「カツレツ」と「とんかつ」の違いは何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

揚げ物にも、「素揚げ」や「から揚げ」、「衣揚げ」など様々な種類がありますね。



・料理の基本 揚げ物の種類とコツ・油の温度 [毎日のお助けレシピ] All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/73468/

A 回答 (9件)

 「カツレツ」 薄切り(とんかつ用厚切りとしょうが焼き用の中間くらい)の豚肉をきめの細かいパン粉で揚げ、一枚肉の状態で皿に盛られ、ウスターソースをかけて、ナイフとフォークで頂くもの。

付けるのはマスタード。
 
 「とんかつ」 厚切りの豚肉を粗めのパン粉で揚げ、予め切った状態で皿に盛られ、中濃ソース又はとんかつソースをかけて、お箸で頂くもの。付けるのはからし。

 もちろんこのような定義や誰かが決めた違いがあるわけではありません。「シナそば」と「ラーメン」の違いは?というようなもので、トンカツもこうした外国から入って来た食文化が日本に根付いて行く過程において、名前を少し変えただけではなく、より細部に洗練を施し日本独特の発展を遂げたものの中の一つです。
 旧ソ連圏で一般的に食されている「キエフ風カツレツ」を一度食べてみれば、いかに日本のそれが洗練されているかが実感できます。日本の食文化恐るべし!とね。
 上記のような感じで、自分の中で「カツレツ」と「とんかつ」の違いを独断で、こうなんだ!という分け方をしてみたらきっと楽しいと思いますよ。
ちなみに私は母親が揚げた分厚いとんかつをウスターソースで頂くのが大好きです。
    • good
    • 27

カツレツは元々ヨーロッパから伝わったコトレッタという、鶏や仔牛などの肉を薄く叩いてパン粉等を付けて揚げ焼きにした料理です。

とんかつは、それが日本に渡ってきた後に、厚めに切った豚肉で作ったので豚(とん)かつです。またコトレッタはイタリアですが、シュニッツェルという名前でドイツやオーストリアのものもほぼ同じ料理です。
    • good
    • 2

専門家紹介

中西綾子

職業:料理講師

季節の食材を使った体に良い料理を心がけています。

詳しくはこちら

専門家

「カツレツ」は英語で「Cut Let」


仏語で「Côtelette(コトレット)」
独語で「scnit-zel(シュニッツエル)」とそれぞれ表記し、本来は「獣肉の肋骨付肉」という意味だそうです。

日本では明治中期、西欧化の波が押し寄せ、それら食堂では当然メニューに「ポークカツレツ」「ビーフカツレツ」「チキンカツレツ」等の洋食メニューが並び、注文を受ける店員が呼び名が長いので面倒ということで出来上がった昭和生まれの造語が「とんかつ」

ということは違いはないという結果になります。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www2.neweb.ne.jp/wd/rando15/tyubou/mameti …
    • good
    • 8

Cutletの三段活用みたいなモノだと思います。



CutLetは仔牛の骨付き肉を小麦粉とチーズ、パン粉を塗して多目の油で焼き揚げるフランス料理で、明治時代に日本に伝えられましたが、あまり普及しませんでした。そこで煉瓦亭という洋食屋さんのコックさんが肉を豚に、チーズを小麦粉に代えて、さらに天ぷらの要領で揚げたものにデミグラスソースをかけるのが「カツレツ(勝烈)」でした。
これを19世紀末に手間のかかるデミグラスソースの代わりにウスターソースを使用したのが「豚カツ」と言われてます。

つまりCutlet→カツレツ→豚カツと進化と言うか普及して行ったと思います。

…と、書いていたら「味噌カツ」が食べたくなりました…
    • good
    • 8

『カツレツ』は、料理の仕方です。



豚肉のカツレツが『とんかつ』です。

牛肉のカツレツは『牛かつ』です。
    • good
    • 19

「トンカツ」の語源は「コートレット(カットレット)」


http://www2.plala.or.jp/happy100/zatsugaku/cutle …
    • good
    • 6

こんにちは。



え~と、関西出身なので・・・

カツレツ・・・牛肉。

とんかつ・・・豚肉。

いかがです?
    • good
    • 1

カツレツは「その手の料理の総称」で、豚を使ったのを特に「とんかつ」と言うだけです。

    • good
    • 9

一番の違いは、


カツレツ=焼く
とんかつ=揚げる
カツレツは、多めの油でフライパンで焼きます。
ので、多少カロリーは低いと思います。
    • good
    • 11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肉が玉子に包まれたカツレツ

外からは普通のカツレツに見えるのですが、ナイフを入れると中身の肉は半熟っぽい玉子に包まれています。肉はしっかりと火が通っています。こんなカツレツを作る秘密を知りたいです。

Aベストアンサー

肉よりも卵が固まりはじめる温度のほうが低いので
普通に揚げたのでは無理だと思いますけど
最初に肉に火を通してから衣をつけるとかではないでしょうか

ミラノ風とかだとチーズや生クリームを卵に加えるので
火を通しても半熟感が残りますけど
カツレツにまぶして衣を着けるのは大変そう・・

逆転の発想で肉で卵を包んで低温で揚げればいけると思いますけど
それだと切り口で判りますし

紹介されていたお店の名前でも判ると
情報が入りやすいかもしれませんね

Q「ビフテキ」と「ステーキ」の違いは何でしょうか?

「ビフテキ」と「ステーキ」の違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

ステーキは切り身の肉などを焼いた料理のことですが、一般的にはビーフステーキを差しています
ステーキハウスでは鶏肉の焼いた物や魚介類の焼いた物も出てきます
ビフテキはビーフステーキの短縮形で、昔はビフテキ専門店などもあったようです
今はあまりビフテキって言いませんね (^_^;)

Q「カツレツ」と「とんかつ」の違いは何でしょうか?

「カツレツ」と「とんかつ」の違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

 「カツレツ」 薄切り(とんかつ用厚切りとしょうが焼き用の中間くらい)の豚肉をきめの細かいパン粉で揚げ、一枚肉の状態で皿に盛られ、ウスターソースをかけて、ナイフとフォークで頂くもの。付けるのはマスタード。
 
 「とんかつ」 厚切りの豚肉を粗めのパン粉で揚げ、予め切った状態で皿に盛られ、中濃ソース又はとんかつソースをかけて、お箸で頂くもの。付けるのはからし。

 もちろんこのような定義や誰かが決めた違いがあるわけではありません。「シナそば」と「ラーメン」の違いは?というようなもので、トンカツもこうした外国から入って来た食文化が日本に根付いて行く過程において、名前を少し変えただけではなく、より細部に洗練を施し日本独特の発展を遂げたものの中の一つです。
 旧ソ連圏で一般的に食されている「キエフ風カツレツ」を一度食べてみれば、いかに日本のそれが洗練されているかが実感できます。日本の食文化恐るべし!とね。
 上記のような感じで、自分の中で「カツレツ」と「とんかつ」の違いを独断で、こうなんだ!という分け方をしてみたらきっと楽しいと思いますよ。
ちなみに私は母親が揚げた分厚いとんかつをウスターソースで頂くのが大好きです。

 「カツレツ」 薄切り(とんかつ用厚切りとしょうが焼き用の中間くらい)の豚肉をきめの細かいパン粉で揚げ、一枚肉の状態で皿に盛られ、ウスターソースをかけて、ナイフとフォークで頂くもの。付けるのはマスタード。
 
 「とんかつ」 厚切りの豚肉を粗めのパン粉で揚げ、予め切った状態で皿に盛られ、中濃ソース又はとんかつソースをかけて、お箸で頂くもの。付けるのはからし。

 もちろんこのような定義や誰かが決めた違いがあるわけではありません。「シナそば」と「ラーメン」の違いは?というよ...続きを読む

Q「ポン酢」と「ゆず酢」は何に使うのでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。日本の家庭料理に興味を持っております。「ポン酢」と「ゆず酢」はそれぞれどんな食べ物を作る時に使う調味料でしょうか。前者はオレンジの香りを感じていて、後者は柚子の香りが感じられるのでしょうか。ゆず酢を看板にするたこ焼きを食べたことがあるような気がしますが、味はよく覚えておりません。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ポン酢」は柑橘系の果汁に酢を混ぜて作ったものです。ですから、柑橘系であれば何でも良いです。「ゆず酢」はゆずと酢を混ぜて作ります。ゆずは柑橘系くだものですから「ゆず酢」は「ポン酢」の一種ということになります。
また、一般的にはポン酢は柑橘系の果物の果汁のブレンドですからオレンジ(ミカン)の香りを感じることはあります。
なお、使い方としては、鍋料理のつけだれとして醤油に混ぜて使うことが多いです。
また、レモンの絞り汁を使う代わりに使うこともあります。

なお、日本で「ポン酢」と言った場合「ポン酢醤油」と同じ意味で使うことがあります。
ポン酢醤油は、タマネギのスライスを水にさらして辛みを抜いてそこにかけたり、鰹のたたきなどの刺身にかけたりすることも多いです。

なお「ゆず酢」はゆずの香りが強いポン酢だと思えば良いので、使い方は基本的に「ポン酢」と同じです。

参考までに。

Qカツレツって何?

トンカツとカツレツの違いを教えて下さい

Aベストアンサー

そうですね。
明治時代に西洋から入ってきたカツレツがもとになっています。
フライパンで焼いていた牛のカツレツが豚のカツレツになり、
天ぷらの技術を生かして揚げ物のトンカツとなったのです。

Q「焼く」と「炒める」の違いってなんでしょうか?

私のイメージだと
焼くは、バーベキューみたいに一つの食材に火を通すだけで、
炒めるは、
野菜炒めのように色々な食材を混ぜて火に通す
と思ってますが
あってますか?

Aベストアンサー

焼く:火を通すことが主な目的で、あまり食材を動かさないで熱にあてる
炒める:油や調味料などを食材全体にいきわたらせるために、かき混ぜながら加熱すること。

Q『カツレツ』の『レツ』って…

・トンカツ
・ヒレカツ
・チキンカツ

カツって色々ありますよね?
じゃあ『カツレツ』ってなんですか?
そして『カツレツ』の『レツ』ってどういう意味ですか?
友達に聞いても誰もわかりませんでした。
わかる方がいらっしゃったら教えて欲しいです。

Aベストアンサー

"cutlet"という英単語です。
カツのことでもあるし、カツ用肉の切り身のことでもあります。

また、"cutlet"は、フランス語で骨付き背肉を意味する"cotelette"が語源だそうです。

Q「お作り」と「盛り合わせ」の違いは?

私のイメージでは盛り合わせよりお作りの方が綺麗に盛れてる漢字がありますが、
違いはありますか?

Aベストアンサー

魚介類の刺し身を関西では「お造り」と言いますが、東日本(関東)では、お造りと言う人は少なく「マグロの刺し身」や「鯛の刺し身」のよう魚介類の呼び名を刺し身の頭に付けて呼びます。

そして、複数の魚介類の刺し身が混ざったものを、三点盛りとか五点盛りのように「刺し身の盛り合わせ」と言ってます。

但し、鯛などを尾頭付きで刺し身にしたものは「鯛の活き造り」のように言います。

その他、料理屋や旅館などでは刺し身の「舟盛り」が出されますが、複数の魚介類の刺し身が盛り合わせになったものが普通です。
従って、マグロの赤身だけの刺し身の場合は盛り合わせとは言いませんが、赤身と中トロや大トロなどを組み合わせたものは盛り合わせになります。

綺麗に盛られてる感じがするのは、尾頭付きの活き造りや刺し身五点盛りのような刺し身です。

Qミラノ風カツレツと・・・

来週友人が我が家へ遊びに来ます。そこで晩ご飯を用意するのですがメニューが思いつきません。イタリアンで考えていて主菜は《ミラノ風カツレツ》にしようと思います。みなさんならこれにどのような副菜をつけますか。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャガイモとトマトのコンソメスープ。
ジャガイモを茹で柔らかくなったら、トマトはさいの目にカットしたものを投入
一煮立ちしたら塩コショウで味を調え出来上がり。

スパニッシュオムレツもお勧めです。

サラダに生ハム、チーズをトッピングしてみるのもお勧めです。
スモークサーモン、クリームチーズ、トマトを並べて出すのもいかがですか?

Q「メダイ」と「マダイ」って何が違うのでしょうか?

「メダイ」と「マダイ」って何が違うのでしょうか?
違う鯛の種類ですか?

Aベストアンサー

おはようございます。

<「メダイ」と「マダイ」って何が違うのでしょうか?>

「メダイ」は、鯛ではありません。
鯛は、「マダイ」と「クロダイ」だけです。
「〇〇ダイ」と名のつく魚は、たくさん有りますが、上記以外は、全部タイではありません。
イシダイ、アマダイ、キダイ、ニザダイ、キンメダイ、ブダイ、エボダイ、シマダイ、他、数えきれないほどありますが、タイではありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング