自分は最近、思うんですよ。


 車なんか、所詮、見栄だよなって・・・。

 どれだけ綺麗ごと並べたとしても・・・。

 結局、どうなんでしょうか・・・?

 でも、営業車と田舎の人が乗る車と公共で
使用される車は除きますよ。

 だから、日本で一番売れている車(カロー○)なんかを
買う人ってどうなんすかね・・・?維持費とかを考えても
タクシーやバスや電車使ったほうがいいんではと
おもうんですよ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中11~17件)

こんばんは!



車って、決して安い買い物じゃないですからね~。
ステイタスや実用性等、人それぞれ選ぶ基準・条件があって
選んだ車に満足して乗っているならそれでいいんじゃないでしょうか。
カローラが一番売れているのは、その基準・条件が合う人が多いからだと思いますよ。
「一番売れているから」って理由で選ぶ人もいるかも知れませんが。

私にとって車は『道具』と云う感じです。
徒歩や電車で運びきれない荷物がある時位しか乗らないので、
家の車は税金が安く小回りの利く軽自動車です。

車にステイタス…「●●ちゃん家は、パパが社長だから外車なんだ~!」みたいなのは
昔感じたことがありますが…(^^;)
    • good
    • 0

私はスポーツカーを持っています。


どうしても必要な車という境界線がどこまでか分かりませんが、
車を持っている大部分の人の理由は「便利さ」ではないかと思います
行きたい時にいきたい所へすぐに行く(特に夜中などとても便利)ことが出来ますし。
そこに+αとして、見栄・好きな形・機能性などが入ってくると思います

私は車を選ぶのに絶対に入れる条件は「外見」です。
買った当時は駐車場の車に会いに行くのが楽しみで、いつもピカピカにしていました。
私はこれからも↑のように思える車しか買わないつもりです。
自分のお気に入り(良い)と思っているものを人に話したくなるのは当然と思います。
これは見栄なのでしょうか???よく分かりませんが・・・

全く好きでも、憧れでもなく、必要でない車を、自慢できるからという理由だけで
買う(買うことができる?)人なんてほんの一握りだと思います。
これこそが見栄ではないかと思います
    • good
    • 0

文面に含まれたあからさまな挑発を無視してー、



私にとって車は見栄だがみなさんにとってはどうですか。
購入動機が見栄以外の場合、公共交通機関を利用した方が経済的なのではないでしょうか。

という質問だとして回答しますー。
全く同感ですー。
    • good
    • 0

ぼくが幼いころ、トゥナイトで、あるカメラマンが特集されてた。

そのカメラマン、家はアパートなんだけど、車はベンツの高いやつ乗ってた。カメラマンいはく、「人は人を見ないで車とかで人を判断するんだ。だから車いいの乗る」だって。幼ごころにブルーになったよ。

アメリカ行ったとき、アメリカ人が自慢してた。「車、3台もってるんだ」とか。やっぱりどこの国もステイタスをあらわすものは変わらないようだ。

ところでぼくは車にはまったく興味なし。でも、生まれて初めて高いランクのベンツに乗せてもらったとき、舞い上がった自分が恥ずかしいよ。車なんかいらね~。俺は原付で十分だ~。
    • good
    • 0

カローラを買う人は、お金はそんなに無いけど、


とりあえず5人乗れて、そこそこ装備もあるってのを
望んでおられるのでしょう。
そこには見得は無いでしょうね。ある人はマーク2かな。

タクシーやバス、電車は待たなくちゃいけませんしね。
家に車があった方が断然便利じゃないですか。

見得である人もいるし、ドリフトしたいからって人も
いるし、家族が多いからって人もいるでしょうね。

この回答への補足

確かに、2000CCクラスの車で
3ナンバーの車に乗ってる人は
見栄が見え見えですわ(泣)。

補足日時:2002/01/13 04:36
    • good
    • 0

いろんな人の、いろんな考え方や、乗り方使い方があるから、


色んな車があるんですよ。

まぁ~私の場合は、間違いなくステイタスシンボルですけどね。

この回答への補足

そうですね。
僕もステイタスシンボルなんじゃないかなと
おもいますわ。

補足日時:2002/01/13 04:17
    • good
    • 0

見栄で買う人と、実質で買う人と、いろいろいますよ。

個人の勝手です、「自分の稼ぎで買う」んであればね。

ところで、田舎の人が乗る車ってなんですか?軽トラックですか?
まさか農家と田舎をゴッチャにされているのでは。

この回答への補足

 ちがいますよ?
まあ、けいとらのひともいるでしょうが。

 田舎の人は一人一台ぐらいの割合で
車もってるでしょ?

補足日時:2002/01/13 04:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車検なんかいらん

いまさらですが車検制度はいらないと思います。
といっても年中乗り回し酷使される業務用の車は除きます。
普通の家庭の車はそのほとんどの時間は駐車状態で機械的疲労がすくなくなく新品状態です。
また車検は車検を受けた瞬間だけ正常であればいいというユーザーに何の徳もありません。
乗ってれば車検受けなくても故障かどうかわかります。
また車検受けた次の日に故障しても車検にどんだけ金かかってても何の保証もない。
こりゃもう車業界を潤すためだけにある悪法ではありませんか。
せめて爆音車(不正改造車)を駆逐できるならまだ納得できるが
そいつらは車検はノーマルで受けてその後また爆音に戻すクソヤローだ。
トヨタが潰れたら車検無くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

昔の過剰サ-ビスもあった車検から現在のシンプルな車検に変わりましたよね。
今の状態の車検は必要だと思います。
だんだん車離れ、メカのコンピュ-タ化等で趣味としてメカを触れなくなってきています。
自主点検すら出来ない、解らない、只乗るだけ。
こういう人が増えてきている中、最低限度のものとして必要でしょう。
民間車検の工場でもいわゆるユ-ザ車検に近い値段で(税除く整備、手続きを2万円くらい?でやっています。)
時間のある人は自分ですれば良いのです。
「こりゃもう車業界を潤すためだけにある悪法ではありませんか。」
とのこと、
これは当たっていないと思います。
整備工場は昔は過剰サ-ビス(多かれ少なかれ)の車検で生計をたてていました。しかし今は悲惨なものです。
おっしゃる通り壊れない(余り乗らない)し、もう触れませんよね。
昔は自分でほとんど触っていました。部品共販、部品店(閉めているところも多いです)をよく利用したものです。
「オ-トメカニック」の良き時代は終わった感じですね。
工場で底を見てもらい安心しています。
10年経過、11万キロ走行の軽に乗っています。

昔の過剰サ-ビスもあった車検から現在のシンプルな車検に変わりましたよね。
今の状態の車検は必要だと思います。
だんだん車離れ、メカのコンピュ-タ化等で趣味としてメカを触れなくなってきています。
自主点検すら出来ない、解らない、只乗るだけ。
こういう人が増えてきている中、最低限度のものとして必要でしょう。
民間車検の工場でもいわゆるユ-ザ車検に近い値段で(税除く整備、手続きを2万円くらい?でやっています。)
時間のある人は自分ですれば良いのです。
「こりゃもう車業界を潤すた...続きを読む

Qガソリンの銘柄は決めてますか?特徴なんかあるんですか?

何も考えずに家の近くのエッソでいれてます。

ハイオクなんて各社特徴があるんでしょうか?

各社のハイオクの特徴があれば教えてください。

私はガソリンの銘柄は○○しか入れない。
理由はこうだと言うのがあったら教えてください。

Aベストアンサー

これ

参考URL:http://www.nandemo-best10.com/ltvsumm.cgi?ranking=f_car-gasoline-hioc

Qエンジンの冷却にペルチェ素子なんかは使えないんですかね?

ふと!思いついただけなんですけど、
車のインタークーラーとか、ラジエーターの変わりに、
冷却水(空気)のパイプのまわりに、ヒートシンクつきのペルチェ素子を超多層でべたべたとつけとけば結構冷えるのでは?
とほんまにふと!思ったんですが・・・。
今のままの方が効率がいいんでしょうかね?

Aベストアンサー

ペルチェ素子は素子自体が抵抗体として熱を発生しますので、放熱しなければならない熱量が通常ラジエーターなどを使用する場合よりもはるかに大きくなってしまいます。これは、もともとの熱量プラス素子の発生した熱量を放熱する必要が出ることを意味し、使用しない場合より大きな放熱器が必要になることを意味します。また、エンジンなどの場合はその適温が外気温度よりも十分に高いので特にヒートポンプによる熱の移動を起こさなくても十分な放熱ができるので、わざわざペルチェ素子を用いる利点があるとは思えませんし、熱源の温度が高いためペルチェ素子自体の耐熱温度にも問題があるでしょう。場合によっては熱源の温度で破壊されてしまう可能性もあるでしょうし、そこで吸熱動作をすれば放熱側はさらに高温になることになるので確実に破損してしまうでしょう。

エンジンの適正動作温度がもっと低い温度であるならば、メリットがあるかもしれませんが・・・

余談ですが、以前インタークーラーを機械式の冷凍機(要するにエアコンですね)で冷却しかなり高い過給圧にしてもノッキングが起きないようにしたシステムがありました。インタークーラー部分を氷点下に冷却して吸気温度を劇的に下げる効果があり、冷凍機運転に必要なパワーを差し引いても出力の向上が望めるものでした、これなどもペルチェ素子では効率の面と温度の面の両面で問題があるでしょうね。ペルチェ素子の効率が十分に高ければエアコンなどの用途に利用できるのです(オゾン層破壊で問題になっているフロンガスは使いませんし、機械的な動作部分がないのでメンテナンスも容易でしょう)が、残念ながら現時点では効率が低すぎるようです。

ペルチェ素子は素子自体が抵抗体として熱を発生しますので、放熱しなければならない熱量が通常ラジエーターなどを使用する場合よりもはるかに大きくなってしまいます。これは、もともとの熱量プラス素子の発生した熱量を放熱する必要が出ることを意味し、使用しない場合より大きな放熱器が必要になることを意味します。また、エンジンなどの場合はその適温が外気温度よりも十分に高いので特にヒートポンプによる熱の移動を起こさなくても十分な放熱ができるので、わざわざペルチェ素子を用いる利点があるとは思え...続きを読む

Qなぜ国産車より輸入車の方がグッズが豊富なんですか?

私の父母は国産小型車に乗っているのでグッズをプレゼントしようと
色々検索してみたのですが、あまりグッズが豊富ではありません。

しかし以前私が乗っていた輸入車では値段は高くて買えるアイテムは
限られますが実に豊富なアイテムが揃っていました。

普通に考えて逆だと思うのですが、これは何故なんでしょう?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

ブランド力ですね。
そのメーカの歴史や価値が評価されているかどうかです。

日本のメーカは小型軽量低燃費の車を作るのは得意です。
しかし原点は真似です。
今の中国と同じように、アメ車などを真似てデザインしていました。
トヨタだとセリカLBとか、広島ベンツ(マツダのルーチェだったかな)ってのもありました。

そこでトヨタはブランドを認めて貰うのではなく、ブランドを作ってしまおうとレクサスを作りました。
店員にもハイクラスの教育をするのですが、本当のセレブから見たらお笑い芸人以下みたいな感じでしたね。
安物に金メッキそのものという感じで、だってレクサス点のエンブレムも金色ですよ、悪趣味な。
金色を使えば高そうに見えると思っている時点で安物なんです。

ブランドとはそうやって作るものではなく、歴史と実績によって作られるものなのです。

Q今のちびっこが免許をとる頃にはMT車って絶滅してますかね?僕には6歳の弟がいるんですが、弟も車好き

今のちびっこが免許をとる頃にはMT車って絶滅してますかね?
僕には6歳の弟がいるんですが、弟も車好きです。よく大人になったらMT車に乗りたいと言っています。

Aベストアンサー

絶滅する事はないと思いますが、選択枝は少なくなる一方でしょうね。
中古市場には残りますから買えない事もないでしょうが、
新車で希望車種をというのはどんどん難しくなると思います。

いわゆるスポーツ系の需要がどんどん減っている一方で
しょぼいエレクトロニクスで武装したハイブリッド車やPHEVとか
そういう方面の車両は増えている現状、
電子制御の邪魔になるマニュアルトランスミッションは
組み込む事が非常に難しい。
多少の需要があってもメーカーの開発コストなどの関係で作られないでしょうね。

ただ、ランダボ、86、カマボコシビックなどで若い頃に遊んでいた
今の「お父さん世代」がまもなく子育て終了になり、
自分のための時間とオカネを持つことになる。
鈍重なミニバンを利用する機会も減るので昔を惜しんで
「若い頃に乗っていたくるま」を求めるかもしれない。

実際にそういうセグメントを狙っているような車種も出てきていますよね。
そういうのがどんどん売れたらMT車復活になるかもしれません。
ただ、世界的にみるとAT化の流れは強力に進行しているので
これから少子化の進む日本市場にどれだけメーカーが注力するか、ですね。

絶滅する事はないと思いますが、選択枝は少なくなる一方でしょうね。
中古市場には残りますから買えない事もないでしょうが、
新車で希望車種をというのはどんどん難しくなると思います。

いわゆるスポーツ系の需要がどんどん減っている一方で
しょぼいエレクトロニクスで武装したハイブリッド車やPHEVとか
そういう方面の車両は増えている現状、
電子制御の邪魔になるマニュアルトランスミッションは
組み込む事が非常に難しい。
多少の需要があってもメーカーの開発コストなどの関係で作られないでしょうね。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報