what to~ =何を~するか(すべきか)
=what I should ~
のように疑問詞+toで「いつ/どこへ/どのように/どちらを~すべきか」の意味を表す、と習ったのですが、そのココロというか、理由がわかりません。
このtoには、何か意味やココロがあるのでしょうか?
どなたか、ご存知の方、ぜひ教えてください。

A 回答 (4件)

文法的に言うと、to-不定詞のtoも前置詞の一種です。

to自体は「到達」のココロを持ち、その後ろには必ず到達点が示されます。その到達点が名詞であろうと動詞であろうと、その方向に(意識的な)矢印が向いています。つまり、その方向に向かって到達することが目標であり、本筋だということです。当然そこから、「~すべきか」という動作の方向性を表す意味が生じてきます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すべてのtoはつながっているのですね。
そこで、もう1つ疑問が。。
I'm sorry to hear the news.の場合、
"hear the new"が「到達点」になるのでしょうか?
ぜひまた教えてください。

お礼日時:2006/02/16 22:14

#2です。

たった今、お礼の文面を拝見しました。その中のご質問にお答えします。"to hear the news"、いわゆる「感情の原因」と呼ばれるものですね。
答えは簡単です。この場合は、「その知らせを聞く」という行為に到達した結果、「残念に思う」という感情につながったという意味になります。つまり、到達点が「(感情の)原因(となる行為)」で、そこに矢印の先が到達したことを表しています。"want to"や"expect 人 to"などの願望や期待を表す表現などとは違い、感情というのは飽くまでも受身で生じるものなので、to以下の行為よりも感情の方が後に生じることになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど!!納得しました。
とてもすっきりです。
ありがとうございました!!

お礼日時:2006/02/17 16:03

趣旨はNo.2の方と同じです。



how to, what to は、両方とも省略表現と考えればいいと感じます。

つまり、
how to play tennis は、 how I am to play tennis,

what to do next は、 what I am to do next の略だと考えるのです。

He is to go to school tomorrow. は、「明日、彼は学校へ行くことになっている。」というような意味です。

これの応用として考えて、

how I am to play tennis は、「どういう方法で私はテニスをすることになるか」、
what I am to do next は、「何を私は次にすることになるか」と解釈してしまいます。

ここでは、主語を I にしましたが、主語+be動詞を省略して、一般的な意味を持たせたと考えればいいと思います。

主語+be動詞の省略は、非常によくおき、いわゆる分詞構文は、ほとんどこのパターンです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

how to~はhow I should~ ではなくhow I am to ~なのですね。ここでbe toの用法につながっていくのですね。そこにもtoのココロが含まれていて。。
だんだん暗記でがんばってきた英語の世界がつながってきた気がします。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/16 21:55

この to は、その直後の動詞とくっついて、to不定詞 をつくっているだけだと思います。



what, how, when などの疑問詞であらわされる内容が、
その動詞(不定詞)の目的語や補語などとなっている 
と考えられないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すべてのtoの用法はつながっているということなのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/16 21:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTo be continued(つづく)って?

ドラマの最後などで見る「つづく」という意味の「To be continued」というのは、文法的にはどういう文の省略なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

This story is to be continued.

直訳すると、「このお話は続く予定です」となります。

be to do で予定を表します。(この場合、do にあたるのが 受身のbe continued )

これから、「To be continued.」で、「次回へ続く」「以下、次回で」という意味の成句になったと思われます。

Qdon't have to / don't need to / shouldn't / sould not  に関してご教授下さいませんか。

「長いメールを書かなくてもいいですよ。」

これを英語にすれば

You don't have to write a long email.
You don't need to write a long email.

のような雰囲気と思います。では、

You shouldn't write a long email.

で同じ意味合いになりますでしょうか。

「長いメールを書くべきではない」
のニュアンスを感じます。

例えば、

If you're busy, you should not write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメールを書くのは良くないよ。(でも)短くても書いてね。」
というニュアンスを感じ、

If you're busy, you don't have to write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメールを書かなくてもいいよ。短くていいからね。」
というニュアンスを感じますが。

大差はないかもしれませんが、どうなのでしょうか。
皆様のご意見お聞きしたいです。

sould not と Hを抜くと柔らかい表現になるのでしょうか。

「長いメールを書かなくてもいいですよ。」

これを英語にすれば

You don't have to write a long email.
You don't need to write a long email.

のような雰囲気と思います。では、

You shouldn't write a long email.

で同じ意味合いになりますでしょうか。

「長いメールを書くべきではない」
のニュアンスを感じます。

例えば、

If you're busy, you should not write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメー...続きを読む

Aベストアンサー

私はニュアンスがかわると思います。
If you're busy, you don't have to write a long email. Just a few line would be fine to me. 
もし忙しいなら私に長いメールをかかなくてもいいですよ。私は短いメールでもきにしませんよ。

If you're busy, you should not write a long email.
いわば命令してるので、相手は親しい人だとして、
もし忙しいんなら長いメールしないでいいよ!短くても気にしないよ。

助動詞は話す人の気持ち・主観をつたえるときによく使われるので、後者のほうは気持ちがこもった感じ、になるのではと思います。

Qonとto / continuingとcontinued

英語やり直し組です

U.S. National Security Council Spokesman Gordon Johndroe says President Bush joins the Pakistani people in their continued concern about the state of emergency and the curtailment of basic freedoms.

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?
「彼らの続いている関心事」のような意味だと思うのですが何故continuedなのでしょうか?またcontinuingだとおかしいのでしょうか?

Johndroe told reporters in Texas that the White House is calling on all sides to refrain from violence and to work together to put Pakistan back on the path to democracy.

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?
「四方八方に呼びかけている」という意味だと思うのですがtoではないのでしょうか?onでもわかりますが、どちらでもいいのでしょうか?
(3)to put Pakistan back on the path to democracy.のon~toはto~ofだと駄目なのでしょうか?
to return(restore?) Pakistan to the path of democracy.のようだとニュアンスが変わってくるのでしょうか?

お願いします。

英語やり直し組です

U.S. National Security Council Spokesman Gordon Johndroe says President Bush joins the Pakistani people in their continued concern about the state of emergency and the curtailment of basic freedoms.

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?
「彼らの続いている関心事」のような意味だと思うのですが何故continuedなのでしょうか?またcontinuingだとおかしいのでしょうか?

Johndroe told reporters in Texas that the White ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?

過去分詞を使うことにより、受身の動作であることを示しています。つまり、自分から続けたいわけではなく、他の原因があるため、続けざるを得ないということ。つまり、様々な政治状況があり、それらのために仕方なく続いていると言う意味。

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?

call on~ で「~を訪ねる」と言う意味があり、直接実際に呼びかけるというニュアンスが生まれます。call to~だと、遠くから声をかけるという感覚になるはず。また、to を使うと、all sides がどこか遠くのほうにあるような感覚になり、すでに存在している「各方面」を意味するには不適切。

(3)to put Pakistan back on the path to democracy.のon~toはto~ofだと駄目なのでしょうか?

put AA back on BB 「AAをBBに戻して置く」と言う意味。put があるので、on しか使えないでしょう。また、path to democracy は、「民主主義へ続く道」と言う意味で、現状は民主主義が実現されていないことを意味しています。path of democracy だと、「民主主義の道」となり、すでにある民主主義社会がどう進んでいくか、または、どう進んできたか、のような意味になります。

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?

過去分詞を使うことにより、受身の動作であることを示しています。つまり、自分から続けたいわけではなく、他の原因があるため、続けざるを得ないということ。つまり、様々な政治状況があり、それらのために仕方なく続いていると言う意味。

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?

call on~ で「~を訪ねる」と言う意味があり、直接実際に呼びかけるというニュアンスが生まれます。call to~だと、遠く...続きを読む

QIt=to~なのか?It=that~なのか?

くだらない質問かもしれませんが、教えている立場として論理的な説明が必要です。皆さんならどうしますか?

Some hospital patients surprise the medical staff by expressing positive emotions about their current situation, despite being seriously ill. It is tempting to assume that patients who say that they feel good or content with their lives are simply refusing to face up to the facts.

(質問)It is tempting to assume thatの部分ですが、It=to assume~なのか、それともIt=that patients~なのか説明がつきません(私は前者だと思ったのですが、なぜ後者が駄目なのか説明できません)本日の授業で使います。宜しくお願いします。

くだらない質問かもしれませんが、教えている立場として論理的な説明が必要です。皆さんならどうしますか?

Some hospital patients surprise the medical staff by expressing positive emotions about their current situation, despite being seriously ill. It is tempting to assume that patients who say that they feel good or content with their lives are simply refusing to face up to the facts.

(質問)It is tempting to assume thatの部分ですが、It=to assume~なのか、それともIt=th...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さん、わかってらっしゃるのに、考えすぎ(^^)
ここは、It is tempting to do…「…したい気になる」というひとつのきまった言い方として捉えていいんですが、理屈で言えば、やはり仮主語構文でしょうね。tempting=「気をそそらせる」…何をすることが? to assume that…「…だと想定する」ことが。これでいんじゃないですか? that以下はassumeする内容(目的語の名詞節)ですね。

明らかに深刻な病状なのに「大丈夫ですよね」と楽観的な患者さんの気持ち、ってどう説明をすればいいんだろう…という疑問に対して、
「こんなふうに捉えればいいのかな」と自分なりの仮説を立てて、それで納得して「よしよし」としている、という状況ですね。

That…is tempting to assume.とto assumeを形容詞temptingを修飾する副詞的用法の不定詞ととるのは(It=that節だと、そういわないと説明つかない)キツイと思います。こういう形でtemptingを使う例を、わたしは知りません。
It=that節・説は、敢えて言及なさらない方が無難だと思いますよ。

あ、授業に間に合わなかったかな^^;
それに、#3さんがすでにお答えになってましたね。ついでのご参考までに。

質問者さん、わかってらっしゃるのに、考えすぎ(^^)
ここは、It is tempting to do…「…したい気になる」というひとつのきまった言い方として捉えていいんですが、理屈で言えば、やはり仮主語構文でしょうね。tempting=「気をそそらせる」…何をすることが? to assume that…「…だと想定する」ことが。これでいんじゃないですか? that以下はassumeする内容(目的語の名詞節)ですね。

明らかに深刻な病状なのに「大丈夫ですよね」と楽観的な患者さんの気持ち、ってどう説明をすればいいんだろう…という疑問に...続きを読む

QContinued convergenceの訳し方

いつも御世話になります。
今回は下記文中に使用されている"continued convergence"の意味が
よくわかりません。直訳すれば「継続した集中(力)」というような
訳になるかとは思いますが、これでは日本語として違和感があり、いったい
何が言いたいのかイマイチよくわかりません。

英語、および日本語表現に自信のある方、お助けください…

【英文】Investment reflects continued convergence of musical
hardware and personal computer.

【訳】この度の投資は音楽機器とパーソナルコンピューターの継続した
集中?を反映したものである。

Aベストアンサー

convergenceは収束→近づく

The Himalayan mountain range has formed by collision and continued convergence of the Indian plate with the Eurasian plate
2つのプレートの継続した接近そして衝突

訳→この度の投資は音楽機器とパーソナルコンピューターの一体化が絶え間なく進展していることを反映したものである。

Qwhat shoul I do ..What I should do. ..

教えてください。
英語勉強中 いろいろな???が出てきてしまいました。。
What shoul I do ...What I shoud do ...
これってどうしてこうなるのですか?? どうしてこう違うのですか?
What should I do ..は決まり文句で絶対この形しかないと思っていたのですが。。 すいませ~ん 教えてくださ~い!

それと I do know .. ってどうしてこういう形になるのですか?  なんでDO が突然出てきたですか??
こちらもよかったら教えてくださ~い!

Aベストアンサー

#1の方の回答で解決していますが、例文も挙げて整理しておきましょう。

what should I do?
「私は何をすべきなのだろうか?」という意味でそのまま疑問文として使います。

what I should do
「私が何をすべきか」という意味で文章の中で使います。
文章の中で使うときは語順は変わりませんので注意してください。
(例)
I don't know what I should do.
(私は何をしたら良いのかか分からない。)

DOを使って強調した例文を、会話の中で現れる形で挙げておきます。

How can you be so cruel?
(どうしてそんなに冷たくなれるの?)
I do feel pity for him, but there's nothing I can do about this.
(彼が気の毒だとは思うけどね、僕にはどうしようもないんだよ。)

Why didn't you phone me?
(どうして電話してくれなかったの?)
I did phone you, but there was no answer.
(電話したよ。だけど出なかったじゃないか。)

He does not seem to work very hard.
(奴が一所懸命働いているようには見えないね。)
He does work hard. He just can't get it done quickly.
(あいつは一所懸命やってるよ。仕事が遅いだけさ。)

#1の方の回答で解決していますが、例文も挙げて整理しておきましょう。

what should I do?
「私は何をすべきなのだろうか?」という意味でそのまま疑問文として使います。

what I should do
「私が何をすべきか」という意味で文章の中で使います。
文章の中で使うときは語順は変わりませんので注意してください。
(例)
I don't know what I should do.
(私は何をしたら良いのかか分からない。)

DOを使って強調した例文を、会話の中で現れる形で挙げておきます。

How can you be so cruel?
(...続きを読む

Q[to be]のイメージがつかみたいのですが?

NHKラジオ英会話講座より(英作文の問題)
彼はとても健康なので100歳以上生きると思う。
He's so healthy that I think he'll live to be a hundred or more.
(質問)
(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。
He's so healthy that I think he'll live more than 100years old.
(2)正解に使われている[to be]はどう解釈すればいいのでしょうか?
「あること」「存在すること」という名詞的用法でしょうか?
この文章には、必ず[to be]は必要ですか?
(3)頁の末尾にto be continued(続く)などよく見かけますが、continueだけにするのと、ネイティブの受け取る感覚の違いを知りたいのですが?
(4)日常よく使われる[to be]を含んだ用語を幾つか教えて下さい。何とか、イメージをつかみたいのです。 以上

Aベストアンサー

こんにちは。9/25のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。>

1.例文の日本語は「100歳以上」と書かれていますが、正確には「100歳以上まで」ということなのです。

2.つまり、he'll live more than 100years oldだと、「まで」にあたる英語が見当たらないのです。

3.この文を正解に導くには、接続詞untilを用いて
he'll live until he'll be more than 100years old
「100歳以上になるまで、生きる」
します。

これを前置詞untilを用いると間違いになるので、ご注意下さい。
例:
he'll live until more than 100years old(X)


ご質問2:
<(2)正解に使われている[to be]はどう解釈すればいいのでしょうか?>

1.副詞的用法になります。目的・程度・結果、などの解釈が可能です。

(1)目的の用法:
(直訳)「100歳になるように、生きる」

(2)結果の用法:
(直訳)「生きて、100歳になる」

(3)程度の用法:
(直訳)「100歳になるほど、生きる」

これらの直訳が、抄訳のような「100歳まで生きる」という、分かり易い意訳にまとめられているのです。


ご質問3:
<この文章には、必ず[to be]は必要ですか?>

必要です。to beを使わないのであれば、上記で回答したような接続詞が必要になります。


ご質問4:
<(3)頁の末尾にto be continued(続く)などよく見かけますが、>

1.to be continuedのto不定詞は副詞的用法で、「~しましょう」という独立文を導く用法なのです。
例:
To return.=Let us return.
「本題に入るとしよう」

2.これをcontinueに当てはめると
To be continued=Let it be continues.
「それを続かせるとしよう」→「次回に続く、、、、」
となるのです。


ご質問5:
<continueだけにするのと、ネイティブの受け取る感覚の違いを知りたいのですが?>

1.まず受身にする必要があります。例えばドラマで使われた場合、主体となるのは「ドラマ」で「ドラマが続く」となるからです。Continueと能動のままだと、ドラマでなく、ドラマ製作者にスポットライトが置かれ「我々が、続ける」となってしまいます。「続く」という自動詞にはならないからです。

2.continueには「続く」という自動詞もありますが、「中途のものが引き続き継続する」の意味で使われる場合は、他動詞を使います。
例:
continued from(on) page 20
「20ページから続く」

自動詞のcontinueはある動作・状態が引き続き行われる場合に使われ、補語Cを伴います。
例:
He continued obstinate.
「どこまでも強情をはった」

3.また、continuedだけだと、完了のニュアンスは表せますが、未来への指向性「これから~する」といった予定のニュアンスが表せないのです。To不定詞を用いることによって、それを出すことができるのです。

もしto不定詞を使わないなら、時制を表す文にする必要があります。
例:
It will be continued.
「それは、続くだろう」


ご質問6:
<(4)日常よく使われる[to be]を含んだ用語を幾つか教えて下さい。何とか、イメージをつかみたいのです>

1.副詞的用法:

To be honest「正直に言うと~」
To be frank「率直なところ~」
To be serious「真面目なはなし~」
といった副詞的な用法として、文頭に使われることがあります。これらは独立副詞句と呼ばれます。

2.名詞的用法:

To Be, Not To Be
「生きるか死ぬか、(それが問題だ)」
有名なハムレットの言葉ですが、このto不定詞は「~こと」という名詞的用法で、beは「ある」「存在する」という完全自動詞が→「生きる」という意味に転じたものです。

以上ご参考までに。
PS:今週末からまたバカンスでブルターニュ地方に一週間ほど出かけてきます。今回はクラシックスポーツカー愛好家の集まりに出席するのが目的で、ついでのバカンスです(仏人はバカンスとってばかりですね(笑))今回はPCを持っていかないので、回答はできませんが予めご了承下さい。

こんにちは。9/25のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。>

1.例文の日本語は「100歳以上」と書かれていますが、正確には「100歳以上まで」ということなのです。

2.つまり、he'll live more than 100years oldだと、「まで」にあたる英語が見当たらないのです。

3.この文を正解に導くには、接続詞untilを用いて
he'll live until he'll be more than 100years old
「100歳以上になるまで、生きる」
します。

これを...続きを読む

Q~to stimulate what is seen as sluggish ~の意味について

Last month's increase in the federal budget and proposed tax cuts are designed to stimulate what is seen as a sluggish, deflationary trend in economic activity.

上記英文「~what is seen as~」の部分をどう解釈したらよいかわかりません。
私がわかる範囲で分全体を訳すと↓下記になります。

「先月の連邦予算の増加と減税案は、経済活動の停滞やデフレ傾向として what is seen as を刺激するために計画されたものである。」

いかがでしょう?what is seen as の意味がわからなず、全体の意味もわからないままです。

ご説明いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

舌足らずでしたかもしれません。

景気減退の傾向として見られる何か、若しくは、何かのもの・・・要因・元凶・根源とは、現在の日本であれば、

個人消費の低下であり、細かく言えば、給料が上がらない、失業率が高い水準にある、将来の展望が見当たらない。
視点を変えれば
輸出に頼りすぎ等ですね。

これ等を特定しないで一般的な言い方にするために
 
what is seen as a sluggish trend

景気後退と見なされる何かと称している。

Qafraid not to beの意味

現在高校3年生で、来年受験を控えている者です

Teachers can end up afraid not to be in control of the answer,afraid of losing their authority over the class
教師は、ついには答えを把握していないことではなく、教室における自分の権威を失うことを恐れるようになる可能性がある

ここでのafraidの用法なのですが、これは not A,Bという構造ですよね?
訳をみればそう分かったのですが、訳を見る前はnot to be in control of the answerをafraid+lose their authority over the classをafraidだと解釈していました。確かにこの場合は、2つのafraidしているものをandで繋ぐことで表現されますが、わざわざafraidを2つかくことで強調しているのかと思ってしまいました

この解釈がありえないとすれば、afraid not to be~「~でないことを恐れる」という用法は使わず、全てnot afraid to be~という用法を用いるということになるのでしょうか
それならば「afraid not to be」という用法はないからnot A,Bという構造だということが分かる というだけで納得できますが、後のカンマやbutを見るまでは解釈が確定しないということになると、はっきりとした理解が必要になると思いましたので質問しました

現在高校3年生で、来年受験を控えている者です

Teachers can end up afraid not to be in control of the answer,afraid of losing their authority over the class
教師は、ついには答えを把握していないことではなく、教室における自分の権威を失うことを恐れるようになる可能性がある

ここでのafraidの用法なのですが、これは not A,Bという構造ですよね?
訳をみればそう分かったのですが、訳を見る前はnot to be in control of the answerをafraid+lose their authority over the classをafraidだと解釈...続きを読む

Aベストアンサー

>という訳が早稲田の赤本に書いてあったのですが、それは誤りということを言いたいのでしょうか

その赤本とかの訳はおかしいと思いましたので私の訳を書いてみました。
出来れば全文を掲載して下さいませ。
「http://books.google.co.jp/books?id=ca0ncPqf8oEC&pg=PA150&lpg=PA150&dq=%22Teachers+can+end+up+afraid%22&source=bl&ots=cB3idi9xfq&sig=Pg3khRk2GCQO41jZaP_ikPO0auc&hl=ja&sa=X&ei=HQ2KUKXYAYbNmAXuyYB4&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Teachers%20can%20end%20up%20afraid%22&f=false」に当該文がありましたので私はそれを参照しましたが、、、。

>Teachers can end up afraid not to be in control of the answer

これを書き換えると
「Teachers can end up afraid that they (should) not be in control of the answer」
となりますが、いいですか。
「that they (should) not be 」は所謂「仮定法現在」です。
意味は、「教師達は自分たちが問題の答えを掌握していないのではないかと心配する羽目になることだろう」となります。

>「,afraid of losing their authority over the class」

これは分詞構文として解釈できますので次のように書き換えられます。
「because they are afraid of losing their authority over the clss」(教師達は生徒たちに対する自分達の権限が無くなるのを恐れているので)

以上をまとめると
「教師達は、生徒に対する権限を失うのを恐れるあまり、答えを掌握していないのではないかという不安に陥ることがある。」という訳になるかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

>という訳が早稲田の赤本に書いてあったのですが、それは誤りということを言いたいのでしょうか

その赤本とかの訳はおかしいと思いましたので私の訳を書いてみました。
出来れば全文を掲載して下さいませ。
「http://books.google.co.jp/books?id=ca0ncPqf8oEC&pg=PA150&lpg=PA150&dq=%22Teachers+can+end+up+afraid%22&source=bl&ots=cB3idi9xfq&sig=Pg3khRk2GCQO41jZaP_ikPO0auc&hl=ja&sa=X&ei=HQ2KUKXYAYbNmAXuyYB4&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Teachers%20can%20end%20up%20afraid%22&f=false」に当該文があ...続きを読む

QIf S should~とIf S were to~について

ほとんどありえないと思われる未来を仮定するときに用いられる、If S should~とIf S were to~について質問があります。
両者の違いやニュアンスの差はどのようなところにあるのでしょうか。
また、そもそもshouldとwere toという形を使うのはなぜでしょうか。参考書には、shouldはshallの過去形であり、were toはbe toの過去形であると書かれていましたが、それではなぜそもそもどのような意味合いでshallやbe toを使うことになるのでしょうか。

Aベストアンサー

回答がありませんね。皆さん、#1さんのリンク先の回答で納得されているのでしょうかね。質問者さんが納得されるかどうは分かりませんが、私なりの意見を述べさせてもらおうと思います。

普通のif文は現在形を用います。この場合は、その事象が起きる可能性についての情報はなく、「~の場合は」と、単に仮定を述べているだけです。過去形もそうですが、このような文は直接法と呼ばれ、事実を淡々と述べている感じです。これとは異なり、原形不定詞(単に動詞の原形とも呼ばれる)が用いられる場合は非事実である可能性が高くなります。典型例が命令形です。insistやnatural等のthat節で動詞の原形(仮定法現在と呼ばれている)が用いられるのもその例です。

She insisted that he give up.
彼女は彼はあきらめるべきだと主張した。

そして、原形不定詞が用いられる時は、同時に感情も入ります。この場合、要求・命令・驚きといった感情です。原形不定詞が用いられるもう一つの典型例が助動詞を伴うときです。can・may・must・will・should等。これらの助動詞は感情を表します。willは未来形ではなく意志や推測といった感情を表す助動詞です。ただ、実際はそのような意味は薄れて、単純未来として用いられることも多くあります。

さて本題の仮定法未来形ですが、shouldの場合、原形不定詞が用いられているため非事実である可能性が高くなります。そのため、主節では仮定法過去形が用いられますが、非事実と決まっている訳ではないので、現在形を用いる場合もあります。

If she should be given another chance, she would do her best. (主節が仮定法過去形)
If it should rain tomorrow, he will not go out. (主節が現在形)

be to~(be動詞+to不定詞)表現は、予定・義務・運命・可能といった意味を表すと学校で習うと思います。実は、こんなに多くの意味を持っている訳ではなく、to元来の意味通り、方向を表す意味しかないです。日本語に訳す場合、色々な意味が付随するだけのことです。

I am to meet him at the station.
駅で彼に会う方向に向かっている。⇒ 駅で彼に会う予定です。

She was never to see her hometown again
彼女は再び故郷を見ることができない方向に向かっている。⇒ 彼女は再び故郷が見ることができない運命だった。

You are to come to my office right after this.
あなたは、この後すぐに事務所に来る方向に向かっている。⇒ この後すぐに事務所に来なさい。

方向を表すため、未来を指すことが多いです。で、were to~ ですが、これはこの用法の仮定法過去形です。仮定法過去形ですので、完全に非現実なことを想定している訳です。だからこの表現が用いられる場合は、起きる可能性はほとんどないです。そのため、主節も仮定法過去形が用いられます。というかこの were to~ は、普通の仮定法過去形です。仮定法未来形と、わざわざ名前をつけるほどのことかと個人的には思っています。

回答がありませんね。皆さん、#1さんのリンク先の回答で納得されているのでしょうかね。質問者さんが納得されるかどうは分かりませんが、私なりの意見を述べさせてもらおうと思います。

普通のif文は現在形を用います。この場合は、その事象が起きる可能性についての情報はなく、「~の場合は」と、単に仮定を述べているだけです。過去形もそうですが、このような文は直接法と呼ばれ、事実を淡々と述べている感じです。これとは異なり、原形不定詞(単に動詞の原形とも呼ばれる)が用いられる場合は非事実であ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報