以前の教えてgooの女帝の議論の中で、
”男系で最も近い鷹司家の某氏”という方がおられるというのをききました。そのお方は、父親をずっとたどってゆくと、どの天皇に行き着くのでしょうか?その方が、本当に男系なら、まさに皇位継承第8位といわれる方といえます。私個人としては、その方に継承順位を差し上げたらいかがかと存じます。いかがでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

皇位継承順位については私には何のコメントもありません。



ただ、鷹司家についてコメントします。
今上天皇には4人の姉である照宮成子内親王(東久邇家へ嫁ぐ)、久宮祐子内親王、孝宮和子内親王(鷹司家へ嫁ぐ)、順宮厚子内親王(池田家へ嫁ぐ)と弟の常陸宮殿下、妹の清宮貴子内親王(島津家へ嫁ぐ)がおられます。
つまり、その筋で考えると昭和天皇からの系譜になりますが・・・。

ご質問がどの質問に端を発しているかは存じ上げませんが、ちなみにおっしゃるところの鷹司家(鷹司平通・和子夫妻)には子供はおらず、鷹司平通の妹の松平尚武・章子夫妻を養子に迎えています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます
元々今回の私の質問は
前回 No.178565 の私の質問に No.6 sukemasa 様が以下のように解答を下さったのを根拠にいたしました。 buran 様と、sukemasa様の ご意見はやや相容れないと思います。どちらかが間違っているのだと思います。


曰く、確かに女帝の例は過去に散見するが、それらは全て未婚の皇女または皇后・皇太子妃であった皇女なのであり、非皇族の夫を持つ女帝は存在しない。万世一系とは、男系で連続していることであり、女系で連続させることは無価値である。

対案としての通説はありませんが、例えば臣籍に降りた者のうち最も天皇家の血筋に近いものを立てる、という考えがあります。一応、先例としても臣下から天皇になった例(宇多天皇)・皇族に復帰した例(智仁親王など)はあります。この場合、該当者としては、男系で最も近い鷹司家の某氏、女系も含めた血の濃さと旧宮家ということで東久邇家の某氏が噂されています。

その他、あまりここでは書けないようなことも2chなどでしばしば話題となっているのでご覧になってはどうでしょう。
回答者:sukemasa
01-12-03 07:49種類:回答どんな人:一般人自信: あり 良回答(10pt)

お礼日時:2002/01/13 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皇位継承について

皇室典範改正論議で、江戸時代以前に実例がある「男系男子優先だが男系女子容認」という選択肢が全く論じられないのはなぜですか?

Aベストアンサー

あーなるほど。何を誤解しているのかが理解できました。
一般的に女系天皇容認論と女性天皇容認論は両者混同されて議論されていることが多いため、この両論を明確に区別して主張を述べているのが少ない、というかそもそも女性天皇論は一時しのぎでしかないのでそこだけに拘った議論がそもそも無いというだけの話です。
ただしきちんとニュースをあたればその場しのぎ的なとりまとめを行う必要のあるグループではそういった議論も行われています。例えば自民党内では「改正案の成立時は女性天皇を容認するだけに とどめ、母方だけが天皇の血筋を引く「女系天皇」の誕生まで五-十年程度の期間を設ける「暫定措置」の検討に入った。」
http://kahkun3601.at.webry.info/200601/article_5.html
北海道新聞の1/8の記事です。

大体においてこの議論は下記の3つしか立場がないわけです。
1.女系も女性も不可
2.女性はOKでも女系は不可
3.女性も女系もOK
で、実際のところ立脚点になるの2の意見が一番多いのです。ただし2の意見は実は1と3に分かれています。本来は1なんだけど、時代が時代なだけに1は実現が厳しいので暫定的な容認派である派(2-1)と、そもそも3なんだけど、まず外堀を埋めるために暫定から入ろうとする派(2-3)です。
そのため2-3派の人は、女性天皇容認論から女系容認論を述べますし、2-1派の人は3への対抗措置として、OKな基準を事細かに述べたり、将来的に1を維持するにはとういことに終始して、そのものずばり(女性はOK)をちゃんといわないという傾向にあると思います。そのため実は一番多数派な2が見えにくくなっていると。

女系天皇とか女性天皇とかのキーワードで検索すれば、実は1 or 3のように見える意見が多そうですが、よく読めば大部分は2-1か2-3しかないということがわかると思います。「養子」とか「旧宮家」などのキーワードが入っていれば2-1で、「男女平等」とか「世論調査」の話が入っていれば2-3です。
まぁ2はどちらの派にしろあくまでもワンクッションにすぎないので、将来的には1が容易に維持できるような改革をするか、そもそも3を目指すかという議論展開になるということでしょうか。

あーなるほど。何を誤解しているのかが理解できました。
一般的に女系天皇容認論と女性天皇容認論は両者混同されて議論されていることが多いため、この両論を明確に区別して主張を述べているのが少ない、というかそもそも女性天皇論は一時しのぎでしかないのでそこだけに拘った議論がそもそも無いというだけの話です。
ただしきちんとニュースをあたればその場しのぎ的なとりまとめを行う必要のあるグループではそういった議論も行われています。例えば自民党内では「改正案の成立時は女性天皇を容認するだけに ...続きを読む

Q皇室典範、皇位継承について

皇位継承者が仮に公務不可能なほどの知的または身体的障害を持っていた場合、それでも時期が来れば天皇に即位するのですか?
また天皇家に限り、人工授精による男子の出生を認めることはできないのですか?
倫理面の問題からか、これらの議論は聞いたことがないので質問させていただきます。

Aベストアンサー

>公務不可能なほどの知的または身体的障害を持っていた…

条文を詳しくは読んでいませんが、即位は認めて、代わりに摂政が立てられるはずです。
近代に入ってからでも、即位後に障害が現れたことがあります。まさに大正天皇がその例で、崩御されるまでの5年間は、当時の皇太子 (のちの昭和天皇) が摂政に就かれました。

>天皇家に限り、人工授精による男子の出生を認めることはできないのですか…

国民感情としては、期待したいですね。皇太子ご夫妻になかなか子宝が恵まれなかったころ、側近の中には人工授精を薦められた方もあるようですが、皇太子ご本人が「自然のままに」と固執されたようです。
今回の秋篠様も、「自然のままに」を強調されていたと、どこかの新聞社のWebニュースが報じていました。

当事者がその気にならない限り、人工授精はあり得ないでしょう。逆の見方をすれば、もし今回も内親王であったら、その次こそ人工授精で親王を産んで欲しいものです。

参考URL:http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060208/K2006020706070.html

>公務不可能なほどの知的または身体的障害を持っていた…

条文を詳しくは読んでいませんが、即位は認めて、代わりに摂政が立てられるはずです。
近代に入ってからでも、即位後に障害が現れたことがあります。まさに大正天皇がその例で、崩御されるまでの5年間は、当時の皇太子 (のちの昭和天皇) が摂政に就かれました。

>天皇家に限り、人工授精による男子の出生を認めることはできないのですか…

国民感情としては、期待したいですね。皇太子ご夫妻になかなか子宝が恵まれなかったころ、側近の中には...続きを読む

Q孫の世代の皇位継承について、陛下の大御心は?

天皇の孫の代の中では、誰が皇位継承するのかという議論があります。
世論は、愛子様派・悠仁様派に二分しています。

現在の皇室典範上では女子の皇位継承は認めていないので、愛子様には
継承権はありませんが、国民世論は女帝賛成が多数派のようです。

この議論はいつまで経っても決着が見えそうもないので、いっそ当事者である
陛下にお決めいただければ話が早いような気がしますが、当の天皇陛下は
何のコメントも発していません。
陛下の大御心は下民である私には伺い知る事はできませんが、陛下御自身は
どうお考えでしょうか?

難しい質問かもしれませんが、みなさんはいかが推測しますか?

Aベストアンサー

陛下のお言葉
「よきに計らえ」

お立場上何もいえません。

ただ、勝手に推測することはできるでしょう。
現在の皇室典規で困っていないものをわざわざいじる必要はないのでは?
それと、女帝の場合、配偶者選びが相当困難。現皇太子でも難航したのですよ。
しかし、男系に限定すると、縁起でもないですが、悠仁様がなにかあれば、そこでジ・エンド
男系の子孫が産まれなければずっとその危機が続く。
その対応策としての含みは考えるべき。

現在一番の問題は、内親王は新しい宮家を作れないこと。未婚のままで皇室にとどまるか、皇室から離れて民間に嫁ぐかしか道がない。
かつては、天皇の内親王はかならず、皇族と結婚させ皇族の身分を保った。宮家が半端なくたくさんいたからできた。
和宮が徳川に臣下したのは異例のことなのです。
現在だと、愛子様と悠仁様の従兄弟結婚しか道がない。
ここをなんとかしないと、側室制度を廃した皇室はいつか絶えます。
女帝にして苦労させるよりも、内親王が宮家をつくれるようにしたほうが将来的にも良い制度だと思われます。
このあたりのことは、関係者はみな認識しているでしょう。

陛下のお言葉
「よきに計らえ」

お立場上何もいえません。

ただ、勝手に推測することはできるでしょう。
現在の皇室典規で困っていないものをわざわざいじる必要はないのでは?
それと、女帝の場合、配偶者選びが相当困難。現皇太子でも難航したのですよ。
しかし、男系に限定すると、縁起でもないですが、悠仁様がなにかあれば、そこでジ・エンド
男系の子孫が産まれなければずっとその危機が続く。
その対応策としての含みは考えるべき。

現在一番の問題は、内親王は新しい宮家を作れないこと。未婚のままで...続きを読む

Q女帝もよいのでは?

 このたびの内親王ご誕生まことにおめでたい限りです。
すでに、女帝の可能性の議論が目立つようですが、政府の責任者や、中曽根元総理、野党の党首も女帝賛成(皇室典範の改訂)を唱えておられます。反対論も根強いそうですが、あまり表に出てきません。私も女帝もよろしかろうと存じますが。反対される方のその理由、また、このまま、男子が生まれなかった場合は反対論者はどのような対案をお持ちなのかお聞かせいただきたく存じます。

Aベストアンサー

私は女帝肯定論者(変な言葉で失礼)ですが、否定論者
の方々の主張を聞いた範囲で書いてみます。

1.宗教的に不味い。(男子以外が出来ない儀式
  がある)
2.女帝は異常な事態であって、それを云々する
  のは非常識(歴史的に、女帝は男子が幼少等の
  理由で皇位に付けない場合の繋ぎである)
3.今の段階で論議するのはおかしい
  (男子が生まれる可能性もある....その他)
4.女帝が結婚したら、夫の立場が変

とまぁ、こんな物でした。

で、ここからは蛇足(私の考えです)
史実上、女帝は10代8人の在位が確認されているわけ
でして、その時の先例を見れば諸行事の執行については
どの様にしたか(本人が執行したか、代理を立てたか
中断したか)は解るわけで、それ自体も史実上の大問題
とはなっていませんから、1の理由は明らかにおかしい
事になります。
また、繋ぎ云々も種々の事柄から女帝が適当ならそれ
でもよろしいかと。(皇極天皇(斉明天皇)は崩御まで
在位していますから、時代の成人で譲位が必須でもあり
ません。)
4は論外かな?

で、個人的に説得性を感じるのは3です。
今は無事にお生まれになって、世間は祝賀ムードなんで
すから、そこに変な議論挟むのは野暮だし失礼でも
あるでしょう。

私は女帝肯定論者(変な言葉で失礼)ですが、否定論者
の方々の主張を聞いた範囲で書いてみます。

1.宗教的に不味い。(男子以外が出来ない儀式
  がある)
2.女帝は異常な事態であって、それを云々する
  のは非常識(歴史的に、女帝は男子が幼少等の
  理由で皇位に付けない場合の繋ぎである)
3.今の段階で論議するのはおかしい
  (男子が生まれる可能性もある....その他)
4.女帝が結婚したら、夫の立場が変

とまぁ、こんな物でした。

で、ここからは蛇足(私の考えです)
...続きを読む

Qそりゃ天皇家とは雲泥の差ですが、男系が絶えそうです

そりゃ天皇家とは雲泥の差ですが、男系が絶えそうです。
私も弟夫婦も親戚もみんな娘しかいません。ご先祖さまが猿だった頃から、何千年、何万年と連綿と引き継いできた男系の系譜を我が代で絶やしてしまう訳ですよね。何千人、何万人のご先祖様が成し遂げ、引き継いできたバトンを、私はつなぐことができないんですよね。

そう考えると一瞬、なんとことをしてしまったんだろうって思いましたけど、別に名家でも何でもないからまぁいいかと思いなおしました。男系を絶やしそうな皆さんはそういう思いにかられたことありますか。

Aベストアンサー

愛人に子供作らせて養子にしてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報