12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

皆さんに是非お知恵をお借りしたいです。
義兄が事業に失敗し、銀行から借りていた事業資金の約束額が返済できずに信用保証協会に代位返済されました。現在の元本は約600万程度で、損害金が200万程度発生しているようです。
というのも、妹(義兄の妻)が何とか自分たちで返済をしようと頑張っていたのですが、義兄が体調を崩し返済も難しくなるかもということで相談があった訳です。*妹は専業主婦で小さい子供も2人います。
協会への返済の約束は元本分として月5万ずつ返しているのですが、問題なのは父を保証人としているということです。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、

(1)義兄が体調を崩したため無職状態になったとしても、例え5万でも元本を返し続けていれば、義兄夫婦に差し押さえとかの措置が及ぶことはないのか。

(2)その際、損害金は膨らんでいくことになると考えられますが、結局元本が返し終わったとしても、損害金残高が新たな元本となって、返済をし続けていくことになるのではないのか。

(3)保証人である「父」が将来亡くなった場合、保証人は別の人間を立てることになるのか、それとも「私」「妹」また「その子供」などに引き継がれる(つまり保証人としての地位が相続される)のか。

の3点についてご教授いただくたく思います。
少しでも妹の力になってあげたいとは思いますが、問題が大きいため何卒お知恵をお借りしたいと存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

銀行からの借入を保証協会が代弁(借入人に代わって銀行へ元利金を返済)した後は、保証協会と債務者(義兄?法律上は義弟ですが質問者より年齢が上なのでしょうか)及び保証人(今回の父親)との間で今後の返済について条件交渉をしますので、父親の所へも何らかの連絡がされている筈です。

この点をまず確認して下さい。妹夫婦に資産がなくても父親の資産に対する追及(差押・返済請求)は可能な状況です。

損害金の理解については大体正しいのですが、60万円の返済タイミング(1年の最初で返済していれば理解の通りになります)で若干違ってきます。又、保証協会というのは半分お役所的な組織ですので、請求する段階では損害金の金利を14.6%(一日当り0.04%×365日)で計算していますが、返済が見込めるならこの当りを調整して当初約定金利に引き下げることも有り得ます。何れにせよ、現状の年60万円の返済では元本完済まで10年が必要な状態ですので、交渉の余地がありません。

まず交渉可能なスタートラインとして、代弁後2年半(600万円×14.6%×2.5年=219万円)と仮定して、一括で50万円(600万円×当初借入金利3%×2.5年=45万円)を保証人の父親が一括返済するので200万円の損害金の請求を無くしてくれ、位の線で交渉するところかも知れません。

交渉の中では、保証協会側より保証人の父親からの一括負担や毎月返済額の上積みといった条件提示があるかも知れませんが、元金600万円を早く返す算段がつく程損害金や約定金利の交渉材料にはなりそうですが、これはケースバイケースです。又、交渉の結果父親が資金提供をする際には代替条件を文書化するよう要請して下さい。事前知識としては、保証協会側は公的な保険制度の中で元本の一部回収ができる点と民間の営利目的の機関ではないことから損害金を含めた金利には拘らない傾向がある点も一応お含み置き下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
保証協会への損害金が減額またはゼロになることもあり得るということは少し期待感が持てます。
ただ、それには一定程度、まとまった返済額が必要との解釈で宜しかったでしょうか。
いずれにしても、元本を返し続けても数年後には損害金が相当額となることが心配の一つでしたので。
自己破産の道は回避できそうで安心しました。

お礼日時:2006/02/23 07:49

(1)保証協会は本来、担保が用意できない(人)企業に、保証という形で信用供与する制度のはずですが、保証協会自身が担保を取るとか、金融機関の担保を利用することも多いようです。

担保はどうなっているのでしょうか。もし担保があるなら、月5万円では猶予してもらえないでしょうから、競売申立されるはずです。状況からして、多分担保はないのではないかと推測されます(損害金が200万円もあるなら、とっくに競売されている。)。そうすると、動産で高価なもの(自動車とか、骨董品とか)があれば、差し押さえもありえますが、そうでなければ、入金しているかぎり、特別なことはしてこないと思います。
(2)月5万円の入金を元金に優先的に充当する合意をしていなければ、元金すら減っていないかもしれません。元金から充当しているとすれば、損害金に利息をつける(重利)ということは、普通はないと思います。
(3)保証人が亡くなれば、保証債務が相続人に承継されることになります(相続放棄、限定承認は可能です。)。
なお、この状況からすると、義兄様・父上様ともに破産申立するほうがよいと思いますが・・・

この回答への補足

さっそくのご回答ありがとうございます。
まず、
(1)の「担保」の有無ですが、妹に確認したところ「ない」とのことです。ちなみに事業を辞めてからいったんは就職しましたが、今は(約1年前から)フリーター状態です。
(2)ということは、仮に600万円の元本として月5万=年60万返済の場合、600万に対する損害金200万円に年14.6%の利息がつく訳ではなく、540万(600-60)に対する損害金が200万に上乗せされる=約79万、つまり200万+79万=279万が翌年の損害金として残るという解釈でよろしいでしょうか。
(3)これは、やはりそうなのですね。何とか自己破産は回避したいので家族で力を合わせて頑張る方法を模索したいと思っています。

損害金が減額されるもしくは債務免除されることがあるということを知人から聞いたことがあるのですが、そんなことは実際あるのですか?もしご存知でしたらお教えいただければ幸いです。
お手を煩らせて恐縮ですが宜しくお願いします。

補足日時:2006/02/20 16:32
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保証協会の損害金について

私の両親は7年前まで会社を経営しておりましたが、
不景気の波に飲まれ、倒産しました。

父と母個人は自己破産をしましたので、個人での負債は言い方は悪いですが、チャラになりました。
しかし、姉と祖母が会社名義の保証人になっていて、現在は保証協会への返済を続けています。
(実際支払いをしているのは、父と母ですが)

私は倒産した時は、親元を離れていたので詳しい事はわからないのですが、
先日保証協会の支払いについての話を聞き、毎年保証協会から送られているという明細書を見せてもらいました。
その内容は、代位弁済金額が236万円、平成13年11月の時点の元本残高が220万、損害金残高が55万円、
そして、平成15年8月の元本残高が200万、損害金残高が108万円でした。
1年9ヶ月で元金は20万減り、損害金が50万も増えており、
結局合算した金額は、30万も増えていました。

ちなみに現在まで信用金庫への負債返済などもあり、現在保証協会へは
毎月1万円しか返済をしていないということでした。

上記を踏まえていくつか質問があります。

  1.元金、損害金はどういう計算で増えたり減ったりしているのか?
  2.『何年で返す』といった約束をすれば利息を免除もしくは
    引きなおしをしてくれるのか?
  3.5年もしくは8年くらいで返済するとして毎月いくら払えば
    いいのか?

その他、保証協会への交渉方法など教えていただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

私の両親は7年前まで会社を経営しておりましたが、
不景気の波に飲まれ、倒産しました。

父と母個人は自己破産をしましたので、個人での負債は言い方は悪いですが、チャラになりました。
しかし、姉と祖母が会社名義の保証人になっていて、現在は保証協会への返済を続けています。
(実際支払いをしているのは、父と母ですが)

私は倒産した時は、親元を離れていたので詳しい事はわからないのですが、
先日保証協会の支払いについての話を聞き、毎年保証協会から送られているという明細書を見せてもら...続きを読む

Aベストアンサー

1.遅延損害金の金利は恐らく14.6%(=1日0.04%×365日)ですので、元本の平均金額210万円(元本返済が同じペースで進んだと仮定)×14.6%(年利)×21ケ月÷12ケ月(1年引き直し)=53.6万円、となりますので55万円から108万円への53万円の増加にほぼ見合いそうです。

2.通常事故債権の回収は元本の返済を優先して進めていき、元本完済後に蓄積した利息債権・損害金の処理を決めます。金利引き直しについては個別交渉に委ねる他ありませんが、5年程度以上かかるのなら「今の時点では決められない」が保証協会側の回答になりそうです。

3.元本返済が毎月1万円に対して、1ケ月で発生する損害金額が2.4万円(=200万円×14.6%÷12月)なので、計算上負債は減りません。

4.元本を一括返済できるか分割完済後に、金利を市場金利並の1~3%に引き直すという交渉は事例がありそうです。破産後に信金に対して返済しているのが誰かどういう立場でか不明ですが、全体の負債額との兼ね合いで祖母・姉の自己破産を検討した方が良いのかもしれません。

Q信用保証協会の代位弁済への返済負担を軽くできませんか?

何卒お助けください。たいへん困っています。

私は、信用保証協会の保証を受け、銀行からお金を借りていました。

しかし、銀行への返済が困難となり、6年ほど前に信用保証協会から銀行に2500万円を代位弁済してもらいました。

その後、信用保証協会へ月々4万円だけ返済していますが、利息が年利14%に上り、元利残高が膨らみ続けている状況です。
(現在では、元利残高が5500万円まで膨らんでしまいました)

そこで、ご質問申し上げたいのですが、利率を下げたり、一部債務を減免したりすることはできないでしょうか。

何卒ご教示お願い申し上げます。

Aベストアンサー

仕事で某保証協会と公的融資に関連して代位弁済となった方との間に入ることの多い者です。
保証協会と言いましてもいくつもありますので必ずしも同じ対応ではないでしょうが。
No.1の方が書いているように真面目に支払いをされている方については元本返済時に遅延損害金については減免してくれることがあります。

ただ、ご質問者さんは失礼ながら真面目に返済をされておられますでしょうか?
元金2500万、利率14%で6年で元利残高5500万というと、ほとんど返済されていない計算になると思いますが・・・。

まあ、それはおくとしても月4万の返済では元金の返済だけでも50年以上かかる計算になります。
このままでは多少債務の減免を受けても状況は変わらないと思われますので協会に相談を持ちかけても話しにもならないような感じですね。

元本分だけでも(もしくはせめて元本の半額だけでも)完済出来る現実的な返済計画がたてられるのであれば色々交渉の余地はあるかと思いますが、不可能でしたら自己破産された方がよろしいかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報