流星群はそれぞれの彗星の塵が地球に突っ込んで来
ることからできることは知っています。
でも毎年同じ時期に見られるのはなぜでしょうか?
一回通過したならば、地球と交差した付近の塵は少
なくなるでしょうし、塵自体もかなりの速度で動い
ていることから次の年の流星数は激減するはずでは
ないでしょうか?
あと、流星の素の塵はダストテ-ルですよね?
もしそうならば彗星と同じ軌道にあるのはなぜです
か?彗星の軌道との角度からして彗星とは同じ軌道
をとるとは思わないのですが。

お願いします。

A 回答 (3件)

>あの現象は太陽風の影響で次々に離れて行くから、


>塵が尾のように見えるのではないのですか?
 ダストテール中のダストの運動に影響を与えるのは、核からの離脱時の初速度とその後の太陽風と太陽光の輻射圧です。太陽風と太陽光の輻射圧は、おっしゃる通り小さなものですが、ダストの運動に少し影響を与えるぐらいの大きさは持っているようです。

>くっついていっているのですか?
 近日点通過前にアンチテールが伸びることがあるという事実や、ダストテールが美しい湾曲をもって伸びることがあるという事実が、例証にはなりませんでしょうか?

>母彗星の軌道とダストテールを構成する粒子の進む
>向きは明らかに違いますよね。太陽の反対側に尾が
>のびるのに対し、彗星は太陽の周りを回っているこ
>とから。それはわかっていただけますか?
 母彗星の上に立ってテールを見るとダストがしだいに離れていくように見えるのは確かだと思います。しかし、太陽から見た場合はどうでしょうか? ダストと核はしだいに離れながらも、似たような方向に進んでいるように見えると思いますよ。もちろん「似たような方向」といっても軌道はかなり広がっているので、たくさんあるダストの中にはとんでもない方向に進むものもあると思います。特にイオンテール(太陽の反対方向に伸びるタイプ1の尾)の場合には、完全に母彗星とは違う方向に進むイオンがあるかもしれません。
 ともかく、ダストがもともと持っていた運動量は核から離れたからといってゼロになるわけではないことにご注意いただくと、問題は解決するかと思うのですが。
    • good
    • 0

 #1の補足見ました。


>そのダストテールは彗星の核を中心に太陽と反対側に
>のびていますよね。それなのに母彗星とほぼ同じ軌道
>をとるといのはおかしくありませんか?
 太陽風などによってどれだけの力を受けたかが問題になるでしょう。当然のことながら、ダストテールを構成する塵は核を離れる前には核と同じ軌道要素をもっています。核を離れたからといって、その運動量が消えてなくなるわけではありません。太陽風などから受けた運動量が最初のものより十分小さければ、母彗星とほぼ同じ軌道上を周回するでしょう。実際、彗星の尾はしばらくの間ほぼ同じ形を保ったまま彗星にくっついていくでしょう?

> 付け足しでπ/6AUほど拡がっているのならば他の
>彗星の塵も加わったならば毎日のように流星雨が見られ
>るような気もしますがどうなのでしょうか?
 塵の密度は一定というわけでありません。例にあげたペルセウス座流星群の場合には、極大の8月13日の前後2,3日程度は1時間あたり最大30~50個程度の出現があったと思いますが、その他の期間はもっと少ないのです。ですから毎日流星雨が見られるというわけにはいきません。でも、確かに他の彗星由来の塵も軌道が広がっているおかげで、毎日流星を見ることができます、運がよければ。

この回答への補足

>彗星の尾はしばらくの間ほぼ同じ形を保ったまま彗星
>にくっついていくでしょう?
あの現象は太陽風の影響で次々に離れて行くから、塵が
尾のように見えるのではないのですか?
くっついていっているのですか?


>太陽風などから受けた運動量が最初のものより十分小さ
>ければ、母彗星とほぼ同じ軌道上を周回するでしょう。
ちょっと意味がわからないのですが。誤解していたらす
いません。
 母彗星の軌道とダストテールを構成する粒子の進む向き
は明らかに違いますよね。太陽の反対側に尾がのびるのに
対し、彗星は太陽の周りを回っていることから。それはわ
かっていただけますか?
 太陽風の主成分は水素原子ですよね。対する塵は水分子
は発光しないので鉄やマグネシウムを主にあげておきまし
ょうか。
 その質量差で軌道を変えるほどの運動量はえられるので
しょうか?

散在流星というのを知っています。あれは群のなれの果てです。

補足日時:2000/12/22 22:03
    • good
    • 0

 母彗星から離れた塵は、太陽風や彗星内水分蒸発時の噴射などによる力を得るため、母彗星の軌道に近いものの微妙に異なります。

例えば馴染み深いペルセウス座流星群の活動時期は7月20日頃から8月20日頃ですよね。単純計算でπ/6天文単位の幅に広がっている塵の中を地球が進むわけです。
 確かに地球がその軌道を横切るたびに少しずつ塵が減っていくでしょうが、軌道要素ごとに早く公転するものもあれば遅く公転するものもあるわけで、翌年にはならされてしまって減少がよくわからなくなるのでしょう。それよりも母彗星の近日点通過前後に突然出現数が多くなる現象の方がはっきり観測されます。ペルセウス座流星群の母彗星は公転周期約135年のスイフト・タットル彗星ですが、1992年の近日点通過前後に大出現をしたのは記憶に新しいところです

この回答への補足

 彗星内水分蒸発時に彗星から離れた塵はダストテールと
いうものでしょう?
そのダストテールは彗星の核を中心に太陽と反対側にのび
ていますよね。それなのに母彗星とほぼ同じ軌道をとると
いのはおかしくありませんか?
 常に塵は出ているでしょうがベクトルはほとんど違うは
ずですよね。彗星と塵のベクトル成分が同じ物だけが来る
と考えてよろしいのですか?
 付け足しでπ/6AUほど拡がっているのならば他の彗
星の塵も加わったならば毎日のように流星雨が見られるよ
うな気もしますがどうなのでしょうか?
 だいたい75億kmですよね。

補足日時:2000/12/17 21:08
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6月23日前後は流星群は無いですかね

日頃は都市部に住んでおり、星や流れ星とは無縁の生活をしております。
今回、6月22~26日に家族で北海道に旅行に行きます。
妻や子供に満天の星や流れ星を見せてあげれたらなぁって考えています。
ちょうど6月23日の晩は富良野泊だし、月も新月なので条件はいいのですが、
色々調べても、流星群とかはなさそうです。
日常の生活では見れない、夜空の楽しみ方などご意見伺えればと思います。

Aベストアンサー

まずは晴れることですが、郊外の暗い空なら、満天の星空が見えるかも
しれません。
#暗い空に十分に眼を慣らしてから観望する、とたくさんの星が見えます

事前に星座の位置などを確かめておきましょう。

【暗い空なら、夜中に天の川と夏の星座が楽しめるでしょう】
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/stars/2009/06.htm

【夜中から早朝ですが国際宇宙ステーションが見えます】
http://www.heavens-above.com/PassSummary.aspx?satid=25544&lat=43.3468730&lng=142.3912800&loc=FURANO&alt=0&tz=JapST&Date=55004.625

Qしし座流星群とふたご座流星群

今日のどのくらいにしし座流星群がみれるんですか?因みに広島です
あと、ふたご座流星群は12月のいつごろのどのくらいの時間にみれるんですか?

Aベストアンサー

一番見られる時間帯は日中です。残念。
下の参考URLでどうぞ

他の流星群については
http://www.nms.gr.jp/
をみるとわかると思います
ちなみに双子座流星群は12月13/14と予測されています

参考URL:http://extra.tanuki.ne.jp/leonids2002/index.shtml

Qしし座流星群撮影、設定値に困惑しています。

しし座流星群撮影のため数日前から夜間でのカメラ設定値を模索していますが。
うまく撮影出来ずに困惑しています。
よろしくお願いします。

使用カメラはEOS kiss X4、露出時間は3分の前提での設定値です。

F10.ISO400では、画面が暗すぎました。これは当然かと思います。
そこで、ISO800に設定し、F1.4~F8まで試したところ、今度は画面が明るく(白っぽく)なってしまい、満足のいく撮影は出来ませんでした。

今夜が流星群出現のピークなのであせっています。
露出時間3分でのF値、ISO値の適切な数値をお教えください。

Aベストアンサー

前回も、空が被らない範囲で露光時間を調整して下さいと申しあげました。
つまり、流星自体は、一瞬ですから、露光時間を掛けても無意味。
レンズの明るさと、許容範囲でISO感度を高めに設定する事が大事です。

ただ、開放値がF1.4のレンズをそのまま開放で使ってはイケません。
このような明るいレンズは、収差がモロに出ます。取り分け夜景や星空の様に光源自体写す場合、コマ収差・非点収差が目立つので、最低でも1段は絞ってください。

空の被りの問題に戻りますが、暗いと思っても実際には、街明りが埃や水蒸気で乱反射するので、長時間露光では、空が被ってしまうのです。
その為、撮影場所も重要です。理想的には山奥や田舎になるワケですが、現実にそうはいかないでしょうが、出来るだけ街明りの影響を受けない場所で、空気の澄んでいる気象条件下が好ましいのです。

能書きは切り上げ、即役立つ設定を指南します。
・ISO800で、高感度時のノイズ低減と長秒時露光のノイズ低減はOFF。
・大口径レンズは、1段絞る。画角は35mm判換算で24mm~35mmぐらいが好ましい。
 フードは必要。プロテクトフィルターは使わない。必要に応じ結露対策を取る。
・流星を確認したら露光を打ち切る。確認できない場合でも、空が被る時間を超えると撮影は一旦中止、再度次の撮影を開始する。 です。

前回も、空が被らない範囲で露光時間を調整して下さいと申しあげました。
つまり、流星自体は、一瞬ですから、露光時間を掛けても無意味。
レンズの明るさと、許容範囲でISO感度を高めに設定する事が大事です。

ただ、開放値がF1.4のレンズをそのまま開放で使ってはイケません。
このような明るいレンズは、収差がモロに出ます。取り分け夜景や星空の様に光源自体写す場合、コマ収差・非点収差が目立つので、最低でも1段は絞ってください。

空の被りの問題に戻りますが、暗いと思っても実際には、街明りが埃や...続きを読む

Q14日は流星群の日です、埼玉で流星群を見れる場所はどこでしょうか?

14日に流星群を見に行こうと思っています。
埼玉に住んでいるのですが、どこが一番よく見えるでしょうか?
候補として、今考えているのは
秩父の登谷山です。
しかし道も狭いので、少し考えているところです、
比較的道も広く、よく観測出来るところがあれば教えてください。
場所的には
埼玉、東京近辺がよいです。

Aベストアンサー

こんにちは!

ん~、方向にもよりますが、堂平天文台(堂平山)近辺は如何でしょうか?

↓が堂平天文台のURL。

http://www.tokigawa.org/hoshitomidori.html

↓が、近辺の眺望です。

http://yamaon.ojaru.jp/doudaira.htm

Q流星群はいくつあるのか?

先程テレビを見ておりましたが、ふたご座流星群というものが見えるそうですが『ふたご座?獅子座でなく?』調べて見るとペルセウス流星群等もあり、獅子座流星群だけでなく、ひょっとすると、沢山の流星群があり、話題にならないだけで、毎年沢山の流星群があるものでしょうか?やたら頻繁にある気がします。

Aベストアンサー

http://www.nms.gr.jp/meteorshowers/nmsshowr.html

参考になるかな。

 流星群も出現の仕方、数、種類など色々です。

 同じような時期に見られますが、ピークに関しては時間帯もあり毎年確認が必要です。

 流星群以外にも流れ星は流れていますよ。

Q群流星で、例えば「輻射点に対してある方向に、より流星が流れる」等の傾向はあるのでしょうか?

タイトル通りなのですが、丁度ふたご群を観察して気になったので質問してみました。
流星群観察のとき、「輻射点から90°程度離れたところを見ていると長い軌跡の流星が見られる」とか、「流星は全方位に満遍なく流れる」などとよく言われます。
一番よく言われるのが「輻射点の方向を見るのが良い」と言うものですが、自分はこれはあまり意味がないと思っています。輻射点は、群流星の軌跡をさかのぼっていくと収斂される点、と言うだけの意味で、特に多く流れる理由にはならないと思うのです。
さて、ここから甚だしく科学的裏付けが無い話になるのですが、実は自分は経験論的に、「輻射点をはさんで南北の方向に、群流星はより流れるようだ」と思っています。 
まったく根拠の無い話ですので無視していただいて全然結構なんですが(笑、もしかしたら、この質問を見た方の中に、「実はこっちの方角が多く見えるんだぜ」みたいなマイセオリーというかマイルールを持っている人が結構いらっしゃるかもしれません。
そのようなことを教えてくださる方がいたら是非教えていただきたいと思います。お願いします。

Aベストアンサー

私は放射点ではなく、そこから少し天頂寄り(または天頂)を見るようにしています。放射点近くでは地表に対して直角に流れるため、見た目の軌跡が短くなるからです(明るくは見えます)。放射点より離れれば離れるほど大気圏に突入する角度が浅くなるため、長い軌跡になり易くて良いのですが、地平線辺りになると大気が厚くなるため、その付近の地上光の影響を受けて見難くなります。という思い込み(^^;)で私は天頂辺りを見るようにしています。寝転んで見た時にも無理がないですしね。

Q今日の、夢を質問!夢占いです

夢占いを、お願いします!
内容は・・よく覚えていないのですが、はっきり覚えていることは

昔住んでいた場所で、家族と星空を見ていて
なぜか、僕が、空を見ろ・・と言うようなことを言って
みんなで、空を見たら、流れ星が流れて
そしたら、また、僕が、なんとか流星群だ!と叫んだら
どんどん、流れ星が流れ始め
流れ星が、どんどん、一つが青、一つが赤、など、虹色になってきて

・・覚えているのは、ここまでです

えらくロマンチックな夢だったので、夢占いをお願いします!

Aベストアンサー

夢は夢!何の意味も無いと思いますが。すぐ忘れて結構です。
流れ星の意味は〇〇だと言う回答者がいたら何を根拠にそういう回答になるのかともう一度質問してみたら
いいですよ。

Q彗星から塵をばらまいていますがいずれは消滅しますか?

  こんにちは。

 質問はタイトルの通りです。

 彗星は多量の塵をばらまきながら太陽のまわりを公転していますが、彗星自体は氷のような塊で、いずれは消滅するのではと思いますがどうでしょうか。

 それとも、公転面に自分がばらまいた塵を再び公転しながら吸収して、大きさを保っているのでしょうか?

 気長に回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

太陽に近づいたときだけ尾を引く(塵をばらまく)ことを考えると、公転周期が短い彗星より長い彗星のほうが塵の放出が少ないと考えられます。
ここ数年を見ても、明るい彗星は長周期彗星だったことを考えると、太陽に近づくたびに小さくなってはいくように思われます。


彗星は他天体の重力の影響を受けることによって、その軌道が変わっていきます。
毎回同じ軌道をとることは、まずないと考えたほうが良さそうです。
大きさを保ってるほど自分がばらまいた塵を再び公転しながら吸収していくことはないように思われます。
地球から見える流星群が、彗星がばら撒いた塵という説があるように、ばら撒かれた塵は、他天体の重力などの影響を受けつつ宇宙空間に漂い続けたり、衝突したりしているようです。

Q12月にふたご座流星群を見に行きたいのですが

流星群を見に行きたいと思い自分で調べてみたところ、12月14日のふたご座流星群がオススメと出てきました。
この流星群って素人が見ても楽しめるでしょうか?(わかりやすくたくさんの流れ星が見られるでしょうか?)

もしそうなら、東京近辺で流星群を見るのにオススメのスポットを教えてください!
交通手段は電車です。

Aベストアンサー

>この流星群って素人が見ても楽しめるでしょうか?(わかりやすくたくさんの流れ星が見られるでしょうか?)

見れるよ。
ただ寒いよ。
大袈裟過ぎるくらいの防寒装備が望ましい。

>もしそうなら、東京近辺で流星群を見るのにオススメのスポットを教えてください!

「東京近辺」ってぇのがなぁ…。
少しでも都市部から離れて周囲に人工灯火の極力少ない場所を探して下さいとしか。
いっそのこと都会から遠く離れた山里方面まで1泊旅行するくらいでもいいんだぞ?…曇ったらそれまでだがw

ついでに参照情報↓

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2010/201012/1214/index-j.shtml

Q流星塵

最近流星塵というものを知って、いろいろ調べているのですが、一日に降る流星塵の量っていろいろな意見があるじゃないですか。その中で一番有力視されてる意見って一日にどの位降っているという意見ですか。
それと流星人ってどのくらいの重さのものですか。教えてください。

Aベストアンサー

ある本によると、一日に地球全体に降る流星塵の総量は25トンだそうです。
この割合で地球ができて現在までの46億年間降り続けた場合、合計すると地球の重さの70億分の1になるらしいです。

参考URL:http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/alchemst/l97-196.htm


人気Q&Aランキング