友人が親族会社の取締役なのですが、今回有限会社から株式会社になることになり、親族の場合は額面で購入できるので、かなり得だとの話、さらに、定期預金するよりよっぽどいいから、(一株5万円で4口ぐらい)出資しないともちかけられました。
(自分の経済状態がわけ合って悪いので・・・)
もちろん、そいつの名義になっちゃうのですが、何年かしたら売って、その分はまるごと自分にくれるというのですが、、、これってお互いにメリットのある話なんでしょうか?そいつは売って、まるごとくれるにしても、何か税金とかかかるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

行うかどうかに関しては前述の方々のおっしゃる通りです。



少なくとも以下のものを検討する必要はあると思います。
1.増資前後の資本金額
2.過去の配当実績
3.会社の資産・負債(本社が自社ビルか借入が幾らあるかなど)
4.足元の利益状況
5.会社信用度(設立年度や取引先など)
できれば財務諸表などを見せてもらうよ良いでしょう。

契約書の作成には色々な方法がありますが、株式の預託契約形式が良いと思います。
ご質問者さま自身が株式を購入しその株式をご友人に預託(ご友人の名義)しているということが契約の主旨です。当初の株式購入価格に相当するものを支払、配当及び売却代金も全てご質問者さまが受け取ることができる契約です。契約書を作成したら銀行の貸し金庫に預けその鍵をご質問者さま自身が持ては宜しいかと思います。

尚、ご友人を疑っているわけではありませんが、最近インターネットを利用したこの種の悪質な詐欺事件が横行しております。一般株主を募ったあと資産を別の会社に移して計画倒産させるというものです。ご友人にお話を良くお聞きになられて疑問点をすべて解決してから決定なされると良いと思います。
    • good
    • 0

この場合は、あなたの名義にならないのですから、友人に対しての「融資」となり、彼が、その融資を受けた資金で会社の株に出資することになります。


親族会社では、外部に株式が分散しないように、株主の株式売却に制限を設ける例が多く、いずれにしても、あなたが直接株主にはなれないでょう。

そこで、その会社が利益が上がれば配当金が出て、業績が上がり事業規模が大きくなれば、株式市場に上場し、株式市場で売買ができるようになり、売却益が得られます。
もちろん、彼との間で、貸金の契約書は作っておく必要があります。

問題は、この不況の時期に、高利益が出て配当ができるかどうかということと、上場できるまで成長する力があるかということです。

仮に、上のことが達成されても、彼が配当金を受け取り、上場の際の利益を享受するわけで、その分配があなたに来るかどうかは、しっかりとした契約書にしたおくことが必要です。

もし、彼から、配当金や売却益が還元されたら、これは配当所得や譲渡所得ではなく、一時所得として所得税が課税になります。

以上は、会社が順調に経営された場合です、その場合にはお互いにメリットはあります。

彼の会社が、利益が出なければ配当金も出せず、最悪倒産したら、融資した金も戻ってくる可能性はなくなります。
融資するには、「この金はも戻ってこなくてもいいや」という気持ちがあったら、実行してもよいでしょう。
過去に、貸金のために友情関係が壊れた例は沢山あります。

以上の点を参考に判断されたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0

一般的なことになりますが、株式会社の株を持っていて


儲かる(?)場合は以下のようなときです。
1.会社が利益を出して決算後に株主に配当金がでる
2.株式が公開か上場された時に持ち株を売却し利益がでる
  
でも、ジャスダックでも出来たての会社が公開できるほど
簡単なものではありませんから、これはあてにできません。

こう考えると親族経営の株式会社の株に出資するメリットは
決算後の配当金だと思いますが名義人にならないmasadayoさん
には配当金は入りません。また、親族経営の未公開企業では
株が親族から外部へ離散して会社が人手に渡ってしまう事を
防止するため、株主(親族)が他人へ株を譲渡することに
制限を加えるのが普通です。
ご友人が簡単にmasadayoさんへ株を20万円で売却することが
出来るのでしょうか? そのため私には、これが出資とは
思えないのです。
ご友人のことは悪く言うつもりは一切ありませんが、
ご友人とのお話の中に、何か誤解があるような気がします。

なお、単純に考えて20万円で4株を譲り受ける行為については
それが履行される前提で税金などの問題はありません。
物を買うことと同じですから。
以上、ご参考になりましたでしょうか。
    • good
    • 0

 かなーりぁゃιぃ ですね。

(゜Д゜;)汗

 注意すべき点がとりあえず2点見受けられます。

1.名義がなぜかその友人になるということですから、社会的にそれはあなたの財産と見なされない可能性があります。 要するに、その友人が裏切ったり、突然死んだりしたら、出資したお金があなたのものである証明ができないので失われるかもしれません。 対策としては迅速に名義を書き換えてかつ株券を自分で管理することが有効ですが、非公開同族会社ではちょっと無理っぽいかも。

2.あくまで株式への出資ですから、会社の価値が落ちれば紙くずになってしまう可能性があります。 何年かしたらだとかかなり得だとかは、その友人が個人としての信義で守るだけの効果しかなく、現金化できる保証も儲けがある保証も当然ないし、会社が倒産でもしたら誰も一円も返してくれなくなるかもしれません。 対策は考えつきません。

 要するにこれは「投資」であり、しかも実質的に「融資」であることをヨーク認識した上で実行されるべきではないかと思います。 その友人の友情と能力以外にあてになるものはない、カナリ危険な取引だと思われます。

 とはいえその友人が親友かつ有能な人ならば、自分の財産を彼に賭けるのはそう悪い話ではありません。 あくまで彼に「出世払いの催促なしで貸したつもり」で、資金協力をしてやればよいかと思います。

 後半の質問の回答ですが、彼は事業資金を手に入れ、あなたは彼の夢のおこぼれを手に入れます。 もし成功すれば当然税金がかかりますが、贈与になるかキャピタルゲインになるかそれとも利子所得になるか微妙なので、どのくらいかは見当がつきません。 プロにご相談下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXってどんなもの? ハイリスクハイリターンで株より怖い?

最近「FX」が流行ってるみたいですが、どんなものか分かりません・・・ 簡単に教えてください。

ちなみに「株」は250万円の資金でやっています。 「FXのほうが儲かるよ。」とよく言われるのですが仕組みが分かりません。 株とどう違うのでしょうか? 資金力は株と違って少なくて済む? 29歳男

Aベストアンサー

・リスク
 必ずレバレッジ100倍で取引する必要はありません。レバレッジ1倍であれば、1万$購入していて1円の変動があっても1万円のリスクしかありません。株の場合は信用取引をしていなくても、去年のようにあっという間に資産が半分になるケースもありますよね。$円が半分になるということは、アメリカが崩壊するようなもので株かFXかなんて言っている場合じゃないですよね。

・銘柄選択
 株は銘柄選択が大変ですよね。FXは主要通貨のマトリクス分($円、$ポンド、ポンド円など)しかなので、一つの銘柄分析に集中できます。

・その他
 株はその会社のおかれた環境に目がいきますが、FXは原油価格、EUの経済状況などグローバルな視点をもつことになり視野が広がります。

・儲かる?
 これはその人が決めた取引手法が成功するかどうかなので、FXだからというものではないと言えます。テクニカルでもファンダメンタルでも決めた手法を継続して、結果儲かるものだと思います。

・資金力
 NO1さんのとおり、レバレッジを高くすれば資金は少なくて済みますが、リスクは高くなるだけのことです。

FXのことが知りたければ、口座開設してみてくだい。
無料でセミナー、講座、デモトレードなどができる会社がたくさんあります。取引する必要はありません。

・リスク
 必ずレバレッジ100倍で取引する必要はありません。レバレッジ1倍であれば、1万$購入していて1円の変動があっても1万円のリスクしかありません。株の場合は信用取引をしていなくても、去年のようにあっという間に資産が半分になるケースもありますよね。$円が半分になるということは、アメリカが崩壊するようなもので株かFXかなんて言っている場合じゃないですよね。

・銘柄選択
 株は銘柄選択が大変ですよね。FXは主要通貨のマトリクス分($円、$ポンド、ポンド円など)しかなので、一つの...続きを読む

Q額面株式と無額面株式

株式には額面株式と無額面株式がありますが、
圧倒的に額面株式の方が多いのはなにか理由があるのですか。

また、それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

現在では、無額面株式を発行する会社が主流となり、額面株式を発行する会社が少なくなりました。
理由は、市場に流通している株式の時価が額面とかけ離れていてしまい、額面を記載する意味がなくなってしまったからです。
額面株式も、無額面株式も、株主の権利は同じで、無額面株式の方が株式分割が簡単というメリットもあります。

2001年3月5日、株式単位の見直しに関する商法改正案が発表され、それによると、額面株式は廃止され、無額面株式に統一されるようです。

詳細は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.tctv.ne.jp/hirao/gakumuyo.htm

Q一番ハイリスク・リターンの投資はFXだと思うのですが?

いちばんハイリスク・ハイリターンの投資は
FXだと思うのですが如何ですか?

当方、FX暦2年で負け組です、

投資といえば株、FX、先物が思い浮かびますが
FXほどハイリスク・ハイリターンは無いと思うのですが、

先物はやったことが無いので分かりませんが、
如何でしょうか?

また、他の投資でよく行われるものは何がありますか?

Aベストアンサー

結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

しかし、基本的にシステム販売は、自分でトレードするよりもシステム販売したほうが儲かるからそうしているだと思って疑ったほうがよいです。特に225先物やFXはカーブフィッティングがひどく、過去の成績をよく見せるだけで販売後はいきなり下降まっしぐらの商材ばかりでうんざりしています。まさに販売目的と言えます。株でよいものがあればと思って探しています。

また、ロジック非公開での売買シグナル配信などは、フォワードテストが良ければ、それなりに信頼できると思いますが、今のところ上記サイトへの売買シグナルの登録はないようです。あきらめずにチェックしています。

結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

しかし、基本...続きを読む

Q一株益にとは?

企業の財務状況の中で、売上や営業利益、経常利益等が増額になっているのに、一株益が下がっていることがあります。どうしてでしょうか?また、それは良くないことですか?

Aベストアンサー

良くあるケースとして、業績が好調でも何らかの要因で「特別損失」を計上することがあります。このような場合には純利益が減ります。

良くないかどうかはケースバイケースですが、多くは本業さえ好調ならば特に問題ありません。

Q株とFXは、どちらが初心者向きか?

給料以外に、副業的なお金が欲しく株かFXを始めたいと思っています。

しかし投資は、リスクとお金が必要なので一歩踏み出せずにいる状態です。

投資が、初心者に向いているのは株、それともFXになるのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらともいいかねます。投資資金はどの程度あり、どういうスタンスで投資にのぞむかによってどちらがむいているかは違ってくるからで、初心者であるからどちらという回答にあまり意味があるとは思えません。FXも大きな利益を狙う方法もありますが、同時に、外貨預金がわり的に使う方法もあります。株式についても、一発勝負にいく売買もあれば、大きな損失を出すことを避け長期に少しずつ利益を得ようとするような売買もあります。個人的には、FXと株、どちらが単純かといえば、単に為替レートの変動にかけるFX、どちらが面白いかといえば非常に幅広いことに関わってくる株式投資かなと思います。あれこれ考える前に損失が出てもしょうがないと思える範囲の額、例えば10万とか20万の資金で、まずはじめてみてしまう方が身につくことは多いかもしれません。

Q有限会社の出資者が倒産・破産した場合

お世話になります。株式とは少し違うのですが、内容は近いと思い相談させていただきます。

A社(資本金2000万円)があり、複数出資者がいます。
自己資本は現在約3億円あるとします。
A社への出資者のひとりBさんは600万円(全体の30%)を個人で出資しており、同時に全くの別会社C社の経営者でもあります。

C社が負債(仮に5億円として)を抱えて破たんした場合、A社への金銭的な影響はどれくらいありますでしょうか?

個人で出資していた場合とC社が法人として出資していた場合の違いがあれば、それも教えていただきたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

A社への金銭的な影響

これだけでは
BさんまたはC社から、債権処分で
A社の株入手した債権者に、
利益配当権移るだけです。

また、Bさん・C社と取引していたら、
売掛金全額回収できず、損するかも

Q株とFX

株とFXではどちらがハイリスクハイリターンですか?
どちらが儲けやすいですか?
どちらが分かりやすく簡単ですか?
あと株の世界ではBNFさんや三村さんなどの成功した有名な方がおられますが、FXの世界にもそのような成功した有名人はいますか?

Aベストアンサー

特徴がありますが、株は投資、為替は投機の要素が高いです。
また、株式にも証拠金取引(CFD)というのがあり、FXのようなことができます。

投資は資産として保有しますが、証拠金取引はあくまでも他人の資産を動かして、約定時の利ざやを得る権利を持つだけの行為です。
両方とも投機目的であれば、リスクは全く同じです。

また、値動きの特徴と値動きの理由に違いが出ます。
為替は貿易需要から来る要素と投機目的から来る需要があり、政治的なニュースから突発的に動く値動きがこれに加わります。
一般に為替の値動きの複雑さは、株式と先物の値動きの比ではありません。それだけに為替はチャート分析派の割合がとても高いのも特徴です。
また、為替は取引量が高く、株取引に比べて圧倒的に注文が通りやすいです。
株式は資産保有の意味合いで行う割合が多く、ファンダメンタル要素がやや強めに出ます。チャートグラフにはギャップが多々見られるように、急な値動きが目立ちます。注文が約定しにくく、出遅れるタイプの人はちょっと手こずるケースもありますが、チャート分析ができる人には比較的簡単に利を上げることができるでしょう。


このような違いは、トレードを行う者の正確にマッチするものとマッチしない者が出てきます。これは実際にトレードをしないと分かりません。
マーケットノイズに対してトレードを行い、損切りに引っ掛かってばかりの人は、値動きの複雑な為替の魔の手にかかってしまいます。
逆に、ギャップが出るような激しい値動きになって初めてトレードを行い、出遅れがちな者には、そのような場面での約定の難しい株はリスクが高いでしょうね。

あと、有名人のケースはレアケースなので忘れてください。
宝くじで成功した人の数が圧倒的に多いですよね?
億以上当てる人は年間1000人くらいですから。
それを排除して考えることから、有名人のケースは考えないほうがトレードセンスがあると言うことです。

特徴がありますが、株は投資、為替は投機の要素が高いです。
また、株式にも証拠金取引(CFD)というのがあり、FXのようなことができます。

投資は資産として保有しますが、証拠金取引はあくまでも他人の資産を動かして、約定時の利ざやを得る権利を持つだけの行為です。
両方とも投機目的であれば、リスクは全く同じです。

また、値動きの特徴と値動きの理由に違いが出ます。
為替は貿易需要から来る要素と投機目的から来る需要があり、政治的なニュースから突発的に動く値動きがこれに加わります。
一...続きを読む

QBS CSの出資会社

BS、CSデジタル放送の委託放送会社(BSフジ、WOWOW等)の出資会社、出資比率を調べています。
ホームページで公表している会社、していない会社がありなかなか進みません。
都合のいい話ではありますが、できれば無料でこのような情報を調べられるホームページ、手立てはないでしょうか?

Aベストアンサー

上場していない以上は、株主構成・業績などを公開する義務はありません。

なので、余計な詮索はする必要もないかと。
仮にNHKの業績を調べたいといっても、教えてくれますかね??

QFXが一番ハイリスク・ハイリターン?

私的にFXがいちばん、株や先物、その他投資に比べてハイリスク・ハイリターンだと思うのですがどうでしょうか?

その最大の理由はレバレッジとロスカットがあるからですが。

いかがでしょうか?

Aベストアンサー

 FX自体が常にハイリスク・ハイリターンではありません。証拠金を大量に預けておいて、レバレッジ1倍でやれば、現物と同じです。

 とは言え、やはりFXのレバレッジは他の金融商品よりもはるかに大きいでしょう。300倍も可能だし。漫画じゃないけど、1日で絶対に大金持ちになりたいならFXでしょう。極端な例ですが、100万円を1日のうちに200万円(失敗したらもちろんゼロ円)にしたいということなら、FXが一番手っ取り早いでしょう。

 おおざっぱに1ドル=100円と計算して、100万円で300倍だと、300万ドル(3億円!)の勝負ができます。33銭上がったら(すなわち1ドル=100.33円)100万円儲け、33銭下がったら(すなわち1ドル=99.67円)100万円損します。33銭なんて1時間以内に動く場合が多いでしょう。

 あくまでも自己責任です。また、損失は急激な円安の場合だと、ロスカットの範囲だけでは済まなくなることも少なくありません。

Q未上場である株式会社の株の出資比率の調べ方

ある未上場の株式会社に4社程度の法人株主がいます。

どこが筆頭株主であるかや、その会社が子会社なのかそうでないかを知るために、出資比率を調べたいのですが、
どうすればいいのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

NO.1です。
未上場会社を無料でということになれば、直接その会社に問い合わせるしか方法はないのではないでしょうか・・・。

紹介した有料サイトは、法務局の登記簿閲覧と同じ料金ですから、大騒ぎするような費用ではありません・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報