このヒップホップ全盛の時代に、フローリングの床に座布団を敷いてレッド・ツェッペリンのDVDを毎日正座して見ているツェッペリン信者です。

知りたいのは「天国への階段」の歌詞の大意はなにか?ということです。

ワン・フレーズ、ワン・フレーズは分かるのですが、結局この曲全体でなにを歌っているのか、あるいはなにか訴えたいことがあるのかが分かりません。

ずばりの回答でなくても、私はこうだと思うといったご回答でも大歓迎ですので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

素っ晴しいですね。

そんなアナタもZEPマニアの仲間入りです。

さて、渋谷陽一的解釈では、これは彼らの時代に対する決別の歌だそうです。
71年というと、反戦運動が吹き荒れ世界的なドラッグ・ヒッピームーブメントが高まったウッドストックもひと段落した後で、ジミヘンやジャニス、ジムモリソンなどがドラッグの犠牲になる中、結局ベトナム戦争は泥沼化して、それらが時代を変えることはできなかった、ただの幻想にしか過ぎなかったという時代背景が関連してます。

時代を否定したり、世を捨てたりするのはもうお終いにしようではないか、これからは揺るぎない(not to roll)確かな音(the tune will come to you at last)を出していかねばならない、という一種の決別宣言です。といっても、あんまり政治や社会性は汲み取れませんが。
この後は Houses of the Holy~Presence と、自信に満ち溢れた硬派なアルバムしか出さなかったのも頷けます。


同じ手法を使ったのがイーグルスのホテルカリフォルニアですね。これも、時代遅れの客に対し『お客様、69年製の酒(&精神) は当ホテルには置いてません』という歌なんですが、nineteen-sixtynine(1969) という言葉が示す通り、もうそんな時代ではないのだよ、もうそんなのは幻想だったんだよ、という大意です。

その後パンクが台頭したのは周知の事実です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

う~む。なるほど。そうなのですか。確かに To be a rock and not to roll ですからね。つじつまがあいますよね。ZEPを研究している渋谷君も研究しなきゃいけませんね。

「ホテル・カリフォルニア」については、この曲が大ヒットしている頃、FMでE・H・エリック氏がDJをしている番組があり、毎週必ず聴いていたのですが、ある時、氏が唐突に「結論から先に言うと、私にはわかりません。アン・ルイスにもきいてみましたが、彼女も分からない、と言っていました。」と言うのでなんのことかと思ったら、今回の私と同じで「ホテル・カリフォルニア」の歌詞の意味がわからないので教えて欲しいとのリスナーからのリクエストに対する回答でした。

あの曲って発表された当時は、みんな歌詞の理解に苦しみ、特にあの有名な最後の部分、「あなたはいつでもチェックアウトできます。でもここを去ることはできません。」については、「おれはこうだと思う。」「いや、そうじゃなくて、こうだと思うな。」といった論争がさかんにおこなわれていましたね。

解釈が定まったのは80年代に入ってからだと記憶しています。

1977年の前半はこの「ホテル・カリフォルニア」「ロッキーのテーマ」「ダンシング・クイーン」の3曲が特大ヒットして、どこに行っても必ずこの3曲のうちの1曲が流れてましたよね。

思い出しました。オーディオ・ショップではみんな何を録音するんだか、やたらにマイクが売っていたりして。いい時代だったな~。

今回は本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/02/19 06:26

そうですね…以前「ロック音楽と悪魔の呪い」(著:鬼塚五十一)という本で読んだのですが、なんでも歌詞の裏にサタンのメッセージが秘められている、とかなんとか^^;著者は、「天国への階段」は実は「地獄への階段」である、と断言しています(笑)


正直この本読んでて笑ってしまったし、無理やりこじつけすぎだろー、って感じもしましたが。
まあこういう見方もあるにはある、という事で一応…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそういうことがあったんですよね。10年くらい前にもジューダスプリーストが似たような件でケチつけられてましたよね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/26 21:50

私はレッド・ツェッペリンは大好きですが、毎日聞いているほどではありません。

 興味があるので、No2のかたの紹介されたページを読んでみました。

全体的に何を言っているのかについてはちょっとネット上で調べてみましたが、特に参考になるようなものは見つけられませんでした。 

詩を読んで直感的に感じた意見ですが、

これは、「クスリ」の歌ではないですかね。 なんとなくそれっぽい雰囲気が最初から最後まで漂っているんですけど。 A Lady が買おうとしているものは自分を極楽に連れて行ってくれるもので、、、、とも読めます。
 
でMayQeenの辺りですが
http://www.albinoblacksheep.com/flash/stairway.php
逆向きに流しても、いろいろ聞こえるとか。 脚色されていない保証はありませんが、私も聞いてみましたが、はっきりと聞き取れました。 そういうわけで、このようなことを意図的に仕組むために、なぞのような文章になっているところが多いとも考えられます。

ま、全くの素人の直感的な意見ですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

クスリですか。なるほど。確かに70年代はロック・ミュージシャンがクスリやってるなんて当たり前の時代ですからね。

May Queen の辺りというのは、変な宗教団体がこの曲を逆回しに再生すると神を冒涜する歌詞が聞こえてくるとかZEPにいんねんをつけてきて、それに対してZEP側は、「私達のターンテーブルは一方向にしか回転しない」と回答したという件ですよね。

残念ながら私のPCでは再生できなかったのですが、いずれにせよありがとうございました。

お礼日時:2006/02/19 06:36

下記参照



参考URL:http://www.eigo21.com/03/pops/121-1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私、こういう内容のサイトがあることを知りませんでした。すごい内容ですね。ここはプリントアウトしてじっくり読もうと思っています。
あっと思ったのは、Hammer of the Gods~The Led Zeppelin Saga という本が紹介されていますが、私、この本を10年近く前に買い求めて読み始めたのですが、すぐ後にJICC社から出た同じDave Lewis著の翻訳本「レッド・ツェッペリン永遠の詩」の原本を入手して、そちらを読み始めてしまったので Hammer~のほうはヤードバーズが解散したあたりで読み止しになっていたのです。

Hammer~を引っ張り出してもう一度最初から読もうと思います。

今回はどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/02/19 06:48

 正座て(笑)。

そこまでツェッペリンのファンならご存知かもしれませんが、あの曲はジミー・ペイジとロバート・プラントが夜中、焚き火を囲みながら作った曲らしいですよ(ウソかホントか知りませんが・・・)。私はその話を聞いた時、「なるほどー」と妙に納得してしまい、それ以来「天国の階段」を聞く度に暗闇に浮かぶ焚き火とそれを囲みながらアコギで作曲している酔っ払ったペイジとプラントの姿が目に浮かんできます。・・て全然参考になりませんね(笑)。失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いえいえ、私と同じ光景を思い浮かべている人がいてうれしいです。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/19 06:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLed Zeppelin『Stair To Heaven』の歌詞の日本語訳を・・・

 Led Zeppelin『Stair To Heaven』の歌詞の日本語訳をご存知の方、おられませんか?もし良かったら教えてください!

 「自分で訳せ!」という声が聞こえて参りますが、なにぶん、小生の拙い英語力では到底ムリなのでございます。訳が載っているサイトでも何でも結構ですので、お願い致します。

Aベストアンサー

一応「公式」といいますか、
国内正規盤の歌詞カードの翻訳文(訳:津島治子)です。

キラキラ輝くものはすべて黄金なのだと
信じる貴婦人がいる
彼女は天国への階段を買おうとしている
そこに着いた彼女は
店が全部閉まっていても
ひと言でお目当ての品物が
手に入ると知っている
Ooh ooh ooh, ooh ooh ooh
彼女は天国への階段を買おうとしている

壁には貼り紙がしてある
でも彼女は確かめようと思っている
言葉には時々
新しい意味があるから
小川のそばの木の上で
さえずる鳥がいる
時に,我々の思いのすべてが疑わしいものだと

Ooooh,不思議なものだ
Ooooh,不思議なものだ

俺はある感覚に襲われる
西の方を見やり
去ったことを悔やんで魂が泣いている時
想像の世界で見たことがある
木々の間に浮かぶ煙の輪を
見守る者たちの声が聞こえた

Ooooh,不思議なものだ
Ooooh,実に不思議なものだ

ささやかれているのは,間もなく
我々がみんなあの調べを歌えば
笛吹きが我々を理性に導いてくれるだろうと
そして永く待った者たちには
また新しい夜明けが訪れ
森には笑いがこだまするだろうと

Oh oh oh oh oh
潅木の中で何かがざわめいていても
心配することはない
五月の女王のために降る小雨の音だから
そう,戻り道は二つに別れている
でも長い目で見れば
まだ,自分が歩むこの道を変えることもできる
不思議に思うのさ
Oh oh oh

頭の中で唸る音がする
言っておくが
その音は止むことがないのさ
笛吹きが仲間に入れと,お前を誘っているのだよ
親愛なる貴婦人さま,風の音が聞こえますか
あなたの求める階段はささやく風に横たわっているのです
Oh oh oh
Ah ah ah ah(Repeat)

そして道をどんどん進んで行くと
我々の陰は魂よりも高くそびえ立ち
そこには誰しもが知っている貴婦人が歩き
白い光を放っている
彼女が照らし出すものを見よ
我々の気休めの数珠玉は石に変わってしまうだろう
そこでじっと耳を澄ませば
ついにはあの調べが思い出されるだろう
俺は不思議に思うのさ,いったい何が間違っているのだろうと
Yeah
石になって,自分でなくなることが

そして彼女が天国への階段を買うだろう

以上です。今気づいたのですが、下から2番目の行が?ですね。
ロバート・プラントはここではTo be a rock and not to rollと歌っているはずなのです。(LED ZEPPELIN IVのスリーヴにもそのようにプリントされているのですが)なぜか国内盤の歌詞カードにはTo be a rock and not your ownと書かれており、上のような翻訳になっています。
今回、この回答を書いていて、新しい発見(?)をしてしまいました。今夜は眠れそうにありません(笑)。

ロバート・プラントはロード・オブ・ザ・リングの著者、J・R・R・トールキンやルイス・スペンスらから大きく影響を受けてこの歌詞を書きました。英語圏では歌詞の解釈を試みているサイトがかなりあるようですが、日本語のサイトでは少ないようです。言葉の壁は大きいですね。

ご参考までに海外のサイト(当然全部英語ですが、結構楽しめますよ)を一つ紹介します。ZEPの全曲の歌詞を複数ヴァージョン掲載しています。
http://www.led-zeppelin.org/reference/lyrics/index.php?m=l13&s=stairway_to_heaven

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%9A%8E%E6%AE%B5#.E6.AD.8C.E8.A9.9E

一応「公式」といいますか、
国内正規盤の歌詞カードの翻訳文(訳:津島治子)です。

キラキラ輝くものはすべて黄金なのだと
信じる貴婦人がいる
彼女は天国への階段を買おうとしている
そこに着いた彼女は
店が全部閉まっていても
ひと言でお目当ての品物が
手に入ると知っている
Ooh ooh ooh, ooh ooh ooh
彼女は天国への階段を買おうとしている

壁には貼り紙がしてある
でも彼女は確かめようと思っている
言葉には時々
新しい意味があるから
小川のそばの木の上で
さえずる鳥がいる
時に...続きを読む

Qジミー・ペイジはギターがどれくらい下手なのか

レッド・ツェッペリンが大好きです。
ツェッペリンを聞いて、その後洋楽を聴くようになったのですが、まだメンバーの名前も顔も知らない聞き始めのころ、「この人はギターが下手なのではないか」とふと思いました。
その後、ジミーペイジはギターが下手だという評判をあちこちで聞くようになり、自分の感想は的外れでないらしいとわかったのですが、彼はどれくらい下手なのか、そんなに下手なのになぜセッションギタリストとして重宝されていたのか、そうしたことが疑問に思えてきました。
私はギターどころかどんな楽器も弾けない上に音痴です。なのでそんな人にもわかるように教えてくださるとうれしいです。
念のため。レッドツェッペリンは大好きですし、ジミーペイジも大好きです。Heart Breakerで、ペイジのソロをはらはらしながら聞くのも好きです。

Aベストアンサー

こんばんは。書かせて下さい。

大のZepファンです。当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、
様々な思い入れもあります。ジミー・ペイジに対してもそうです。

「ペイジは下手なのではないか・・?」
これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると
みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、
としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、
色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈な事柄なのでありますよ(笑)

さぁ「禁じ手」を破ってこの問題にメスを入れてみましょう!!!

まずペイジがセッション・ギタリストとしてその名を轟かせていたのが
ヤードバーズ加入以前の話ですから、65年以前の話ですね。クラプトンが抜けたヤードバーズに
ジェフ・ベックの推薦でベック共々ペイジは加入しました。
ベックがサイド・ギタリストとしてペイジを推薦したわけです「みんなジミーの事知ってるだろ?あいつ俺の後輩なんだ。入れようぜ!。」
ってな感じです。
ポイントがここにあります。スタジオ・ミュージシャンで、すでにプロデューサーの経験もある
ペイジは先輩ベックにサイド・ギタリストに打ってつけと目されたのです。
同世代の有名な「ソロ・ギタリスト」として名が上げられるのが、ベック、クラプトン、ジミヘン、リッチー・ブラックモア、サンタナなど超ギタリスト達がいっぱいおります。
でもこの人達は「ソロ」ギタリストとしての印象が非常に強いです。インプロヴィゼイション、アドリヴ・タイプのギタリストですね。

ペイジのギターはこういうギタリスト達とは異なります。
彼のギターは、楽曲やバンド・アンサンブルの中で本領を発揮する、言わば「アレンジ・メイク・ギター」
の巧者だと言えるのです。
バッキングやリフ、サウンド・メイク、Zepが今でも偉大なのは、ペイジの巧みなアレンジ力と
他の3人の力、至福の化学反応の結晶だからだと断言できます。

60年代初期のセッション・ギタリストは、過激なギター・ソロも速弾きもそんなに求められません。
要は楽曲にマッチしたバッキングであればいいのです。
ペイジの才能はそのニーズに答え、数をこなす事により鍛えられ、磨かれ、名声を得るに至ったわけです。

ベックは後輩ペイジの才能を認めつつ、自分のギターをより際立たすためには、ペイジの
バッキングやアレンジに長けたギターが必要だとわかっており、あえて「サイド・ギター」で
ヤードバーズに加入させたのです。

速弾きみたいな運指がらみ、テクニックがらみの事を言うとペイジのギターの腕前には???が
ついてしまう・・かもしれません。
しかしペイジには楽曲クリエイターとしての才能が他のギタリストより群を抜いて秀でている・・
これは揺るぎ難い事実です。

リッチー・ブラックモア先生が
「ペイジは本当にクレイバー(利口)なギタリストだ。みんな(ペイジのギターの腕前について)
色々言ってるけど、昔から本当に上手いギタリストだ」
と事あるごとに誉めております。私はうんうんとうなずいてしまいますね、この言葉には・・。

長くてごめんなさい、書き足りないくらいだけどこの辺にしときますね。

参考になれば幸いです。

こんばんは。書かせて下さい。

大のZepファンです。当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、
様々な思い入れもあります。ジミー・ペイジに対してもそうです。

「ペイジは下手なのではないか・・?」
これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると
みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、
としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、
色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈...続きを読む

Qイーグルスのホテルカリフォルニアの意味。

イーグルスのホテルカリフォルニアという大変有名な曲が
有りますが、この曲は何について歌っているのでしょうか。
(歌詞の意味、内容は良く分かっています。)
昔この曲はベトナム戦争の反戦歌だと聞いた事が有ります。
しかし歌詞を直訳してみても、どの様な比喩になっているのか分かりません。
どなたか御存知の方、出来るだけ詳しく解説して頂けませんでしょうか。
(因みに歌詞を訳して下さい、というお願いではありませんので念の為。曲の意味について聞いているので、著作権に触れる事は無いと思います。)
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

あの歌が意味しているのは、当時彼らが置かれていた状況です。
もともと、スタジオ・ミュージシャンの集まり、メッセージ性の無いバンドで、精神的支柱を持たないままでヒットを連発してしまったために、ヒットを出す事が彼らの存在理由となってしまったのです。これは彼らにとって心の重荷だったようで、その閉塞感が「チェックインはいつでも出来ますが、チェックアウトする事は出来ません」と言わせたのです。つまり、ヒット連発を義務付けられ、ロックビジネスという巨額な富を生む産業界からの要請から逃れることは出来なくなっている状況を、入ったら出られない牢獄のようなホテルに例えたものです。

もう一つ、東から全米へと広がっていったロック文化が、西海岸まで行き着いてフロンティアが終わりを告げたということです。当時のロックは地域によって特徴があり、東海岸ではハード系、西海岸ではウェスタン系のウェストコーストサウンド、南部ではブルース系といった具合でした。「ホテル・・・」が出た当時は、ロックが成熟期をむかえ、地域特性が崩れ始めた時代です。西まで進んで行きつくところまで行ってしまったら、あとは融合・拡散が始まって、この地域ならこういうサウンドであるという特徴は失われてきました。地域に根ざしたサウンドで売っていた彼らの行き場がなくなる、しかしどこへも行き先が見出せないという彼らの懊悩があらわれた歌詞であると思います。

あの歌が意味しているのは、当時彼らが置かれていた状況です。
もともと、スタジオ・ミュージシャンの集まり、メッセージ性の無いバンドで、精神的支柱を持たないままでヒットを連発してしまったために、ヒットを出す事が彼らの存在理由となってしまったのです。これは彼らにとって心の重荷だったようで、その閉塞感が「チェックインはいつでも出来ますが、チェックアウトする事は出来ません」と言わせたのです。つまり、ヒット連発を義務付けられ、ロックビジネスという巨額な富を生む産業界からの要請から逃れ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報