最新閲覧日:

先日交差点で交通事故を起こしました。事故の内容は省きますが、5:5で決まりそうなのです。そこで質問があります。私は車両保険に入ってません(PAPで対物は1000万円加入済)。そこで自分の車の修理代15万円(60万の修理見積もりが出ましたが型の古い車のため全損となり協定価格は15万円と決まりました)は相手保険から50%の75,000円が支払われると思います。また相手の車の確定修理費は10万円かかり、この修理費の50%は私の対物保険から支払われると思います。この場合過失相殺して75000円-50000円で相手保険から私は25000円もらえることになるのでしょうか?もしそうなどしたら何か納得がいきません。本来75,000円もらえるはずなのに25,000円しか受け取れないからです。私は自分の対物保険で相手に5万円を支払って、相手は私に75,000円を支払うというわかりやすい示談は不可能でしょうか?また、もし過失相殺をせざるを得ない場合、私は相手に保険金を1円も支払っていないので対物保険を使わないということになり、次年度掛金が高くならないということで理解してよろしいでしょうか?おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

相殺払いが発生するのは、双方どちらかが保険を使って賠償しないケースか相手方に車両保険があり、先に支払済みであるケースの2つの可能性が高いです。

やはり保険会社としても、双方に過失割合分支払う支払い方法が簡単ですが、上記のような2ケースの場合には、相殺払いを選ばざるを得なくなります。
10万前後の支払いというのは、保険会社から見ると金額としては低めの支払額となります。(このあたりはなかなか理解していただけないものですが)
保険を使用しないほうがお得である可能性がでてきます。(保険会社にもよりますし、その方の”等級”にもよりますが。)
hamu15さんが今回保険を使用した場合、相殺払いになると、自分の保険会社から5万円を支払ってもらえます。しかし、次回保険料が上がってしまいます。
また、使用しない場合は相手からの25.000円のみの支払いで後は自腹となります。その分次回の保険料が上がることはありません。
まずは、保険会社または代理店へ連絡し、保険を使った場合の次回保険料の計算をしてもらってみてください。それで、今回支払われる支払い金額以上に保険料が高くなるのであれば、保険は使わないほうがよいでしょう。
私の経験上、6~8等級以下でない限り保険を使用されたほうが良いと思います。
また、次回新しく車を購入された際には車両保険の加入をお勧めします。
車の被害多いですから。参考になったかどうかわかりませんが、詳しくは保険会社に聞いてみましょう。一番だと思いますよ。
    • good
    • 1

hamu15さん、こんにちは。

私は保険会社で損害部門に勤めています。

過失割合や相殺ということを大体理解されているようですが多少誤解があります。
ほぼ50:50で示談が出来そうだということですが示談書は交わしましたでしょうか?最近は示談書は省略して口頭の了解で保険金の支払い処理を済ませることのほうが多いですがいずれにせよ、どちらも保険会社が入っているのなら支払いの際にどういう形で支払いをするか取り決めをします。ほぼ2種類です。業界内では「クロス払い」「相殺払い」と言っています。

「クロス払い」はお互い対物保険で自分のところの契約者の責任割合分を相手方に支払います。支払い先は修理していれば修理工場、今回のように全損なら車の所有者になることがほとんどです。
hamu15さんの今回のケースではhamu15さんの保険会社から相手方または修理工場に50.000円を支払います。相手方の保険会社からはhamu15さんに75.000円を支払います。

また「相殺払い」はそれぞれの支払額を差し引きして差額を一方から一方に支払います。今回だとhamu15さんの考えどおり25.000円は相手保険会社からhamu15さんに支払いがあります。ここからがhamu15さんの理解されていないところだと思いますが、この場合hamu15さんの保険会社は対物保険金の50.000円をhamu15さんに対して支払います。
hamu15さんからすれば相手方からの25.000円とと自分の保険からの50.000円とで計75.000円受け取ることになります。2箇所からになるけれどもらう額は変わらずです。
hamu15さんの保険会社とすれば単に支払い先が変わるだけで対物保険金の計算は変わらないのです。

どうしてこんな支払い方があるかというとたとえば相手方に車両保険があって全額先払い(過失割合が決定する前に契約者の車両の損害額が確定すれば車両保険は普通全額先に支払いします。対物の過失が決まればその支払いの際に回収するわけです。お客様サービスのため)
他に相手方に保険がないケースの時や相手が保険を使わないことになった時などもこの支払い方を採用することが多いです。なぜならば・・・
今回もし相手が「75.000円くらいなら保険を使わない」と
選択したら、と考えてみましょう。
hamu15さんは保険で約束どおり、相手に50.000円払ってあげました。ところが相手は自分で75.000円払うと言っておきながらなかなか払ってくれないかもしれません。
でももし保険の支払いを「相殺払い」にしていれば相手からもらううちとりあえず50.000円分は自分の保険会社から払ってもらい、ほんとに払ってくれるかどうかのリスクは25.000円に減るわけです。

相殺払いとしても保険は支払われるのでもちろん保険は使ったことになります。
逆にhamu15さんが「50.000円くらいなら保険を使わない」とすればやはり「相殺払い」として相手方から25.000円のみ受け取ることになります。そして相手方に支払うべき50.000円は相手に払う代わり、自分の損害額から差し引かれることになるのです。

なかなか難しい考え方かも知れませんけれどご理解いただけたでしょうか?
どうしても不安ならご自分の保険会社に「相殺払い」にせず「クロス」で払って欲しいとおっしゃればいいと思います。どちらの保険会社も支払いがまだならそれで通る話だと思います。相手が保険を使うならリスクはないと思われますので。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ