江戸時代の五人扶持、大工棟梁といえばどれぐらいの地位だったのでしょうか。
当時のランクなどを表にしたものがあれば教えてください。

A 回答 (7件)

江戸時代のランクで言えば何石が一番上で、次が何俵、何人扶持というのは一番下です。


ただ下級武士なら、何石何人扶持とか何俵何人扶持と石とりや俵とりにあわせて扶持をもらう場合もあります。
たんに扶持だけしかないのは正規の武士ではなく、足軽よりも下の中間クラスということになります。
五人扶持、大工棟梁というのであれば、幕府や大名家などから扶持をもらうお抱えの技術者ということになりますから大工の中では最高クラスということになります。(もちろん幕府の大工頭などを除いてですが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

江戸時代は肥後藩で五人扶持、大工棟梁だったのですが、戦国時代は荘園を預かる武士だったようです。武士から技術者になるということはあるのですか?それとも代々技術者だったのでしょうか。

お礼日時:2006/02/18 15:18

No.3です。



>茶道奉行とか作事奉行というのはどんな立場でどんな仕事をしたのでしょうか。

茶道奉行は、茶道の指南と茶会のセッティングが主な仕事です。安土桃山時代から江戸時代においては、茶会は上級武士の社交場でしたから、藩内外の貴賓をもてなすこともある重要な役職でした。

作事奉行は、藩の建設工事を統括する役職です。建設計画の立案のほか、配下の大工頭(だいくがしら)等を使って現場の管理も行っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大事な地位のひとつなんですね。

お礼日時:2006/02/23 12:37

ひょっとして「古市宗庵」のことを言っているのでしょうか。


彼であれば、本能寺の僧侶の円乗坊宗円の養子(娘婿)で、肥後古流流祖で、細川忠利の命で、水前寺成趣園の基礎となる「国分の御茶屋」の設計もやっていますから、大工でもあり茶人でもある、という点では一致します。

ただ細川家の茶道師範ですと250石程度はありますから、50石というのは一致しません。

参考URLの萱野正的なども見てください。

参考URL:http://hishiki77.ld.infoseek.co.jp/2-2shushi/2-2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。けっこう重要な地位でもあったんですね。

お礼日時:2006/02/23 12:36

>細川氏の側室から公家から婿養子をもらって立て直そうとしたようですが



お公家さんに婿養子に入ったのではなく、お公家さんの婿養子をもらったのですね。それで芸道や作法指南として藩公に仕えたというのなら話はわかります。

しかし、それだと俸給が扶持米だけという点と、大工の棟梁だったという点がよく分からなくなります。他の方も書かれていますが、五人扶持だけではとても一家を養っていけません。他に知行を貰っていたのではないでしょうか?

また大工の棟梁は多くの職人を統率しなければなりませんし、土木や建築に関する高度の専門知識が必要となります。お公家さんの婿養子に勤まるものではありませんし、そもそも町民ですから公家から婿養子は貰わないでしょう。

お話の内容からすると大工の棟梁ではなく、土木工事を担当する作事奉行だったのではないでしょうか?代々細川家に仕える武士で、ある代では茶道奉行として、ある代では作事奉行として仕えた、ということであれば理解できるのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。茶道奉行とか作事奉行というのはどんな立場でどんな仕事をしたのでしょうか。

お礼日時:2006/02/20 06:38

>家が断絶しそうになったので、藩主の側室のはからいで公家の婿養子になっていったん姓が変わるんですが



貴族も男系社会なので、いくら裕福でも町民が貴族に婿入りすることはまず有り得ません。お話の内容からすると、gcatさんの御先祖は町民ではなく郷士だったようですね。

郷士とは、かって武士だった者が改易などによって主家を失い、新しい国主に仕えず土着した身分を指します。肥後は戦国から江戸初期にかけて領主がめまぐるしく交代しましたから、多くの武士が郷士になったものと思われます。

郷士は正式な藩士(上士)ではありませんので、苗字帯刀は許されていますが、身分としては武士と農民の中間に位置します。しかし前領主の下でかなり高い地位にいた人でも郷士になる場合がありましたから、地方にあける有力者である場合も多かったのです(もちろん、極めて貧しい郷士がほとんどでしたが)。

上級武士が郷士となった場合には、家柄もしっかりしていますし経済力もありましたから、貴族の婿養子に入ることも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。最初から肥後にいたわけではないようです。細川氏の側室から公家から婿養子をもらって立て直そうとしたようですが、しばらく婿養子の姓になっているのです。その婿養子は藩主から命じられ茶道奉行になったり、藩主の参勤交代に同伴していますが家人に放蕩人が出たため嘆いて最後は僧侶になっています。
元の姓には婿養子をもらってしばらくして復活します。江戸末期まで細川家で働いていたようですが同じ姓の武士が太平記から細川氏と一緒に戦ったという記録もあるので、これが先祖だとするとずっとくっついて肥後までやってきたのでしょうか?もともとは長講堂領の荘園を持っていたようですが、承久の乱で後鳥羽上皇について京都防衛で幕府側と戦って負けた記録も承久記にあるので所領没収で逃げ延びたみたいなのですが・・・・・・

お礼日時:2006/02/19 12:12

>江戸時代の五人扶持、大工棟梁といえばどれぐらいの地位だったのでしょうか。



五人扶持というのは、武士の給料の一部の扶持米の量を表します。扶持米には男扶持と女扶持があって、男扶持で一人当たり年一石八斗、女扶持で一人当たり年一石八升です。男扶持で計算すると、五人扶持=九石となります。お金に直すと約8両になります。

大工の棟梁ということですので、町民ではありますが藩の役所詰めとして召し出され、役料(役職手当)を貰っていたのでしょう。

一口に大工の棟梁といってもピンからキリまでありますが、寺社や城などの建築を手がける宮大工の棟梁ともなれば、収入は大名に匹敵します。藩に召抱えられるほどなら、かなり大きな組を従えていたはずですから、五人扶持の役料などお小遣いにもなりませんね。もっとも藩に召抱えられた棟梁の中には名字・帯刀を許される者もいましたから、大変な名誉であったことは確かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

家が断絶しそうになったので、藩主の側室のはからいで公家の婿養子になっていったん姓が変わるんですが、そのあと再び同じ姓に戻すのですが、どういうことでしょうか。町民でもそういうことはよくあったのでしょうか。

お礼日時:2006/02/19 10:00

>江戸時代は肥後藩で五人扶持、大工棟梁だったのですが、戦国時代は荘園を預かる武士だったようです。

武士から技術者になるということはあるのですか?それとも代々技術者だったのでしょうか。


戦国時代までは武士や農民、あるいは技術者とがはっきり区別されていたわけではありませんので、戦国以前は武士だったが、江戸時代には違う身分になっていたと言うことは珍しくありません。
ただ、大工棟梁であればやはり技術なしではなれないでしょうから代々技術は継承されていたものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。武士とか農民とかはっきり身分差別をしていなかったのですね。

お礼日時:2006/02/19 09:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q城を建てた大工の棟梁の子孫

宮大工は脈々と現在に続いていますが、城大工(こんな言葉はないと思いますが)は秘密を知っているので生かしておけないということで、自殺に追い込んだり、あるいは殺害されたりしたと聞いたことがあります。
この話の真偽はともかく、城大工の子孫の方は現在もいらっしゃるのでしょうか。
Netで公表されている方だけでよいですから、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一番有名なのは↓でしょうか。
http://tairyudo.com/tukan05/tukan5734.htm

いちいち殺してたら、次に城が必要になったとき、大いに困るんじゃないですか?
支配領域の境界なんて、しょっちゅう変わるんだし。

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。

Q江戸時代でどっちの地位が上ですか?

譜代大名のなかでも大老になれる井伊、酒井、堀田、土井の家柄と
松平、水野などの親藩と呼ばれる徳川家の親戚だとどちらが地位は上だったのでしょうか?
理由も教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

家柄は松平、水野などの親藩 
地位は井伊、酒井、堀田、土井の大老四家が上です。


家格は色々あるんで
こっちで

江戸時代の武家(大名・旗本)の家格について
http://homepage3.nifty.com/ksatake/kakaku01.html

Q「五人扶持判金弐枚」とはどれほどの待遇でしょうか?

「五人扶持判金弐枚」とはどれほどの待遇だったのでしょうか?
寛政年間の「無足以下分限帳」にでてきます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

五人扶持なら一日五合の扶持をもらうことです。
金弐枚は年に金二両です。
武士や武家奉公人は知行取り、蔵米取り、扶持取り、給金取りの順に身分が低くなります。

Q江戸時代の「江戸」以外

最近では江戸時代について書かれた本が多数出ていますが、
大多数が「文化が熟した頃の江戸」の話で、他所の話はあまり書かれていません。
そして内容も「江戸礼賛」のようなかんじのものがほとんどです。
もちろんそれはそれで構わないのですが。
例えばイザベラバードの旅行記には、明治に入ってもなお東京を離れたら、
不潔、不衛生のオンパレードのような様子が醒めた視点で書かれています。
江戸時代の地方に関して、できれば江戸と対比するようなかんじで、
詳しく解説された本がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

江戸時代の人自身が表した書物で、現在でも入手しやすく有名なものとしては、雪国新潟の暮らしを描いた鈴木牧之の『北越雪譜』、東北・北海道(蝦夷地)に住む人々の暮らしを描いた菅江真澄の『菅江真澄遊覧記』があります。それぞれ岩波文庫と東洋文庫に収録されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報