先日、先生から中性脂肪が高めとの指摘があり、
対策の一つとしてヒマワリの種を食べると良いと聞きましたが
売っているところがわかりません。
どなたかご存知の方がおりましたら、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 中性脂肪が高いことを是正する目的で「ひまわりの種」を食べることは効果がありません。

なぜなら、「ひまわりの種」には中性脂肪がたくさん含まれているからです。
 中性脂肪とは、普通の脂肪のことです。たとえば、植物油、バター、肉の脂などです。中性脂肪が高い原因は、肥満(肥満とは身体に中性脂肪が過剰に蓄えられた状態です)、摂取エネルギー過剰、運動不足、糖尿病、糖質過剰摂取(エネルギーとして消費されずに残った分は、中性脂肪に変換されます)などです。
 上記のことで思い当たることがあれば、それをなおす方法がよいでしょう。なお、「体にやさしい栄養学」(東山書房刊)が、わかりやすく、参考になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yosinosugi様
早速のご回答ありがとうございます。
中性脂肪の是正の件は先日テレビにて知り
早速試して見ることにしたものですから。
ご指摘の本を購入して検討させていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 15:55

健康食品として、『ひまわりの種トナリン』などと売られているものもありますが、普通に食べるのであれば塩炒りギンナンの要領で炒った食べ方が普通だと思います。

ほかに、御餅に混ぜたり炊き込んだり…

で、そのひまわりの種ですが、ハムスター用の餌で十分です(実証済み)大き目の粒のを選ぶのがコツです。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwhp9592/mhp01.htm

参考URL:http://hfoods.shoplus.net/c30263/p66201.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shu_s様
早速のご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/14 15:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体脂肪率

34才男性 168cm 59kg 7~9%です。
起床後 踏み台昇降30~40分
午後 水泳30~40分
週に3日 ダンベルを使用したウエイトトレーニング
をしてます。
1日2500~3000kcal摂取しています。

運動は3週間位前から始めたのですが、摂取カロリーが多いので、体重はそれほど変わりないですが、体脂肪率が減ってきた感じがします。
このままトレーニングを継続すれば、もっと減る可能性もありますが、よく一般人が5%を切れば身体によくない、と聞きます。
オムロンのHBF-362という体脂肪計なんですが、あくまでも家庭用なので信憑性が薄いと思います。さっき測定したら6.5%でした。
実際のところ、家庭用の体脂肪計でも低すぎると悪影響を及ぼすのでしょうか?
今のところ自覚症状のある苦しさは全くありません。
経験談、アドバイスどちらでもかまいませんので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は女です。
脂肪もないが、筋肉もまるでない体型。
体脂肪が少ないと風邪を引きやすくなる。持久力がない。
お腹が減る、と、低血糖がイコールで結ばれる。
ここまでが実体験。

大学時代の知人。
スポーツをしていて体脂肪率が6%だかそこらだったと思う。
彼は健康で自覚症状のある不都合は、
筋肉がつきすぎて、体が硬い。
水に浮かないので、海水浴では浮き輪なしで泳げれない。

聞いた話。
ボディービルダーは大会前に風邪を引きやすい。
彼らはたしか2とか3%くらい。
でも、食事制限をしていますしね。大会前は炭水化物をとらないらしいし。脂肪分もとらないし。
前述の知人はものすごく食べていました。

感想。
無理せず健康なら、体脂肪が低くてもいいのでは?
苦しくなれば考えればいいし。
ちなみに家庭用体脂肪計は、計る時間によってだいぶ変わります。

補足します。
体脂肪率15%の知人男性。
体脂肪率ではデブではありませんが、見た目は太ってます。
つまり、その人は、脂肪もあるが筋肉量も人並みはずれてある。
体脂肪って、割合ですから。
多分、体質、身長、体重によって違うのでは?

私は女です。
脂肪もないが、筋肉もまるでない体型。
体脂肪が少ないと風邪を引きやすくなる。持久力がない。
お腹が減る、と、低血糖がイコールで結ばれる。
ここまでが実体験。

大学時代の知人。
スポーツをしていて体脂肪率が6%だかそこらだったと思う。
彼は健康で自覚症状のある不都合は、
筋肉がつきすぎて、体が硬い。
水に浮かないので、海水浴では浮き輪なしで泳げれない。

聞いた話。
ボディービルダーは大会前に風邪を引きやすい。
彼らはたしか2とか3%くらい。
でも、食事制限...続きを読む

Q脂肪腫の切除

来週に尾てい骨付近にできたビー玉程度の大きさの脂肪腫を切除する手術をします。
そのときに局所麻酔をするといわれ、ものすごく痛いから覚悟しとけといわれました。
私、以前に髄膜炎という病気にかかり腰椎穿刺という検査をしましたが、
これと比べ物にならないくらいの激痛なのでしょうか?

あと切除後に手術部が膿む、合併症ってのがあるらしいですが、
それってほとんどの確立で膿んでしまうのでしょうか?
膿んでしまったら毎日通院して消毒とかしないと駄目とかいわれたんで・・・

すごい不安です・・・
誰か教えてください;;

Aベストアンサー

私もお尻と足の境界あたりにできた脂肪腫を切除したことがありますが
この時、瞼にできた粉粒、鼻の穴上にできて盛り上がってきたホクロも併せて局所麻酔で切除しました。
腰椎穿刺も経験ありますが、局所麻酔の方が想定内の痛さですが
この内、担当医師もいってましたが、鼻への麻酔は別格に痛かったですね。

あと膿むことをご心配されていますが、私の時にはそんなことは一切説明されませんでしたし
処方された抗生剤をちゃんと飲み、塗り薬もぬっていたら
三箇所とも何も問題は起きませんでしたよ。

尾てい骨付近は未経験なので、ここの麻酔の痛みは分かりませんが、
barrage-1さんの担当医、ちょっと脅しすぎじゃないかな?と思います。
どちらにしても短時間で済みますし、あっという間に終わりますから
あまり心配されなくても大丈夫ですよ。
お大事になさって下さいね。

Q脂肪腫手術の後遺症について

先日病院(外科)にいったところ、脂肪腫(と思われるもの、10cm四方)が、背中(右肩甲骨の背骨側あたり)にあり、切除手術をするべきだと言われました。
切除手術には同意し、切除後の生検で良性、悪性を見極める、というところまではよかったのですが、
手術の後遺症として、左のわき腹及び背中の一部に「一生」しびれが「必ず」残るといわれました。
理由は、切除手術の際に、周辺の神経を同時に切断せざるを得ないので、ということでした。
ネット等で検索してもこのような話は見当たらないし、
来週早々に手術を予定してますので大変不安です。
同様の手術をされた方でこのような注意を受けた方、もしくは実際に後遺症が残っておられる方はいらっしゃるのでしょうか。
ご存知のかた、どうぞ教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

参考までに書かせていただきます。
まず、切除後その検体を病理に出して良性悪性を見極めると言うのは、間違えだと思います。
本当に悪性のものを疑うのであれば、まず、MRIである程度脂肪腫かどうかを見極めて、次いで、切開生検(一部を取り、生検にだす)をして、から全切除を行いますよ。
脂肪腫でもあまり大きいものは甘く見てはいけません。その先生は整形外科ではないですよね?
一般外科ですと、消化器系が専門のことが多いので、キチンと把握して治療してもらったほうがいいですよ。
あと、
>>左のわき腹及び背中の一部に「一生」しびれが「必ず」残るといわれました。

のところは、自己防御の感が否めません。あまり、診断治療に自身がある医師ではないように思えます。

いずれにせよ、MRIを行わず、大きな脂肪腫(確定していないですね)を、切開生検なしに取りに行くこと自体、少し無理があるのではないでしょうかね。

ご参考になれば幸いです。

QMRI の 脂肪抑制T2強調

こんにちは。
よろしくお願いいたします。

脂肪抑制T2強調?で白く写っている部分はどういう状態なのでしょうか?
と言うのも、腰椎の圧迫骨折して約1年になります。
先日MRIを撮影したところ、脂肪抑制T2強調?で白く写っていて、半年前と比べ変化がありません。

Aベストアンサー

簡単にいってしまえば、脂肪抑制T2強調画像は、T2強調画像の脂肪だけ黒くなったものです。
従って、脂肪以外で、T2強調画像で白くなるものは全て白くなります。
ごく簡単にいってしまうと、水っぽいもの(炎症も含む)や、出血、高タンパクなどです。

詳細は画像を見てみないと分かりません。ここでお答えしかねます。
主治医もしくはそこの放射線科医に聞くのが一番です。

Q硬膜下血種の治癒後、再発の可能性はありますか?

転倒による硬膜下血種から回復しましたが、その後数ヶ月後にまた出血する可能性はありますでしょうか。通常、お年寄りの方が頭をぶつけて、その時は大丈夫でも後から出血する場合が有ると聞きますが、頭をぶつけた際に血が出る場合も、同様でしょうか。少し不安です。

Aベストアンサー

再発にしろ、新たな血腫にしろ、
再び、出血することはあります。

その時は大丈夫でも、後から出血……
ではなくて、実は、ケガをしたときに出血を始めるのですが、
微量であるためにわからないということがあるのです。
微量でも、時間とともに、量が多くなりますが、
量が多くなると、当然ですが、症状がでてきます。

硬膜下出血とぶつけた時に皮膚から出血するのとは、
基本的には同じですが、内出血をすると考えれば、
より、理解しやすいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報