私は、今の会社を退職し個人事業主として開業予定をしています。

現在は、退職届を提出し受理され退社日を待っている段階です。(退職届けの提出時に次の予定を聞かれたが嫌がらせを受ける可能性があると思い、友人の手伝いをするつもりと答えています)

前々から親しかった顧客から「独立するつもりだったら声を掛けてくれ」と数社に言われていたので、挨拶回りや雑談の時に話をさせてもらったら、切り替えて頂けると言われ、大変喜び、感謝しておりました。

しかし、会社側から退社時に顧客を取らない旨の書類にサインしろと突然言ってきました。元社員の人々に聞いてみても、そんな書類にサインしろとは言われなかった様です。

私としては、この様な書類にサインする義務は無いと思っております。又、今の会社から仕事をもらうつもりもありません。法律等で詳しい方がいらっしゃいましたらご指導願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

万一そのような書類にサインをしたとしても、それは圧力をかけるという意味でしょうね。


あなたがよほど極端なことをしない限り、現実問題としてその書類を縦に裁判を起こそうとしても、時間もかかるし、その会社の風評も悪くなるので、まず裁判沙汰になることはないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

円満退社を願っているのですが、過去の社員もそのほとんどが解雇か喧嘩別れです。

きっと私も無理なのでしょうね。

お礼日時:2002/01/13 11:19

 一般的に、このような場合、就業規則の中に退職後の守秘義務や同業に就くことを一定期間にわたって禁止する条項があるときは、争いになった例もあると聞いております。

また場合によっては、不正競争防止法に基づく訴えが起こされることもあるやに聞いております。

 これは、一定の条件下での労働契約のもと在職中に得た、秘密性の高い顧客情報などをもとに営業活動を展開した場合、損害賠償の訴えを起こされるなどの例があるようです。ただし、退職後の職業選択の自由、公正な競争の促進の見地からも、あきらかに言いがかりと思えるような例も身近に存じております。

 参考URLにある判例を読んでみますと、複雑な問題をはらんでいることが分かります。是非お読みになってみて下さい。

 深刻に考える必要はないとは思いますが、対策としては、前勤め先との円滑な関係維持につとめ、自分の営業活動が前勤め先にとっても有形無形の利益になるという認識を持ってもらうことが大事かと思います。しかし事前に何らかの不当な約束に応じることはないとも感じます。

参考URL:http://media.jpc-sed.or.jp/jinji/381.html,http:/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしく書いてあり、大変参考にありました。有難うございました。

お礼日時:2002/01/13 11:08

そのような嫌がらせはよくあるようですよ。


退職すると、「この者は当社とは一切関係ありません」などと嫌がらせとも取れる通知を各社に出している会社もあるようですね。一種の人権侵害だと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ有難うございます。

書類については仮にサインをしてしまった場合、法律上どの様になるのでしょうか?

お礼日時:2002/01/12 15:26

別にそのような書類にサインする必要はありません。


ただ、商習慣として、顧客をたくさん奪い取るようなことはしない方が良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座いました。およそ千社のうちの5~10社程度ですので、常識内?とは確信してます。

後は自分の努力でやっていくつもりです。

この様なケースで嫌がらせを受けるということは、特別珍しいことでは無いのでしょうか?

お礼日時:2002/01/12 11:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報