初歩的な質問なのですが、国民年金未納の人にペナルティーは、「将来年金がもらえない」&「追徴金」(←?)以外に何かあるのですか。

ちなみに私は今、学生特例で学生のうちは免除を申請しました。今年、社会人になるので、もちろん遡って払うつもりでいます。TVで意図的に払わない人がいると聞き(請求書を無視する)、すごい不公平感を感じます。払わないことは犯罪にならないんですか?義務とは言っても強制力がない気がします。

私個人の意見としては、国民年金を税金化してしまった方が(特に高齢者の為の財源とする)、良いと思うんですが、皆さんはどう思いますか。

私の質問の中に勘違い、誤り等ありましたら、よろしくご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はじめまして。

この話題では黙っていられない職業のものです。

さて,クレフさんは「国民年金を税金化してしまった方が良い」とおっしゃってます。ここでの「税金化」というのは「逃げられない。『払わない』という選択肢が許されない。」ための手段という意味合いを指しておられるのかと思います。
それに関しては,私も賛成です。できることなら,税務署と協力して税金と一緒に「保険料」を徴収すればよいでしょう。

ここで,あえて「保険料」と書いたのは,年金給付時には「税」方式ではなく「社会保険」方式をとるべきではないかと思ったからです。税金とは別枠で扱うのが私の個人的意見です。
その違いをひとことで言うと,
「税方式」=「困った人が給付を受ける」
「社会保険方式」=「払った人が給付を受ける」
になると思います。

要するに,徴収するときには「税金的に」厳しく徴収し,給付するときには「社会保険」的に貢献度に応じて給付するのが良いと思うのです。

そして,さらに推し進めて「税金化」の特長を加えるのなら,「所得に応じた負担」という点も取り入れるべきですね。

「基礎年金」の名の下に,現在の制度は「定額負担・定額給付」を採用していますが,所得のない人にも「定額負担」を強いるのは酷です。そこで,「免除制度」があるわけですが,免除のままでは「定額給付」が期待できません。

「第3号被保険者」の問題が取りざたされていますが,所得のない人に保険料を負担させるのはいかがなものでしょうか。それよりも,第1号被保険者の妻に対して第3号と同じような扶養の制度を導入する方が公平だと思うのですが。

結論はというと,1号・2号・3号というカテゴリーをなくして,すべて所得比例で税金と共に社会保険料として徴収し,給付時には一定の基礎年金額ラインを設けて,年金額がそのラインに満たない人には税を財源とした給付を行うというのはどうでしょう?

長くなったわりに,要点を得ない回答ですいませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
お礼が遅くなりまして大変申し訳ございません。

>長くなったわりに,要点を得ない回答ですいませんでした。

とんでもないですっ!!私の「税金化」という言葉をここまで広げて具体案をだしてくださいましてとても参考になりました。正直ここまで考えて無かったです。

drnelekinさんの結論に大方賛成ですが、所得比例だと資本主義社会である以上、富裕階級の人はまた文句いうでしょうね。そうすると日本から逃げて行ってますます人口減少に拍車がかかってしまいそうです。

あ~本当に難しい問題ですね。drnelekinさんの意見を参考にもう少し調べてみたいと思います。

どうも有難うございました!              クレフ

お礼日時:2002/02/06 01:44

>憲法で謳われている「最低の文化的生活の保証」との兼ね合いもあってなかなかむずかしいところではあるという印象です。



 についてですが、例えば夫婦と子供二人の標準家庭を考えるとしましょう。国民年金の対象となる自営業者などの場合、今の税制や社会保険制度で考えれば、年間300万円の収入に対して約80万ほどの国民負担が発生します。実は国税局が算出している、標準家庭での最低の生計費は年間300万円ちょっとでして300万円しか収入のない家は生活できないことになります。よく計算してみるとこの負担率は所得が低いほど大きくなると言う傾向が確実に存在します。これからは貧富の差がどんどん激しくなると言う予測がありますが、これを裏付けていますね。
 実際周辺を見渡しても、ぎりぎりでの生活をしている家庭がほとんどです。(すいません、田舎の極貧階層に身を置いているものでして。)そのうえに年間に夫婦二人分の32万ほどの年金の保険料が強制的に徴収されるようなことになれば、憲法で保証された「最低の文化的な生活の保障」ということに関して問題が発生するとかんがえるのです。
 もちろん所得が上がり国民負担を払っても楽に生活できるという状況が出現すれば、問題は解消しますが、今のところとてもそのような見通しはもてません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございます。

なるほど、安易に税金を上げてしまいますと、それでなくても負担の苦しいような家庭にさらに負担が増えてしまい負担率の点でも不公平ですね。

>年間300万円の収入に対して約80万ほどの国民負担

具体的な数字を知らなかったので負担率の高さに驚きました。生活保護とのボーダーの人が一番苦しい思いをするという矛盾が生まれてきますね。

>貧富の差がどんどん激しくなると言う予測

現在、日本では(私も含めてですが)、どういう方向で国を発展させていくかということを見失っていると思います。私個人は物質的には発展していなくても、多くの人が精神的な豊かさを追い求めることができるような社会に出来たらよいと思います。そのためには福祉を充実させないとダメですね。でも、財源が~~???

回答どうも有難うございました。また、違った視点で物事を見られるようになりました。

お礼日時:2002/01/16 15:53

知り合いの中に何人もいます。



年金が破綻する事は人口動態で20年以上前から分っていたからだそうです。

既に、支給年齢も上げられたとか、色々加入しないほうが良いと言っていますが、「悪法でも法」だと思って、私は入っていますが・・・・、国内は年金だけでもこんなだし、他の状態も滅茶苦茶悪いのに、政治屋や行政屋が我々の金(税金)を自分の懐に金を入れたり、自分達の飲み食いに使っていたり、彼らの退職金が数年で数千万とか(狂牛病の某役所のトップの退職金が8500万・・・"(^_^;)")、大臣の海外行きにお土産として、単純に外国に金をばら撒いているのは納得がいかず、友人達の方に頭が傾いてしまいます。
国民年金ではないのでやめられないけど・・・・。

他に国民健康保険に入っていない人も、ものすごく増えているって感じを受けます。 
国民皆保険でない国(某先進国・発展途上国)では、急病で来た患者さんも、金を支払ってからで無いと見られないなど、人道的に酷い状態も出ますから、日本の制度自体は良いとは思いますが・・・。

薬害だけ考えてもそうだし、国を信じない人が増えてきているんでしょうね。自分の国を信じられないのは悲しいことですが、昔からそうだったと(戦後の大陸からの引き上げは国民は一番後回しで、役人や軍人が帰国したとか、もろもろ・・・)、老人は話してくれますし、同じなんですね。昔から・・・。

若い友人で出来の良いのは、海外移住してしまうし、日本はどうなってしまうのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!

>年金が破綻する事は人口動態で20年以上前から分っていたからだそうです。

そんな前から言われてたんですか~恐ろしいですね。以前、朝日新聞に高校生が年金を考えるって企画があって「もっと長期的な視点をもって年金政策をすすめるべきだ。」って意見がでてましたがその通りだと思います。その場その場で間に合わせ的な政策を取ってきたことが現在の問題を引き起こしているのだと思います。


>「悪法でも法」だと思って、私は入っていますが・・・

そうですよね。私も来年からサラリーマンで厚生年金なのですが、払わざるを得ない人と半ば強引に払わないことを選べる人がいて本当に不公平に感じますよ。


>若い友人で出来の良いのは、海外移住してしまうし、日本はどうなってしまうのでしょう。

本当そうですよね。でも、投げやりにならないで良いところを見つめ直したいですよね。こんな時代でもそういう余裕は持っていたいです。

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/13 14:34

>国民年金未納の人にペナルティーは、「将来年金がもらえない」&「追徴金」(←?)以外に何かあるのですか。



 参考URLにあるように、国民年金の内容は老齢給付だけではありません。被保険者が障害者(先天性を含む)となったときや、小さな子供を残して死んでしまった場合(細かな条件有り)などに給付が行われる制度を含んでいます。これらは民間の保険会社では実現できないものもあり、もし保険料の支払いが一定期間なかった場合、国民として当然受けられるこれらの救済措置が受けられない場合があります。

>意図的に払わない人がいると聞きすごい不公平感を感じます。

 年金財政は高齢化社会を迎え、たいへんな危機にあります。またこのところの少子化とも相まって、保険料を働いて支払う人は減り、受給を受ける人は増えるという状況の中、今払っても将来老齢年金を受けとることができるのか不安が大きいというのも事実でしょう。実際に支給年齢の繰り下げ、支給金額の引き下げなどが、ことあるごとに取りざたされている状況です。

 また、普通の中流層でもリストラなどで職を失い、実際問題として支払うだけの経済的余力のない人が増えていることもあり、滞納額は増える一方だという話も聞きます。

>国民年金を税金化してしまった方が良いと思うんですが…

 この問題は、昨今の閉塞感の強い経済状況を何とかしないことには解決しないと思います。確かに国税徴収法の例にならって保険料の徴収を実施すれば滞納は減るでしょうが、憲法で謳われている「最低の文化的生活の保証」との兼ね合いもあってなかなかむずかしいところではあるという印象です。 
 
 どうせ今保険料を無理して払っても老齢年金としてもらう頃には、国家財政自体が破綻してしまっていると言う人もいますが、もしそうなってしまったら、多くの民間の保険会社もただではすまないでしょう。基本的には国民年金の受給額は物価スライド制ですので、ある程度のインフレにも対応できますし、それなりのメリットがあるということは、特に経済力があって滞納している人たちにも考えて欲しいと思います。

 また、サラリーマンの奥さんなど一銭も保険料を払わずに国民年金の受給者になれる制度についても何らかの改善が求められても仕方のない時期に来ているのかも知れません。

 ともかくもできるだけ多くの人たちに、この問題について当事者として関心を持ってもらい、このような場でも積極的に議論に参加してもらうことが解決の糸口になるのは明らかなことだと考えます。

参考URL:http://www.vill.yanagida.ishikawa.jp/info/seikat …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!

国民年金に入るメリットがよくわかりました。そういえば、対象は高齢者だけじゃないですもんね。将来、いつ自分が障害者になるか、寡婦(私は男ですけど)になるかもわからないですからね。そういうメリットが受けることが出来ない=デメリットという考え方もできることに気がつきました。


>確かに国税徴収法の例にならって保険料の徴収を実施すれば滞納は減るでしょうが、憲法で謳われている「最低の文化的生活の保証」との兼ね合いもあってなかなかむずかしいところではあるという印象です。

どうして難しいのか、ちょっと私にはよくわからないんですが。もし、よろしければもう少し説明して頂けないでしょうか?税金で一度、確実に徴収して、福祉で還元すれば良いと思うんですが。


>また、サラリーマンの奥さんなど一銭も保険料を払わずに国民年金の受給者になれる制度についても何らかの改善が求められても仕方のない時期に来ているのかも知れません。

第三号保険者のことですよね。聞く所によると、女性を家庭にいれるための政策だったらしいですけど。女性が社会進出を果たしてる今、不公平感はどうしても否めないと思います。


>ともかくもできるだけ多くの人たちに、この問題について当事者として関心を持ってもらい、このような場でも積極的に議論に参加してもらうことが解決の糸口になるのは明らかなことだと考えます。


同感です。全ての人が当事者であるにも関わらず無関心なのってどうしてなんでしょうかね~


回答どうも有難うございました。とても参考になりました。    クレフ 

お礼日時:2002/01/13 14:21

国民年金には、公費負担があるので、税金の部分もあります。

したがって、「払わない、支給を受けない」ということは、トータルでみれば「損」にちがいないことです。

ただ、実際にこの不況の中、商売で赤字続きの人も多いです。(サラリーマンは厚生年金で引かれるから、滞納している人はないでしょう)
「将来どうなる、という以前に、明日のこともわからない」という人に対して犯罪者扱いもできないですね。

税金ではまかないきれないから保険料をあつめる、ということでしょうから、「税金化する」というのは増税でしかありえないですね。
 消費税も最初、福祉の・・ということであったのだから、それだけの財源が増えていながら国民年金への公費負担が減るのは納得できないなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早い回答有難うございます。

>国民年金には、公費負担があるので、税金の部分もあります。したがって、「払わない、支給を受けない」ということは、トータルでみれば「損」にちがいないことです。

なるほど~全然、気がつかなかったです。公費負担がどれくらいか調べて、どれだけ損をするのか調べてみたいと思います。


>「将来どうなる、という以前に、明日のこともわからない」という人に対して犯罪者扱いもできないですね。

そうですよね。そういう人達はしょうがないと思うんですが、若いフリーターとかで払う余裕があるのに「将来、自分がもらえないから払わない(国民年金自体なくなる)」って人が、TVでも見ましたし、私の周りにも結構いるんですよ。そういう人達に、何らかの負担をしてもらいたいというのが率直な気持ちです。


>税金ではまかないきれないから保険料をあつめる、ということでしょうから、「税金化する」というのは増税でしかありえないですね。

増税でも仕方ないのかな~と私は思っています。消費税も上げる話もでてるし、どうなるんでしょうね~

貴重な意見どうも有難うございました。とても、参考になりました。

お礼日時:2002/01/12 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金受給額は年末調整に計上すべきか?

 年末調整について質問致します。

 夫66歳、会社員、妻67歳無職(国民年金受給額:77万円/年)です。
 この場合、年末調整には収入として記載する必要があるのでしょうか。
 
 以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>夫66歳、会社員、妻67歳無職(国民年金受給額:77万円/年)です。
>この場合、年末調整には収入として記載する必要があるのでしょうか。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、「給与所得者が所得控除を申告したい場合に」「申告したい控除を」「給与の支払者(≒会社)に」申告するための書類です。

つまり、「控除を申告しない」場合は「住所・氏名など」を記入するだけでかまいません。

※「控除」は「金銭などを差し引くこと」で、税金にはいろいろな控除が用意されています。

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm

------
○「配偶者控除」と「配偶者【特別】控除」について

納税者に配偶者がいる場合、その配偶者の「年間の合計所得」などの条件を満たすと、その納税者は、「配偶者控除」あるいは「配偶者【特別】控除」を受けられます(申告できます)。

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

なお、「所得金額」は「所得の種類」で求め方が違います。
「【公的】年金等の収入」は「雑所得」に分類され、計算式が決まっています。

「65歳以上」の場合、「公的年金等の収入金額の合計額120万円」までは、所得金額は「0円」です。

『No.1600 公的年金等の課税関係』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

※「…扶養控除等(異動)申告書」には「収入」ではなく「所得金額」を記入します。

(参考)

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://www.zeikin5.com/calc/
※あくまで目安です。

『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm

『[PDF]平成24年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(平成24年10月)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/leaflet2011.pdf

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

※間違いないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>夫66歳、会社員、妻67歳無職(国民年金受給額:77万円/年)です。
>この場合、年末調整には収入として記載する必要があるのでしょうか。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、「給与所得者が所得控除を申告したい場合に」「申告したい控除を」「給与の支払者(≒会社)に」申告するための書類です。

つまり、「控除を申告しない」場合は「住所・氏名など」を記入するだけでかまいません。

※「控除」は「金銭などを差し引くこと」で、税金にはいろいろな...続きを読む

Q脱税発覚では遡求追徴されるが年金・健保はどうなる?

脱税が発覚すると、さかのぼって追徴されますが、その場合、社会保険料や厚生年金も誤魔化していた可能性があります。(国民年金は所得に関わらず、一定ですが)

給与額を偽って低く申告していて、その結果、社会保険料や厚生年金額も低く抑えていたことが発覚した場合、これらも遡求されるのでしょうか?

Aベストアンサー

社会保険料や厚生年金額は、給与額に応じて控除されます。
したがって後日脱税行為が発覚しても、それは給与所得以外として認定されます。

つまり、後日社会保険料や厚生年金額の追加徴収はありません。

Q年金受給額(国民年金+共済)

将来もらえる年金について教えてください。
現在40歳で、自営業をしており国民年金を支払っています。
過去10年間、公務員をいていた時期がありその間は共済年金です。

40年間の納付で満額74万円の国民年金らしいですが、私の場合は
①国民年金40年間分+共済年金10年間分 なのか
②国民年金30年間分+共済年金10年間分 どちらなのでしょうか?

というのも年金は2階建て方式だから共済年金は「国民年金」+「共済年金」だから
ベースとなる国民年金分と上乗せした共済分で支払っていたと考えると①な気がします。

しかし共済年金自体は国民年金と別物と考えると支払い年数だけで②の気もします。

よくわからないので詳しい方教えて下さい

Aベストアンサー

今後もずっと会社勤めもしないのであれば、
①国民年金40年間分+共済年金10年間分
となります。

国民年金=基礎年金部分であり、
2016年現在、40年満額で
年金額780,100円です。

これがベースとなるものです。

それに加えて厚生年金部分
10年分となり、今後会社勤め等
されて厚生年金に加入すると、
この10年にプラスされていきます。

さらに共済年金特有の従来の
職域部分があります。

あなたの場合、共済組合でないと
正しい計算はできません。

下記をご参照ください。
http://chikyosai.or.jp/division/long/outline.html#longsec01-4

Q国民年金と国民年金基金を払うと?

現在35歳です。
以前、家族の介護のために仕事を辞めて介護をしていました。

4年間くらい国民年金を支払っていません。
現在は払っています。

しかし、現在無職で過去の支払いが苦しくて、難しいのです。
将来いくらくらいの額がくるかわかりませんが、
思いついたのが、国民年金基金というのがあると思い出しました。

仮に4年間の支払いをせずに、国民年金基金を毎月に払えばどうなるでしょうか?
4年間未払いを払ったほうが、今後多くお金が支給されるのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

非常にまじめな質問に対して、このような回答は失礼なのは承知で書かせていただきます。

まずわたくし個人の印象では、あなたが未払いの4年分を収めたり、新たに年金基金に加入しても、年金機構の職員の給与や手当にまわるだけで、将来のあなたが受け取るお金の原資にはならないでしょう。
なぜ、そう思うのか。
国民年金の未納が4割近い数値であること。それから、月収が三桁に近いような、いわゆる年収一千万の壁を越えた人ほど、年金など当てにしていないからです。

仮に年金が破綻しなかったとしても、満額支払われるとは考えにくいです。
現在の生活が最優先です。今無理をしてまで支払う価値はないと思いますよ。

Q国民年金受給額について

妻の友人の話です。「私が65歳になって国民年金を受給開始になると、夫の年金が減額された。」これは本当でしょうか。もしそうなら、どの程度減額させるのでしょか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

推測ですが、おそらく、質問の友人は65歳未満の時、のご主人が、たぶん厚生年金の「加給年金」が、上乗せして支給されていたのでしょう。
そして、質問の友人が65歳になったので、友人のご主人の「加給年金」の支給が無くなって、無くなったその分が、友人の年金に振替加算になっていると思います。

加給年金で検索。
https://www.google.co.jp/#q=%E5%8A%A0%E7%B5%A6%E5%B9%B4%E9%87%91

検索の中から「加給年金と、振替加算」
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3224
「加給年金とは」
http://tt110.net/10knenkin/I-kakyu-nenkin.htm

Q国民年金、払っていますか?国民年金の意見を聞かせてください。

25歳の登録ホームヘルパー、namerinです。


自分は20歳から22歳の7月までと、去年の10月から翌年1月まで、会社の厚生年金を払っています。
その間はアルバイトのため、そして収入(8万弱)がかなりやばくて、1年間は免除、残りは支払っていません。

国民年金を払いたいと思ってはいるのですが、月の収入が不安定なことと、車の維持費(仕事で使う!!)のおかげで、国民年金が払いたくても払えない状態です。

収入が安定してきたので、制度を利用して半額ずつなら払えるのですが、どこで申請したらいいのでしょうか?

ちなみに去年の所得(?)は18000円です。
パートの身分ですが、会社で引かれています。
この所得では免除は無理ですね・・・。

そして自分と同年代のみなさん、国民年金を払っていますか?

これから強制徴収をするようなことを新聞の記事で読みましたが、どういう人が強制徴収の対象になるのでしょうか?

Aベストアンサー

まずは社会保険事務所に行き、尋ねてみて下さい。
一年間は免除と言うことで、免除申請したわけですね?
その後は単なる滞納と言うことですね?
過去の滞納分については今から免除は出来ませんが、とにかく免除できるかどうかは役所(社会保険事務所)に聞きに行くことです。

ご質問者のように若いときには、年金としての国民年金の意味は低いのですが、障害年金(これも国民年金の昨日の一つです)の意味は大変重要ですから、未納期間が全体の1/3より少なくなるようにしなければなりません。
(厚生年金時代の掛け金もそうしないと全く無駄になってしまいます)

強制徴収については、まずは資産があるとか、民間の保険や年金を掛けているひとからになるでしょう。差し押さえも容易ですからね。
その後どこまで徹底するのかはわかりませんけど、費用倒れになるのは本末転倒になりますから。

ご質問者の書かれている所得18000円の意味はよく分かりませんでした。所得税の金額のことですか?
昨年の所得(というと普通は一年間の所得になります)が18000円だとかなり少ないので免除は楽に通ると思いますが、、、

まずは社会保険事務所に行き、尋ねてみて下さい。
一年間は免除と言うことで、免除申請したわけですね?
その後は単なる滞納と言うことですね?
過去の滞納分については今から免除は出来ませんが、とにかく免除できるかどうかは役所(社会保険事務所)に聞きに行くことです。

ご質問者のように若いときには、年金としての国民年金の意味は低いのですが、障害年金(これも国民年金の昨日の一つです)の意味は大変重要ですから、未納期間が全体の1/3より少なくなるようにしなければなりません。
(厚生年...続きを読む

Q既婚と内縁の年金受給額について

年金受給額について教えてください。
男性:今年61歳、ほぼ国民年金+厚生年金少々で受給資格の月数払い込み済み
   (今年から年金受給準備中)
女性:今年55歳、ほぼ厚生年金+国民年金少々で受給資格の月数払い込み済み
   (60歳定年まで正社員で働く予定)
この場合、結婚しているのと内縁でいるのでは各人の受給額が異なりますか?
それとも年金は個人それぞれに払われるので結婚してもしなくても各人同額ですか?
また、どちらか一方が亡くなった場合は結婚していると遺族年金が出るのでしょうか?
ちなみに、女性の方が年金基金などあり男性の倍近い額となります。
以前、母が「女性は結婚すると掛けていた年金が無駄になる」と言っていたのが気になっています。
無知ですみません、教えてください。

Aベストアンサー

>結婚しているのと内縁でいるのでは各人の受給額が異なりますか?
>年金は個人それぞれに払われるので結婚してもしなくても各人同額ですか?
変わりません。同額です。
>どちらか一方が亡くなった場合は結婚していると遺族年金が出るのでしょうか?
遺族年金を受給することは可能です。
生活をともにしている事実証明が必要です。
同一世帯に住んでいた(住民票がいっしょ)事実があれば、
一番とおりやすいです。

>「女性は結婚すると掛けていた年金が無駄になる」と言っていたのが気になっています。
無駄にはならないです。
専業主婦が会社員の夫の社会保険の扶養と
なった場合、国民年金第3号被保険者となります。
年金保険料を払わなくても国民年金の加入者と
みなされる制度です。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existing/new/topics/3go_kiroku/pdf/03.pdf

結婚ぜずに年金保険料を払って年金を受給される人より
保険料を払っていない分得だということです。
また夫が亡くなった時に遺族年金(主に遺族厚生年金)
が受給できることもメリットではあります。

あなたの場合ですと、どちらかが亡くなった時は
自分の年金か相手の遺族年金を受給するか、
どちらかを選択することになります。
世帯の収入としては減りますので、
ご注意ください。

>結婚しているのと内縁でいるのでは各人の受給額が異なりますか?
>年金は個人それぞれに払われるので結婚してもしなくても各人同額ですか?
変わりません。同額です。
>どちらか一方が亡くなった場合は結婚していると遺族年金が出るのでしょうか?
遺族年金を受給することは可能です。
生活をともにしている事実証明が必要です。
同一世帯に住んでいた(住民票がいっしょ)事実があれば、
一番とおりやすいです。

>「女性は結婚すると掛けていた年金が無駄になる」と言っていたのが気になっています。
無駄...続きを読む

Q国民年金について、質問です。 1年前から、いままでの1年未納分の国民年金を今払うとして、将来もらえ

国民年金について、質問です。

1年前から、いままでの1年未納分の国民年金を今払うとして、将来もらえる年金は減額になるのでしょうか?

これはもう1年経ってるので、払っても未納となるのでしょうか??

Aベストアンサー

納付期限は2年です。
納付期限内に収めたということになり、当然通常納付となります。
支払いに対し、受給できる年金も、通常と全く同じです。

ただし、万一の障害に備える、障害年金というものがありますが、仮に未納期間などに初診日があるときなどは、
一定の納付要件といわれる条件が満たされていないと請求することができないというリスクがあります。
こうしたことから、法定の納付期限は翌月末となっています。
同じはらうなら、法定の納付期限内に払うのが、障害年金にも備えられて一番よいのです。

Q将来の年金受給額の目安と遺族年金について

●私37歳、厚生年金5年4ヶ月(月収約15万)と国民年金29年2ヶ月

●主人43歳、厚生年金9年1ヶ月(月収約18万)と国民年金24年0ヶ月 何れも60歳まで加入した場合です。

●国民年金基金に加入済み、夫婦それぞれ毎月3万の上乗せです。

●子供は1人(今年で2歳)、今後2人目の予定は無し。

(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になるまでの間、私が60歳以降65歳の間、私が65歳以降とそれぞれ受給できる遺族年金は具体的にいくらなのですか?
(4)主人は契約社員なので60歳以降は基本的に仕事は続かないと思われます。年齢差6歳の為、主人が60歳からの10年間は個人年金での付加を検討中です。共済年金に注目していますが他に良いアドバイスは?
(5)夫婦で60~65歳までの任意加入(?)した場合とそうでない場合では受給額にどくらいの差があるのでしょうか?

いくつかの年金シミュレーションを試しましたが複雑で解り難いです。年金についての知識が甘く、内容に矛盾があるかもしれません。訂正・補足はしますのでだいたいの目安を教えて下さい、お願い致します。

●私37歳、厚生年金5年4ヶ月(月収約15万)と国民年金29年2ヶ月

●主人43歳、厚生年金9年1ヶ月(月収約18万)と国民年金24年0ヶ月 何れも60歳まで加入した場合です。

●国民年金基金に加入済み、夫婦それぞれ毎月3万の上乗せです。

●子供は1人(今年で2歳)、今後2人目の予定は無し。

(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になる...続きを読む

Aベストアンサー

まず公的年金では物価スライド制なので現在の金銭価値として幾らかという試算になり、また更に金額的に変わる可能性もあることをご了承下さい。
あとお書きになった加入期間ですが、国民年金加入期間とあるのは1号被保険者期間(直接国民年金に加入し保険料を支払う形)だと推定します。
問題は厚生年金加入期間のうち20才未満の期間がわからないのですが、一応厚生年金加入期間はすべて20才以上として考えます。

>(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
老齢基礎年金は、40年の加入期間で満額80万となります。
加入期間は、ご質問者が5年4ヶ月の2号被保険者期間+29年2ヶ月の1号被保険者期間で合計34年6ヶ月ですね。ですから 34.5/40×80万=69万/年となります。

ご主人の方は同様に33年1ヶ月ですから66万/年となります。

厚生年金については、ご質問者が年7万程度、ご主人が年13.5万程度になるでしょう。

あとは現在加入している国民年金基金ですね。

>(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?
正確には18歳到達年度以下の子供ですね。(平たく言うと高校卒業まで)
ただ国民年金1号被保険者としての加入期間が25年以上ある場合は妻自身が年金を受け取れるようになるまで寡婦年金というものがもらえる場合がありますが、ご質問内容からすると関係はしそうにはありませんね。

>わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
現在は厚生年金加入者ではないので短期要件には該当しませんから、長期要件を満たした場合にはもらえます。
長期要件は、厚生年金と国民年金の加入期間のあわせた年数が25年以上です。
金額は(1)のご主人の計算の3/4になります。

>(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になるまでの間、私が60歳以降65歳の間、私が65歳以降とそれぞれ受給できる遺族年金は具体的にいくらなのですか?

子が18歳到達年度以下で貰う遺族基礎年金は102万/年です。
この時の遺族厚生年金については金額は先に述べたとおりですが長期用件を満たすかどうかでもらえるかもらえないかが決まります。
年金未加入の期間がなければご主人が45歳以降で死亡した場合には要件の25年を満たすはずですが。
妻が65歳以降については、妻の老齢基礎年金+ご主人の遺族厚生年金となります。

(妻自身の老齢厚生年金を受けるプランも選択できますが、ご質問の設定条件ではご主人の年金を受けた方がよいように思われます。妻の老齢厚生年金の1/2+夫の遺族厚生年金の2/3というプランも在りますがほぼ同額です)

なお、遺族厚生年金にある中高齢寡婦加算については、厚生年金加入年数が20年に満たないのでつきません。

>(4)主人は契約社員なので60歳以降は基本的に仕事は続かないと思われます。
雇用されている場合には厚生年金加入が原則と思いますが、、、。国民年金基金に加入とかかれていいたので、御主人は厚生年金加入者ではないと仮定して回答しています。もし加入者であれば遺族厚生年金の扱いが全然違いますから補足下さい。

>年齢差6歳の為、主人が60歳からの10年間は個人年金での付加を検討中です。共済年金に注目していますが他に良いアドバイスは?
正直年金商品はどれも50歩100歩です。個人的には以前に郵便局の商品に興味を持ったことがあります。
調べてみて下さい。

>(5)夫婦で60~65歳までの任意加入(?)した場合とそうでない場合では受給額にどくらいの差があるのでしょうか?5年間二人とも任意加入すればトータルで年20万受給額が増えます。

まず公的年金では物価スライド制なので現在の金銭価値として幾らかという試算になり、また更に金額的に変わる可能性もあることをご了承下さい。
あとお書きになった加入期間ですが、国民年金加入期間とあるのは1号被保険者期間(直接国民年金に加入し保険料を支払う形)だと推定します。
問題は厚生年金加入期間のうち20才未満の期間がわからないのですが、一応厚生年金加入期間はすべて20才以上として考えます。

>(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
老齢基礎年金は、40年の加入期間で満額...続きを読む

Q学生なので国民年金を払うのをあとにしたいが…

20歳になった時点ではバイトの収入があったので毎月年金を払っていましたが、昨年6月より、バイトをやめてしまったため、年金を納めていません。学生は支払いを後回しにできる制度があったと思うのですが、これって滞納している昨年6月分からを後回しにしてもらえるんでしょうか?わかる方、お教えいただければと思います。

Aベストアンサー

こんばんは。

国民年金「学生納付特例制度」についてですが。

まず、昨年6月からの滞納分については、それぞれの月の納付
期限より2年以内でしたら、納めることが出来ます。これは学
生云々には関係ありません。

また「学生納付特例制度」は「申請のあった月の前月から」承
認されます。承認された場合10年以内であれば追納すること
が出来ます。追納については、2年度以上前の納付には加算金
がつきます。

また、申請は一度すればずっと続くものではなく、毎年必要と
なります。↓↓宜しければご覧になってください。

参考URL:http://www.sia.go.jp/info/topics/student.htm,http://www.sia.go.jp/outline/nenkin/qa/qa0601.htm#qa0601-q606


人気Q&Aランキング

おすすめ情報