1戸建を検討中なのですが。何才まで新規ローンを申し込むことが出来るのでしょうか。私は32歳で父が62歳です。父が新規ローンを申し込むことが出来るのでしょうか。因みに父は自営業です。
又私、父二人でローンを組むことは出来るでしょうか。私の年棒は700万円です。
父はそれより低いです。宜しくお願い致します。

A 回答 (2件)

普通のカードローンを考えていただければわかりますが、基本的には借り入れに年齢制限はありません。

しかし年齢が高くなると収入の面や健康面から長期的な展望を立てられないために住宅ローンのような長期にわたるものは、借りることができても返済期限が短く設定されるとか、金額自体を低く設定されるとか、担保の吟味が厳しくなります。
金融機関によりますがローン完済時の年齢が設定されているのがほとんどです(多くは71歳から75歳あたり)。

子供さんであるsumidagawaさんとお父さんが借入人である借方は『親子リレー(返済)』といってよく見られるものです。その場合は、名義の設定などに条件がありますが、基本的に収入で許される分の借り入れが可能になると考えられて結構だと思います。

http://sumai.nikkei.co.jp/kouza/loan/loanCh.cfm? …
http://www.kentiku-web.com/money/mon5.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご丁寧なアドヴァイスありがとうございます。
非常にありがたいです。よく検討してみます。
またよろしくご指導ください。

お礼日時:2002/01/13 17:55

公的な住宅金融公庫や年金融資の場合は、申し込み時の年齢が70歳未満。


一般の銀行の住宅ローンき、返済が完了する年齢が70歳または75歳以下であることが大多数です。

お父さんと二人でローンを組む場合は、銀行により、二世代ローン・親子ローンなどの名前で扱っていますが、借入時の子供の年齢が、満20歳以上満65才未満で、完済時満75才未満などとされています。

下記のページを参考にしてください。

http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/guide/loan2.html

http://www.kentiku-web.com/money/mon5.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/13 20:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半年後の住宅ローン金利の予想は?

初めまして。
今年の10月までに住宅ローンの長期固定はどれくらい上昇しているのおもわれますか?
あくまで予想で結構ですので経済に詳しい方にお伺い致します。

Aベストアンサー

住宅ローンの固定金利は、ローンを組む時点での長期金利(10年国債の市場金利)に連動します。これに1.0%程度の貸し手の利益が上乗せされます。

現在ですと、短期金利が0%、長期金利が1.8%ですから、ローンの方は短期1.0%、長期2.8%ぐらいだと思います。

現在は長期金利が上昇中です。今後日銀のゼロ金利政策が夏から秋にかけて終わるとするとさらに0.3-1%ぐらい上昇する可能性があります。

したがって、ゼロ金利が解除されれば、住宅ローンの長期固定金利はこの秋には、3.0-3.8%ぐらいになるのではないかと思います。

Q父が亡くなって約3年放置の父名義の住宅ローンを発見しました、私は何をすべきですか?

父が亡くなって、あと4ヶ月で3年になります。
実家の家が父名義で住宅ローンが後14年ほど有るのですが、死後も銀行に届ける訳でもなく何もしていないと言うことが最近分かりました。母は忘れていたようで、最近話をしていた会話の中で、「あれっ」と思って私も初めて、その時に気づいた次第です。いまだにある父名義の口座からは毎月きちんと住宅ローンが引かれており、十分な残高があるため銀行から催促されることもなく、気がつかなかったようです。
(銀行口座も放置のようです)
このままでは良くないと思うので何かしら正常な状態にしたいのですが、何をしたら良いか分かりません。
何となく、父の名義の住宅ローンを私が引き継いで支払っていく感じになると思うのですが、具体的に何から手をつけたら良いのかお教え頂ければと思います。銀行に事情を説明して何かして貰えばよいようにも思いますが、3年近くも経っているので何言われるか分からないので事前に、こちらで質問させて頂きました。
ちなみに私が引き継いでローン返済は可能なのでしょうか?
母が引き継ぐのでは無く、私が引き継ごうと思っています。
宜しくお願い致します。

父が亡くなって、あと4ヶ月で3年になります。
実家の家が父名義で住宅ローンが後14年ほど有るのですが、死後も銀行に届ける訳でもなく何もしていないと言うことが最近分かりました。母は忘れていたようで、最近話をしていた会話の中で、「あれっ」と思って私も初めて、その時に気づいた次第です。いまだにある父名義の口座からは毎月きちんと住宅ローンが引かれており、十分な残高があるため銀行から催促されることもなく、気がつかなかったようです。
(銀行口座も放置のようです)
このままでは良くない...続きを読む

Aベストアンサー

相続とローン名義の変更の前に

銀行は支払いが続いている限り、債務者の死亡を知りえる事がないので、届出をしていないことがいけないことです。

実はと言う事で、今からでも銀行に相談しましょう。ローンには特約生命保険をつけていることが多く、死亡の事実を証明する書類の提出で死亡保険金が出る可能性はあります。

時効はないはずなので、届けの時点で支給されるかまたは死亡時にさかのぼって支給されるかは、保険の制度によりますが、ダメ元で聞いてみては如何でしょう。

もしも保険がついていなければ、清算はできず支払い義務が残ります。
不動産などの財産とローンの負債はともに相続手続きしないと、あとで大変です。
ローンは収入のある質問者が債務引受人として手続きしてくれるかも知れません。銀行次第。
実家に住んでいないようなので、不動産の持分をいくらか持ってくださいと言われる可能性もあります。

Q2008年11月の住宅ローン金利予想

 モーゲージバンク系のフラット35という住宅ローンを契約しており、建物が今月完成し今月の金利で融資実行される予定です。
 しかし連日のアメリカの金融不安による日経平均株価の下落や円高などのニュースが後を絶たず、一般的に不景気になると金利が下がる傾向にあるということらしいので、融資実行を来月まで待ったほうが良いのかどうか悩んでおります。
 詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

「変動金利型」の住宅ローン商品ならば、「プライムレート」が基準となっていますので「政策金利」の影響を直接受けますが、フラット35は「長期固定金利型の住宅ローン商品」です。
確かに、「政策金利」が変更されればマーケットの状況も変わってきますので、「政策金利」が下げられることが、フラット35の金利に影響しないとは言いませんが…。
金利設定部署にもいた経験からすれば、「固定金利期間が短いか長いか」で、住宅ローンの金利を設定する際の基準は違う…と申し上げておきます。

そうでなければ、月々の住宅ローン金利について「固定期間が長期のものは上がり、短期のものは下がった」ということは『あり得ない』ことになってしまいますでしょう?

一度、過去の住宅ローン金利の推移をご覧になって、「前月比」を計算してみてください。
http://www.nikkin.co.jp/0601/

フラット35ならば、「長期金利」(10年物国債の金利)の動向もご覧になった方がよろしいです。
ご参考までに、一昨日1.3%台だった長期金利は、今日(前場引け)は1.5%台に上昇しています。

住宅ローン審査経験者です。

「変動金利型」の住宅ローン商品ならば、「プライムレート」が基準となっていますので「政策金利」の影響を直接受けますが、フラット35は「長期固定金利型の住宅ローン商品」です。
確かに、「政策金利」が変更されればマーケットの状況も変わってきますので、「政策金利」が下げられることが、フラット35の金利に影響しないとは言いませんが…。
金利設定部署にもいた経験からすれば、「固定金利期間が短いか長いか」で、住宅ローンの金利を設定する際の基準は違う…と申し上...続きを読む

Qブライダルローンについて質問です。こんな私でも、ローンを組めるでしょう

ブライダルローンについて質問です。こんな私でも、ローンを組めるでしょうか?結婚する彼の親は借金があり、ブラックリストにのっていて、彼は親のお店を手伝っていて、安定した給料ではなく、私はバイトで月20万くらい稼いでいます。結婚資金が少したりなそうなのでブライダルローンを使いたいのですが、私名義でいくらぐらい借りれますか?ローンとか初めてでよくわからないのですが、一生に一度の結婚式、田舎の両親のためにもちゃんとした結婚式をみせたいのです。色々反対する方もいらっしゃると思いますが、無知な私にローンについて教えて下さい。

Aベストアンサー

バイト収入でのブライダルローンは、まず申込さえ出来ないと思います。
それに、相手方の親がブラックリストに記載してある場合には、一般ローンと違って、更に申込みさえ難しいとしか言えません。相手方の本人も同じことで、親がブラックの場合には、ブライダルローンは、組めません。
何とか、両家の両親や兄弟からでも現金を工面するしかありません。

Q住宅ローンの金利予想

このたび、借り換えの時期がやってきまして、少々悩んでおります。
残金1600万円であと30年ほどローンがあります。
10年固定で2.35%か3年固定で1.2%(どちらも期間終了後1.0%優遇です)で迷っております。
仮に、金利が3年で1.0%づつ上昇すると、10年後に残金は同じくらいになると思われます。
そこで、今後金利は、最大(最悪)どのくらいまで上がると予想されますか?また、一気にどれくらいまで上がることがあると思われますか?
皆さん、口を揃えて「誰にも分からない」と言われますが、いろいろな考え方を聞いてみたいので、私的な意見でも結構なので、お聞かせください。

Aベストアンサー

私の私見ですが
3年後までに2.5%ほど上昇(団塊世代の定年などで退職金が世にあふれる)
そこから5年くらいはウダウダと1%前後ぶれる
それ以降は少し下がるかな?と
2009年のピークを超えれば問題ないかな?
ですので10年以上の固定が安全かなー??
とりあえず今より金利が下がってくるのは当分無いかな?

こういう予想です。

Q完済後の新規ローン

半年前(今年4月)に今まであった、約400万のクレジットカードローン(約5社)やキャッシングを完済しました。その後クレジットカードのほとんどは解約し、現在持っているカードもローン枠等をはずしました。今現在はローン等の借入はありません。これから子供の教育ローンを組もうと思うのですが、過去のローン借入状況等は影響あるでしょうか?ちなみに遅延等の事故はありませんでした。

Aベストアンサー

逆に有利に働くと思います。
400万もあったのですから、返済期間も長かったでしょう。

実績(クレジットヒストリー)がある。=信頼がある。

現状借り入れ0なら自信を持って申し込みできると思いますよ。

ガンバレパパ(`・ω・´)ノシ

Qゼロ金利解除で住宅ローンはただ厳しくなるだけ?

5年後ぐらいにローンで一戸建ての住宅を建てようと思っています。頭金1千万円ぐらい貯めてのこり2千万ぐらいをフラット35で..と考えていましたが、ゼロ金利解除によって金利が上がると新聞に載っていました。あまり金利が上がるとみんな住宅ローンで家を購入しようとする人が少なくなると思います。
実際、銀行はただ金利を上げていくだけとなると思いますか? なにか住宅ローンを借りやすい手立てはうってこないですかね... 住宅ローンだけは金利を低いままにしておくとか、最初の3年は元金のみを減らしていけるとか。もしくは政治で税金の控除が大きくなるとかならないでしょうか... 個人的な予想・意見で結構ですので、ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

#2です。

>今後は多少、月々の払いの大きいローンを組んでも企業の調子が良くなるから大丈夫.. という理解となるのでしょうか。

それはまったく違うと思います。
確かに、金利上昇と景気回復は連動しているかのように考えられがちですが、経済情勢というのはさまざまな要素が絡み合っているので、単純に金利上昇=景気回復ということではありません。
それに日本全体の景気が回復しているからといって、個人個人の給料が上がることとはまったく別問題です。
不動産屋は「金利が上がるときは給料も上がるから」という常套句を使って変動金利でローンを組ませようとしますが、その手に引っかかってはなりません。
ちなみに我が家でも、今年はボーナスカットになりました。
ボーナスは会社の業績に比例するので、個人の頑張りや国全体の景気とは連動しないんです。

それからこれまではデフレであったので、デフレの時は不動産より現金を持つ方が有利と言われます。
逆にインフレになれば、現金の価値がなくなり物の価値が上がるのですから、不動産を持つ方が有利と言われます。
これまでは低金利により住宅購入ブームがあったのです。
家を買う人はいつも一定率はいるものですが、金利や不動産価格が上がれば同じお金で買える物件の質が落ちるので、購入者は減るでしょう。
以上のことからも、いろんな要素が絡み合うことなので、一概には言えないことがわかると思います。

#2です。

>今後は多少、月々の払いの大きいローンを組んでも企業の調子が良くなるから大丈夫.. という理解となるのでしょうか。

それはまったく違うと思います。
確かに、金利上昇と景気回復は連動しているかのように考えられがちですが、経済情勢というのはさまざまな要素が絡み合っているので、単純に金利上昇=景気回復ということではありません。
それに日本全体の景気が回復しているからといって、個人個人の給料が上がることとはまったく別問題です。
不動産屋は「金利が上がるときは給料も上がる...続きを読む

Qローン名義 父 マンション名義 母

父→息子の住宅ローンの借り換えを考えております。
ここで問題がありまして・・・
ローンは父名義ですが、以前にマンションの名義を母親に変更しておりました。(これ自体が問題ですが。)
しかし、実際のところ父親も収入があまりないため、息子が実際は返済しています。
返済額も大きいのでマンション名義・住宅ローン名義共に息子名義に変更したいと考えているのですが、そのようなことは可能なのでしょうか?
やはり、マンション名義が変わっていることが銀行にわかってしまうと、不都合なことが発生するのでしょうか?
質問の内容がわかりにくいと思いますが、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

住宅ローン債務があるマンションの名義を、他人(「本人」以外は「他人」となります)名義に変更することは、法律上は問題ありません。
また、住宅ローンを原因として抵当権が設定されているマンションの名義を、他人名義に変更することに着いても、法律上の問題はありません。

法律上の問題はないのですが、住宅ローンの「契約上」は、問題になることも考えられます。
これについては、「金銭消費貸借契約証書」などの契約書に記載されている内容次第ですので、「金銭消費貸借契約証書」を隅から隅まで読んで、「ローン対象物件を債権者や抵当権者に無断で名義変更してはならない」ことになっていないかどうかを確認してみてください。

例えば、旧・住宅金融公庫融資ですと「返済途中で住宅を他人に譲り渡すときは、融資金の全額をお返しいただくことになります。」という趣旨の文言が契約内容に織り込まれていますので、バレた時点で、残債の一括返済を求められても文句は言えない…ということになります。
金融機関でも、このような契約になっていることは多いと思います。

離婚などに際して、慰謝料代りに、物件所有者であり債務者だった「夫」が、債務名義はそのままにし、物件の所有者を「妻」に変更する場合もあります。
この場合、事前に、金融機関に相談していただければ「OK」となることも多いです。
また、実際には、返済さえきっちりしていただければ、「目をつぶる」ということもあります。

ただし、住宅ローンにおいては、「物件の所有者は、担保提供者として『連帯保証人』となることが義務付けられている」ことがほとんどなので、「新たに物件の所有者」となった「妻」は、『連帯保証人』とならなければいけないんですよ。

当然、これもされていない…ということですよね?

ところで、ご質問者さまのお宅で、
> ローンは父名義ですが、以前にマンションの名義を母親に変更しておりました
とされた「理由」は何でしょうか?
特に理由もなしに、債務者が「父」のままで、物件の名義だけを「母」にしたとなると、「父」→「母」への『贈与』が発生していることになります。
『贈与』されたのがマンションですと、「額」に換算すれば結構な「額」になるかと思います。
贈与税の申告をされ、「夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除」を受けられたのでしょうか?

> しかし、実際のところ父親も収入があまりないため、息子が実際は返済しています。
> 返済額も大きいのでマンション名義・住宅ローン名義共に息子名義に変更したいと考えているのですが、そのようなことは可能なのでしょうか?
ローンの債務名義を、「父」→「息子」にすることは、金融機関が判断することなので、何とも言えませんが、「息子」の方が返済能力が高いのでしたら、多分OKになるのではないかと思います。

ですが、ここで「息子」→「父」という『贈与』が発生し、贈与税の課税対象になると思いますよ。

マンションをもらう代わりに、ローンを引き受ける…ということでしたら、「負担付贈与」となり、プラスマイナスゼロという形にできるんですが、マンションの名義が「母」である以上、「父」→「息子」に渡る「対物」がありませんからね。

マンションの名義を「母」→「息子」にすることについても、「母」→「息子」という『贈与』が発生してしまいます。

住宅ローンに関して銀行云々よりも、『贈与』の問題も絡んでくると思いますので…。

> やはり、マンション名義が変わっていることが銀行にわかってしまうと、不都合なことが発生するのでしょうか?
最悪、残債の一括返済を求められることは考えられます。
ローン名義「父」→「息子」、物件名義「母」→「息子」にすることによって、なんとか一括返済をしなくて済むよう、現在ご利用中の金融機関に相談するしかないでしょうね。
同時に、他行に「借り換え」できないか相談してみるのもよろしいかと思いますが、マンションの名義を「母」→「息子」にする「理由」がありませんので、そこで『贈与』が発生してしまうのは、やむをえないでしょう。
それに対しては、「相続時精算課税」などを利用するかを検討されるとよろしいかと思います。

マンションの名義変更をしたのが、1年以内のことであれば「錯誤等」として、抹消登記をし、所有権を「父」に戻すこともできるかもしれませんが…。

住宅ローン審査経験者です。

住宅ローン債務があるマンションの名義を、他人(「本人」以外は「他人」となります)名義に変更することは、法律上は問題ありません。
また、住宅ローンを原因として抵当権が設定されているマンションの名義を、他人名義に変更することに着いても、法律上の問題はありません。

法律上の問題はないのですが、住宅ローンの「契約上」は、問題になることも考えられます。
これについては、「金銭消費貸借契約証書」などの契約書に記載されている内容次第ですので、「金銭消費貸...続きを読む

Q住宅ローンの金利について

もうすぐ、住宅ローンの3年固定が切れる予定です。
そこで、次は30年ぐらいの長期固定にしてしまおうと思っていたのですが、今後、金利はどのように推移していく可能性が高いのでしょうか?
先ほど、Yahooのニュースで「日銀の金融政策については、36人中22人が次回の利上げ時期を2009年6月以降と予想した。」と書いてありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000852-reu-bus_all

ということは、まだ、当分住宅ローンの金利も上がらないということでしょうか?それとも、住宅ローンは別物なのでしょうか?

もし、2009年6月まで住宅ローンの金利が上がらないのであれば、それまで変動金利で、金利が上がりそうになったら、長期固定にした方が良いような気がしますが、どうなんでしょうか?

どなたか詳しい方がいれば、教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日銀の金融政策は短期金利(無担保コールレート翌日物)の話です。

住宅ローンは長期金利を参考にして決定されるので、短期金利が2009年6月まで上がらないからといって長期金利/住宅ローンが上がらないとは限りません。

実際・・・
日銀が2007年2月に短期金利を0.25%から0.50%に引き上げてから、ずっと短期金利は変わっていません。しかし、その期間でも長期金利や住宅ローン金利は変動しています。長期金利の代表である国債10年物は1.3%~1.9%くらいの幅があります。

では、長期金利が何によって決定されるかと言うと、将来的な金利動向の【市場の予想】に基づいて決定されます。


長期金利の決定要因
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%9C%9F%E9%87%91%E5%88%A9

Q父が他界し家のローン返済で悩んでいます

父と弟の名義で家のローンを支払っておりました。
去年父が急死しその支払いが弟の収入と母の年金では支払い続けることが苦しく悩んでいます。

(1)1/3が弟名義で2/3が父名義です
(2)現在父名義分は母が相続しています。
(3)団体保険は入っていますが弟の死亡でないと適用されない保険でした
(4)月々の支払いは23万円であと9年あります、ボーナス払いはなし
(5)とりあえず少ない貯金をくずして支払っております。

現在弟はアルバイトで13万円ほどの収入しかありません。
銀行でローン組替をしたいのですが今の銀行からは断られてしまいました。やはり弟の収入では無理なのではないかと思っています。
また年金生活の母(月15万)とローンを組むことは出来るのでしょうか。
私も自分の生活があり援助出来なくつらく思っていますが、
一度も滞ることなく21年間支払ってきたのに手放させたくなく
なにかいい方法をご存知の方アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

亡くなられた父親は「団体生命に入っていなかった」のでしようか?

>また年金生活の母(月15万)とローンを組むことは出来るのでしょうか

年金収入では、住宅ローンを組む事は出来ません。
弟さんはアルバイトなので、全く無理です。

銀行に「組替え」を拒否されたのですね。
先ず、債務者の収入の問題と、担保物権(お家)の資産評価額の問題でしよう。
住宅ローンの残高>担保物件評価額の場合、先ず融資は絶望です。

>一度も滞ることなく21年間支払ってきたのに手放させたくなくなにかいい方法をご存知の方アドバイスお願いいたします。

方法は、二通りあります。
一つ目は、「住宅ローン借り換え」(A銀行からB銀行に借入先を変える)。
弟さんが、アルバイトを止め正社員になる。
1年ほど勤務継続していれば、貸してくれる金融機関もあります。
(その間は、28-23=5万円の質素な生活が続きます)
二つ目は、信頼出来る方に(買戻し条件を付けて)「家を買ってもらう」。
売却代金で住宅ローンを支払い、買主には「毎月家賃」を支払います。
土地建物の所有権は無くなりますが、住む事は出来ます。
弟さんが、アルバイトを止め正社員になる。
1年ほど勤務継続していれば、貸してくれる金融機関もあります。
融資が可能になった時点で、その土地建物を買い戻す。

まぁ、どちらも苦しいですが・・・。

余談ですが、安易に不動産担保ローンを利用すると痛い目に遭いますよ。
現在の状況では、火に油を注ぐ事になります。

亡くなられた父親は「団体生命に入っていなかった」のでしようか?

>また年金生活の母(月15万)とローンを組むことは出来るのでしょうか

年金収入では、住宅ローンを組む事は出来ません。
弟さんはアルバイトなので、全く無理です。

銀行に「組替え」を拒否されたのですね。
先ず、債務者の収入の問題と、担保物権(お家)の資産評価額の問題でしよう。
住宅ローンの残高>担保物件評価額の場合、先ず融資は絶望です。

>一度も滞ることなく21年間支払ってきたのに手放させたくなくなにかい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報