Muscovy glass
英文の小説中の単語です。
イルクーツク(ロシア)の人が使う窓ガラスのようなのですが、なぜモスクワガラスであるのか、わかりません。

どのような窓ガラスであるのか
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 白雲母の最大の生産地は、ロシア(CIS)、パキスタン、インド、ブラジルなどで、中世・14 世紀には、その透明性と薄く剥げる特性から、主に、窓ガラスとしての用途しかなかった。

(今は、電気絶縁体が主。) Muscovy (モスクワ大公国やモスクワを意味する古いロシア語)の窓ガラス。




Muscovite [マスカバイト]/白雲母(しろうんも)
http://www.emporia.edu/earthsci/amber/go336/pepp …

 Muscovy-glass から Muscovite の語が生また。光り輝くとのラテン語(mica マイカ 雲母)が起源。




マイカランプの画像なら有ります。
http://micasales.com/MicaLamps/MicaLamps.htm

 

参考URL:http://www.emporia.edu/earthsci/amber/go336/pepper/,http://micasales.com/MicaLamps/MicaLamps.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 17:34

詳細は分かりませんが、ロシア帝国の前身、モスクア大公国(殆どロシア帝国と同義語として使用される)で窓に使用された雲母(mica)の薄片を指すようです。

昔はガラスはぜいたく品だったので、透明度が高く加工しやすい雲母が明り取りに使用されたようです。ランプの傘としても使用されています。我々にはピンと来ませんが、西洋の年配者などにはMuscovy glass のイメージがあるのでしょう。

参考URL:http://micasales.com/MicaLamps/MicaLamps.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 17:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング