベクトル成分が同じ物だけが来る
と考えてよろしいのですか?
 付け足しでπ/6AUほど拡がっているのならば他の彗
星の塵も加わったならば毎日のように流星雨が見られるよ
うな気もしますがどうなのでしょうか?
 だいたい75億kmですよね。

補足日時:2000/12/17 21:08
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6月23日前後は流星群は無いですかね

日頃は都市部に住んでおり、星や流れ星とは無縁の生活をしております。
今回、6月22~26日に家族で北海道に旅行に行きます。
妻や子供に満天の星や流れ星を見せてあげれたらなぁって考えています。
ちょうど6月23日の晩は富良野泊だし、月も新月なので条件はいいのですが、
色々調べても、流星群とかはなさそうです。
日常の生活では見れない、夜空の楽しみ方などご意見伺えればと思います。

Aベストアンサー

まずは晴れることですが、郊外の暗い空なら、満天の星空が見えるかも
しれません。
#暗い空に十分に眼を慣らしてから観望する、とたくさんの星が見えます

事前に星座の位置などを確かめておきましょう。

【暗い空なら、夜中に天の川と夏の星座が楽しめるでしょう】
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/stars/2009/06.htm

【夜中から早朝ですが国際宇宙ステーションが見えます】
http://www.heavens-above.com/PassSummary.aspx?satid=25544&lat=43.3468730&lng=142.3912800&loc=FURANO&alt=0&tz=JapST&Date=55004.625

Q彗星へ衝突機をぶつけて彗星の軌道が変わりませんか。

彗星探査機「ディープインパクト」の衝突機(インパクター)を、7月4日秒速10キロメートルもの高速でテンペル彗星へ衝突させた。
質量の問題だと思いますが、彗星の軌道が変わって、地球へ彗星が衝突することになったりしませんか。

Aベストアンサー

「18輪の巨大トレーラーのフロントガラスに虫がぶつかるようなものだ」とヨーマンズ博士は言う。「衝撃弾によって彗星の速度は秒速0.0005ミリメートル遅くなるだろう。軌道変化は今後5年かけて100メートルを超える程度に過ぎない」

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041222302.html

前にもどこかで同じ質問を見ましたが、その回答も彗星の軌道を大きく変えることがないだろう(無視できる範囲ではないか)というものだったと思います。

Q流星群はいくつあるのか?

先程テレビを見ておりましたが、ふたご座流星群というものが見えるそうですが『ふたご座?獅子座でなく?』調べて見るとペルセウス流星群等もあり、獅子座流星群だけでなく、ひょっとすると、沢山の流星群があり、話題にならないだけで、毎年沢山の流星群があるものでしょうか?やたら頻繁にある気がします。

Aベストアンサー

http://www.nms.gr.jp/meteorshowers/nmsshowr.html

参考になるかな。

 流星群も出現の仕方、数、種類など色々です。

 同じような時期に見られますが、ピークに関しては時間帯もあり毎年確認が必要です。

 流星群以外にも流れ星は流れていますよ。

Q月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか?
同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか?
また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大きいのは、彗星の衝突が原因であるため、ぶつかった衝撃で舞い上がった塵や岩石が固まって、月になったといわれています。ですが、未だ、これぞと言う説がないのが現実です。
tntさんが申した塵は・・・たしか、月と地球とその塵を結んだ線が、正三角形になるように、つまり、月の軌道上の、地球から見て、軌道の後ろ側60度の位置に常に追尾するかたちになています。
また、太陽系の公転軌道面はほぼ一致していると言うのは、mideさんの申してる通りです。ただ、最近の研究では、冥王星が、太陽系に元々有ったのではなく、宇宙空間をさまよっていた他の惑星が、偶々太陽系の引力圏に捕まった説が有力です。
太陽系の惑星がなぜ、公転面がほぼ水平かといいますと、太陽系発生初期、塵やガス(惑星の元)が、公転面に円盤状に集積し、その後、雪達磨しきに、大きな惑星のもとに、ガスや塵が集まって、惑星になったからです。
最近の観測データで、ハッブル望遠鏡が、誕生初期の恒星でも、やはり、惑星の誕生が、公転面に集積した塵やガスから惑星が誕生しているところを観測しています。
参考になさって下さい。

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大き...続きを読む

Qなぜ最近、流星群がたくさん発生するのですか?

しし座流星群など、流星群はなんだか時期に偏りがあるように感じるのですが、気のせいでしょうか?
冬に多い気がします。
流星群が発生しやすい条件などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

流星群は出現する流星の数が極めて少ないものも含めれば多数あり、No.2の回答に引用されている一覧表にあるとおり、1月から12月まで毎月何かはあります。

ただし毎年ある程度以上の数が出現する流星群は数が限られます。「天文年鑑(2014年版)では「主な流星群」として以下の15群を挙げています。流星群の名称、活動時期、出現する流星数(A>B>C)

1.しぶんぎ座(1月)A
2.4月こと座(4月)C
3.みずがめ座η(4月~5月)B
4.みずがめ座δ南(7月~8月)B
5.やぎ座α(7月~8月)C
6.ペルセウス座(7月~8月)A
7.はくちょう座κ(8月)C
8.9月ペルセウス座ε(9月)C
9.10月りゅう座(10月)C
10.オリオン座(10月~11月)B
11.おうし座南(10月~11月)C
12.おうし座北(10月~11月)C
13.しし座(11月)B
14.ふたご座(12月)A
15.こぐま座(12月)C

これを見れば、15群のうち8群が10月から1月初めまでの秋から冬の3か月あまりの時期に集中していますので、秋から冬にかけて流星群が多いように感じるのも多少の根拠はあることが分かります。

特に毎年安定して出現数が多い三大流星群(1.6.14)のうち、ふたご座流星群としぶんぎ座流星群の2つが12月から翌年の1月にかけてあり、また毎年多数見られるわけではないが、時おり(最近では2001年)極めて多数の出現があるしし座流星群が11月に見られることもあって、マスコミに採り上げられる機会も多くなります。

一方星を見る側にも理由があります。秋から冬にかけての方が大気が澄んで透明度が高いため気温が低い点を除けば星が見やすく、特に日本の太平洋側では冬場は晴天率が高いので星空を見ることができる確率が高くなります。夏場は夏休みということもあってペルセウス座流星群は見やすいのですが、湿度が高くて透明度が秋・冬より悪いことが多くその点では劣ります。

流星群は出現する流星の数が極めて少ないものも含めれば多数あり、No.2の回答に引用されている一覧表にあるとおり、1月から12月まで毎月何かはあります。

ただし毎年ある程度以上の数が出現する流星群は数が限られます。「天文年鑑(2014年版)では「主な流星群」として以下の15群を挙げています。流星群の名称、活動時期、出現する流星数(A>B>C)

1.しぶんぎ座(1月)A
2.4月こと座(4月)C
3.みずがめ座η(4月~5月)B
4.みずがめ座δ南(7月~8月)B
5.やぎ座α(7月~8月)C
6.ペルセウス座(7月~8月)A
7.はく...続きを読む

Q彗星から塵をばらまいていますがいずれは消滅しますか?

  こんにちは。

 質問はタイトルの通りです。

 彗星は多量の塵をばらまきながら太陽のまわりを公転していますが、彗星自体は氷のような塊で、いずれは消滅するのではと思いますがどうでしょうか。

 それとも、公転面に自分がばらまいた塵を再び公転しながら吸収して、大きさを保っているのでしょうか?

 気長に回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

太陽に近づいたときだけ尾を引く(塵をばらまく)ことを考えると、公転周期が短い彗星より長い彗星のほうが塵の放出が少ないと考えられます。
ここ数年を見ても、明るい彗星は長周期彗星だったことを考えると、太陽に近づくたびに小さくなってはいくように思われます。


彗星は他天体の重力の影響を受けることによって、その軌道が変わっていきます。
毎回同じ軌道をとることは、まずないと考えたほうが良さそうです。
大きさを保ってるほど自分がばらまいた塵を再び公転しながら吸収していくことはないように思われます。
地球から見える流星群が、彗星がばら撒いた塵という説があるように、ばら撒かれた塵は、他天体の重力などの影響を受けつつ宇宙空間に漂い続けたり、衝突したりしているようです。

Q12月にふたご座流星群を見に行きたいのですが

流星群を見に行きたいと思い自分で調べてみたところ、12月14日のふたご座流星群がオススメと出てきました。
この流星群って素人が見ても楽しめるでしょうか?(わかりやすくたくさんの流れ星が見られるでしょうか?)

もしそうなら、東京近辺で流星群を見るのにオススメのスポットを教えてください!
交通手段は電車です。

Aベストアンサー

>この流星群って素人が見ても楽しめるでしょうか?(わかりやすくたくさんの流れ星が見られるでしょうか?)

見れるよ。
ただ寒いよ。
大袈裟過ぎるくらいの防寒装備が望ましい。

>もしそうなら、東京近辺で流星群を見るのにオススメのスポットを教えてください!

「東京近辺」ってぇのがなぁ…。
少しでも都市部から離れて周囲に人工灯火の極力少ない場所を探して下さいとしか。
いっそのこと都会から遠く離れた山里方面まで1泊旅行するくらいでもいいんだぞ?…曇ったらそれまでだがw

ついでに参照情報↓

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2010/201012/1214/index-j.shtml

Q流星塵

最近流星塵というものを知って、いろいろ調べているのですが、一日に降る流星塵の量っていろいろな意見があるじゃないですか。その中で一番有力視されてる意見って一日にどの位降っているという意見ですか。
それと流星人ってどのくらいの重さのものですか。教えてください。

Aベストアンサー

ある本によると、一日に地球全体に降る流星塵の総量は25トンだそうです。
この割合で地球ができて現在までの46億年間降り続けた場合、合計すると地球の重さの70億分の1になるらしいです。

参考URL:http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/alchemst/l97-196.htm

Qおうし座流星群の流星が、他の流星群より遅い理由を教えて下さい。

おうし座流星群の流星が、他の流星群より遅い理由を教えて下さい。

おうし座流星群と言えば、速度が遅く、暖色系で、火球が多いのが特徴ですが、なぜ速度が遅くなるんですか?

また、火球が多い理由も教えて下さい。

Aベストアンサー

流星群は母天体が彗星だと言われていることはご存知かもしれませんが、

地球が太陽の周りを公転していますよね。
その地球の公転軌道の前方より流星群の流星体がぶつかるものは、対地速度が速く、逆に公転軌道の後方からぶつかるものは、対地速度が遅くなります。

おうし座流星群の母天体はエンケ彗星だとみられています。地球の公転軌道の後ろから追いかけるようにぶつかるタイプなのでしょう。

おうし座流星群に火球が多い理由は存じません。

私は過去に2度火球を見た経験がありますが(おうし座流星群に関係があるかは不明)、いずれも普通の流星とは違い速度ははるかに遅かったです。
数秒以上、メラメラと燃える火の玉のように流れていきました。

流星の発光は流星体が地球の大気に飛び込む際に高速ですから、流星体の進行方向の前方に在る気体分子を断熱圧縮することで高温になり発光します。

おうし座流星群の場合、(地上まで到達して隕石になる場合を除けば、)多くは地上から約100kmあたりで発光し始め約80km弱で消滅するようです。

【参考文献】
・「カラー天文百科」平凡社

Q彗星と流星の対応

流星が時々見られますが
- 流星とその起源と考えられる彗星の対応
- 流星群の起きる月日
がまとまられたwebサイトなどありますでしょうか.

Aベストアンサー

まずはここから・・

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8D%E5%A4%A9%E4%BD%93


人気Q&Aランキング

おすすめ情報