インド説話が他の文化圏に伝わる際に、どのような変化を受けたのかを教えていただきたいのですが。例えば、パンチャタントラがカリーラとディムナに、そしてさらにラフォンテーヌの寓話にと変化していったのに関して、その中の具体的な物語をあげて、教えていただきたいのですが。

A 回答 (1件)

一番有名な例は猿神ハヌマーンが


孫悟空のモデルになったことでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q牧場物語シリーズでのおもしろい作品

私は『牧場物語GB2』と『(PS)牧場物語~ハーベストムーン』を持っているのですが、新たに牧場物語シリーズを久しぶりに買ってみようかなと考えています。ですが牧場物語シリーズは私が知らない間に沢山でているようで、今どれを買えばいいのか悩んでいます。
上記の2つは満足のいく内容で、ハーベストムーンは結構おもしろかったです。似たような内容とはいいませんが、やりやすい感じで皆様がおもしろいと思った牧場物語シリーズを教えてほしいと思っています。
詳しい内容もできれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

DSの「ルーンファクトリー ~新牧場物語~」が新鮮で面白かったです。
今までの牧場物語とは違い、ファンタジー世界での牧場物語。
普通に牧場を経営する他にも、ダンジョンでモンスターと戦いながら
ダンジョンを耕して野菜を栽培(!)することもできたりと、
今までの牧場物語シリーズだとどうしても前作と同じことの繰り返しで
マンネリ気味だったところにうまく刺激を加えてくれています。

他にも操作性はDSの牧場物語の中ではかなり良いほうで、
ちゃんと十字キーで移動もできるし、(過去のDS牧場の中には
移動がタッチペンオンリーという狂った仕様がありました……)
じょうろを持ってタッチペンで畑を何マスかちょんちょんとクリックすると、
その通りに水をまいてくれるという画期的な機能が備わっています。
それに荷物を入れるカバンも最初から全開で落ちてる物もひょいひょい拾えるので、
畑作業のストレス面でもシリーズで一番快適になっています。

私も牧場物語シリーズはちょくちょくやってきたんですが、
この作品はシリーズの中でもかなり上位のほうに入りますね。
どうしても毎日同じことの繰り返しになってしまっていた今までのシリーズに
「ダンジョンの探索」という要素を絡めるだけでここまで変わるのかと驚きました。
来年1月に続編も出るようですが、ストーリー的に繋がりがあるようなので
先に1のほうを買っても問題ないと思います。

公式サイト
http://www.bokumono.com/series/runefactory/
http://www.mmv.co.jp/special/game/ds/runefactory2/

DSの「ルーンファクトリー ~新牧場物語~」が新鮮で面白かったです。
今までの牧場物語とは違い、ファンタジー世界での牧場物語。
普通に牧場を経営する他にも、ダンジョンでモンスターと戦いながら
ダンジョンを耕して野菜を栽培(!)することもできたりと、
今までの牧場物語シリーズだとどうしても前作と同じことの繰り返しで
マンネリ気味だったところにうまく刺激を加えてくれています。

他にも操作性はDSの牧場物語の中ではかなり良いほうで、
ちゃんと十字キーで移動もできるし、(過去のDS牧場の中...続きを読む

Q赤猪子説話の翻案について

 古事記に出てくる「赤猪子」という物語があります。雄略天皇が田舎の小さな女の子(赤猪子)に「大きくなったら結婚してあげるから他の男とつきあうんじゃないよ」と言って去っていき、赤猪子はそれを信じて待っているのですが結局天皇は彼女のことを忘れてしまい、80すぎてからやっと天皇に会うことができる…というお話です。このお話は脚色されて色々な形で翻案されているはずなのですが、近くの図書館で調べても見つけることができず、困っています。もしこの話をもとにした能・狂言・日本舞踊・説話などをご存じの方がいたらどうかお教え下さい。

Aベストアンサー

ウェブ検索で "赤猪子" のキーワードで検索したところ、次のようなものが見つかりました。(より精密に検索すればもっと発見されるかもしれません)

・有吉佐和子 小説「赤猪子物語」 戯曲「笑う赤猪子」
・花柳喜章 市川翠扇『笑う赤猪子』舞台・昭和32年
・春日井建(脚本)、草間靖子(声)『赤猪子』ラジオドラマ単発・昭和47年
・日本舞踊 吾妻流 吾妻徳彌 第11回「徳彌の会」における「赤猪子」
・秋元松代 「赤猪子の恋」
・秦恒平『三輪山』

また図書館でお調べのとき、探すものがどうしたら見つかるかわからない場合、それも教えてくれるのが図書館の役目です。遠慮なく尋ねてみましょう。参考になる図書資料がどこかにあります。

Q物語シリーズの八九寺真宵 可愛いと思いますか?

物語シリーズの八九寺真宵
可愛いと思いますか?

Aベストアンサー

私が物語シリーズで好きなキャラは忍(キスショット)、ガハラさん、そして真宵です。

ツインテールのルックスもさることながら、左膝の絆創膏とか、アララギ君とのお決まりのやりとり「かみまみた」とか、すごく微笑ましいキャラで好感度が高いです。

「まよいキョンシー」のお話で、大人の真宵が登場したときはちょっとうるっときました。

Q紫式部のいわし好き説話について

 こんにちは。紫式部が鰯好きだったという
逸話があると聞きました。夫に鰯の匂いを
とがめられたところ、
「日の本に はやらせ給ふ 岩清水 まゐらぬ人は あらじとぞおもふ」
 という歌をよんでやり返したという話らしいのですが、もともとは「猿源氏草紙」に収録されていて、
話の主も和泉式部となっています。(歌も少し違います)
 いつ和泉式部から紫式部になったのでしょうか。
江戸時代あたりかなあと思うのですが、この紫式部を主人公にした鰯好きの話の出典をご存じの方、いらっしゃいましたらお教えください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

天保11(1842)年成立の志賀理斎『三省録』には『市井雑談』からの引用として「紫式部と鰯」の説話が載っていました。おそらく林自見『市井雑談集』のことだと思いますが,これは宝暦14(1764)年刊なので,『和訓栞』(1777年ごろ)より若干早い例になります。
せっかくですので『三省録』を引用しておきます。(『市井雑談集』は翻刻されていないので確認できておりません。申し訳ありません)

「むかし紫式部,あるとき夫宣孝他出のとき,鰯をあぶり喰たるを,宣孝かへりみて,いやしきうをゝ食ひたまふと笑ひければ,
  日のもとにはやらせ給ふいはし水まいらぬ人はあらじとぞ思ふ
と詠み侍りしとぞ。」(『日本随筆大成』(第2期第16巻)より引用)

この和歌自体は『八幡愚童訓』(たぶん乙本だったと思います)に出ていますし,鰯説話の中心も「石清水」と「いわし」の単なる駄洒落ですから,説話の源泉は室町時代までさかのぼれるかも知れません。
『猿源氏草子』の「和泉式部と鰯」説話が「紫式部と鰯」の原型なのか,それとも「紫式部と鰯」型が先にあって『猿源氏草子』では話の前後に合わせて和泉式部密通説話の一部にしたのか,私には分かりませんがどちらもありそうだなぁ,とは思います。文献的に辿ることができればはっきりするのですが,なかなか上手く行きませんね。

なお,鰯が「むらさき」だというのは,『日葡辞書』(1603~04年)にもありました。
「Murasaqi ムラサキ すなわち,Iuaxi(鰯). 鰯。これは婦人語である。」
(『邦訳日葡辞書』より)
「紫式部と鰯」の形で説話が固定化するよりもかなり以前に「鰯=むらさき」だったのではないでしょうか。

天保11(1842)年成立の志賀理斎『三省録』には『市井雑談』からの引用として「紫式部と鰯」の説話が載っていました。おそらく林自見『市井雑談集』のことだと思いますが,これは宝暦14(1764)年刊なので,『和訓栞』(1777年ごろ)より若干早い例になります。
せっかくですので『三省録』を引用しておきます。(『市井雑談集』は翻刻されていないので確認できておりません。申し訳ありません)

「むかし紫式部,あるとき夫宣孝他出のとき,鰯をあぶり喰たるを,宣孝かへりみて,いやしきうをゝ食ひたまふと...続きを読む

Qアニメ物語シリーズの順番をすべて教えてください!!!!

アニメ物語シリーズの順番をすべて教えてください!!!!

Aベストアンサー

アニメ1期
「化物語」

アニメ2期
「偽物語」

アニメ特別版
「猫物語(黒)」

アニメ3期
「猫物語(白)」
「傾物語」
「囮物語」
「鬼物語」
「恋物語」
「花物語」(原作では「傾物語」と「囮物語」の間に発売)

アニメ特別版
「憑物語」

アニメ4期
「終物語」(原作では、上・中・下・続があるが、上・中までしかアニメ化していない)

映画
「傷物語」(原作では、1期「化物語」と2期「偽物語」の間に発売)

スマホ配信
「暦物語」(原作では、4期「終物語」の前に発売)


また、原作では、さらに続刊が発売中で発売予定。
こんな感じだったと思います。

Q説話についての論述の仕方

こんばんは! 論述についての質問です。

大学一年で国文学科に所属しているのですが、授業で論述の課題がでました。
その内容は、「説話・説話集の特徴や性格について論述せよ」というものです。
題にする説話は決まったのですが、特徴や性格とは具体的にどういうものかがよくわかりません。
この課題は、説話を必ず一つ以上取り上げなければなりません。

ちなみに私の考えているテーマは、「十訓抄と宇治拾遺物語との比較について」です。
十訓抄は第六段三十六段、宇治拾遺は題百二十一話の藤原実資が死亡したところの場面です。
場面は一緒ですが、書かれている内容が違っていることについて考察するつもりですが・・・

もしかしたら題目から外れて、とんちんかんなことをやろうとしているのでは、と不安になっています。
できるだけ早く回答していただけると有り難いです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

 こんばんは、かつて大学院(日本史学)で『日本霊異記』の講読を選択していた者です。その時の僅かな経験をお話ししますが、お求めの回答になっていますやら。
 日本の説話文学の流れを概観しますと、最も古いものが『日本霊異記』そして『三宝絵詞』『今昔物語集』『宇治拾遺物語』『十訓抄』となります。
 なぜ奈良末期から鎌倉初頭にかけてこれほどの仏教説話集が編纂されたかなどの問題に関してはすでに先行する研究の蓄積かありますので国文学資料館のデータベースでお調べになれば研究動向を掌握することもできます。
 そして「何をテーマにするか」との問題ですが、『十訓抄』と『宇治拾遺物語』の双方に掲載されている藤原実資の物語、それも彼の「死」に関して、だけでは少し物足りない気がします。意地悪な質問ですが二種類のテクストを比較して何があるのでしょうか。そしてこの二種類のテクスト以外に同じ作品は取材されていないのでしょうかとなってしまいます。物語が収められたには何らかの意図と理由があるはずです。逆に掲載されていないならばそこにも何らかの理由があることになりませんか?。
 そしてもし他の説話集にも収められていたならば、そちらではこの藤原実資の物語を「どの様な切り口で評価しているか」が問題となります。『日本霊異記』に収められている説話は「それ、是を云ふ欺」の文言で締めくくられています。これは作品集ではあるものの、それを使って薬師寺の景戒という僧侶が仏の功徳やそれに違う者の罪業を「奈良時代の庶民に解りやすく伝えるためのツール」として布教活動に利用していたとの背景が作用しています。
 恐らくは『今昔』にも同例は収められていると推測されますので、そちらも読み合わせてみてください。物語をただストーリーとして紹介しているものもあれば、何らかの意図でその物語を紹介するにいたったものもあるはずです。その違いかなぜ生じているのかは作品集の性質にもよります。
 恐らくは前期のスケジュールも終わっている頃でしょう。となれば夏休み期間を利用しての前期試験に変わるレポートとも考えられますので、先ずは材料を集めることから始めましょう。
 (1)文献のありかを調べる…『国書総目録』『國史大辞典』『国文学資料館のデータベース』
 (2)研究論文の追跡…テクストが岩波の古典体系ならば解題や補注に研究論文が紹介されています。
 (3)問題点の整理I…同一説話が他の作品にもあるか、あるとすればテクストを一字一句比較する。
 (4)問題点の整理II…同一説話があった場合、プロットは共通であっても「物語に対する筆者の目線は同じか」。
ざっと今思いついたままに書いてみました。

 また藤原実資の遺した日記が『小右記』ですので、こちらを『十訓抄』および『宇治拾遺物語』との対比史料として二次史料的に利用することも必要でしょう。

 こんばんは、かつて大学院(日本史学)で『日本霊異記』の講読を選択していた者です。その時の僅かな経験をお話ししますが、お求めの回答になっていますやら。
 日本の説話文学の流れを概観しますと、最も古いものが『日本霊異記』そして『三宝絵詞』『今昔物語集』『宇治拾遺物語』『十訓抄』となります。
 なぜ奈良末期から鎌倉初頭にかけてこれほどの仏教説話集が編纂されたかなどの問題に関してはすでに先行する研究の蓄積かありますので国文学資料館のデータベースでお調べになれば研究動向を掌握すること...続きを読む

Q物語シリーズについて

化物語、傷物語、偽物語、猫物語黒白、傾物語、は持っているんですが。
忙しくて小説を読む時間が無く、最近になって、続きを見ようと思ったのですが…
なんか、沢山あって…。
そこで皆様に質問です。物語シリーズはどのような順番で読むのがオススメですか?
また、時系列や、発売順を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■発売順
『化物語(上)』2006/11/01
『化物語(下)』2006/12/01
『傷物語』2008/05/07
『偽物語(上・下)』2008/09/01
『猫物語(黒)』2010/07/28
『猫物語(白)』2010/10/27
『化物語アニメコンプリートガイドブック』2010/10/27
『傾物語』2010/12/24
『花物語』2011/03/31
『囮物語』2011/06/28
『鬼物語』2011/09/28
『恋物語』2011/12/20
『憑物語』2012/09/28
『暦物語』2013/05/20
『終物語』
『続終物語』

■時系列
下記のWikipediaを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%80%88%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%80%89%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA#.E4.BD.9C.E4.B8.AD.E3.81.A7.E3.81.AE.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.87.BA.E6.9D.A5.E4.BA.8B

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%80%88%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%80%89%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

■発売順
『化物語(上)』2006/11/01
『化物語(下)』2006/12/01
『傷物語』2008/05/07
『偽物語(上・下)』2008/09/01
『猫物語(黒)』2010/07/28
『猫物語(白)』2010/10/27
『化物語アニメコンプリートガイドブック』2010/10/27
『傾物語』2010/12/24
『花物語』2011/03/31
『囮物語』2011/06/28
『鬼物語』2011/09/28
『恋物語』2011/12/20
『憑物語』2012/09/28
『暦物語』2013/05/20
『終物語』
『続終物語』

■時系列
下記のWikipediaを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%80%88%E7%...続きを読む

Qイソップ物語について調べているのですが、この寓話集と比較できるような教

イソップ物語について調べているのですが、この寓話集と比較できるような教訓物語があれば(日本のものでも海外のものでも良いので)教えていただきたいと思い、質問させていただきました。

Aベストアンサー

イソップなどから素材を取った、フランスのラ・フォンテーヌ『寓話』はどうでしょう。
岩波文庫から上・下2巻で出ています。

Q物語シリーズに出てくる町みたいな所ってありますか

物語シリーズに出てくる広々した町(ニュータウン?)のような所ってありますか?

Aベストアンサー

物語シリーズ 聖地
http://piyopiyopunch.at.webry.info/200908/article_35.html
http://d.hatena.ne.jp/nobumichi02/20120301/1330601463
http://ameblo.jp/pachuca33/entry-10339849324.html
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/451956/car/370303/1573185/photo.aspx
http://d.hatena.ne.jp/riyot/20100605/1275735276
http://ch.nicovideo.jp/tsubame53/blomaga/ar265757

実際にモデルとなった場所は上記リンクのように大都市近郊です。
演出的に主要人物以外のモブキャラを画面に映していないので広々と感じられるのだと思いますよ。
関西であれば六甲アイランド、関東であれば千葉ニュータウンあたりの開発に失敗したニュータウンがイメージ的に近いのではと思います。

以上参考になれば幸いです。

物語シリーズ 聖地
http://piyopiyopunch.at.webry.info/200908/article_35.html
http://d.hatena.ne.jp/nobumichi02/20120301/1330601463
http://ameblo.jp/pachuca33/entry-10339849324.html
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/451956/car/370303/1573185/photo.aspx
http://d.hatena.ne.jp/riyot/20100605/1275735276
http://ch.nicovideo.jp/tsubame53/blomaga/ar265757

実際にモデルとなった場所は上記リンクのように大都市近郊です。
演出的に主要人物以外のモブキャラを画面に映していないので広々...続きを読む

Q日本の神話、童話、寓話で、以下の4つの特徴のあるものを探しています。

日本の神話、童話、寓話で、以下の4つの特徴のあるものを探しています。
思い当たる物語があれば、教えてください。

1. 物語の最初に”事件”や"危機"が起る
2. 少数派(一人でも、集団でも)の存在
3. ”事件”の原因は少数派にあるとして、人々は彼らを追放または殺害する
4. その社会に平和が訪れる

Aベストアンサー

日本では「まれびと」の信仰があり、どちらかというと少数派の来訪者が「神」であるという考え方のほうが主流だと思います。典型的なものは「スサノオノミコト」の神話でしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%B3%E3%81%A8

質問のケースとは多少異なるかもしれませんが、「キジも鳴かずば」の話を思い出しました。

・ある村に父親と娘が暮らしていた。
・娘が病気になり、その娘の願いを聞くために父親は罪を犯す。(1)事件
・娘の病気は回復するが、娘の唄から父親が罪を犯したことが明るみになる。(2)少数派(罪人)
・罪を犯した父親は、橋を架けるための人柱として殺される。(3)少数派の追放
・橋は無事に架かり、村には平時の生活が戻る。(4)平和の訪れ
・後日談「キジも鳴かずば・・・」
下記URLは長野県の民話ですが、同じ伝説が日本各地にあるようです。

参考URL:https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/s293.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報