最新閲覧日:

このサイトは、いろんな知識が得られるので大変勉強になりますが、もっといろんなことを知りたいので、みなさんがご存じの『いち押しの一口知識』を教えてください。一口知識のジャンルは問いません。ばかばかしいものも大歓迎です。回答に注文をつけて申し訳ありませんが、こんな(一口知識の)サイトがありますという紹介はご無用です。ちなみに私が気に入っている一口知識は、『リカちゃんの父は香山ピエール、世界的指揮者。母は香山織江、売れっ子デザイナー。多忙なはずなのに、子沢山である。』

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (25件中11~20件)

今知ったばかりの話しと言うことで、、、


息子の『むす』
= (国歌にもある)苔のむすの『むす』
= 『産(む)す』
(娘も『産す女』で『むすめ』)

KITTYに口が無いのは、持ち主がその時々の自分の感情を投影させやすいためだそうです。
(例えば、悲しい時に、笑い顔だとKITTYに対する気持ちが萎えるからだそうです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

息子の「むす」について考えたこともなかったので、驚きです。そういう語源だったのですね。倅(せがれ)の語源は「痩せ枯れ」というのは聞いたことがあるのですが、息子とは全然違う語源ですね。回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 21:53

エンジ虫の名前ありがとう。


で、ついでにお下劣ネタを一発!

「雪国、春の風物詩”白い物体”」分かる人には分かるネタです。
 冬に野良犬などがした糞が雪に埋まり春になると色が抜け、白くなって路肩に落ちています。下校途中の小学生がチョークか何かと勘違いし、拾って道路に絵を書いていました。無論、すぐに砕けますが、意地になって拾っては書いて拾っては書いている姿を見て、自分が幼少のころにそんなことをしていなかったか暫し考えさせられます。
 白い理由:クルマにひかれたりした動物の死骸を骨ごと食べているのでカルシウム分が多い(ちなみに、ハイエナは象の腰骨を噛み砕くと言われるくらい顎が強く。獲物を骨ごと食べます。ですからハイエナの糞は通常でそんな感じだったりします)。その糞が、春までに凍っては融け、凍っては融けして、水で流れ難いカルシウム分だけ残ります。つまり消化しきれなかった動物の骨が主成分な訳ですね。保存用の寒天の作り方と原理は似ています。通常考えられる糞の色とは違いますので、知らないとそんなことをしてしまう訳です。雪国に引越しされる事がありましたら、春先の路肩に落ちている白い物体に注意です。特に小さいお子様がいる方・・・。

お食事中の方、失礼いたしました。
多分、幼少の私はしていないと思いますので、経験者ではなく一般人にしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あらー、、春の風物詩ですか?風流とは言い難いですねー。小学生の姿を想像して笑ってしまいました。雪国に引越したときには、気をつけるようにします。いつも回答をありがとうございます。

お礼日時:2002/01/18 21:52

何回もすみません。


下の方の回答を読んでいたら、つい口出ししたくなってしまいました。

その正体は「エンジ虫」です。
これの粉末で色づけされている食品って多いみたいです。
たとえば、ファイブ・○ニなんかは有名で、中学生の子供も家庭科の時間に、先生にそれを聞かされて、すっかり気分が悪くなったと言っていました。
サボテンにつく虫らしいです。

参考までに下のページをどうぞ!

*梨の回答に関してのお礼を有り難うございました。
かえってこちらの方が勉強になりました。

参考URL:http://www.akara.net/consumer/food.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 何回もすみません。

いえいえ、何回でも大歓迎です。
ファイブ・○ニの着色料って虫ですかー?天然着色料といえば聞こえはいいけど、虫から採ったと聞くと、なんだかなー、、という感じですね。よく飲んでいたんですけど、、。
回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 21:50

クッキーがクッキーである条件がTVで紹介された時、へーそうなんだって感じでした。



答え:手作り風

”風”というのが泣かせますね。

余談ですが、”風”(ふう)って多いですよね。「それのようでそれそのものでは無い」という場合に用いるらしいですが、世の中”風”だらけですね。

”風味”なんてのもいい例ですね。
「しょうゆ風味」なんて怪しいと思いませんか?醤油の味はするけど醤油では無かったりして・・・。

最後に究極のを一発!。
食品に赤い色を着ける食紅・・・。アレ、虫から色を採っているらしいですよ。インターネットで探したけど出てきませんでしたが、これもTVで紹介されました。
赤いカマボコとか・・・・・なんだか複雑な気持ちです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた、たくさんの回答をありがとうございます。
「クッキーである条件が手作り風」というのは、(疑った訳ではないんですが)調べてみましたら確かに、《ビスケット類の表示に関する公正競争規約の施行規則》の第3条に「手作り風の外観を有し・・・風味よく焼き上げたもの」とありました。ビスケットよりも高級品というイメージを持たせるためなんですね。
赤い色の着色料についてのコメントは、NO.13でさせていただきました。

お礼日時:2002/01/18 21:47

再び、こんにちは。


くだらないもので恐縮ですがー

コンピューターの専門学校でHALというところがありますよね。
あの名前の由来ってご存じですか?(有名なのでご存じかも)
あれはメーカーのIBMの一歩手前のアルファベットなんだそうですよ。
コンピューターの”あすなろ”版ってところでしょうか?

あと、メニコンっていうコンタクトの会社がありますが、あれの社名の由来はご存じですか?「目にコンタクト」からなんだそうです・・・
ナント、安易なネーミングでしょう~
(ああ、名古屋の会社のセンスってやだな~)←名古屋在住です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた回答をありがとうございます。「くだらないもので」なんて、とんでもないです。HAL知ってます、知ってます。2001年宇宙の旅ですね。そういえば、名古屋駅の近くにIBMとHALのビルが仲良く並んでいると聞いたことがあります。
メニコンの名前の由来は初めてで、へー、そうなんだって感じですね。

お礼日時:2002/01/18 21:44

こんばんは。



梨で「二十世紀」という瑞々しい、緑の品種がありますよね。
あれってどうして出来たかご存じですか?
実は明治時代に、千葉の松戸のゴミ捨て場に、変わった梨の芽が出ている(突然変異)のを一人の若者が発見したのがきっかけなのです。
彼がそれを持ち帰って、品種改良が重ねられた結果、今日の「二十世紀梨」が出来上がったのです。
今は鳥取の特産とされていますが、もとの「赤ナシ」から作り上げたのはこちらだったのです。それにしても、芽からピンときたっていうのが凄いと思いませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これも初めて知りました。さっそく検索してみたら、松戸市の松戸覚之助という方が発見されたのですね。原木は松戸市立博物館に展示されているそうです。松戸市を通ることがあったら見てみたいと思いました。ところで、鳥取県園芸試験場や鳥取大学では、二十世紀梨の後継品種となる「二十一世紀梨」の研究開発に取組んでいるそうです。こんどはどんな梨ができるか楽しみですね。回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 07:53

まずは、笑えてしまう物から発射!



次の中国語の意味は

(1)手紙
(2)机機人
(3)幽浮
答えは
1、トイレトペーパー、2 ロボット 3 UFO

お次
(4)方便商店
(5)幽会旅館
(6)淋浴
(7)珍宝噴射机

笑っちゃいけません
4、コンビニ、 5ラブホテル 6 シャワー 7 ジャンボジェット機

机・・てのは「機械」という意味なんですね
しかし「ちんぽう」はちょっとやばいんじゃないんでしょうか???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じ漢字文化の国ですから、何となくわかることばもありますが、全然違う意味の言葉があったりしておもしろいですね。確か、コカコーラは『可口可楽』で、スチュワーデスは『空中小姐』、略して『空姐』、さしずめ日本で言うスッチーですね。『珍宝』は読みの音から来ているんですね。日本にはカタカナという便利な文字があるので外来語の表記も簡単ですが、何が何でも漢字で表さないといけない中国人の言語感覚の発想には驚きます。おもしろい回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/15 08:04

足をどこかにぶつけた時、そこをすぐもめば青タンにならない!


(祖母談)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おばあちゃんの知恵袋ですねー。覚えておきます。ところで『青タン』って何かな?と思い調べてみたら、内出血のことなんですね。北海道全域と東京近辺の方言とありましたが、わたしの住んでる所では、『青痣(あおじ)になる』と言います。回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 06:35

stringviolaさん~♪『一押しの一口知識』いきま-す!



「三途の川の渡し銭は?」―――>六文銭(六連銭)と、その昔言われていました。
六連銭~六道銭を意味します。

詳しくお知りになりたい場合は、「六文銭(六連銭)」で検索かけてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三途の川の渡し賃というのはどこかで聞いたことがあります。そうですか、六文銭ですか。そういえば真田幸村の旗印は確か六文銭でしたが、何か関係があるのでしょうね。回答をありがとうございました。第二弾、第三弾も期待しています。

お礼日時:2002/01/13 23:57

今日たまたま(またまたではありませんよ)、ふぐの唐揚げを食べて思い出した、


魚の「ふぐ」の学術的命名の所以をば。

ご存知の通り、
ふぐには猛毒があり、そのまま食べたらふぐ死んでしまうから(^^;。


>ばかばかしいものも大歓迎です。
と言うことでお許しを・・・m(_愛_;;m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本では貝塚の中からふぐの骨が発見されているところから、縄文時代には、もうすでに食べられていたそうです。エジプトの壁画にもふぐを食べていたらしい彫刻が残っているそうで、ふぐは昔から食されている魚なんですね。

> そのまま食べたらふぐ死んでしまうから(^^;。

って、本当ですか?初耳です。私は『すぐふくれるから』だと思っていました。ところで、ふぐの唐揚げっておいしいですよねー。回答をありがとうございました。また何か食べて思い出したら回答してくださいね。

お礼日時:2002/01/13 23:45

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ