献血について全くと言っていいほど知識が無いので教えてほしいのですが、献血してはいけない人って、どんな人ですか? 持病で薬を服用しているのですが、大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

さらに補足。

No.7の回答で,
> 性行為は、別に問題ではないはずです。「不特定」相手とか、危険性のある場合でなければ。
とありますが,この他に女性で初めての経験だった場合も献血は出来ません。もちろん,このことはどこにも書かれていないことですが・・・。(貧血で倒れても知りませんよ)

それと「献血直後は「激しい運動」は控えましょう」とは,重い荷物を持つことも含まれます。貧血で倒れちゃいますからね。
また,ただ単に腕に力を入れることも厳禁です。こっちは血が吹き出てしまいます。(やったことあるの)
あと,飲酒も厳禁!少しの量でも泥酔してしまいますよ。(こっちもやったことある・・・)
要は献血した日は大人しくしていろと言うことですね。

> 持病で薬を服用しているのですが、大丈夫でしょうか?
とのことですが,たぶん,毎日服用していると思われますのでダメではないかと思います。血液中に残存していたら,使えないことが多いからです。だって,違う病気に人にはどのような作用が出てしまうかわからないですからね。これは服用するより強い薬効があるためなんですよ。しかも,相手は弱っているのですから・・・。
    • good
    • 0

補足。

5の回答で
 >また「献血前日に性行為をした人」という条件は私は見たことがないので、ローカルルールも

性行為は、別に問題ではないはずです。「不特定」相手とか、危険性のある場合でなければ。
なお、献血直後は「激しい運動」は控えましょう、ということだから、「直前に」献血、というのは止めときましょうね。
    • good
    • 0

 献血を申し込むと、問診票への記入を求められます。

参考URLに内容があります。

>持病で薬を服用しているのですが、大丈夫でしょうか?

 「この3日間に:注射や服薬をしましたか」という設問なので、服薬から三日以上空いていることが条件でしょうね。

 また「献血前日に性行為をした人」という条件は私は見たことがないので、ローカルルールもあるのかもしれません。

 問診票の記入内容をチェックされた後に、血圧と血液比重を測ります。その基準は知りませんが、私は引っかかったことはありません。しかし女性では該当してしまうかたが結構いるようです。

参考URL:http://wanonaka.jp/monnsin.htm
    • good
    • 0

私は献血を何十回もしています。

前回は、いろいろと問診の先生とお話をしましたが、海外旅行で引っかかる場合もありますよ。例の狂牛病騒ぎの件で、イギリスにその時期行ったことのある人は、献血できないとのこと。けっこう条件はいろいろあるようです。
私は専業主婦なので、1年に一回は献血して、血液検査の結果を健康診断がわりにしています。総蛋白やコレステロール、γGTPも計ってもらえるので、重宝しますよ。
がんばってくださいね。私はいつも、400mlです。
    • good
    • 0

以前エイズが問題になったときに、「献血すれば血液検査してもらえる」という話が広がり、「身に覚えのある」人たちが献血車に並んだ、ということがありました。

今でもそう思っている人がいます。

献血センターではそういう通知はしない、とだいぶ徹底されてはいるようですが。

ただ、「身に覚えのある」行為からウィルスに感染しても、「直後」であれば、検査に引っかからないで、パスしてしまう危険性があるため、献血はしないように、とのことです。

参考URL:http://www.tokyo.jrc.or.jp/onegai1.html
    • good
    • 0

献血をするときは


○一定量の血液をとっても献血者が健康であること
○献血された血液が患者に輸血されても大丈夫であること
を調べられます。
 なので、「持病を持っている」「薬を服用しており、血中に薬成分が残っている
可能性がある」ということなら難しいのではないでしょうか。(たしか薬を服用し
てから、3日以内は献血不可だったと思います)
 いずれにしても献血をする前に医師による問診と採血検査があると思いますので、
一度行ってみて聞いてみたらいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

持病というのが問題になります。

個別の判断だと思いますが、問診票のサンプルがありましたので確認してください。

参考URL:http://wanonaka.jp/monnsin.htm
    • good
    • 0

献血ルーム前に掲示があって「1年以内にピアスを開けた人」とか「献血前日に性行為をした人」とか献血できない方の注意書きがしてありました。

確か薬を飲んでいる人って言うのもあったような気がしないでもないのですが、献血前に色々書く物があってそれを見て献血できるか判断されるので、もし出来ないような状態は医師の方から止めていただけるはずです。ちなみに私は血が薄くてあまりいいとは言えないと言われましたがしっかり400も取られました
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血の結果で・・

献血をすると血液検査の結果も後日通知してもらえるそうですが、どんな病気が分かるんでしょうか?
HIVは通知しないそうですが、例えばガンや糖尿病などは分かるのでしょうか?
今後病院などでも血液検査をしてみたと思っているのですが、病院の検査とは違うのでしょうか?
不謹慎かも知れませんが、献血する機会があるので聞いてみたいと思いました。

Aベストアンサー

詳しくは、日本赤十字社のHPを見てもらえればわかります。
結論から言うと、
HIV→通知してくれません
肝炎→希望者のみ通知してくれます
梅毒→希望者のみ通知してくれます
ガン→血液だけでガンとは確定できません。
GOT、GOPなどの数値が高ければ医療機関でも診察を勧められます。
糖尿病→これも血液を一度だけ採取してもわかりません。
食事後はだれでも血糖値があがります。しかし、以上に高ければ医療機関での診察を勧められます。

よって、献血時にやってくれる生化学検査では、健康診断以下、参考程度にしかなりません。ちょっとしたサービスだと思いましょう。
病院でやる血液検査は、特定の病気を疑って検査しますので、いろいろわかります。
肝炎・梅毒等は感染していればわかりますが、検査目的の献血はゼッタイにしてはいけません。
輸血・血液製剤として使用される前に安全な血液かどうかチェックしますが、感染症の感染後すぐは検査に引っかからないことがあるからです。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/

Q献血について詳しい方、教えてください! 初めて献血をしてみようと思っているのですが、献血をすることに

献血について詳しい方、教えてください!

初めて献血をしてみようと思っているのですが、献血をすることによって血液が綺麗になるって本当でしょうか?

Aベストアンサー

年平均で2回は献血をしてきましたが、
自分的には献血すると調子がよくなる気がします。
若いころは、献血すると、風邪がすぐ治ったような気がします。
あくまで気持ちの問題なのか知りませんが、
体が活性化するようです。
(献血したので、その分たくさん体に吸収され、
入れ替わるって感じかな)
やってみればわかりますよ、
軽やかな気持ちになることはまちがいなし。

Q献血の結果

献血をして検査結果通知がきました。
B型肝炎のHBs抗体検査の結果が陽性とありました。
HBs抗原検査の結果と核酸増幅検査でHBV-DNAは陰性とあります。
よって「現在HBVに感染していない可能性が極めて高い」と。
これは一体どういうことなんでしょうか。
以前にB型肝炎にかかっていたことがあるということでしょうか。
振り返ってみても感染するようなことは身に覚えがありません。
母子感染も決してないです。
今後献血はしないでくださいということも書いてありました。
HBs抗体がなくなればできるのでしょうか。
今後どうしていいかわかりません。
同じ通知をもらった方、専門家の方のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

以前にかかったB型肝炎ウィルスを自分の体が免疫機
能でもってやっつけた。現在は、ウィルスは残ってい
ないと考えられる。

という状態が一番可能性が高いと思われます。

貴殿の年齢がわかりませんが、昔は、血液を介して感
染する事が知られていなくて、集団予防接種の針を通
じて感染した場合などもあるようです。その他の場合
だとしても、どこから感染したか特定することは、ま
ず不可能です。

「今後、献血ができない」。というのは、

B型肝炎ウィルスが、検出限界以下であるが、病気の
ため免疫機能の落ちた人に輸血をしたら、元気になっ
て、弱い人なら発症するかも知れない。

感染する機会があったことを示すので、他の未知のウ
ィルスがいるかもしれない。

などという事に対する保険的に、輸血用血液としては
使わない。ということです。残念ながら、日赤に登録
されており、例え、チェックを通り抜けて献血された
としても、その後、廃棄するという結果になります。

ご本人にとっては、「異常がないのに」という不満が
あるかも知れませんが、「まあ大丈夫だろう」という
事で許可して、薬害などを起こしてきた過去の反省か
ら、このようなシステムができあがってきました。残
念ながら、現在は、「ずっと献血はできません」とい
うお答えになります。

以前にかかったB型肝炎ウィルスを自分の体が免疫機
能でもってやっつけた。現在は、ウィルスは残ってい
ないと考えられる。

という状態が一番可能性が高いと思われます。

貴殿の年齢がわかりませんが、昔は、血液を介して感
染する事が知られていなくて、集団予防接種の針を通
じて感染した場合などもあるようです。その他の場合
だとしても、どこから感染したか特定することは、ま
ず不可能です。

「今後、献血ができない」。というのは、

B型肝炎ウィルスが、検出限界以下であるが、病気の
...続きを読む

Q2年ほど前から肝機能障害のため、ウルソというお薬を服用しております。

2年ほど前から肝機能障害のため、ウルソというお薬を服用しております。
このお薬は脂肪の消化吸収を促進させる手助けをしますと言われ、少々太り気味の私は
これ以上脂肪分を吸収しても困るなぁと思いつつ、肝機能の数値を維持するために、
半信半疑で飲み続けています。先生は副作用はほとんどないからと月1回の受診時に
血液検査をし、1か月分のお薬を頂くといった感じです。実際、食べ過ぎのせいもあるかと
思いますが、少し太りました。便秘がひどくなったせいかもしれませんが。
肝機能の数値は下がっています。一度お薬をやめたらまた数値が上がってしまったので
先生は飲み続けましょうとおっしゃいます。
ウルソって太りやすくなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

ウルソは副作用の少ない薬です。食事管理をしっかりしましょう。肝機能障害では薬の服用も大切ですが、肝臓の解毒負担の軽減も治療には大切な要素です。便秘がひどいということはお腹の中が汚れていることです。つまり、食べた食事のカスが大腸内に滞留し体温で腐敗して腐敗毒や腐敗ガスを大量に発生させているということです。この腐敗毒は腸管壁から血液中に吸収され血液を汚してドロドロにし、体中を巡っていろいろな害を及ぼします。特に、腐敗毒は肝臓で解毒、排泄されますから汚れたお腹から毒素がどんどん血液中に供給されるようであれば肝臓は解毒で疲労し倦怠感や新陳代謝の低下が起こります。健常人でも便秘であればこの解毒は肝臓に負担となります。食物カスの腸内通過を早め腐敗を減少して血液をきれいに保つことが肝機能の回復を早めると思います。下剤で排便するとこの下剤も毒物ですから肝臓で解毒することになり肝臓の負担が増えますので薬物は肝臓負担を減らす意味でも服用は控えた方がよいでしょう。いずれにしてもお通じは大脳ー大腸の排便反射と腸の排便筋肉力で排泄しますので便秘は機能低下であって病気ではありませんので下剤では治りませんし、下剤連用は便秘を悪化させます。お腹をきれいにして腐敗を減らし血液をきれいにして肝臓や腎臓を少しでも楽にしてあげましょう。

ウルソは副作用の少ない薬です。食事管理をしっかりしましょう。肝機能障害では薬の服用も大切ですが、肝臓の解毒負担の軽減も治療には大切な要素です。便秘がひどいということはお腹の中が汚れていることです。つまり、食べた食事のカスが大腸内に滞留し体温で腐敗して腐敗毒や腐敗ガスを大量に発生させているということです。この腐敗毒は腸管壁から血液中に吸収され血液を汚してドロドロにし、体中を巡っていろいろな害を及ぼします。特に、腐敗毒は肝臓で解毒、排泄されますから汚れたお腹から毒素がどんどん...続きを読む

Q感染を防ぐため、献血後にエイズ検査の結果報告を

エイズは発症までに数年かかる病気です。ですからエイズにかかっているのを自覚無しに献血する人もいるでしょう。
献血検査段階で必ずエイズ血液検査や他のC型肝炎等の感染血液検査は実施されているはずです。
献血血液検査段階でエイズ感染が疑われた場合は、本人に通知すればエイズの拡散化も防げるはずです。
献血時の事前検査に「エイズの検査が目的ですか」との問いがあり、○をすると献血できないのはおかしいのではないでしょうか。
献血とは他の人の生命を助けるのが目的ですが、知らずに他人に移してしまうことを防ぐのも
医療じゃないんでしょうか。
私は50回以上献血しています。
エイズ感染を知らずに善意で何回も献血を繰り返す人への注意の促しと、知らずにエイズを広げてしまう現状を改善できませんでしょうか。
エイズ検査を目的で検査がてら多くの献血者が来すぎる事も怪訝されますが、献血者の住所、名前その他何かの方法を考慮できないものでしょうか。

Aベストアンサー

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血ルームに押し寄せ、検査を擦り抜けた血液が患者に輸血されてしまう危険があります。現状では、このウィンドーピリオド問題が解消しない中で、通知しないという方針は変えられないことを理解する必要があります。献血しても何ら通知されない、検査は保健所や病院でしか受けられないと強調することでしか、輸血される患者を守れないのです。HIVに感染していると、皮膚や粘膜の異常・痒みや発熱、倦怠感などの体調変化、白血球数や肝機能の数値で異常値を示してくるため、自覚無しに献血を繰り返す、などは難しくなるのでは。



【東京都赤十字血液センターWeb】より
Q なぜエイズ検査をしていないのですか?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。


Q エイズ検査結果も教えてほしいのですが?
A エイズ検査の結果を通知すると、HIVに感染しているかもしれないと思っている人が、HIV検査の結果を知る目的で献血する恐れがあります。現在の科学技術では、感染してすぐの時期にはHIVを検出できません。特に感染を起こす恐れのある行為をしたばかりで不安なために検査をしたいと思っている方の場合には、感染していても検査でわからないことが多いと思われます。そのような時期に献血されますと、検査をすり抜けた血液が患者さんに輸血されてウイルスが感染してしまう恐れがあります。このような理由でエイズ検査結果はお知らせしていません。より安全な血液を患者さんに届けるためにもご理解をお願いいたします。


Q 献血をするとエイズに感染しているかわかると聞いたのですが?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。
http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

参考URL:http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血...続きを読む

Q成分献血と全血献血どちらが良いですか

私は昔から献血への協力をしていますが、最近は安全性を考慮し200ml献血が出来ないところが多くなりましたよね。
私の体重は50キロ前後をふらふらしている状態なので、200mlがとれなくなり成分献血への協力に切り替えました。

ですが、疑問に思うのですが、全血献血と成分献血どちらが赤十字側からしたら嬉しいのでしょうか。
誤解を招いてしまう書き方かもしれませんが、
全血と比べると成分献血は一部を抜くだけですし、その分全血と比べると劣ってしまう部分があるのでしょうか?
一部でも必要だから成分献血が存在することは重々承知です。

Aベストアンサー

患者さんにも全血を待っている人と血小板など成分を待っている人がいます。
全血献血からだと取り辛い成分も成分献血から数本分取れたりします。
どちらも大切o(^-^)o


私は成分の方が終わった後の体が楽なので成分ばかりしてました。
今は自分の体の事情でできませんが…。

お体ご自愛して…無理をせず続けてくださいね。

Q献血後に届く血液検査の結果

献血をして何日か後に送られてくる成分検査の結果についての質問です。

過去20数回献血をしています。
私はかなり太っていて、
もちろんカロリーの高い油ギッシュな物もよく食べますが、
「コレステロール値」はいつも標準値の真ん中ぐらいです。
これだけで、「自分のコレステロール値は正常だ」と思っていいのでしょうか?
それとも、その中で善玉とか悪玉があるって事ですか?
血圧も特に「高い」と言われた事はないです。
自分の体型・食生活からすると、とても不思議なのですが・・・。

ちなみに他の成分も標準値を外れた事はありません。
この結果だけで自分が健康だとは思いませんが、いつも届くのが楽しみです。

Aベストアンサー

かなりの肥満や高コレステロール食をたくさんたべる人でも、高コレステロール血症にならない人もいれば、ほんのちょっとでも標準体重をオーバーすれば、コレステロールが上昇したり、糖尿病になったりする人もいます。

こういう体質は遺伝的に決まっているようで、ご質問の方は、それだけ、健康な体質をお持ちということだろうと思います。(^^)

コレステロールには、総コレステロール、HDLコレステロール(いわゆる善玉)、LDLコレステロール(いわゆる悪玉)などの測定値がありますが、総コレステロールが正常範囲であれば、通常は、それだけで十分かもしれません。

どこかの文献で、定期的に献血をしてる人は、長生きをするという報告がありましたが、献血の検査値のフィードバックは健康管理に有用だと思います。(^^)

Q貧血による献血中断の経験あり。再度献血可能か?

400cc献血中に貧血を起こして中断しました。朝食抜きで昼食を食べた直後の献血でした。これが原因でしょうか?血圧は普段から低い方です。70/110程度です。

過去の献血経験はほとんどありません。このカテゴリの過去質問では、一度貧血起こすと献血出来ないような事が書いてましたが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

うちの夫が初めて献血した時にbutcherjpさんと同じ事になりました 夫も朝食抜きで そのことを献血の担当の人に言うとジュースでも飲んでからにしてくださいと言われたので コンビニでパンとジュースを買って食べてから 献血しました・・・ところが途中で貧血をおこして200ccで中断となりました その時の事をふまえて その後は きちんと朝食を食べてから献血に行くようにしています(一度 貧血をおこしましたが その後たびたび献血をしているということです) ただ夫は極度の恐がりなので初めての献血で血圧が一気に下がったのかもしれません 一度 貧血を起こしているので またそうなるかも???って考えすぎるのも良くないとおもいます 緊張して また血圧がおかしくなるかもしれませんので 私の場合は普段から血圧が低すぎて いつも献血は検査だけて してもらえません でも たま~~~に できる時もあります(^^;) でも献血した後は いつもふらふらになります ご参考までに・・・

Q献血時の検査結果

献血センターで献血を行う前に、一度採決し、血液検査をしますが「血液比重」「肝機能」は献血前にわかるそうです。これ目以外に献血前にわかる検査項目はありますか?又、献血した血を用いて色々検査をしてくれるそうですがどんな、検査項目があるかわかりますか?教えてください。

Aベストアンサー

献血前に調べる検査は比重と血型だけだったと思います。
肝機能はさすがにわかりません。
検査内容は参考URLに詳しくありますのでそちらをご覧下さい。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/active/blood/flow/test.html

Q一緒に服用しても大丈夫?

下痢が一週間程続いているので今日病院に行って胃腸風邪かな?ということで
薬をもらいました。

・ホスミシン錠500
・ロペミンカプセル
・フェロベリンA
・タンナルビン
・ラックビーR

をもらいました。
でもタンナルビンは鉄剤とは一緒に服用できませんと説明に書かれています。
鉄剤とは何でしょうか?
単なる錠剤の打ち間違えでしょうか。
でも錠剤だと、ホスミシン錠と一緒に服用してはいけない気がします。
大丈夫なのでしょうか。

Aベストアンサー

薬剤師です。
鉄剤というのは、「主成分として鉄が入っている薬」という意味です。
錠剤も散剤もあります。
「剤」という言葉は「栄養剤」などにも使われていますが、なじみがない場合、医療関係なら「薬」という言葉に置き換えて考えると、今後も理解しやすいのでは?

鉄剤は、タンナルビンと一緒に服用すると吸収されにくくなるので、一緒に飲まない方がいいのです。
今回の処方に鉄剤は含まれていませんから、全部一緒に飲んで大丈夫です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報