主人は今年35歳、転勤族です。じつは主人の実家が戦前に建てたもので、大阪市内にあります。補修に補修を重ね、ここまで暮らしてまいりましたが、先の震災もあって(なくても?)もう限界っぽいのです。義父は69歳、義母は61
歳。とてもお元気なので20年30年住むのは絶対無理です。ただ、いままで義父の父に買ってもらった家で家賃が要らなかったのに、お金はあるだけ使っているようで、建替え資金はこれまた無理なようです。(もうー)主人も
このままいけば25年は転勤がある生活ですし、つねづね家を買ってそのローンで苦労する生活をしたくないとか、貯金してどーすんの、使わないと意味ないとか言って(遺伝?)代わりに建てるっていうのも、うーん。しかし、あてもなく引き受けたってことになったときのため、(いますぐはヤメテー←心の声)なんらかの心の準備が欲しくて、どうかアドバイスお願いいたします。
 1、上記のような条件で、どのような方法が考えられるか。
 2、大阪市内住吉大社近く60坪、建て替えするとしたら資金はいくらくらいかかるか。
ちょっとグチっぽくなりました。(反省)

A 回答 (1件)

A1 お金がないのであれば借りるほかなし。


1)土地を担保にしてご主人のローンとするのが順当でしょう。建て替えるのであれば名義の変更も出来るので贈与税や所得税の対策も出来るでしょう。
2)あるいは、ご主人の両親の片方に不幸があったとして引き取らざるを得なくなったとき、実家を処分してそれを元手に別の土地に居を構える。元での使い方は他にもあります…

A2 大阪市内住吉大社近く60坪・・・いいですねえ。
建て替え資金の目安は、木造家屋の取り壊しに100~150万円程度、さらに仮住まいの費用、新築費用です。取り壊しは業者ごとに大きく異なりますし大きな家であればさらに値がかさみます。これは住宅展示場などで聞かれた方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答えいただいて有難うございます。全然知識がなかったので、大変参考になりました。主人のローン…そうですよね、やはり…。少し心構えできました!!!…かな?住宅展示場にも行ってみます!本当に有難うございました!!ペコリ。

お礼日時:2002/01/13 16:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ