gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

今度、仕事で東京へ行く事に成ったのですが、家電製品は周波数が違う場合は壊れやすく成ったりしないでしょうか?
ご存知あればご回答のほど宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

    • good
    • 2

蛍光灯は、周波数切り替えが必要です。


 (但しインバータ方式は問題有りません)
後はモーターを使っているものは注意が必要です。
個別に、調べなければなりません。
    • good
    • 1

器具によっては、60/50といった小さな切り替えスイッチがついてたりします。

    • good
    • 0

家電によっては直流にしてから電気を使うものがあります、この場合は問題ありません。


問題は、周波数によって稼動するモーターの場合です。関西は60で関東は50ですので、そのまま使うと、効率が悪くなるだけです。
壊れることはありません。
    • good
    • 0

50/60Hzとなっていれば両方OK


50Hzなら関東OK
60Hzなら関西OK

本体の後ろに書いてませんか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西から関東へ。電化製品はそのまま使えるんですよね?

もうだいぶ昔に聞いたのですが、関東と関西では電力が違う?ので、関西地方で買って、使っていた電化製品は関東ではあまり使わない方がいいと・・・。
その話はもう大昔の話なのでしょうか?

Aベストアンサー

関東と関西では電力が違う?>
周波数が違います。関西は60Hz 関東は50Hzです。
イマドキの製品では全く問題ないと思います。
一昔前の製品であれば周波数の切り替えスイッチがどこかにあると思うので切り替えてください。

Q東日本と西日本で同じ家電商品使えますか?

聞きたいことはタイトル通りなのですが、将来引越しする予定があるので教えてください。

以前、大阪に住んでた方が引越ししたら、ワット数とかが東日本と西日本じゃ違うので家電商品を買い替えたことがあると言ってました。

これは本当なんでしょうか?
ちなみに私は2003年に結婚を機に東日本で家電を買い揃えたばかりで、もし本当ならすごいショックです。
転勤で東日本から西日本へ引越しする予定があるので、心配で・・・

もし本当なら対処法とかあれば教えてください。
また、そういう経験された方がいらっしゃいましたどうされたのか聞きたいです。

Aベストアンサー

ガス器具(ガス炊飯器やガスレンジ)に都市ガス用とプロパンガス用があるように、電気製品に交流モーターが使われている場合、西日本が100V 60Hzに対して、東日本が100V 50Hzの交流電源になりますので、回転数が異なります。
AC100V電源でも家電製品の中で直流に変換して内部で直流電源で動作している機器は問題ありませんね。
家電製品でも機器の後ろに50Hz/60Hz切り替えスイッチが付いているものがあります。そういったものは切り替えてやれば問題ないですね。
問題は、家電製品の取扱い説明書や家電製品の後部のプレートや貼り付けシールに60Hz用と書いてある(刻まれている)機器は、問題ありますね。そのまま、50Hz圏から60Hz圏に移動して使うと支障が出ます。
例えば、ミキサーの回転数や掃除機の回転数が変わって、出力(パワー)や消費電力が変わったりする事がありえますね。

家電製品の取扱い説明書や後部の定格を書いたプレートやシールが60Hz用と書いてないか、総チェックして、早目に交換するなど対策してください。

Q電気の周波数が異なるとどのような問題が起こるのでしょうか?

家庭用の電気は100[VAC] 50[Hz]もしくは60[Hz]です。家庭用電源に対応している電子機器を異なる周波数で使用した場合(例:100[VAC] 100[Hz])、どのような問題が起こるのでしょうか?機器自体が動かなくなるのでしょうか?ご教示願います。

また、電子機器ではなく、モータを動かした場合は回転数等に問題が出てくるのでしょうか?

私の頭の中では、機器を動かすのに必要なことは
電流×電圧=電力
の関係だけであるとしか思っておりません。電力さえ満足できれば、機器を作動させることは可能であると思うのですが…
周波数も関係してくるのでしょうか?

Aベストアンサー

現在の電子機器は周波数の変化 (50Hz/60Hz) には関係ないと思いますが、100Hz を供給した場合はどうでしょうか。動くことは動くと思いますが、普通は設計範囲外でメーカーは動作を保証しないと思いますし、万一壊れても無償修理にはならないでしょう。

モーターについては、同期モーターを使用している機器では、50Hz の場合は 3,000rpm、60Hz の場合は 3,600rpm ですから、60Hz の方が 1.2倍早く回ります。洗濯機などでは、共振現象による危険な回転数がありますから、違う周波数で回転させると壊れる恐れがあります。

ただし、これはモーターがキチンと回った場合です。同期モーターでは、電源周波数に正しく同期して回るためには進相コンデンサーが必要です。進相コンデンサーの容量は電源周波数で決まりますが、50Hz に対応する進相コンデンサーが付いている場合、60Hz ではそもそも回転しないことさえあります。50Hz と 60Hz なら許容範囲で動くかも知れませんが、100Hz の電源に接続した場合、はたして回ってくれるかどうか疑問です。

以上は電源周波数の話ですが、電圧も重要です。確かに「電流×電圧=電力」ですが、電圧が半分に下がったら電流を2倍流せば同じ電力だろう、というわけには行きません。電圧が違う場合、まともに動かないことはあるし、装置が壊れる可能性だってあります。

現在の電子機器は周波数の変化 (50Hz/60Hz) には関係ないと思いますが、100Hz を供給した場合はどうでしょうか。動くことは動くと思いますが、普通は設計範囲外でメーカーは動作を保証しないと思いますし、万一壊れても無償修理にはならないでしょう。

モーターについては、同期モーターを使用している機器では、50Hz の場合は 3,000rpm、60Hz の場合は 3,600rpm ですから、60Hz の方が 1.2倍早く回ります。洗濯機などでは、共振現象による危険な回転数がありますから、違う周波数で回転させると壊れる恐れがあ...続きを読む


人気Q&Aランキング