dポイント最大50倍で史上最大級のお得に!

はじめましてよろしくおねがいします。
私が連帯保証人になった会社が倒産となり、保証協会が代位弁済し、最近協会より私に請求が来ており呼び出しを受けました。金額は2000万円ほどです。会社の社長も含めほかに2人の保証人がいるのですが、連絡とれません。私は以前は会社役員などしていましたが、今はサラリーマンで年収は手取りで300万円ほどです。
1. 特に資産もありませんので、一括返済など到底できません。月々少しづつしか払えません。どうすればよいでしょうか。
2. 保証協会も給与差押などするのでしょうか。
3. 少しの返済では利子が膨らみ元本が減るとは思えません。自己破産も検討すべきでしょうか。
4. ほかにも役員をしていた会社の保証協会付きの融資の保証人になっています。これはまだその会社が返済を続けていますが、上記の件で自己破産となったら、このようなほかの融資の連帯保証人から外れることになりますか。
以上よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

保証人に限らず破産をしてしまえば、将来再度同じ債務が復活することはありません。

保証協会側は当該法人(別の会社の方)に対して質問者に代る別の保証人を立てるように要求するか、新規貸金を実行して質問者が保証する貸金を回収する(貸金の入替)等の手続を取るか、場合によっては会社が今後貸金を受けられなくなる事や貸金の期限の利益を失い即刻返済を求められる、といった不利益が生じる可能性がありますが、現時点では質問者がそこまで心配しても始まらないと考えます。

破産法の第105条には、保証人について破産手続開始の決定があった時は、債権者は破産手続開始の時において有する債権の全額について破産手続に参加 することができる、と定めていますが、保証協会側が期限未到来の別会社への保証債務でも破産手続に参加してくるかどうかについてはケースバイケースでしょう。過去に似たケースで回答しておりましたのでご参考まで。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1820745
    • good
    • 1

1.事情によりますが、全て保証協会との交渉事になります。

保証協会との交渉で月5~10万円といった可能な限りでの返済額を定めて返済を続けていくことになります。公的な保険制度での回収がある為全額返済を求めないケースや、他の保証人への請求を加味して本件例では元利金の1/3の返済で可とするように交渉を進める方法も有ります。(一括返済ができれば交渉は有利です)保証協会側は完済させる以上に、規定に沿って保証人へ請求し返済をさせているという事実に重きを置く傾向があるように感じます。 

2.保証協会は半分役所のような組織ですので、強硬措置は取らない可能性が高いですが、逆に戒め的な発想で教科書通りの強硬措置を取る例も有り得ます。

3.ご自身で判断する事項ですが、破産後も給与収入が得られ生活を継続できるなら第一に検討すべき選択肢でしょう。事実として自己破産の可能性がある点も保障協会との交渉で掲げながら、落とし所を求められては、と考えます。

4.破産申し立て時の債務として、別会社への保証債務を上げて免責を受ければ保証債務から免れることになります。「連帯保証人から外れる」のではなく、「連帯保証人が破産した為請求ができなくなる」が正しい理解です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。もう少し教えていただきたいのですが、破産申し立て時に連帯保証人になっている債務が、期限の利益喪失となっていない場合でも、保証債務から免れるということでしょうか。面積を受けたあとに、その会社が倒産などして、あらたに保証人の責任が発生する、などということは起こりえないのでしょうか。免責時にすべての保証債務からも免責されるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2006/02/20 20:54
    • good
    • 2
この回答へのお礼

mahopie様 的確なご回答ありがとうございました。大変参考になりました。交渉後も質問させていただくかもしれません。よろしくおねがいします。

お礼日時:2006/02/20 12:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用保証協会の代位弁済への返済負担を軽くできませんか?

何卒お助けください。たいへん困っています。

私は、信用保証協会の保証を受け、銀行からお金を借りていました。

しかし、銀行への返済が困難となり、6年ほど前に信用保証協会から銀行に2500万円を代位弁済してもらいました。

その後、信用保証協会へ月々4万円だけ返済していますが、利息が年利14%に上り、元利残高が膨らみ続けている状況です。
(現在では、元利残高が5500万円まで膨らんでしまいました)

そこで、ご質問申し上げたいのですが、利率を下げたり、一部債務を減免したりすることはできないでしょうか。

何卒ご教示お願い申し上げます。

Aベストアンサー

仕事で某保証協会と公的融資に関連して代位弁済となった方との間に入ることの多い者です。
保証協会と言いましてもいくつもありますので必ずしも同じ対応ではないでしょうが。
No.1の方が書いているように真面目に支払いをされている方については元本返済時に遅延損害金については減免してくれることがあります。

ただ、ご質問者さんは失礼ながら真面目に返済をされておられますでしょうか?
元金2500万、利率14%で6年で元利残高5500万というと、ほとんど返済されていない計算になると思いますが・・・。

まあ、それはおくとしても月4万の返済では元金の返済だけでも50年以上かかる計算になります。
このままでは多少債務の減免を受けても状況は変わらないと思われますので協会に相談を持ちかけても話しにもならないような感じですね。

元本分だけでも(もしくはせめて元本の半額だけでも)完済出来る現実的な返済計画がたてられるのであれば色々交渉の余地はあるかと思いますが、不可能でしたら自己破産された方がよろしいかと思います。

Q連帯保証人の時効?について教えてください

宜しく御願いします。

亡くなった父が、連帯保証人になっていました。
(借金の額は300万円くらい)
父のほかにも連帯保証人がいるとは思いますが、
最近になって信用保証協会の人がまたやってきて、
お金を払うように言って来ます。

詳しいことがさっぱり分からないのですが、
父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を
払っていたようです。

最近来た信用保証協会の人が、手紙と振込用紙を
もってきました。
「○月○日までにお出向きください。前述の期日を
過ぎても、ご来所またはご連絡の無い場合には、
不本意ながら法的手続きにより回収することが・・・」
という内容で、下の部分に借金の額が書いてありました。

そこに、代位弁済というのがあるのですが、これは
なんでしょうか?
日付は昭和62年となっています。

結構昔のものだと思うのですが、時効?には
ならないのでしょうか?
父が時々返していたので、やはり最後まで返さなくては
いけないでしょうか?

父が亡くなってすぐにきた協会の回収者は、
母に払わなくてもいいですよと言ったそうです。
その後、現在の担当者に変わり、土地を抵当に入れると
言われたり、元金だけでもいいといわれたりしたようです。

この借金が何時のものか、他の連帯保証人がどうしてるのか、
父が何時ごろまで借金を返していたのか、分からないことが
多いのですが、それを知る方法や、時効?かどうか
調べる方法、それを申し立てる方法など、分かる方が
いらっしゃいましたら、教えていただきたいです。

宜しく御願いします。

宜しく御願いします。

亡くなった父が、連帯保証人になっていました。
(借金の額は300万円くらい)
父のほかにも連帯保証人がいるとは思いますが、
最近になって信用保証協会の人がまたやってきて、
お金を払うように言って来ます。

詳しいことがさっぱり分からないのですが、
父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を
払っていたようです。

最近来た信用保証協会の人が、手紙と振込用紙を
もってきました。
「○月○日までにお出向きください。前述の期日を
過ぎても、ご来所またはご連...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

まず「時効」は10年です。
これは「借りてから」ではありません。
「借金の一部を最後に払った日から」と考えてください。
(本当はちょっと違いますが)

>父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を払っていたようです。

ですのでお父様が亡くなった時期がわかりませんが、最近であれば
「時効」にはなっていないと思います。

借金は「相続」されます。
お父様が亡くなったのであれば相続放棄をしない限り、借金は
相続人が支払わなければなりません。
(もちろん「借金だけ」を相続放棄はできません。放棄するのであれば
土地や預貯金などのプラスの財産も放棄になります。なお、相続放棄
の手続きができるのは、通常亡くなってから3ヶ月以内です。それを
過ぎると自動的に相続したことになります。)

>この借金が何時のものか
>父が何時ごろまで借金を返していたのか

これは相手方に「取引履歴」を開示してもらえばOKです。
相手(債権者)は拒否できません。

>他の連帯保証人がどうしてるのか

これは興信所等で調べる手はありますが、当面あまり意味は無いと
思います。連帯保証人というのは何人いても、借金を頭割りして支払う
というものではありません。債権者はその中の一人に「全額」請求できます。

まずは
・借金(連帯保証)の契約書を見せてもらう
・取引履歴を開示してもらう

ところからはじめましょう。
いつの借金なのか、最後に支払をしたのはいつかを調べましょう。
なお、お父様が亡くなった後にお金を支払ってしまうと、例え相続放棄
していても「債務の追認」になる可能性があります。
(要は「代わりに支払うことを承諾した」ことになる)

こんにちは

まず「時効」は10年です。
これは「借りてから」ではありません。
「借金の一部を最後に払った日から」と考えてください。
(本当はちょっと違いますが)

>父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を払っていたようです。

ですのでお父様が亡くなった時期がわかりませんが、最近であれば
「時効」にはなっていないと思います。

借金は「相続」されます。
お父様が亡くなったのであれば相続放棄をしない限り、借金は
相続人が支払わなければなりません。
(もちろん「借金だけ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報