契約金200万を支払った工務店が、不渡りを出しました。2回目の不渡りを出し、倒産するのも時間の問題で困っています。契約金を取り戻すことは不可能でしょうか?今私がしなければいけないことはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 切実な質問に3日を経過して回答がないので、身の回りに起きた同種の出来事を参考にアドバイスします。


 契約書を持って弁護士に相談した方がよろしいでしょう。 
 最近は、格安な工事代金を餌に、契約金を集めて計画倒産する業者もあるのです。 仮に詐欺だとして、相手を告訴しても刑事罰と被害回復とは別の話になります。
 また、工務店によっては契約書の上では工事完工の補償がされている場合もありますが、その場合でもそれが本当に担保されているか確認することも必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。交渉した結果、契約金で資材を買う、と言う形で決着しました。現在の自宅は、すでに売買契約してあるため、すぐに家を建てないと仮住まいなど、計画外の出費がかさみます。その事態を避けるため、不本意ながら同意致しました。もし自宅の売買が絡んでなかったら、アドバイス通り、弁護士に相談するなど、じっくり時間をかけて納得のいく結果を得れるよう頑張ったと思いますが残念です。今はその資材を使って、安く建ててくれる工務店を探している所です。貴重なご意見、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1億円で買えるもの、教えて下さい。

たとえば…
○○社の飛行機はちょうど1億円ぐらいだとか、
1億円ぐらいで買える無人島があるだとか、
○○という映画の制作費はちょうど1億円だとか、
○○ビルの建設費は1億円だとか、
値段が1億円ぐらいのものを、ジャンルを問わず
教えてください。

仕事上、「1億円情報」が必要なんです。

Aベストアンサー

東京ドームのバックネット広告は、年間1億円(推定)
のようです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/2638/HOWMUCH.html

Q中古マンション本契約の前なのに違約金は支払う?

中古マンションを購入しようとしています。
はじめから臭気は気になってはいたのですが、生活していくうちになくなります、という仲介業者の言葉を信じて仮契約しました。(仮契約といっても売主へ手付金、仲介業者にも支払っていますし、重要事項説明も受けています)

本契約、融資の実行の前に物件を見に行きましたら(3回目)、臭気の方はひどくなっていた為、仲介業者に言ったところ、手付も払った後なので値引きの交渉も出来ません、本契約を延期すると違約金が発生する、と半分脅されている感じです。
 Sハウスからアパート経営を持ちかけられ、高額で無理な計画、デメリットを伝えてもらえなかったという理由でそちらを解約したので、正直マンションに移る理由もないわけで、ましてグループ会社の不動産からは買いたくないので解約したいけれど手付も払ったし、とあきらめている状態です。
 臭気は瑕疵の「配水管の故障」にあたるものでしたら、売主に水周りのリフォーム費用を負担してもらいたいのですが、可能でしょうか?

Aベストアンサー

>(仮契約といっても売主へ手付金、仲介業者にも支払っていますし、重要事項説明も受けています)

それは仮契約ではありません。
手付金も払い、重要事項説明も受けたのならば、「本契約」をしているのです。
ちなみに「売買契約書」も交わしてますよね?

通常、中古住宅の購入の流れは、

申し込み→本契約(手付金支払い)→ローン審査
→決済(ローン実行)と引渡し

となります。

本契約で手付金を払うことによって、買主に対して拘束力を持つのです。
簡単に解約されると売主がたいへんな損害を受けるからです。
解約したければ手付金放棄、さらには違約金発生もありますよ、というのが契約履行のための拘束力となります。

本契約によって売買価格も決定しているので、値引きなどはできません。
臭気について気になるから値引きをしてほしいならば、契約前に交渉すべきことなのです。
契約時に重要事項説明も受け、その時に現状渡しという契約をしているのならば、配水管の不具合による責任を売主に求めるのは、無理です。
ただし、契約書および重要事項説明書に、瑕疵担保責任についての約定があると思いますので、よく確かめてください。
瑕疵担保責任として、水周りの瑕疵が設定されているのが普通です。
責任期間が二ヶ月などと設定されていたら、その期間内に
(引渡しを受けてから二ヶ月以内という意味です)、配水管の水漏れなどが発見できれば、これは瑕疵担保責任を売主に問えます。
ただし現実には配水管の不具合を発見するのは非常に困難で、専門業者に頼むと莫大な調査費用がかかるものです。

契約をした以上、臭気についても「了承している」ということなのですから、質問者さま(買主)がここで契約を解除するならば、不履行となって手付金放棄、違約金の支払い義務が生じるのは当然のことです。

手付けを払い、重要事項説明も受けた時に、質問者さまは実印を押しているはずです。
もし押していないのならばその契約は無効ですので、その場合は手付けも取り返すことはできるでしょう。
けれど契約をしたならば、自分がいったい何の書類に判を押しているのかは、自分の責任で確認をしましょう。
それを怠っているならば厳しい言い方ですが、質問者さまに同情の余地はありません。
違約金が発生するというのは、契約書に約定があることならば、それは脅しでもなんでもありません。

>(仮契約といっても売主へ手付金、仲介業者にも支払っていますし、重要事項説明も受けています)

それは仮契約ではありません。
手付金も払い、重要事項説明も受けたのならば、「本契約」をしているのです。
ちなみに「売買契約書」も交わしてますよね?

通常、中古住宅の購入の流れは、

申し込み→本契約(手付金支払い)→ローン審査
→決済(ローン実行)と引渡し

となります。

本契約で手付金を払うことによって、買主に対して拘束力を持つのです。
簡単に解約されると売主がたいへんな損害を受...続きを読む

Q1億円もらいました!!!使ってください!!

あなたは不思議な老人から1億円をもらいました。あなたはその1億円を使ってあげますか?あげませんか?
★条件★
(1)すべて使い切らなければ10億円老人に返済しなくてはいけません。
(2)制限時間は3日です。
(3)物を購入してはいけません(3日後に何も残らないように)
(4)自分ためだけに使ってください。
(5)1億円をもらったことは家族にも隠してください。ばれた場合は(1)と同じように10億円老人に返済です。
(6)それと、1億円は全部1000円札です(100000枚)

がんばって使いましょう!

Aベストアンサー

1.100万円は3日間のホテル代

2.3300万は中日の助っ人選手になるための工作資金。巨人戦でワンアウトとるまで投げる。

3.3300万はマリノスの助っ人になるための工作資金。10分だけゴールキーパーをやる。

4.3300万は卓球の愛ちゃんとフルセットマッチの試合をするための工作資金。

Q工務店の倒産・・・回避方法は?

先日、富士ハウスが倒産しました。銀行の住宅ローン融資だけがおりて、家は建ってないない人の悲劇が新聞に載っていました(別会社が継続し、無事家は建つそうですが・・・よかったよかったです)。

いままで建築のリスクと言えば欠陥住宅ばかりに注意がいっていましたが、工務店の倒産にはあまり対策を考えていませんでした。

近日、地元の工務店で新築の家を建てる予定ですが、富士ハウスが倒産したのですから、地元の弱小工務店が倒産してもまったくおかしくありません。

今後、工務店倒産による惨劇の回避法を知っているかた、教えてください。

銀行の融資の時期の調整だとか、保険だとか・・・・

Aベストアンサー

保証会社契約する。
請負金額の2~5%かかる。(3000万円の家なら60~150万円)
他の工務店に依頼した工務店が倒産した場合、後を引き継いで建てる契約を交わす。
その、他の工務店も怖ければその工務店以外もいくつも保証契約すれば良いことです。
お金がかかりますが…。

Q資本金1億円以上の会社の税務的デメリット

事業拡大の為増資を検討しています。その場合、資本金1億円を考えておりますが、現在担当の税理士さんは『1億円以上の資本金にはしない方が良い』とおっしゃいます。デメリットとあまり勧めない理由が知りたいです。

Aベストアンサー

資本金1億円未満のメリット(1億以上のデメリット)

○交際費の定額控除
http://www.navipara.com/tax/corp/c02_000.html
http://www.nta.go.jp/category/pamph/houjin/h18/10.pdf
1億円以上の会社は、交際費全額が損金から除外されます。
(1億円未満の会社は、交際費の一部が損金として認められます)

○法人税率
  法人税率が22%に軽減されます
  (ただし、年800万円までの所得が対象)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~y-murase/tax/houjin.htm
800万円以上の利益が出ている会社は、64万円税額が少なくなります。
( 800万円×30% - 800万円×22% = 64万円) 


○特別償却・特別控除制度が利用できる
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5433.htm

○少額減価償却資産の一括償却
  30万円未満の少額名減価償却資産については一括で費用処理が
  できる
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5408.htm

○法人住民税の均等割りが少なくなる
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/somu/zeimu/corporate_tax/taxrate18.html
(宮崎県の例)

このくらいが思いつきます。
資本金1億円未満のメリットと、増資するメリットを天秤にかけて選択してください。

資本金1億円未満のメリット(1億以上のデメリット)

○交際費の定額控除
http://www.navipara.com/tax/corp/c02_000.html
http://www.nta.go.jp/category/pamph/houjin/h18/10.pdf
1億円以上の会社は、交際費全額が損金から除外されます。
(1億円未満の会社は、交際費の一部が損金として認められます)

○法人税率
  法人税率が22%に軽減されます
  (ただし、年800万円までの所得が対象)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~y-murase/tax/houjin.htm
800万円以上の利益が出ている会社は、64万円...続きを読む

Q借地権の更新契約で高額な契約金を要求されています

借地に木造家屋を建てて丁度40年間住み続けた父が亡くなり借地権(契約書は交わしていません)を相続します。
地主から明渡し要求がありましたが拒否したところ、新たな契約を求められ、高額な契約金(借地価格の約3割)と借地料の大幅値上げを要求されました。新規の借地契約でないので提示された契約金に納得がいきません。借地権を転売することも考えています。
また、新規に契約すると旧法でなく新法での契約になり、借地人にとって多少不利になると思うのですが…。

(1)妥当な契約金の算定方法を教えて下さい。
(2)借地料値上げを拒否する場合の注意点を教えて下さい。
(3)新規契約が新法での契約に切り替わらないようにするための注意点を教えて下さい。
(4)借地権の買取り業者があるようですが、買取り
(5)こうした問題を相談するには、弁護士、司法書士、土地鑑定士など…どの専門家に依頼すればよいのでしょうか?
(6)ほかにも注意すべきことがあれば教えて下さい。

よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

各自治体で無料法律相談を実施しています。
ぜひ一度行ってみてください。
弁護士が個別ケースに応じて適切なアドバイスをしてくれます。



1.年数や地域にもよる。大体2~3割と言われているが・・・。
  契約書がないのだから、更新料を支払う契約もないのでは??
  もともと、更新料を支払う契約ではないのだから、請求すること自体は勝手だが、支払う義務はないでしょう。
  最近の「更新料有効」の判決と混同している事業者も多いようですが、本件では支払う義務はないでしょうね。

2.古い時代の地代であれば、元の地代がが安すぎるので値上げ自体は拒否できない。
  どれくらいあがるかは交渉ですし、地代の総額にもよる。
  きちんとした根拠を書面で出すように要求しましょう。
  地主=不動産事業者、借主=消費者なので、地主はきちんと説明する義務があります。
 
3.相続ですよね??
  旧借地契約が消滅していなければ、旧法から新法への切り替えは、借主から申し出でもしない限り新規契約になりません。
  法律でそう決まっています。
  したがって、地主は裁判では借地権が消滅していると主張することが多いです。

4.買い取り業者はいますが、買いたたかれます。
  地主の承諾も必要なので、そのあたりの交渉費用として差し引かれたり。
  借地関係は面倒なので、質問者さんもそう感じるようなら業者へ投げちゃった方がいろいろ楽かもしれません。
  親切・丁寧に高く買い取ってくれる事業者はいないといっても過言ではありません。

5.司法書士は140万円以下の法律事件しか扱えません。
  鑑定士は法律事件を扱えません。
  借地権の金額か契約金の金額のどちらになるか不明ですが、ほとんどは140万円超なので弁護士になります。

6.相続と借地権の性質を学ぶこと。
  法律事件では、不備があると確実に不利になります。
  一般人では学んでもすぐにプロ(=地主)と渡り合うのは難しいので、弁護士へ依頼することをお勧めします。  
  不備を作っちゃう(作られちゃう)前に弁護士へ依頼した方が無難だと思います。  
  「法テラス」には比較的安く弁護士へ依頼する方法もあるので、一度閲覧してみては。


ご参考までに。

各自治体で無料法律相談を実施しています。
ぜひ一度行ってみてください。
弁護士が個別ケースに応じて適切なアドバイスをしてくれます。



1.年数や地域にもよる。大体2~3割と言われているが・・・。
  契約書がないのだから、更新料を支払う契約もないのでは??
  もともと、更新料を支払う契約ではないのだから、請求すること自体は勝手だが、支払う義務はないでしょう。
  最近の「更新料有効」の判決と混同している事業者も多いようですが、本件では支払う義務はないでしょうね。

2.古い時代...続きを読む

Q20歳で10万円と、50歳で1億円。あなたなら?

50歳になったら1億円もらえるのと、今10万円もらえるのって、あなたならどっちを選びますか?

こんな内容で、友達と熱い討論になってしまいました。
私は「20歳で今10万円ほしい!」って主張しました。
みなさんはどう思いますか?
私は、20歳での10万円は、50歳の1億円に勝る価値がある、と思っています。
明確な根拠はないんですけどね。
でも、正反対の意見を持つ友達を、なんとか言い負かしたいです。
みなさんなら、10万円ですか?それとも1億円ですか?

Aベストアンサー

私は、49歳になる主婦です。
50歳で1億もらいたいと思います。

理由は・・

 若いうちは通常の場合、お金はないけど体力・気力があり、将来に対して夢 もあり 自己実現に向けての欲望もあります。
 お金がなくても 何とか 楽しく 夢に向かって生きていけます。
 多少の困難にも打ち勝っていく・・変えがたい ” 若さ”という武器があり ます。
 お金がなくても、いろいろな面で 多めに見てくれたり、援助してくれた  り、親などが フォローしてくれる場合もあります。

 でも 50歳になる頃には、体力もなくなり いろいろな社会の荒波にもまれ
 疲れが出てきます。家族・社会との板ばさみ・・仕事は出来て当然、無理をす ると体に支障をきたすこともあり、自分の心・体に老いを感じ始めます。
 その歳になるまでの人間関係は、その 人柄により財産ともなりますが、実 際のところ人間関係でストレスを感じている人が少なくないといわれていま す。
 ふと考えて・・自分にのこっているもの 老いを感じる体・・無理をすると
 すぐ支障をきたす自由がなくなりつつある体・自分たちのことを理解して信 頼してくれる親はなくなり、またそれに近い年齢にきている状態です。

 残念ながら、この歳に期待するもの やはり お金でしょうか???
 しかし、お金で幸せは買えませんが・・金がなければ 何も出来ないことも 事実です。やっぱり 頼るは お金です。 50歳で1億もらいたいです。

                             (*^_^*)
  

私は、49歳になる主婦です。
50歳で1億もらいたいと思います。

理由は・・

 若いうちは通常の場合、お金はないけど体力・気力があり、将来に対して夢 もあり 自己実現に向けての欲望もあります。
 お金がなくても 何とか 楽しく 夢に向かって生きていけます。
 多少の困難にも打ち勝っていく・・変えがたい ” 若さ”という武器があり ます。
 お金がなくても、いろいろな面で 多めに見てくれたり、援助してくれた  り、親などが フォローしてくれる場合もあります。

 でも 50歳に...続きを読む

Q住宅の契約解除に関する契約金の返金について

消費増税の前に建て替えをした方がよいのかどうかを知るために、6月にHIT住宅展示場に行ってみました。大工さんの腕に左右される在来工法が嫌で木質パネル工法のHM(A社)と2×6工法(B社)のHMの2社から話を聞いて、建て替えをする方向で検討していましたが、7月末に仕事の状況が悪くなり、家のことどころではなくなったので、双方に「しばらく家のことは考えられないので話は進められません。」と告げました。ところがB社の方は、「今は考えられないかもしれませんが、どのみち建て替えるのであれば、話を進めておいてもよいではありませんか。建てなくて結構ですのでリハーサルとして話を進めましょう。また、当社の新人(営業の担当者)を育てる意味でもお願いします。建てなくて結構ですから話を進めさせてください。」と営業担当の上司が出てきました。建てなくてもいいなら、いいかなと思い話を進めました。
そして、B社はどんどん話をすすめ、あるとき見積もりを出してきました。
えっ、っと驚いて、「建てないことを前提にしてましたので無理ですし。予算も足りません。それに、A社は途中で断っているのですからフェアではないですよね。無理です。」とこたえました。ただ、相手はプロです。当方とだけ話をしてもらっているのでここまで値引きしています。や、契約金の総額より、ローン返済額で、これなら返せますよねと話をすすめます。上手に話をそらしたり、すり替えながらまた、次の約束をとります。次に来たときは、「今日はとりあえず、これだけ値引きします。さらに今月は目標に達していないからここまで値引きします。なんとかお願いします。」と契約をせまってきます。結局、契約の中身に満足したわけでなく、値引きの額に満足して契約をしてしましました。ところが、身内や知り合いからその額が高い高いと言われたので、契約した後からですが、他のHM(C社)に話を聞きに行きました。C社は、中堅で名前だけは知っていましたが在来工法しかないと思っていたのですが、たまたま何かのHPで2×6工法もあることを知りました。おおよそ同じ内容で金額が比較できるように、今の間取りの仕様書を作成して見積もりをだしてもらいました。すると、数百万安い金額で見積もりが出てきました。まったく同じ内容ではないにしてもこの差は大きいです。契約締結したB社の契約金は、構造体自体は値引きで多少は安くなっていたのですが、付帯工事やその他工事が相当な額だったのです。契約のときにもその点には気づいていたのですが、先方に上手くかわされ、値引きの額に満足して契約締結したのです。今さらですが、後悔し、愚かな自分を責めています。しかも、契約締結後のB社との打ち合わせで仕様を変更する度に金額はどんどん上がっていきます。大幅な変更なら当然でしょうが、ちょっとしたことで上がります。完全に予算オーバーです。
C社は、金額が安いうえ、変更しても坪単価は固定なので一切増えることはないとのことです。おまけに保証期間も大手HMより長いです。そのほか、ソーラーパネルも初期費用0など、契約したB社より、全然いいと思うようになりました。B社の担当の上司も契約締結後は姿を見せず、新人とのやりとりで、話にならないと思うようになり、契約解除を決めました。
契約するときには、「契約は解除できますが、その際、印紙代3万円だけは負担してもらいます。」と聞いていたので、その分だけは勉強代と思っていました。ところが、いざ解除を伝えると、他社に乗り換えるのなら、今までにかかった費用は負担してもらうと言ってきました。「そんな話はきいていない、印紙代だけの負担で契約解除できると聞いていました。」と言っても、「うちで建てるといったじゃないですか。信じていたので、乗り換える場合は、かかった費用は負担してもらうとは伝えませんでした。裏切ったのはそちらでしょ。」と言われます。かかった費用というのは、測量と地盤調査で、「その費用は、契約締結前に建てないことを前提にと話をしていたときのもので、B社が勝手にしたものだから、こちらが負担するのは納得できない。」と伝えると、「契約解除する際は、この契約を履行するためにかかった費用は負担してもらうと契約書に書いてあるでしょ。」と言われました。確かに、書いてあるが、説明を受けたかはもう覚えていません。契約書に書いてあるからには負担しないといけないのかと思うのですが、どうも納得できません。解除はできますが印紙代だけは負担してもらいますと言われたのははっきりと覚えていますし、B社の上司にもその旨を伝えると、それは認めました。が、裏切ったのはそちらで、信じてたから、他社への乗り換えの時は費用負担が発生することは伝えなかったといわれます。半分あきらめてはいますが、どうにも納得できないのです。
長くなりましたが、契約解除の際に、印紙代のほか、かかった費用はこちらの負担になるのでしょうか教えてください。

消費増税の前に建て替えをした方がよいのかどうかを知るために、6月にHIT住宅展示場に行ってみました。大工さんの腕に左右される在来工法が嫌で木質パネル工法のHM(A社)と2×6工法(B社)のHMの2社から話を聞いて、建て替えをする方向で検討していましたが、7月末に仕事の状況が悪くなり、家のことどころではなくなったので、双方に「しばらく家のことは考えられないので話は進められません。」と告げました。ところがB社の方は、「今は考えられないかもしれませんが、どのみち建て替えるのであれば...続きを読む

Aベストアンサー

どう考えても、B社に契約行為自体に違法性などはありませんよね?
契約時には質問者さんは、納得の上署名押印している。それならば契約書に沿った(書かれた)解除の定めに従うしかないのは当然ではありませんか?
まして違約金扱いではなく、先方の主張は、かかった経費の精算ですから、これは避けようが無いでしょう。
契約以前に他社へ金額の打診等行っていれば、そうはならなかったのであり、これはBに責任はありません。質問者さんの過失であり、Bからすれば質問者さんの勝手です。
契約締結に違法性などがあるという証拠などが無ければ、むずかしいですよ。裁判になれば契約書も元に争うことになりますから、下手すれば先方の弁護士費用まで負担させられます。

契約をするという事は、その内容を承諾した上で、お互いが履行する義務と請求する権利を持つのですから、それを反故にすれば、契約書に定めたペナルティーは課せられると捕らえるのが当たり前だと思います。

逆に、正常な関係で進行中、先方が「当方では質問者さんの家の工事を行うことは辞めました。印紙代はお返しします」で質問者さんは納得するのですか?それはそれで、契約書に従ったペナルティーを要求するのではありませんか?

過程はどうあれ、契約書に署名押印したという自己の法的行為をもっと良くお考えになったほうが良いでしょう。

どう考えても、B社に契約行為自体に違法性などはありませんよね?
契約時には質問者さんは、納得の上署名押印している。それならば契約書に沿った(書かれた)解除の定めに従うしかないのは当然ではありませんか?
まして違約金扱いではなく、先方の主張は、かかった経費の精算ですから、これは避けようが無いでしょう。
契約以前に他社へ金額の打診等行っていれば、そうはならなかったのであり、これはBに責任はありません。質問者さんの過失であり、Bからすれば質問者さんの勝手です。
契約締結に違法性などがあ...続きを読む

Qもし1億円宝くじであたったらどうゆう投資をしますか?(為替限定)

もし1億円宝くじであたったらどうゆう投資をしますか?1億円全部使い切ってください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石油とレアメタルの先物取引でさらに上があることを願う。
後は東京近辺の有力不動産に残したい金だけ使う。

中国はいつポシャってもおかしくないし、全部使いきるのであれば
レアメタルに全てつぎこむってのがおもしろそうだけど。

Q売主が倒産・倒産状態の新築戸建の購入リスクとは?

こんにちは、初めまして!マイホーム購入に奮闘中の主婦です。

教えていただきたいことは、最近見に行ったいくつかの物件の中に売主と全く連絡がつかず内見できず外観だけみたものがありました。
その後も仲介の不動産会社の人も売主は倒産かその状態にあってあまりお勧めは出来ないですと言われました。
内見はまだしてませんが、外観も金額的にもそこはいいと思ってます。
もし購入するとなる場合、入居後の瑕疵については保証されないとは思いますが、普通の購入と違いその他どのようなリスクがあるかわかる方教えてください。次の休みに良ければ家族で他を含めその物件も内見したいと考えてます。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

売主が本当に倒産していたら、その売主から直接は買えないでしょうから、倒産一歩手前くらいの状況なのでしょうか。

>入居後の瑕疵については保証されないとは思いますが、普通の購入と違いその他どのようなリスクがあるか

住宅に限らずどんな商品でも、購入して自分の所有物になってしまえば後のことは基本的には所有者の問題ですから、質問者がお書きの保証リスク以外のものは特に思い付きません。

しかし、例えば1万円で買ったものが不良品で直すのに5千円かかることと、3千万円で買ったものが不良品で直すのに5百万円かかることとを比べれば、住宅という買い物に対して「保証されないリスクだけです」と簡単に言えるレベルかは疑問です。雨が漏ろうが床が傾こうが、誰も面倒を見てくれないリスクをあまり過少評価しないほうがよろしいでしょう。

あとは、検査済証まできちんと取れている適法な住宅かどうか、そしてリフォーム等の将来の為にも、見る人が見れば建物や配管・設備等のことが一通り把握出来るような図面関係一式揃うのであれば、売主が消滅することについて、あなたの生活上リスクは特にないでしょう。

あえて想像力を働かせれば、後々近隣関係のちょっとした紛争などが起きたときやその他、建築当時の経緯を確認したい局面が生じたとしても聞く相手は存在しないとか、そんなところです。

売主が本当に倒産していたら、その売主から直接は買えないでしょうから、倒産一歩手前くらいの状況なのでしょうか。

>入居後の瑕疵については保証されないとは思いますが、普通の購入と違いその他どのようなリスクがあるか

住宅に限らずどんな商品でも、購入して自分の所有物になってしまえば後のことは基本的には所有者の問題ですから、質問者がお書きの保証リスク以外のものは特に思い付きません。

しかし、例えば1万円で買ったものが不良品で直すのに5千円かかることと、3千万円で買ったものが不良品...続きを読む


人気Q&Aランキング