今、フォームを二つ表示し、お互い共通の変数を使って値の受け渡しをさせたいのですが、どうもうまくいきません。
知り合いには標準モジュールを使えばいいって聞いたので
さっそく「プロジェクト」→「標準モジュールの追加」をし、
でてきたエディタに変数を追加
起動してみると・・・ちゃんと値の受け渡しができていませんでした。
ただ追加するだけでは受け渡しはできないのでしょうか?
それとも標準モジュールの時点で間違いでしょうか?
どなたか、レスお待ちしてます

A 回答 (1件)

標準モジュールを使っても使わなくてもいいのですが、変数のスコープが足りないようですね。


いちばん簡単に変数の共有をしたいのであればGlobalを使用します。

標準モジュールに
global HogeHoge as string
としておけば、変数の共有が可能です。

勉強中のようですので参考になる言葉をいくつか(^^)

スコープ Public Private
これらをMSDNに入れて参照してください。
勉強になりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Yacknさん、おかげで共有することができました^^
なるほど、globalか・・・これは聞いていませんでした(^^;

あと、スコープなども調べてみました
確かに勉強になることが色々書かれていました^^
これを参考にして頑張ってみるつもりです
本当にありがとうございました

お礼日時:2002/01/13 20:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qexcelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。

excelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。
以下のマクロをsheet2に書きました。testcopyは動きますが、testcopy2は動きません。なぜなのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。それ以外のマクロの部分との関係から、cellsを使い、数字を使ってrangeの処理をしたいのです。よろしくお願いします。

Sub testcopy()
Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Sub testcopy2()
Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Aベストアンサー

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
---------------
●testcopy●

これが動作するのは
Sheet【2】がアクティブな状態で実行する場合です

Sheet【1】がアクティブな状態で実行すると
  Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ここで、問題点(1)の理由によりエラー。
で、先ずシートを選択、次にセルを選択と2段階にしないといけません。

  Worksheets("sheet2").Select
  ActiveSheet.Range("E5").Select

----------------
●testcopy2●

▼Sheet【1】がアクティブな状態で実行
  testcopyと同じ場所、同じ理由でエラー

▼Sheet【2】がアクティブな状態で実行
  Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
  ここで、問題点(2)により、エラー。
 
 Cellsの前にシートオブジェクトがないので
 Cells(3, 2), Cells(10, 3)はアクティブなSheet【2】のセルとみなされ
 (★実際はちょと違う場合もありますが今回はそう★)

 Worksheets("sheet1").Range(  ← Sheet【1】
 Cells(3, 2), Cells(10, 3))   ← Sheet【2】

このようにSheet【1】【2】が混在していることになり、エラー
で、Cellsの前にシートを付加してセルがどのシートのセルか明示してやる

Worksheets("sheet1").Range(Worksheets("sheet1").Cells(3, 2), Worksheets("sheet1").Cells(10, 3)).Copy
  
---------------------------------
で、質問者のコードを修正すると
'-------------
Sub testcopy()
 Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'-------------

Sub testcopy2()
 With Worksheets("sheet1")
   .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy
 End With
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'--------------

●ただ今回のような単純なコピーの場合は
 既出の回答にあるようにSelectなしで書くのがふうつです。
'-----------
Sub testcopy111()
 Worksheets("sheet1")
   .Range("B3:C10").Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------
Sub testcopy222()
 Worksheets("sheet1")
  .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------

今回の件は重要事柄ですので覚えておきましょう。
以上です。
 

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
-...続きを読む

QVB6-標準モジュールとの変数の受け渡し

VB6の初心者です。ごく初歩的な問題でお恥ずかしいのですが困っています。

標準モジュール内にある以下のサブルーチンを行わせるために、

Sub Transform(NumSamples As Long, RealIn() As Double, ImageIn() As Double, RealOut() As Double, ImagOut() As Double, Optional InverseTransform As Boolean = False)

(NumSamples、RealIn()、ImageIn()は入力値)
(RealOut()、ImagOut()は戻り値)
...
...

End Sub

フォームモジュール内で以下のようにコールすると、

Private Sub cmdStart_Click()
Dim A as Long
Dim B(10000) as Double
Dim C(10000) as Double
Dim D(10000) as Double
Dim E(10000) as Double
...
(A,B,Cに数値入力)
...
Call Transform(A, B(), C(), D(), E(), False)
End Sub

で実行すると、変数D()に対して「コンパイルエラー:型が一致しません:配列またはユーザ定義型を指定してください」が出ます。なお、配列は10000まで宣言していますが実際には0~4096を使っています。

変数型は合わせているはずなのになぜエラーになるのでしょうか。D(),E()の型宣言をPublicにして標準モジュール内に入れたり、いろいろやってみたつもりですがうまくいきません。

よろしくお願いします。

VB6の初心者です。ごく初歩的な問題でお恥ずかしいのですが困っています。

標準モジュール内にある以下のサブルーチンを行わせるために、

Sub Transform(NumSamples As Long, RealIn() As Double, ImageIn() As Double, RealOut() As Double, ImagOut() As Double, Optional InverseTransform As Boolean = False)

(NumSamples、RealIn()、ImageIn()は入力値)
(RealOut()、ImagOut()は戻り値)
...
...

End Sub

フォームモジュール内で以下のようにコールすると、

Private Sub cmdStart_...続きを読む

Aベストアンサー

回答ではないのですが、
試しにVB6 SP4で下記のコードを書いて実行してみましたが、正常に動作しました。
このソースでも同じエラーが出ますか?
もしエラーにならなければ、宣言の方法や構造以外の問題だと思います。

== Form1のcmdStartボタンイベント ============-
Private Sub cmdStart_Click()
  Dim A As Long
  Dim B(10000) As Double
  Dim C(10000) As Double
  Dim D(10000) As Double
  Dim E(10000) As Double

  A = 4096

  For i = 0 To (A - 1)
    B(i) = i
    C(i) = i
  Next

  Call Transform(A, B(), C(), D(), E(), False)
 
  For i = 0 To (A - 1)
    Debug.Print D(i)
    Debug.Print E(i)
  Next

End Sub
==============================================


== Module1のTransform()関数 ==================
Sub Transform( _
  NumSamples As Long, _
  RealIn() As Double, ImageIn() As Double, _
  RealOut() As Double, ImagOut() As Double, _
  Optional InverseTransform As Boolean = False)

  For i = 0 To (NumSamples - 1)
    RealOut(i) = RealIn(i)
    ImagOut(i) = ImageIn(i)
  Next

End Sub
==============================================

回答ではないのですが、
試しにVB6 SP4で下記のコードを書いて実行してみましたが、正常に動作しました。
このソースでも同じエラーが出ますか?
もしエラーにならなければ、宣言の方法や構造以外の問題だと思います。

== Form1のcmdStartボタンイベント ============-
Private Sub cmdStart_Click()
  Dim A As Long
  Dim B(10000) As Double
  Dim C(10000) As Double
  Dim D(10000) As Double
  Dim E(10000) As Double

  A = 4096

  For i = 0 To (A - 1)
    B(i) = ...続きを読む

QRange("K" & TR).Formula = で、セルにマクロで式を書きたいのですが

よろしくお願いします。いつもgooの皆さんには大変お世話になっています
エクセルは2013です

わけあって、セルにマクロで式を書いています
例えば TRは行を表す変数ですが
Range("K" & TR).Formula = "=IFERROR(AY" & TR & ","""")" と書いたマクロの結果は
=IFERROR(AY43,"") という式がRange("K" & TR) に書かれます

それでは、いま、マクロで下記のように書いているコード(TRは行を表す変数です)
Range("Z" & i) = Range("Z" & i - 1) - Range("AG" & TR) * 10000 は
Range("Z" & i).Formula = 
で書く場合、=の右側をどう書いたら良いでしょうか

色々とやってみたのですが狙った式になりません

この場合 変数 i を使っているので、もしかしたら、そもそも無理なことでしょうか

うまく説明できていませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

No.1です。申し訳ありません大ボケな回答をしていましました。

要するに↓ってことですよね? また勘違いしていたらスミマセン。

Range("Z" & i).Formula = "=Z" & i - 1 & "-AG" & TR & " * 10000"

QVBAで別モジュールへの変数の受け渡し方法

初歩的な質問で申し訳ありません、
googleでもどのように検索してよいのかわからないので教えてください。


Userformにて作成したコード内にhogehogeという変数を宣言したとします。
これをPublic Sub CommandButton1_Click()内でhogehogeに文字列abcを代入します。

そしてcall を使ってmodule1の処理を行うのですが、
module1内で変数hogehogeに文字列abcが既に代入されているものとして
hogehogeを使いつつ、処理を続けるにはどのようにすればよいのでしょうか?

callで呼ぶ際に変数hogehogeの受け渡しなどが必要なのでしょうか?
(ちなみに全てPublic Subで書いております)

初心者なので質問がおかしいかもしれませんが
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

標準的なコードの書き方があります。
具体的なコードがないので、こちらは想像の範囲なので、行き違いがあるのはご容赦願います。

>Userformにて作成したコード内にhogehogeという変数を宣言したとします。
変数を共有化(厳密にはグローバル化されていない、プロジェクト内のみ共有)するには、通常、「標準モジュール」で、プロシージャ外の変数は、Public変数になります。そして、明示的に、Public ○○と書きます。仮に、それが、UserFormモジュール内で使用されるものでも、標準モジュールに書くことになります。

>これをPublic Sub CommandButton1_Click()内でhogehogeに文字列abcを代入します。
そういう書き方は、本当に特殊な例を除いて書きません。Privateキーワードだけです。

つまり、ローカルモジュール(シートモジュール、ThisWorkbookモジュール、UserFormモジュール)には、Public キーワードは用いません。また、そこへのCallでの、呼び出しもしません。共有化させる場合は、一般的には「標準モジュール」を利用します。

しかし、別途、ユーザー定義関数やサブプロシージャで、引き数を参照渡し/値渡しで、変数の内容を渡すことがあります。この方が安定していますが、多少、コードの可読性が落ちます。

>callで呼ぶ際に変数hogehogeの受け渡しなどが必要なのでしょうか?
具体的にどのようなコードになっているか分かりませんし、Callでどう呼ぶのかは分かりませんが、引き数を設ければ、それはそれで済みます。

例:
'UserForm1 上 CommandButton1とTextBox1 を用意
'UserFormモジュール内
Private Sub CommandButton1_Click()
Dim a As Variant
  a = Val(TextBox1.Value)
 Call Test1Ref(a)
 MsgBox a
End Sub

'標準モジュール、そのままで参照渡しになっている
Public Sub Test1Ref(arg1 As Variant)
 arg1 = arg1 * 10
End Sub

ただし、この程度ならば、UserFormモジュール内で、Test1Refを置いても同じです。その時は、Publicキーワードは不要です。

標準的なコードの書き方があります。
具体的なコードがないので、こちらは想像の範囲なので、行き違いがあるのはご容赦願います。

>Userformにて作成したコード内にhogehogeという変数を宣言したとします。
変数を共有化(厳密にはグローバル化されていない、プロジェクト内のみ共有)するには、通常、「標準モジュール」で、プロシージャ外の変数は、Public変数になります。そして、明示的に、Public ○○と書きます。仮に、それが、UserFormモジュール内で使用されるものでも、標準モジュールに書くことになりま...続きを読む

QVBA マクロ実行時エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

*********************************************************
*********************************************************
Sub 日報別ファイルに保存したい1()
Worksheets("日報").Range("A3:AF36").Copy
With Workbooks.Add
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
:=False, Transpose:=False
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False
Range("A1").Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False

ApplicationDisplayAlerts = True '同名FILEが存在する場合'
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:= _
"c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & ActiveSheet.Range("l2") & "月" & ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls" _
, FileFormat:=xlNormal
.Close file


End With

End Sub

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

***********...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-------------------------------------------
''もし、そのままでダメでしたら、 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する のところのコメント・ブロック('コードの手前のアポストロフィ)を外して、再度試してみてください。

Sub 日報別ファイルに保存したい2()
Dim myRng As Range
Set myRng = Worksheets("日報").Range("A3:AF36")
 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する

With Workbooks.Add
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
 
  Application.CutCopyMode = False
 
 ApplicationDisplayAlerts = True '**これは、そのままでは必要ないはずです。'
 
 ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & _
                 ActiveSheet.Range("l2") & "月" & _
                 ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls", _
                 FileFormat:=xlNormal
 .Close file
End With
Set myRng = Nothing
'Application.EnableEvents = True 'イベントマクロの活動を戻す

End Sub

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-----------------------------------------...続きを読む

Qフォームのテキストボックスなどの変数名を標準モジュールから参照は可能か?

フォームのテキストボックスなどの変数を標準モジュールの関数から参照する方法を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

>test(form1.Text1.Text)
>
>Public Function test(コントロール変数パラメータ)
>
>コントロール変数パラメータ=値を代入
>
>End Fuction
可能ですよ。サンプルです。試してみてください。

まず、フォームと標準モジュールを準備してください。
フォーム:
Form[Form1]にTextbox[Text1]とCommandButton[Command1]を配置してください。
([]内は、オブジェクト名です。)
Private Sub Command1_Click()
  Call test(Text1)
End Sub

標準モジュール:
Public Function test(txt As TextBox)
  txt.Text = "aaa"
End Function

CommandButtonを押すと、Textboxに”aaa”と表示されます。

※Public Function test(txt As ****)の****は、
「Textbox」又は「Object」又は「Control」 いずれでもOKです。
例:
Public Function test(txt As Textbox)
Public Function test(txt As Object)
Public Function test(txt As Control)
この辺りは、人それぞれになると思いますが・・・。

>test(form1.Text1.Text)
>
>Public Function test(コントロール変数パラメータ)
>
>コントロール変数パラメータ=値を代入
>
>End Fuction
可能ですよ。サンプルです。試してみてください。

まず、フォームと標準モジュールを準備してください。
フォーム:
Form[Form1]にTextbox[Text1]とCommandButton[Command1]を配置してください。
([]内は、オブジェクト名です。)
Private Sub Command1_Click()
  Call test(Text1)
End Sub

標準モジュール:
Public Function test(txt As TextB...続きを読む

QExcelマクロでRange("A1:A5,C1:C5")をCellsで書きたいのですが

マクロ初心者です。
Excelマクロでグラフを作成するときに、元データを指定する所で、
Source:=Range("A1:A5,C1:C5")とするような場合、
「A1」とかアルファベットでの番地指定ではなく、
Cellsを用いて書きたいのです。

Source:=Range("A1:A5")であれば、
Source:=Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1))と書けばいいことは分かるのですが、範囲指定を複数にする場合が分からないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Unionを使用したらできると思います。

Source:=Union(Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1)), Range(Cells(1, 3), Cells(5, 3)))

今Excelがインストールされてないパソコンで作業していないので確認はしていないのですが・・・。

よかったら参考にして下さい

Q標準モジュールとクラスモジュールについて

標準モジュールでType型を使用しています。
この標準モジュールをクラスモジュールに置き換えて、Formから呼び出すCOMに作り変えたいのですが、引数ってどう設定したらよいのでしょうか?
今は標準モジュールなので、こんな感じで呼んでいるのですが・・・

例)
Private Sub Command1_Click()

Dim in_b As IN_PARA
Dim out_b As OUT_PARA

in_b.Name = "山本太郎"
in_b.Seikaku = "優しい"
in_b.Syumi = "釣り"
in_b.Tokugi = "野球"

Aベストアンサー

VBのCOMでは、Typeで宣言したものは公開できません。
公開可能なものは、Variantに格納できるもののみです。

対応としては、それぞれの項目を別々のプロパティにするしかないです。

Qエクセルのマクロ(range)について

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S       U     V
個数 金額  累計個数 金額金額 (=M+Q) (=O+S)
0、   0、   100、   1000、    100、   1000 
1,初期状態

10、  100、  100、   1000、    110、   1100
2,個数を入力すると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる

10、  100、   110、   1100、    120、   1200
3,マクロを実行すると、UとVの数がQとSに入力され、計算式を入力してあるUとVの数がさらに変わる。

0、   0、    110、   1100、   110、    1100
4,MとOの数をゼロ(クリア)にすると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる。     


なかなか理解できないのは、Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Valueの部分で、
2,の後にマクロを実行すると、U 110、V 1100がQ 100とS 1000に書き込まれることです。
通常の計算式だと=は対象となったセルをそのまま表示していると思うのですがのですが、
マクロに書いてある式だと3,のところでUとVの数をQとSに書き込んであります。
なぜ=なのにマクロでは一方のセルに数を書き込んでいるのでしょうか。
また、QやSをUやVへ書き込んでいないのでしょうか。

どなたか詳しく教えていただけると幸いです。

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S...続きを読む

Aベストアンサー

プログラミング言語では、一般的に、
「=」は、右辺から左辺への「代入」
を意味します。

マクロ = Visual Basic = プログラミング言語
なので、Excelにおける「=」とは少し意味合いが違っています。

QVBのフォームモジュールと標準モジュールの使い分け

VBのフォームモジュールと標準モジュールの使い分けが今一つわかっていません。
フォームモジュールとは、フォーム(画面)上で起こったイベント(例えば、ボタンをクリックした時とか、ユーザーが行を選択したりだとか)の処理を、記述するところと解釈しています。
標準モジュールは、フォームが2つ以上あって、その2つが共通する処理(関数)などを、記述したり、フォームが1つでも、同じ処理を繰り返す場合、その処理を標準モジュールに書いたり・・・・という解釈をしています。
あってますでしょうか?

フォームが一つしかない場合、もしくは2つあっても、あまり共通する処理がない場合、なんかは標準モジュールはあまり使わないのでしょうか?
それとも、フォームが1つとかでも、今後のメンテの事など考慮して、標準モジュールを作ってそこにグローバル変数なんかで処理を書いた方がよいのでしょうか?
どなたか、教えてくださいませんか?
いろいろBBSなどで見てみるんですが、いろいろ書いてあって、どれが理想か
わかりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>標準モジュールは、フォームが2つ以上あって、その2つが共通する処理(関数)などを、記述したり
で良いと思いますよ。
逆に
>フォームが1つでも、同じ処理を繰り返す場合
は、フォームモジュールの中に関数を作ってしまうので良いのでは?

参考になるかわかりませんが、私はDBとの接続や、起動時の全フォームのロード、定数やプロジェクトレベルでのグローバル変数の宣言等に使用しています。
そういえばMain関数は標準モジュールにしか書けませんでした…っけ?
メッセージボックスを表示する際の関数を自分で定数とMsgBox()を組み合わせて使い勝手の良い物にする…というのもよくやります。


人気Q&Aランキング