リスク・プレミアムとはなんですか?簡単な説明でいいんで教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

リスクプレミアム=(ある株式の期待リターン)-(リスクフリーレート)です。



例えば、トヨタ自動車の株の期待リターン(株の値上がり益+配当)が年率10%であり、リスクフリーレート(リスクがない資産のレートのことで一般には長期国債のレート。日本では10年物国債の利回りが使われることが多い)が3%だった場合、リスクプレミアムは7%になります。

なんでリスクプレミアムが発生するかというと、株式などはリターンのぶれが激しく安定性にかけるからです。リスクプレミアムは、いわばリスクをとってくれた投資かに対するご褒美ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期待効用(ミクロ経済学)

ある個人の効用所得は、
U=x・0.5乗(x;所得)
であり、この個人の所得が0.6の割合で900万、0.4の割合で1600万とする。今この個人が合理的に期待する所得を保障する保険を購入できるとするとき、その保険に対して支払おうと考える最大の保険料はいくらか。ただし、この個人は期待効用の最大化を図るものとする。
問題の答えは24万となるはずなんですが、自分が解くと答えがどうしても合いません。わかる方、解説お願いします。

Aベストアンサー

U=x・0.5乗
ということはこの人はリスク回避性向がありますね。
所得が「0.6の割合で900万、0.4の割合で1600万」というのは
言い換えれば効用が「0.6の割合で30(root(900))、0.4の割合で40(root(1600))」ということです。
従って効用の期待値は0.6x30+0.4x40=36ですね。
36^2=1156ですので、この人にとって
「所得が0.6の割合で900万、0.4の割合で1600万」というのは
「所得が1156万」と等価な訳です。

一方で実際の所得の期待値は
0.6x900+0.4x1600=1180万ですよね。
ただこの人は1156万の安定した所得を貰えれば満足しますので、
差し引き24万が「支払おうと考える最大の保険料」になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報