女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

はじめまして。
最近株に興味を持ち始めて株の入門書を一通り読んでみて少額ながら株取引をやってみたいと思いました。

しかし、このカテを拝見して大多数の個人投資家が成功していないことを知りました。
この失敗している個人投資家というのは一体どの程度株の知識を持ち、社会の動向やその投資する会社について研究したりしているのでしょうか?

勿論、機関投資家のようにはいかないでしょうが、個人ではできる限り研究してもトータルで黒字にもっていくのはかなり難しいでしょうか?

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

質問者様の視点は良い所を突いています。


実際に株価が上昇し始めた頃に株式投資を始めた人は、LDショックなど、大きな調整局面を始めて体験するなど、株価下落に対する対処方法が確立されていない事が1つの原因と考えられます。

その他に、実際に流れている情報は証券取引法に違反しない程度に証券会社に都合の良い情報だったりします。
ですから、自分で会社の研究をするのも良いけど、その情報がどの程度信頼できるかも考える必要があります。

実は、株式投資信託もインデックスに負ける物も多いです。
しかも、ファンドマネージャーが大卒でもです。
これは、投資信託を買って貰えれば、運用成績が悪くても運用会社が儲かるほど高い信託報酬を取っている他、損失は投資家の自己責任と言う「運用ビジネス」としてやっているのに過ぎず、投資家顧客本位の運用会社が日本では非常に少ない事が原因しているようです。
米国だったら、バンガード社のインデックスファンドが非常に格安な経費率でやっている事は有名です。

>個人ではできる限り研究してもトータルで
>黒字にもっていくのはかなり難しいでしょうか?
これですが、やりたい分野によってどの様な点に注意しなければならないのか?、実際に株式投資の勉強の為の本にもよります。
例えば、デイトレーダーだったら、90%は負け組みと言われています。
その投資手法も千差万別であり、今まで通用していた投資手法も相場の急変で役に立たなくなる事もあります。

長期投資家の場合は、基本的には売買を頻繁にやらないので、税の繰り延べ効果期待や投資効率を阻害する可能性が低いのが利点ですが、どんなに良い株であってもLDショックのように大幅な下げに見舞われる事もあるので、ある意味忍耐力の勝負です。

株主優待投資家ならば、株主優待を楽しみながら投資に励めますが、外食や小売業など、大きな地震に弱いセクターに偏る恐れもあります。

で、結論ですが、村上ファンドは別にしても野●日本株戦●ファンドに勝つ事は、自分がどの投資の教科書を選ぶか?自分がどんな局面でも対応できるような投資戦略を確立できるか?の点をキチンと考えれば十分出来ます。

私は8年前から株式投資をやっていて暴落局面を迎えても落ち着いて対処してきた事が生き残っている要因なのかな?・・・って考えています。

投資のチャンスは平等にあります!質問者様のご健闘をお祈りします。
分からない事があったら再度質問してください。
    • good
    • 1

相場で生き残れる生存率は5%~10%と私は聞いています。


 10%としても10年生き残れる確立はどれだけでしょうか。
ここで色々と回答されている長らく生き残られた方たちは、片手間では済まない位の時間をかけ、経験を積まれ(勉強とか研究とは言わない)ていると実感します。

儲ける事を考えずに、損しない・損しても勉強代と割り切れる金額で参加されるのが良いのではないでしょうか。

色々な知識を吸収されようというスタンスでいらっしゃるみたいなので、
 簡単・儲かる・3000万・1億、なんて言葉が微塵もない分厚い本をじっくり
  読まれるのが良いと思います。(そういう本は概して高いです)
ニュース・新聞は欠かさず読みます。気は抜けません。ファンダメンタルと言われるものです。
そして毎日、値動きとかテクニカルと言われる指標を追っかけます。
 そのすべてを追っかける訳ではないですが

最近、楽してお金を手に入れる人たち。と報道などで言われます。
 どう思われますか?
そう言われだしたら多くの相場に参加する方は一旦休憩するのも事実です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近忙しくて皆様にお礼をすることができなくてすいませんでした。
失礼なこととは十分承知していますが、まとめてのお返事をどうかお許しください。

皆様の回答により株式投資がいかに大変かがよくわかってきました。
さすがに毎日モニターに張り付いて数字を追いかける時間もないので投資は少し見送ろうと思います。
しかし、株の本を読んでうわべだけの知識ですが経済活動を知る上で大変勉強になりました。

また機会があれば資産運用の一つとして考えてみようと思います。

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/02/23 12:36

釣りですよ。


素人投資家は釣るポイントを最初から間違えたりするうえ、大波を食らう岩場にとりついているので、非常に危険度が高い。
経験のある連中は、魚がいる場所や時間帯にだけ現れて、波にさらわれても死なないライフジャケットを着て、防水の携帯電話まで持参。
これじゃ、最初から勝負ありでしょ。
    • good
    • 0

一応、私も小額ながら株を嗜んでいて黒字にはなっています。


こんな私が回答するのはおかしいし反感を買うと思うのですが…
この質問を見たのも何かの縁、袖擦り合うも他生の縁と言いますし自分なりの考えを……。

kuihoudaiさんの言う通り本を読むとその気になります、これは本マジックですね!
失敗するかのように書いていたら売れないでしょうし。。。

極論を言うと株価が上がるか下がるかの2分の1、
知識や調べてデータをとるのも大事ですが最後に物を言うのはその人の感やセンスや行動力だと思います。
こんな事を言ったら元も子もないんだけど(汗

例えば記憶に新しいライブドアショック。
その前に株価の動きが怪しいと言って全部売り払った人もいます、
私的には下がると思ってたんですがまだ上がると思ってその時期に大量に買った人もいます。
もしデータや研究をしててもあそこまで下がるとは容易には想像できなかったと思います。(情報があれば別だけど)

それと個人投資家の大半が小額の投資だと思います、理由は成功者は極一部だから。
小額の投資だと手数料が数百円でも大きな差です。
例えば50円で100株買ったら5000円ですが手数料が500円だとしたら1株あたり55円。
たかが5円の差でも1株単位なら大きな差です。
売る時も同様、っとなるとその分、高くなってから売らなきゃいけません。
この場合、60円で売っても儲けはなし、だからと言って株価が高くなるのを待つと…(極端な例ね)

それに影響力も違います、100株買うのと100万株買うのとでは…(極端な例ね)

データとかも重要ですが一番重要なのは情報だと思います、
それと大胆な行動力とそれについてくる精神力!

データや研究、情報などで動きが読めても勝負をする行動力が大事だと思います。
あとは下手に「まだ上がる!」とか「下げは止まる!」とか思わず自分の気持ちを抑える心。
欲が絡むと人間は正常な判断ができません、最悪の結果泥沼になる事もあるかもしれません。。。

長々と語っちゃいましたがデータや研究・情報も大事だけど
行動力や精神力がないと大きな黒字にはならないと思います。

あ、あとは自分的には短期の勝負であればあるほど行動力や精神力が活きると思います。
長期で考えるならデータや研究・情報が重要になるんじゃないですか?

>個人ではできる限り研究してもトータルで黒字にもっていくのはかなり難しいでしょうか?
損しないように冷静に判断すれば可能かと、欲を出さなければ小額でも黒字は不可能じゃないと思います。
    • good
    • 0

 本読んだらその気になりますが、黒字に持っていくのはかなり難しいです。



 拾いもんですが、こんなセリングクライマックスのアモックもあり得ます。

http://www.break.com/movies/patiencechild.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株で儲かっている人が1割で9割は損をする理由(どうして50%ではないのですか?)

ネットで株をはじめて7年くらいになります。
株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね?
デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。
私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。
証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。
インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。
本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。
数学的にでも、精神的にでもかまいません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>目を閉じて銘柄を選びます。
>コインを投げて表が出れば上がる、裏が出れば下がる。
>30日後に必ず売る

数学的確率論ですか?今の下落相場でも45%はプラスですね。
でも個人投資家はそんな風に銘柄を選択しません。
3ヶ月前、この一年の平均の半額に下がった銘柄・小型株が人気です。
そういうものの7割がたが、さらに3割以上も下げています。

7割でも普通は数社に分散投資するので、合計で9割がマイナスに
なるというわけです。

個人投資家はなぜ9割が損をするかというのは、機関投資家が
儲けてしまうからと説明したつもりでしたが。

Q株式投資の利益率 何%稼げれば好成績でしょうか

人それぞれのお考えだと思いますが、お伺いいたします。
個人で株式投資を行っていて、年間の利益率がどれくらい行けば好成績と言えるんでしょうか?

2.000万円程の余剰資金が手元に有ります。
当初、投資信託で運用を検討致しましたが、リスクのわりに見返りが無いようで、株式投資を検討してみようと思います。

冒険せずに、有る程度どんな商売をしているのが分かる国内の一流企業の株のみで、分散させて運用してみようと思います。
ご意見いただければ有難いです。

Aベストアンサー

株式投資はリスクがあるので、年間の利益率が15~20%ぐらい
あれば好成績かと思います。
10%以下の目標ではリスクに見合うリターンとは
言えないと思っています。

投資信託をやめたのは良い選択ですが、2000万円の資金を
全て使って株投資するのは危険性が高いです。
しばらくは少ない資金で投資し、自分の投資スタイルを確立してから
本格的に始めた方が良い気がします。

国内の一流株の分散投資は良い考えですが、それでもタイミングを
間違うと利益が出ません。
そのタイミングをつかむ為にも、小額がら投資を始める事をお勧めします。

Qティックとは何ですか?

チャートで分足、日足、週足とありますが、
その中でティックとはどういう事ですか?
分足よりも短い秒単位でチャートが変わっていく事ですか?

あと、スプレッドチャートの事で質問なんですが、
ローソク足チャートが分かりづらいので、スプレッドチャートは1上がればそのままチャートになりますね、初心者ならスプレッドチャートの方が簡単で見やすいのではないかなと思うのですが、この考えは間違えでしょうか?

Aベストアンサー

ティックは1さんの回答の通りです。
1000円が1010円になったら1ティック。1000円のネクストプライスが1020円でも1ティック。1回値動きする(価格成立する)たびに刻んでゆくチャートです。
10秒値動きがなければ10秒動かないし3分値動きが無ければ3分動かない。1秒に3回値動きがあれば1秒に3回刻む。
時間軸が関係無いチャートです。

スプレッドチャートって
http://nikkei.hi-ho.ne.jp/rakuten-sec/ms05.html
これですか?
異銘柄の価格差のチャートですよ。基本的には鞘取り(スプレッド取引・アービトラージ取引)に使うやつです。信用売りしない人には意味が無いと思う。
「1上がればそのままチャートになる」という意味が
よくわかりません。
もしかすると違う物のことを言ってるかもしれない。

初心者はまずローソク足に慣れた方がいいと思います。

Qストップ高で終わっているのに翌日株価が下げて始まるのは

10月13日の「8143ラビーヌ」はストップ高445円で終わり、
買残が872.000株ありました。
ところが、10月14日の開始値は410円でした。
買残が多くあるのに、どうして低く始まるのでしょうか?
多くの人がキャンセルしたということでしょうか?

寄り付きがどのようにして決定されるのか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

注文を出す際に、その注文の有効期限を指定していない場合、当日中に約定しなかった注文は失効(キャンセル)になります。

ストップ高になると、勢いで成行注文してしまう方も多いものです。
しかし約定しなかったため、ほとんどの注文は失効してしまい、翌日の取引開始時には、あれほどあった買い残りが、綺麗さっぱり消えてしまうこともありえます。

ラビーヌの場合も今朝は売り優勢で始まって、取引開始2分間で70万株前後の出来高ですので、全てではないにせよ、かなりの数の買い残り注文が失効していた可能性があります。

さらに、気に止めておかなくてはならないのは、ラビーヌも「ぷらっとホーム」と同様、あまり確信のない情報が元で、急激に買われた反動による値動きがあったかも、ということです。
こんな記事がありました。↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051012-00000047-fis-biz

だとすれば、結局この値動きにも投資家の思惑、連想とが絡み、その上、短期売買資金が流れた影響と言えるかもしれません。

ただし、ぷらっとホームと違う点を上げるとすれば、ラビーヌは経営的には安定していて、PBRも低め、配当も実施しており、ぷらっとホームよりは安心して見ていられるかな、と言う感じがするということでしょうか。
(↑あくまで私個人の分析ですので、参考程度に読んでください。)

さて、取引開始時の寄付値、そして中断から再開される時、取引終了時の終値は「板寄せ」という売買方法で決定されます。
これについては上手く説明できないので、ここを読んでみてください↓。

http://www.daiwa.co.jp/ja/glossary/jpn/00029.html

注文を出す際に、その注文の有効期限を指定していない場合、当日中に約定しなかった注文は失効(キャンセル)になります。

ストップ高になると、勢いで成行注文してしまう方も多いものです。
しかし約定しなかったため、ほとんどの注文は失効してしまい、翌日の取引開始時には、あれほどあった買い残りが、綺麗さっぱり消えてしまうこともありえます。

ラビーヌの場合も今朝は売り優勢で始まって、取引開始2分間で70万株前後の出来高ですので、全てではないにせよ、かなりの数の買い残り注文が失効して...続きを読む

Q聞かせて下さい!株で大損した(>_<)大失敗話(~_~;)

私は最近、ネットで株をはじめたばかりの初心者です!

色々なところで自分なりに株の勉強をしていますが、本やネットでも失敗しない方法や儲かる方法など当たり前ですがプラスの話が多いので今回は是非、大損体験した方にお聞きしたいです!

「もう2度と株には手を出さない!」「こんなに大損した~」「家族がこんな大失敗をして大変な事になった…」などなど実際に株で大損した体験談をお話して頂けませんか?
リアルである事、ある事、ありのままに出来れば詳しく教えて下さい。

今回はとにかく大失敗を体験した方のお話が聞きたいです。思い出したくないとは思いますがどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんんちは。
株歴は長くて15年です。
それほど頻繁に売買してないのですが、利益が出るときもあれば、損する事もあるので、全体で損益がわからなくなってしまいがちでした。
損の合計、利益の合計を出したところ、結局損でした。
利益の出た取引が36件160万の対し、損を出した取引は、10件230万。
つまり、損きりが下手なのですね。
件数は少なくても金額が大きい。
その上、少し上がると売ってしまう。
件数多くても金額が少ない。
株向きの性格じゃなかったのかな~。
今は株をお休みして、国債を買ってしまいました。

Q株で儲かっている人ってどのくらいいるの?

最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう?

ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。


ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。


だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。

また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。

Aベストアンサー

デイトレを煽るような本がたくさん出ていますが、それは確かに証券会社の宣伝活動と結びついていると思います。デイトレで儲かるのはよほどの才能がある人だけかなーって思います。

でも、優良会社が何らかの理由で安くなっている時に買ってしばらく辛抱して持っていれば儲かります。スズキショックの時のスズキを拾って1年半くらい持ってましたが、中級の新車1台分くらい儲かりました。
反日デモの時、拾った銘柄もいい儲けになりました。

株投資歴3年目のど素人です。一応、ファンダメンタルとテクニカルは
見ています。

Q株価関連情報を取得できるAPIを知りたい

株価関連の、自分用のソフトウエアを作りたいと思っています。
そこで、株価関連情報を取得できるAPIを知りたいです。

速報性はあまり気にしません。20分ディレイとか、1日ディレイとかでもいいです。

自分なりに探してみたのですが、現時点で使えるAPIはほとんど無いように思いましたので、細かいことは言いません。
xmlとか、CSVとか、rssとか、それなりにシステム的に処理できる形で
何らかの株価関連情報を取得できるAPIをご存知でしたら、何でも良いので教えて下さい!!

Aベストアンサー

楽天RSS http://marketspeed.jp/feature/rss/index.html
岡三RSS http://www.okasan-online.co.jp/ont/function/okasan_rss/
↑この2つはリアルタイムに株価を取得するものです。

株価データダウンロードサイト http://k-db.com/site/default.aspx
↑これは日足相当のデーターをCSVでダウンロードできるサイトです。

あるいは、普通のWebサイトの情報を、自分でHTMLを解析して情報を取得したりします。これはいわゆるスクレイピングと呼ばれるやりかたです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報