年間の医療費の金額が10万円を超えると申告すれば良いと知っていたのですが、手間がかかるのと領収書を集めるのがめんどいためしていませんでした。

ところが友人から確定申告で申告すればその分所得が少なくなるため、住民税や国保の掛け金も安くなる可能性があるから、絶対にしないと損だと教えられ、今年の領収書から場所を決めてしまっておこうと決心しました。

質問ですが、
1・控除される医療費には市販の風邪薬など薬局で買う薬も含まれると聞きました。ただ、薬局によっては金額のみの内容のわからないレシートをくれるところがあります。この場合、領収書を作ってもらう必要があるのでしょうか。(一緒に売っている雑貨や子供用紙オムツは医療費にはならないと思うので)

2・病院までの交通費も含まれると聞いたのですが、毎回バスで通院している場合、そのたびに運転手さんに領収書を請求しないといけないのでしょうか。(バスの運賃は決まっているので、通院のたびに使っていると自己申告したのではだめでしょうか。)

3・また、このような細かい疑問点を解決してくれるサイト、本などをご存知でしたら教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1.市販の薬も医療費控除の対象になりますが、ビタミン剤などの健康保持が目的のものは対象外になります。


レシートに品名が書かれない場合は、領収書をもらった方がよいでしょう。
領収書がもらうない場合は、レシートに薬品名を記入しておきます。

2.通院のための交通費も対象になります。
バスなどの場合は、領収書が発行されませんから、病院の領収書に「バス代**円」等と記入しておき、後で集計します。
タクシー代は、緊急時などでタクシー以外に使えない場合のみ控除の対象になり、この場合は領収書が必要です。
領収書をもらい忘れた場合は、仕方がないので前期の方法で病院の領収書に記入しておきます。

医療費控除の詳細は、参考urlをご覧ください。

通常、確定申告は2月16日からですが、医療費控除などで税金が戻る場合は、すでに税務署で受付が始まっていますから、この時期に行けば空いているので、書き方を教えてもらえ、お金も早く戻ってきます。
3月に入ると市役所でも代行して受付が始まりますが、こちらはかなり混雑します。

確定申告の方法は、必要書類をそろえて、税務署へ行けば申告書の用紙が用意されています。
必要書類は、勤務先からの源泉徴収票・印鑑・医療費の領収書・振込んでもらう銀行の口座番号のメモか通帳です。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1120.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
昨年分については、たいした金額もかかってないしと思って、肝心の領収書がほとんど残っていないので、今年こそ頑張りたいと思います。
バスの領収書はもらえなくても大丈夫なのですね。頼みにくいなと思っていたので安心しました。

お礼日時:2002/01/13 20:23

漢方の補足5の補足。


処方箋であれば全く問題はありませんが、処方はしないけれど、医師が「この漢方は治療に使って役に立つ」というものであれば、一筆書いてもらわないと、それを示す手段がないです。(「診断書」なんかだと文書料をとられるので、本当の「一筆」でいいと思います。正式な書式はなくて、「わかればいい」だと思います。実際に漢方を出したことがないので、この部分自信なし。)そういうような服用でも、控除の対象にはなります。(バ○ファリンやベ○ザを医師の処方なしに飲んでいる人のほうが多いとおもいます)

>控除は収入の多い人にまとめた方が良いということですが
については「一般的」に、ということですので、個別に少ないところで有利になる場合もあると思います。「扶養」ギリギリの人など、税金自体はたいしたことなくても、別に有利なこともあるし。
※医療費「12万」で税率20%であれば、4000円帰ってきますが、「5%が9万」になって、控除対象が3万になっても、税率10%であれば3000円。これだと収入の多い方が得。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
やはり、漢方薬は一筆書いてもらった方が無難ですね。でも、それならうちの病院に来いと言われてしまいそう(^^A
だれの税金から返してもらうかについては、領収書を集め、いざ申告する時点になって電卓を叩いて考えようと思います。

お礼日時:2002/01/14 23:13

#1ですが#4の補足についてです。



1「漢方薬」については医師に治療目的であることを確認してもらう必要があるということですが、病院のお医者さんに一筆書いてもらわなければならないのでしょうか?

医師の処方箋に基づいて購入したものでしたら、特に1筆書いてもらわなくても、その領収書を添付すれば大丈夫です。

2.控除は収入の多い人にまとめた方が良いということですが・・・・。

これは、医療費控除額は次のような計算になります。

支払った医療費-保険等で補填される金額-10万円(又は所得金額の5%) = 医療費控除額(200万円を限度)

従って、所得が200万円以下の人の場合には、医療費から控除する額が少ないので、医療費控除額が多くなります。

ただ、医療費控除は、支払った所得税の範囲でしか控除になりません。
従って、多額の医療費がかかった場合は、所得税の多い人にまとめた方が、戻る額が多くなります。

結論として、所得税を納めている人が複数いる場合は、誰が申告したら有利かは、個々に計算してみないとわからないのです。
税務署へ行かれるときに、それぞれの方の源泉徴収票と印鑑を持参して、相談すれば、有利な方法を教えてもらえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
漢方薬については、医者の処方箋以外にもよく使うので(例えば風邪の初期症状の葛○湯とか)とりあえず領収書を集めて税務署で相談してみます。
やはり、実際に計算してみないとわかりませんね。今のところは何もしていない状態なので、とにかくしっかり領収書等を集め、最終的に誰の税金から返してもらうかはそれからですね。

お礼日時:2002/01/14 23:11

>今は税務署でもタッチパネル方式がとりいれられたりして,


>申請もそれほどめんどうではありません。

タッチパネルで計算は出来ますが、申告書は書いて出さないといけません。

1・「治療目的」であれば、バンドエイドみたいなものでもOKです。ただ、漢方薬などは、同じようなものが健康維持目的であったり治療目的であったりしますので、医師に治療目的であると確認してもらう必要があります。
・レシートの裏に、薬のラベルを貼っておくとわかりやすいです。最近のレシートは、バーコードから商品名で記録されるので便利です。
・紙おむつを一緒に買った場合、薬の分だけ計算しますが、消費税をまとめて計算してあったりしますので、薬の分だけピックアップしたあと消費税を足しておくのをわすれずに。


2・通院のたびにバスであれば、通院の領収書から計算できますね。医療費控除になるぐらいでしたら、回数券でしょうから、最近ならカードに記録が残っているかもしれませんね。

なお、税率は所得が多いほど高くなるので、医療費控除は収入の多い人にまとめるのが得です。(帰ってくるのは医療費でなくて税金です。)
10万円を超えた部分について、所得から控除して計算する、ということですから、15万円の医療費で、所得税率最高20%であれば、源泉徴収された税金のうちから、1万円がかえってきます。(申告納税であれば、さしひきで納税)

この回答への補足

回答、ありがとうございます。
もしよろしければ、次の点についてもう少し詳しく教えていただけるでしょうか。

1「漢方薬」については医師に治療目的であることを確認してもらう必要があるということですが、病院のお医者さんに一筆書いてもらわなければならないのでしょうか?

また、控除は収入の多い人にまとめた方が良いということですが、友人は、所得が200万未満だと所得の5%を引くことになるのでそちらの方が得だと教えてくれたのですが、住民税などのことも総合的に考えると多い人のほうが得なのでしょうか。(我が家は夫の収入のみなので関係ないのですが、実家は稼いでいる父と年金生活者の祖父母が同居していますので、ぜひ、参考までに教えてください。)

よろしくお願いします。

補足日時:2002/01/13 20:29
    • good
    • 0

戻る金額は微々たるものでも,した方が得ですよ。

今は税務署でもタッチパネル方式がとりいれられたりして,申請もそれほどめんどうではありません。
なお,医療費は同居の家族全員の分がいっしょに確定申告できます。領収書をもらったら,例えば夫の医療費なら,「○○(夫の名),風邪」とかいうように,ごく簡単にメモを記入しておくとあとで便利ですよ。意外と何か月かたって領収書を見ても,何で医者にかかったか忘れてしまいやすいものなので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
便利な時代になりましたよね。そのうち、実際に税務署に行かなくてもパソコンで申請ができる時代も来るのでしょうか。

お礼日時:2002/01/13 20:28

yancha-moncha さん、こんにちは~☆♪



領収書がなければ、それを証明する交通費メモや
家計簿などでも代用できますよ。

Q1
> この場合、領収書を作ってもらう必要があるのでしょうか。

領収書を発行(上様ではなく名前を記入してもらう)していただくのが
良いのですが、レシートでも証明できますよ。
その都度、何の薬かをレシートにメモしておきましょう。

私の場合は、一冊のノートの前半に支払った金額を項目別に記入し、
後半部分には領収書・レシート等を貼り付けております。


Q2
> 運転手さんに領収書を請求しないといけないのでしょうか。

通院時のバス代・電車代・タクシー代は、その都度ノートに
下記の例のようにメモしておけばよいです。

例 ○月○日 ○○バス停~○○病院前 大人一人(往復)¥400

Q3

【医療費控除(確定申告)】
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hhhp/money/kouzyo.htm

【医療費控除について】
http://w3sa.netlaputa.com/~tatsujin/iryouhi2.html

【給与所得者の医療費控除を受けるための申告書の書き方】
http://www.taxanser.nta.go.jp/IRYOU/H11/1-A-00.htm



ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
医療費専用の家計簿を作ると確定申告の時期にあせらなくて済みますね。
レシートや領収書もノートに貼っておけばバラバラになりませんし。早速実行しようと思います。

お礼日時:2002/01/13 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q確定申告 医療費控除の領収書について

小中学生の娘2人が、歯の矯正治療をしてます。
昨年、治療費を一括払いしました。
金額は 約140万円です。
その際もらった領収書は、2人分で1枚です。
宛名が2人記名、合計額のみの物です。

ネットの「確定申告書作成コーナー」で、「医療費控除明細」を入力してたら、上記の理由で、内訳が書けません。
高額なので「医療費控除明細」は提出しなければいけないと思うのですが、
病院で、2枚に書き直してもらって、明細を入力するのですか?

Aベストアンサー

>小中学生の娘2人が、歯の矯正治療をしてます。
まず税務署で医療費控除の対象になるかどうかを確認下さい。
歯の矯正治療は認められないケースもありますので。(まあお子さんとのことなので大丈夫とは思いますが)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1128.htm
(上記国税庁の公式見解です)

>その際もらった領収書は、2人分で1枚です。
申告書作成コーナーでは込み入ったケースは対応していないので、その場合は手書きで作ってください。
(とりあえず1名で140万でやれば確定申告書は作成できます)
で、自分でリストを作って、治療を受けた人の欄に2名記載すればOKです。

>病院で、2枚に書き直してもらって、明細を入力するのですか?
もしそれが可能であればそれでもかまいません。

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q確定申告 医療費控除 e-tax 領収証

確定申告 医療費控除 e-tax 領収証

確定申告の医療費控除の手続きをしようと思います。
TVでe-taxならインターネットで手続きができると、
行っていますが、医療費の領収証はどうするんでしょうか?

あとで郵送とか持参するのだったら、
インターネットで申告する意味がないように思えるんですが。

Aベストアンサー

>医療費の領収証はどうするんでしょうか?

保管義務があります。

>あとで郵送とか持参するのだったら、

昨年無作為抽出とかで、あたりました。

http://oshiete.homes.jp/qa5524680.html

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q確定申告後に紛失していた医療費の領収書が見つかりました。

82歳になる一人暮らしの伯母のことなのですが、最近物忘れがひどく先日確定申告用に保管してあった19年分の医療費の領収書をどこかにしまいこんでしまって、確定申告最終日まで探しましたが結局見当たらず、医療費控除は諦めて所得税の申告のみをしてきました。
ところが先日、ふとした拍子に領収書をしまった箱が見つかったのですが、所得税の申告をしてしまったのでやっぱり諦めるしかないのでしょうか?
年間10万円以上の医療費を支払っています。
また、私が伯母の成年後見人候補者として家庭裁判所に申請しますので、今後のためにアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

通常、更正の請求という手続により訂正可能です。
請求期間は申告期限から1年間。今回の場合、来年の3月までです。
ただし、何度も何度も気軽にやる手続ではないと思いますので、ある程度慎重にやってください。
ちなみに、税務署側で処理するのにかなり時間がかかります。長ければ数ヶ月。

所定のフォームに確定申告書の内容を書き直します。
ただし、このフォームは確定申告書とは異なります。
書き方はフォームの中に書いてありますが、分かりにくいです。
下記URLからダウンロードして、医療費の領収書、明細をつけて税務署に郵送してください。
確証はないですが、おそらく明細も必要です。領収書を1つ2つ付け忘れたわけではないようなので。

更正の請求をする理由は「申告後に医療費の領収書を見つけたから」という内容を書けばおそらくOKです。
書き方に自信がなければ、一応税務署に確認してから郵送した方がいいと思います。

成年後見人がある場合に特段の手続が必要かどうかはわかりませんので、税務署に問い合わせてください。

【更正の請求書】
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/01.htm
【医療費の明細書】
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/01.htm

通常、更正の請求という手続により訂正可能です。
請求期間は申告期限から1年間。今回の場合、来年の3月までです。
ただし、何度も何度も気軽にやる手続ではないと思いますので、ある程度慎重にやってください。
ちなみに、税務署側で処理するのにかなり時間がかかります。長ければ数ヶ月。

所定のフォームに確定申告書の内容を書き直します。
ただし、このフォームは確定申告書とは異なります。
書き方はフォームの中に書いてありますが、分かりにくいです。
下記URLからダウンロードして、医療費の領収...続きを読む

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q医療費の確定申告(小児医療証が有る場合)

昨年出産したので医療費の確定申告をしようと思っています。ふと思ったのですが、3歳と1歳の子供がいます。乳児医療証が有るのですが子供たちが病院にかかった時の費用は払っていませんが交通費(バス代)を請求できるのではと思いました。ですが、小児科以外の病院(皮膚科や歯科)はどこも明細のような物を何もくれませんでした。小児科は0円の領収書をくれているのですが何もくれなかった所は交通費の請求は出来ないでしょうか。と言うか、医療証を使ってもほんとは領収書のような物を何か貰うべきなのでしょうか?いつもお金を払っていないので気にしていませんでした。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

通院のための交通費は、切符代の領収書も、通院の証明も、特に必要と決めていません。

通院してもない日に、家から病院までの交通費を申告するのは駄目ですが、正当に通院した日の交通費は、「この日に、誰が、どこの病院に行った」というメモ書きで大丈夫なようです。

我が家は、医療費専用の家計簿みたいな感じで、医療費の明細の一覧表を、表計算ソフトで作成しています。税務署で配布している、領収書を入れる封筒の表面に、明細を記入する表が印刷してありますよね。それを参考にしていますが、交通費とルート・詳細(バスと電車を乗り継いだ場合、バス料金と電車料金もそれぞれ入力)の欄も作ってあります。
これだと、医療費の支払い額は0円で、交通費のみ金額が入ってる形になります。

この明細表を、領収書と一緒に封筒に入れて、封筒の表面には「別紙の通り」と書いています。
子供が生まれてから今まで、これで「駄目」と言われたことがありません。

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q確定申告の医療費控除(交通費)ついて

今、確定申告書を作成しているのですが、医療費控除についてお聞きします。妊娠中の公費負担で診察料が無料になって領収書などはないのですが、交通費のみかかりました。その場合、交通費に控除は適用されるのでしょうか?
また、近くに公共交通がなく、タクシーでしかいけない場合はタクシー代は控除の適用になるのでしょうか?

Aベストアンサー

公費負担があって、診察費の自己負担額が0円でも、交通費は大丈夫ですよ。
また、常識的な理由があれば、タクシー代は大丈夫です。「深夜早朝のため、公共交通機関が動いていない」「足を骨折していて、徒歩が困難」「陣痛が始まっていて、入院荷物を持って、病院に行かなければいけない」「生後1週間の新生児と、産後1週間の産褥婦が、退院するんですけど」もそうですが、公共交通機関によるルートが無く、徒歩でいける距離でもなく、でもその病院に行く必要性があるなら、大丈夫ではないかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報