ふと疑問に思ったことなのですが、なぜ日本の車は左側通行、アメリカでは右側通行なんでしょうか?一緒にしてしまえばどちらの国でも同じように運転できて楽なのに、と思ってしまいます。実際、アメリカへ行った時運転をする機会があったのですが、日本とは全く逆。混乱してしまった覚えがあります。本当にどうでも良い事なのですが、何故?と一度疑問に思ってしまうと気になってしまって・・・。何か知っていらっしゃる方、回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

イギリスが、「車は左、人は右」については、船舶の運行ルールを持ってきたからという説もありますが、よく知りません。


その他の国が逆なのは、イギリスに対する反感でしょう。
イギリスが、フランスを攻めていて、その後フランスは独立国家になるのですが、そのときの影響で、フランスでは、基本的にイギリスとは反対のことを行うルールが多数出来ています。
フランス料理などで、スープを飲む際最後に皿を奥に傾けスプーンですくうのは、イギリスのテーブルマナーが皿を手前に傾けてすくうからであったりと、何かにつけて反対のことをしています。
イギリス統治国と、その他のヨーロッパ諸国で車両通行が異なるのはそのためだと、私は解釈しています。
日本は、刀の話を良く聞きますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イギリスに対する反感・・・。政治的(?)な事が理由になっているとは知らなかったです。それに、フランスではイギリスとの反対のことを行うルールが多数あるだなんて。質問を書きながら「こんなことに回答してくれるのだろうか」、と不安だったのですが、こんなに面白いことが発見できるとは驚きです。あらゆることに疑問を持ってみるものですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 15:32

日本では、武士が刀を左の方に差していたので、すれ違ったとき刀がふれあうのをさけるため左側通行が基本であったと聞きます。


ただ、この場合、イギリスも左側通行だという理由が思い浮かびません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

武士がいた頃の話まで溯ってしまうんですね!!そんな昔のことを基準にしていたとは。面白いですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 15:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車の右側通行

最近自転車に乗って、右側を走る人が多くなっていますが、
なぜでしょうか。
以前は、ほとんど左側を走っていたと思いますが。
広い歩道で、自転車同士がすれ違うときは、お互いに左側をはしていますが。
ルールが、変わったのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

法律はまるっきり変わっておりません。
乗っている人間のモラルが激しく低下しているだけです。
車道の右側をママチャリで携帯電話でメールを打ちながら歩いている学生、ウォークマンを聴きながら走り回っている人間。
そう言う他人を巻き込んでも何とも思わない人間が急増しているだけです。
なお、自転車で人にぶつかるだけでも人間を余裕で殺傷させることが出来ます。
それだけ、危険な乗り物だと言うことを理解していない人間が急増中です。

自転車は本来、軽車両です。
当然、道路交通法では歩道を走ることが出来ません!!
歩行者の安全を確認できる範囲で徐行するように定められております。
この法律は、全然変わっていません。
くれぐれも、車道を右側通行しないように願います。
ちゃんと法律遵守をして歩道走行している人間にとって死活問題です。
当然、ヘルメットもしているのに。

Qなぜ日本は左側通行なのか??

なぜ日本は車をはじめ、左側通行なんですか?日本以外だとイギリスが左側通行ですよね?
日本近隣国は右側なのに・・。
また、アメリカが日本を占領していたのになぜ右側に強制しなかったんでしょうか。沖縄はしばらく右側でしたよね。教えてください!

Aベストアンサー

 よく、言われているのが、侍が刀を身に付けているのは、左側の腰の上だったので、右側通行になると侍同士がすれ違うときに刀が触れ合ってトラブルになるのを避けるため日本では左側通行になったとかいわれていましたが、実際は日本の交通制度がイギリスの交通制度を参考にしたため、右側通行になったのが実際だと思います。
 また、終戦後、日本を占領していたのはアメリカではなく「連合国」でした。連合国の中には、アメリカだけでなく、イギリスも含まれていましたから、当時の日本のすべてがアメリカの慣習や法令下にあったわけではありません。
 また、占領下の日本においても日本の法律はまだいきていましたし、終戦後も日本の交通インフラは左側通行を基準としていたので、わざわざ右側通行にする必要はなかったのかもしれません。
 沖縄については、沖縄は終戦後、「琉球政府」としてアメリカ政策下にあったので、左側通行でしたし、本土ほど交通インフラが整備されていなかったので、左側通行にしたのでしょう。
 

Q人間が歩くときは、右側通行ですか?

基本的な事を聞いてると思いますが
車は左側通行ですが
人間が歩くときは、右側通行ですか?

Aベストアンサー

No.1さんがおっしゃるとおり、『車両に対して』右側です。

歩行者同士がすれ違う場合は、互いに左に避けるのがよい、と考えます。
日本の交通システムは左側だからです。

が、足が悪いひとの進路を塞いで左に行けというわけにはいきませんし、
ベビーカーを押している人には路面の良いほうを譲るとか、
臨機応変に対応します。

車両の進入してこない歩道で、どちら側を歩けというルールがない、というのは
互いにぶつからないように臨機応変に対応しろということだと思います。

エスカレータで、右を空けろとか、左を空けろとかいうのが、右手でしか手すりに掴まれない人、
あるいは、その逆の人がいることを無視した、健常者の勝手なルールであるように、
どちらかと決めてしまっては不都合が生じることがあるのです。

私は右利きなので、もし視力を失ったら、右手に白杖を持ち、点字ブロックの左側を歩くことになるのではないかと思います。
点字ブロックの右側を歩けといわれると困るでしょう。
視覚障害の方は実際には点字ブロックの『上』を歩いているようですが。

Q自転車の左側通行について

先日、自転車に乗っていたら、知らない男性に怒鳴られました。
自転車は、左側通行だと。
道路交通法の改正は知っているのですが、場所により危険と判断した場合は、右側通行してはいけないのでしょうか。
その場所は一方通行で、路側帯が片方にしかありません。車1台と自転車1台が同時に通ると、幅いっぱいになる狭い道路です。また、道が「く」の字になっています。
自転車が一方通行を逆走すると、ゆるく左折することになり、左側通行をすると前から来る車がみえません。路側帯は右側のみとなります。左右に自転車がいると、車は間を通り抜けられないと思います。
その状況でも左側通行をしなければいけないのでしょうか。
法律はできたものの、まだ道路状況が追いついてなく、危険と判断した場合、右側通行もやむを得ないと思いますが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

いろんな見方があると思います。

>左側通行をすると前から来る車がみえません。
なら低速度で走行するなり、降りて押して歩くという手もあります。

>左右に自転車がいると、車は間を通り抜けられないと思います。
道路の両側に自転車が切れ目もなく連続してるんでしょうか?そんなことないですよね。
切れるタイミングに通り抜ければいいと思いますが。

前からくる自転車があるなら一時停止して通過を待つことも難しくないでしょうし。

勝手に「右側通行をしてよいのだ」と判断しそれを実行するのは最善の策ではないと思います。


>怒鳴られました。
よほど鬱憤が溜まってるんでしょう。言われっぱなしがいやなら「知ってるよバカヤロ」と
反論し言いたい事全部主張すればいいです。意外にわかりあえる部分が多かったりしますよ。

Qふと疑問におもうこと

自動車・飛行機・IT・原子力等々挙げればきりがないのですが、なぜ「白人」の方々は時代をリードし続けているのですか?

Aベストアンサー

 白人の人が時代をリードし始めたのは、ここ数百年くらいの話ですよ。その前は、中国とか、イスラム圏の方が経済発展していました。
 ヨーロッパなんて、緯度が高いために、作物が育ちにくいのです。
 日本も江戸時代は、江戸は世界最大の都市(人口が最大)でした。多分、その頃の日本を見れば、「この時代において、世界で最も豊かな国は日本である」と思ったと思います。
 
 多分、「宗教分離」が良いのだと思います。今、ヨーロッパが経済発展しているのは。中国も今は駄目だけど。100年も経てば、「世界で最も豊かな国は中国である」と言われるかもしれません。ロシアも、共産主義の影響のせいで、経済は駄目ですから。中国も共産主義を克服すれば、世界で最も豊かな国になれる可能性はあります。
 
 ある人によれば。世界は5つの経済圏に分かれるそうです。キリスト教圏、イスラム教圏、儒教圏(中国、朝鮮半島の事)に仏教圏に日本、だそうです。
 今は、キリスト教圏が豊かなだけのような気がしています。
 まあ、例外はありますが。この説で行くと、「何で、中年米は経済発展しないのだろう」という疑問もありますし。もしかしたら、「アメリカが例外なのかもしれない」とも思ったりします。つまり、私の説では、「歴史の長い国ほど民度が高いために、豊かになれる」ということなので。これだと、中国は絶対に可能性があると思うのですが。
 いかがなものでしょうか。
 
 もっとも、「ある程度、食料が豊かに生産出来ない国の方が、国民が努力するので、豊かになれる」という説もあります。(今、書きながら考えました)中南米が駄目なのは、昔、食物生産が非常に豊かな国だったから。原油産出国も、頑張らなくても豊かになれるので、それ以上の経済発展はしません。東南アジアが経済発展しないのは、食物が豊かなので、頑張って働かないせいではないかと。もっとも、ただ単に暑いせいだからかもしれません。日本も、ヨーロッパも、アメリカも、今経済発展している国の大概は、中緯度の国なので。

 しかし、自動車は、イギリス(ヨーロッパ?)で発明されて、アメリカで一般化(大量生産)されたとして。飛行機は第1次世界大戦で一般化して。(確か)ITは元々、アメリカの軍事技術で。原子力は、原爆の開発に初めて成功したのは、アメリカだが。今、原子力発電で一番は日本だったと思いますが。
 まあ、いわゆる、近代技術では、ヨーロッパとアメリカですね。
 しかし、自動車以外は、元々軍事技術の物ばかりのような気がするのは、気のせいでしょうか。
 ただ単に、好戦的なだけだったりして。

 白人の人が時代をリードし始めたのは、ここ数百年くらいの話ですよ。その前は、中国とか、イスラム圏の方が経済発展していました。
 ヨーロッパなんて、緯度が高いために、作物が育ちにくいのです。
 日本も江戸時代は、江戸は世界最大の都市(人口が最大)でした。多分、その頃の日本を見れば、「この時代において、世界で最も豊かな国は日本である」と思ったと思います。
 
 多分、「宗教分離」が良いのだと思います。今、ヨーロッパが経済発展しているのは。中国も今は駄目だけど。100年も経てば...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報