ラジオはテレビよりも「関与率」が高い(大きい)メディアだと聞きました。
どなたか詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

関与率 というのは、聞いたことがありません。


(普通の意味の関与率ならわかりますが)

で、これは言葉の感じから、セッツインユースの事ではないでしょうか?

セッツインユースと言う前提でお話しますと、
簡単に言えば、個人レベルの聴取率の合計です。

ある瞬間に、100人中5人がどこかのラジオ局の放送を
聞いていればセッツインユースは5%です。
TVの場合、視聴率は世帯で計算しますが、
セッツインユースは個人で計算してラジオと比較します。

さて、ラジオのセッツインユースは一日中ほとんど変わらず10%前後です。
午前6時~午前0時の平均で8.5%ぐらい。
ところがTVは大きく変動します。
ピーク(ゴールデンタイム)は高くて、30%を超えますが、
それ以外の時間は低く、5%から7%程度です。
このため、生活に密着しているのはラジオです と、
ラジオ各社はPRしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tntさん。本当にありがとうございます。
それで、私が知りたい「関与率」なんですが、tntさんにもう少し詳しく教えていただきたく、補足を加えます。
以前、笑福亭鶴瓶さんがラジオの「ぬかるみの世界」の世界という番組のなかで、大阪のどこかにリスナー集めて、何かをやろう、と呼びかけたそうです。当日はスタッフの予想をはるかに上回る大人数が集まって、大混乱だったそうです。
これをテレビで呼びかけても人は集まらない。ラジオはテレビより人の心に浸透するメディアだとかなんとか。それが関与率だという話を聞いたことがあるのですが?
tntさん、どうなのでしょうか?

お礼日時:2002/01/16 00:06

補足ありがとうございます。



owaraiさんが書かれている事例を関与率というかどうか、
私の記憶の範囲内にはないです。
つまり、わかりません。

ごめんなさいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング