サバイバル術、例えば災害の時などに役立つような紐の結び方や、火事の時にどうしたら逃げる事ができるかなどを絵や図付きでわかりやすく解説してある本を知っている方がいれば教えて下さい。

A 回答 (4件)

網羅的なのは、以下の本だと思いますが。



「サバイバル読本」
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=99017 …


「21世紀サバイバル・バイブル   自然災害から犯罪まで、危機を生き延びる秘策と心構え」
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=00055 …



以下はご参考までに。

「図解 実用ロープワーク 」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …


「決定版 ひもとロープの結び方―よくわかるイラストで、覚えやすく、すぐに使える」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …


「暮らしに役立つひもとロープの結び方」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …

「実用 生活に役立つひもとロープの結び方」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …



これは、まあ、本当に、ご参考までに(^^;)
http://www.namiki-shobo.co.jp/html01/survive.html
    • good
    • 0

特定の項目に限ってですが。


消防署に防災マニュアルのようなものが置いていました。
消防署の予防係りか、庶務係りに行ってみては。
もしも置いていない時は頼めば作ってくれるかもしれません。関連資料は山程ありますので。
基本的にタダ(無料)です。

また、私の住んでいる地域では、自治区会や企業、個人のグループ単位で消防署に依頼すれば教えにきてくれます。
こちらもタダです。
    • good
    • 0

阪神・淡路大震災の後に出たムック(別冊宝島のようなB5版の雑誌)なので、書店では入手しにくいかもしれませんが、古本屋サイトか図書館で探してみてください。



「阪神大震災に学ぶ『イザ』という時100マニュアル」
 毎日新聞社刊、毎日ムック百MAGA第1号、1995年
「monoセイフティ・マニュアル」
 ワールドフォトプレス刊、ワールド・ムック第51号、1995年
    • good
    • 0

有名どころでは,


「サバイバル・マニュアル」(著者:柘植久義)
なんかどうですかな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関東近郊で7月に6名でサバイバル風なキャンプを予定しています。

関東近郊で7月に6名でサバイバル風なキャンプを予定しています。
食事は現地で調達した素材(川魚・キノコ等)と決めたやんわりサバイバルキャンプです。
もちろんですが狩猟採集が可能で、少しでもサバイバル体験ができるような
場所をご存知の方がいらっしゃれば教えてください!

Aベストアンサー

関東ではありませんが苗場山域の麓周辺がおすすめです。グループでの「やんわりサバイバル」ですので車でのアプローチやある程度のスペース等も考えてのご提案です。国道17号で苗場スキー場エリアに入り苗場山への登山ルートの一つである赤湯ルートを車で登山口までアプローチできます(プリンスホテル前を通過して林道へ)。駐車場のある登山口のすこし手前に開けた川原があり景色も良いです。川原に車で入れますし。ベースキャンプにも適しています。7月ですときのこ類はどうでしょうか?いまならたけのこや春の山菜は豊富ですが。当然川魚は豊富です。ベースキャンプから登山道を登れば3時間ほどで赤湯温泉ですし赤湯周辺でもキャンプ可能です。渓流が2本あり川沿いに露天風呂がある秘湯系温泉です。車で林道を戻れば苗場地区にすぐ出れますので買出しや緊急時にも安心です。狩猟禁止区域はあらかじめ町関係に確認ください。

Qサバイバル教本?

以前図書館で
「こんなときどうする」の様な雰囲気の
「突然地震が起こったら・・・」
「サリンが撒かれたら・・・・」
「テロリストに遭遇したら・・」
というサブタイトル(?)の本を見かけたのですが、タイトルがわかりません。
もし、ご存知の方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

まず、タイトルははっきりしなくて、内容が地震などの自然災害からテロなどの人災までを取り扱ったものを図書館で見た、という風に解釈しましたがよろしいでしょうか?

あなたがお探しの本を探し当てるのに一番いいのは、その本を見た図書館に行き、災害予防・犯罪予防に分類されている本を検索して、その一覧をチェックしていくことです。
日本十進分類法で「369.3 災害・災害救助」に分類されているものがほとんどだと思いますが、本の内容によっては「390 国防・軍事」や、「450 地球科学・地学」「510 建築工学・土木工学」に分類されるものがあります。総合的なものであれば「369.3」だけリストアップすれば足りるでしょう。
タイトルでぴんとこなければ、大きさやページ数、刊行年で絞り、あとは実物を見ることです。

一応私が検索した中で怪しいと思うものをあげておきます。
「~に遭遇したら」というような文言は、サバイバル系の本の目次や内容紹介でもいくらでも出てきますので、2冊だけ。

『戦う!サバイバル -最悪から身を守れ-』市民防衛フォーラム編 並木書房(2003年刊)
「突然銃撃されたら」「核攻撃されたら」「生物・化学兵器に襲われたら」「テロリストの人質になったら」「路上で犯罪を目撃したら」「自宅に賊が侵入したら」「大地震が起きたら」…約100の最悪ケースを想定してその対処法を紹介した本。

『こんな時、どうする? -知っておくと違う現代人の危機回避-』メディア・ビュー編著 東京書籍(2002年刊)
テロ・強盗・監禁・地震・ビル火災・放射能漏れ・心臓発作などなどの緊急事態の対処と回避の方法を紹介した本。

まず、タイトルははっきりしなくて、内容が地震などの自然災害からテロなどの人災までを取り扱ったものを図書館で見た、という風に解釈しましたがよろしいでしょうか?

あなたがお探しの本を探し当てるのに一番いいのは、その本を見た図書館に行き、災害予防・犯罪予防に分類されている本を検索して、その一覧をチェックしていくことです。
日本十進分類法で「369.3 災害・災害救助」に分類されているものがほとんどだと思いますが、本の内容によっては「390 国防・軍事」や、「450 地球科学・地学」「510...続きを読む

Q年収130万円でサバイバル生活をしたいんですが、どうしたらいいですか?

年収130万円でサバイバル生活をしたいんですが、どうしたらいいですか?

給料のほとんどをフィリピンパブに寄付して残りで生活すればサバイバル生活になりますか?

Aベストアンサー

フィリピンパブに寄付をしなければいいだけなのでそれは「サバイバル」ではなく「単なるアホ」です。

Qサバイバル小説でオススメありますか?

人間が生き延びる(または生還する)ために、あれこれ知恵を絞って努力する、食料を調達したり、道具を作ったり、といったストーリーが好きです。

オススメの小説がありましたら、教えて下さい。

ちなみに今まで読んだもので気に入っているのは、
「漂流」吉村昭:私のベスト1。江戸時代の実話。水もない島での何年にも渡る過酷なサバイバル。
「悪夢のバカンス」シャーリー・コンラン:裕福な女性グループのジャングルサバイバル。「女性」っぽさが鼻につく所もありますが、ジャングルの描写が秀逸。かなりハード。

ジュニア小説でなく、一般向きでお願いします。

Aベストアンサー

「魔境からの脱出」柘植久慶

南米アマゾンで航空機が墜落。
生き残ったのは5人。
主人公たちはイカダを作り、自力脱出を試みる。
食糧や水を調達し、軍隊アリの猛攻があったり。

最後はガリンペイロや某国エージェント?との戦いもあります。

Qサバイバルの描写

ランボーのように、サバイバルテクニックを実施するシーンのある映画はありませんか?

マッチやライトを使ったり、森林でのサバイバルなどの描写がリアルな映画を探しています

ちなみに、私はスプラッタやホラー、残酷なシーン(惨殺、拷問、強姦)が苦手なので、そういうのは避けたいです(汗)

また、映画でないメディア作品でも結構です(ディスカバリーチャンネルの「サバイバルゲーム」を見たことはあります)

お願いします

Aベストアンサー

はじめまして

アンソニーホプキンス主演の「ザ・ワイルド」と言う映画がそれっぽかったと思います。

また、映画じゃありませんが、さいとうたかを原作の「サバイバル」と言う昔の漫画が
非常にリアルで、サバイバルマニュアルといっても過言ではなかった記憶があります。

Q速読術

かなりの本を読み又読まなければなりません。
時間をかけゆっくり読むものから、目を通すだけのものまで。そこでお聞きしたいのですが、

速読術とはどのようなもので、又どうやって行うのでしょうか。

試した方などおられますか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

小学生の頃に「速読術」を習いに行っていました。それまでも本を読むのは人より速かったのですが、習ってからは更に速くなりました。今でも(26歳ですが)その速さは変わらないように思います。練習方法ですが、まず目の筋肉の運動。文字の代わりに丸が文章のように並んでいる本を、目だけを動かして丸を追っていくというのを数分間やります。できるだけ速く目を動かす事を心掛けつつ、毎日続けると目が上下に速く動くようになります。あとは記憶力の強化(?)として、例えば1分間、簡単な内容の本を読んで、そこに出てきた単語を覚えているだけ書き出すという事を繰り返しやりました。すると文章を「一文字づつ読んで」いくのではなく、「ある程度の長さの文章をを一目で見る」事ができるようになり、読む速さがアップするというものでした。あと、呼吸法もやりましたが、これは何の為だったのかよく分かりません(リラックスする為でしょうか)。とにかく3ヶ月くらい続けて、かなり速く読めるようになりました。習っていた先生が自分で本を出していたようなので、練習方法等のハウツー本が書店にあるかもしれません。少しでも参考になるでしょうか。

小学生の頃に「速読術」を習いに行っていました。それまでも本を読むのは人より速かったのですが、習ってからは更に速くなりました。今でも(26歳ですが)その速さは変わらないように思います。練習方法ですが、まず目の筋肉の運動。文字の代わりに丸が文章のように並んでいる本を、目だけを動かして丸を追っていくというのを数分間やります。できるだけ速く目を動かす事を心掛けつつ、毎日続けると目が上下に速く動くようになります。あとは記憶力の強化(?)として、例えば1分間、簡単な内容の本を読んで、そこ...続きを読む

Q必要最小限のサバイバル用品

大地震など、不意の天災時のサバイバル用品として最小限、皆さんが持ち歩く物は何でしょうか?

サバイバル条件としてはカバン、ウエストバッグやリュックサック等は不可で、夏服ズボンのポケット(カーゴパンツ等ポケット容量の大きい物は不可)に入り、且つ歩行を阻害せず邪魔にならない物、または財布に入る物。

以上の条件で必要最小限度で持っていたいサバイバル用品は何ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

安全確保のための”知識”と、携帯電話&PHSですね。

結局、大災害が発生すれば、自分一人では解決できない事態にぶち当たります。
その際に、応援を要請するためのツールさえ持ち歩いていれば十分です。

勿論、ご質問の中にあるような縛りがなければ、
様々な便利ツールもあることはありますが、
おそらく、あなたが危惧為さっているように、それらを常に身に付けていることは非現実的です。

サクっと助けを呼べる通信機器と、
何よりも冷静な状況判断を下せる知識こそ、最強のサバイバルツールですよ。

ではでは(^_^)

Qダークなんとかさんの書いた催眠術の本の名前

ダークなんとかさんの書いた催眠術の本の名前をおしてください、あの人の様なことはしません。

Aベストアンサー

これかな!?

でも在庫切れなんです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812400120/qid=1149688977/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/503-4864767-7803137

Qサバイバルなキャンプがしたい

群馬・栃木・福島近辺でサバイバルなキャンプをしたいと考えています。
今日と明日でキャンプ用品を買出しに行こうと考えてます。

1.山がある
2.川がある
3.渓谷がある
4.温泉がある
5.人が少ない
6.食料が現地調達可能(釣りとか猪捕まえるとか)

ようするに大自然を満喫したいわけですね。
どこか良いサバイバルキャンプ地、サバイバルキャンプ用品
をご存知の方、ご教授願います。

一緒に行ってくれてもいいのですが。笑

Aベストアンサー

>1です。
なるほど、他の方のやり取りを拝見して
私が初めてシート一枚とナイフだけを持って出かけた夜を思い出しました。

食料は結局、近くのスーパーで買いましたが
海辺に向かい、防風林の松の枝を組んでシートをかけテントとし、火は流木を集め、水は海岸沿いの川から汲んで・・・、2日ほど過ごした初体験でした。

あれですよね、そういう「孤独」を無性に感じてみたい時期があるものです。それ以降も一人登山など続けてますが、あの最初の夜は今もって忘れられません。
質問者さんもそんな衝動がムクムクときたのでしょう。
ならば、とにかく小難しい理屈は置いといて、可能なプランを考えてみましょう。

まず最初に1)~4)に関しては欲張らずにしぼりましょう。
5)は、そんなにこだわらずに考えるべきです(遭難しちゃもともこもないですから)
6)に関しては柔軟に対処するつもりで、基本的に携帯食料と燃料は持っていって下さい。

そうすればおのずと可能な場所が限定されるはず。
山ならば主要ルートを登山しつつ場所を探せばいいし(もちろんあらかじめルートや地形の学習を。)
川・渓谷ならば川登りや渓谷歩きなどのガイドブックを参考に。
温泉ならば、露天風呂・秘湯など情報も多いのでそれらを参考に。
そして、最初に書いた「海岸」もお勧め。
比較的 街に近くても砂防林などが広いうえ、夜は人気が無くなる場所も多いので雰囲気は抜群です。山に行くより格段に遭難の危険性も低いですしね。

さて、最低でも用意すべきものは「ナイフ」、「軍手」、「火(ライターなど)」「携帯食料」「水(水筒やペットボトル)」「コップか簡単な食器」、「シート(ターブ)」、「寝袋」「地図や方位磁石(防水は言うまでも無く)」「無線機(携帯電話)」「ラジオ(台風情報とか気をつけましょう)」。
余裕があれば「ライト(ランプ)」「蚊取り線香(防虫スプレー)」「コンロ(雨の時に重宝する)」「断熱シート(敷いてよし、かぶってよし)」「傷薬やバンドエイドのようなもの」。

要は・・、一通りの装備は用意しましょう。
たとえ現地で使わない腹ずもりでも、万一に備えるのがキャンパーのマナーです。

ともかく、最初からヘビーなプランをたてるのではなく
可能な範囲を自問自答して見定めるのも重要です。
願わくば素晴らしい夏の経験になるように祈ります。

>1です。
なるほど、他の方のやり取りを拝見して
私が初めてシート一枚とナイフだけを持って出かけた夜を思い出しました。

食料は結局、近くのスーパーで買いましたが
海辺に向かい、防風林の松の枝を組んでシートをかけテントとし、火は流木を集め、水は海岸沿いの川から汲んで・・・、2日ほど過ごした初体験でした。

あれですよね、そういう「孤独」を無性に感じてみたい時期があるものです。それ以降も一人登山など続けてますが、あの最初の夜は今もって忘れられません。
質問者さんもそんな衝動がム...続きを読む

Q赤毛のアンの解説本

もう何年も前になるのですが、近くの本屋さんで
小規模な「赤毛のアン フェア」みたいなのをやっていて、
その中にアンブックスに出てくる言葉の解説本のようなものがあったのです。
たぶん物語の中に出てくる花とか料理とか、
あと当時の習慣とか宗教的なこととかの解説なのだと思うのですが
表紙を見ただけなので詳しくはわかりません。

とても惹かれたのですが、その時はあいにく時間も持ち合わせもなく
「また今度」と思っているうちに買いそびれてしまいました。
今ではその本屋さんもなく…。

どなたかお心当たりの方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

解説本じゃないのですが・・・・
松本侑子 訳「赤毛のアン」(集英社文庫)本文439ページ、訳注87ページ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087472019/qid=1141855731/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-7932277-6597123
膨大な訳注がついています。(というかそれが売り)。
で、同書の参考文献のところに「『赤毛のアン』の生活事典」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062069695/qid=1141855848/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-7932277-6597123
「赤毛のアン・夢紀行」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140086769/qid=1141855992/sr=1-3/ref=sr_1_0_3/249-7932277-6597123
このあたりはどうでしょうか。
まず、言葉の説明というか注は松本さんの訳があればもう十分な感じがします。それ以外はあとの2つはなかなかよさそうな。

解説本じゃないのですが・・・・
松本侑子 訳「赤毛のアン」(集英社文庫)本文439ページ、訳注87ページ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087472019/qid=1141855731/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-7932277-6597123
膨大な訳注がついています。(というかそれが売り)。
で、同書の参考文献のところに「『赤毛のアン』の生活事典」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062069695/qid=1141855848/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-7932277-6597123
「赤毛のアン・夢紀行」
http://www.amazon.co.jp/...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報