ある国際貿易の数理モデルで、その仮定について、以下のような一文がありました。

「外国1と外国2の市場は分断されていて、直接財が取引きされないことを仮定する」


・分断されてる市場
・直接財

の意味を教えてください。宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

「分断されている市場」というのは、例えば冷戦状態にある2国が政治的に貿易取引を行なえないような市場のことです。

また「直接財が取引されない」という記述は「直接、財が取引されない」と読むべきでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貿易三角形論の資本集約財・労働集約財とは?

 貿易三角形について学んでいるのですが、縦軸に資本集約財、横軸に労働集約財がとられているグラフがあります。
 資本集約財、労働集約財とは、それぞれ一体何を指すのでしょうか?
 Googleやテキストには、文中に使われているのみで、定義が書いてありませんでした。
 基本的な語かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生産活動における二大生産要素である「資本」と「労働」の投入度合いによって生産財を区分する考え方で、
比較的に「資本」と投入度合いの大きいものを「資本集約財」、また比較的に「労働」の投入度合いの大きい物を「労働集約財」と呼びます。

Q財市場、資産市場、為替市場の同時均衡

ISーLMーBP分析を財市場、資産市場、国際収支の同時均衡ということが言われますが、財市場、資産市場、為替市場の同時均衡という言い方はおかしいでしょうか?

Aベストアンサー

為替は国際収支の「価格」ですね。内外の財・サービスの取引が均衡するように価格が決まる、という発想がるから国際収支の均衡という言い方をします。

財市場でも価格は「一般物価水準」、資産市場でも価格は「金利」として存在しますが、物価水準市場の均衡とか金利市場の均衡という言い方はしません。それに合わせているということです。

ただし、為替自体を商品のように取引することもあります。円を買うとかドルを売るとかいったことです。為替の売買だけを考えるときには「為替市場の均衡」といった言い方は新聞などでもみかけますが、上記のようなニュアンスの違いがあります。

Q古典派の財市場の均衡と労働市場の均衡

古典派のマクロ経済について質問させてください。

労働市場で均衡した完全雇用の労働量から導出した国民所得

財市場で均衡した国民所得が一致しない場合

労働市場、財市場ともに縦軸に物価が含まれているので、
常にどちらかの市場を均衡させると片方の市場が不均衡に
なるとしか思えないのですが、、

どう解釈すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

労働市場で成立する所得は総供給です。生産関数における技術と労働者の時間選好が一定という仮定の下で、企業が作り出す所得を表しているからです。
財市場で成立する所得は総需要です。消費・投資などの需要関数の積み上げできますからです。古典派マクロ経済学では失業は自然失業率で所得が均衡しますから、その水準にまで物価が調整されて総需要と総供給が一致します。

Q外国為替市場は、$市場、£市場、元市場等に細分化?

外国為替市場は、$市場、£市場、元市場等に細分化されているのでしょうか?

Aベストアンサー

正確には全ての通貨については対USDで相場が動きます。これは東京、ニューヨーク、ロンドンと言う主要市場だけでなく香港やシドニー、シンガポール等もそうですし、中国政府は対USD建てでの相場の上下限を日々公表する形での為替介入制度を実施しています。
東京市場等での外為相場にJPY-EURやJPY-AUD等が提示されていますが、基本的にはJPY-USDとUSD-EURやUSD-AUDの合成相場です。
全ての相場はUSD100万$を1本として取引します。
FX等で「本日のメガオーダー」として売買の板がニュース配信されますが、これはFXの板では無くて実際の銀行間売買市場の板です。

Q財市場と貨幣市場の不均衡

「財市場の不均衡は ( )の調整によって、貨幣市場の不均衡は ( ) によって調整されると考えられる。なぜならば短期モデルにおいては ( ) が硬直的であると考えられるためである。」
かっこ内に入る語句が分かりません。最後は
価格かと思ったのですが。

Aベストアンサー

>ミクロ経済学では、「価格硬直性」は、頻繁に出てくるキーワードですが、それがマクロ経済学まで応用されるケースは、少しレアケースだと思います

このステートメントはちょっとおかしいですね。ケインズ経済学の一つの解釈は、古典派モデルで、価格・賃金が伸縮的とされている仮定を緩め、価格あるいは賃金が硬直的(sticky)であるとしていることですから。とくにIS-LMモデルの創始者であるヒックスは賃金の硬直性を仮定しています。賃金の代わりに価格の硬直性仮定しても、IS-LMモデルを構築することができる。最近のマクロの主流はNew Keynesian Macromodel(ニューケインジアン・モデル)と呼ばれるマクロ経済学ですが、この仮定を引き継ぎ、価格は硬直的と仮定されています。ただし、財の市場構造は、オリジナルのIS-LMモデルで仮定されていたような完全競争市場ではなく、独占的競争市場が仮定されています。

上の質問に戻りますが、最初のカッコは(数量あるいは産出量)がはいり、2番目は(利子率)、最後は(価格)がはいるでしょう。要するに、IS-LM分析では、縦軸にY、横軸にrをとりますが、一般均衡に不均衡があったとき、Yとrの調整によって不均衡が調整されるといっているのです。

>ミクロ経済学では、「価格硬直性」は、頻繁に出てくるキーワードですが、それがマクロ経済学まで応用されるケースは、少しレアケースだと思います

このステートメントはちょっとおかしいですね。ケインズ経済学の一つの解釈は、古典派モデルで、価格・賃金が伸縮的とされている仮定を緩め、価格あるいは賃金が硬直的(sticky)であるとしていることですから。とくにIS-LMモデルの創始者であるヒックスは賃金の硬直性を仮定しています。賃金の代わりに価格の硬直性仮定しても、IS-LMモデルを構築することができる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報