どなたかシリカのカラムの正しいやり方を教えてもらえませんか?教えてもらう人によってそれぞれのやり方があって、どれが正しいのかよく分りません。出来るだけ詳しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 御質問の意図は,「教えてもらう人によってそれぞれのやり方があって、どれが正しいのかよく分りません。

どれに従えばいいでしょう。」でよろしいですか。その意味では,「正しいやり方」というものは存在しません。存在するのは,「上手な分離のやり方」です。正しいか正しくないかは目的によって変わり,目的の分離が得られれば,全てが「正しいやり方」と言えます。

 ただ,上手な分離を行なうには,何点か気をつける所があります。ただ,気をつけてどうするかは目的に応じて変わりますので,行なう度に御自分で判断される必要があります。

1)シリカを均一に詰める: 硬く詰めれば分離はよくなりますが,溶媒の流れが悪くなり時間がかかります。時間がかかると,化合物の吸着によるロスも生じます。逆に緩いと分離能は落ちますが早くすみます。したがって,今分けたい混合物の分離が容易なのか困難なのか,化合物がその条件で安定なのかどうか,少しぐらい分離が悪くても再クロマトで精製する方が良いかどうか等,様々な条件を考えて条件を決定して下さい。

2)混合物を均一に,吸着層を広げないようにカラムに乗せる: 溶媒に溶かして乗せるとか,資料を吸着させたシリカを乗せるとか,様々な方法があると思います。

3)分離ができる溶媒を適度なスピ-ドで流す: 私の場合は(あくまでも私流のやり方で「正しいやり方」ではありません),TLCで Rf 0.5 位の展開で分離できる混合溶媒を選択します。実際の展開はその混合溶媒の低極性成分 100%(資料がTLCで展開しない極性)から初めて,溶出の程度と分離の状況をチェックしながら極性を上げていきます。

4)適度な量ずつ分取してTLCチェックする: 同じカラムでも目的化合物が出る前,混合物として出だした時,目的成分だけが出ている時,別の化合物との混合物が出だした時,目的化合物がで終わってカラムを洗い出す時,等で分取量は変えます。

 ざっと考えて,以上のような所です。あくまでも,上記の内容は私の場合であって,「正しいやり方」ではありません。実際のやり方は,それぞれの研究室,指導者,分離の目的等で変わってきます。いろんな点を考えながら経験をつみ,あなた御自身の工夫も加えて,御自分の「正しいやり方」を作り上げて下さい。

 以上,長くなりましたが一地方大学の天然物化学者の経験談です。そういえば,私も昔同じような事を考えたなあ・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:2000/12/20 01:26

この質問内容ではカラムの何について答えて良いのか分りません


質問内容を明確にしてください
充填方法なのか カラムの選択方法なのか それ以外のことなのか 
補足してください

この回答への補足

質問が曖昧すぎました。すみません。
分離を効率的に行うための充填方法、試料の乗せ方、溶媒を流す速度、コツについて教えて頂きたいです。

補足日時:2000/12/20 01:27
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【水素水の次はシリカ水ですか?】 シリカ水のシリカとはケイ素だそうです。 ケイ素って何に良いので

【水素水の次はシリカ水ですか?】

シリカ水のシリカとはケイ素だそうです。

ケイ素って何に良いのですか?

水素水よりかはマシですか?

Aベストアンサー

ケイ素は体に良いらしいです。
http://www.skincare-univ.com/article/004784/

ですがケイ素は水に溶けないので水溶性ケイ素(umo)というものが開発され、既に商品化しています。
http://www.sableandsquirrel.com/healthy/h015.html

Qシリカゲルカラムクロマトグラフィーの溶出液について

ガラス管にシリカゲルカラムを充填して高極性の脂質を分離しようとしています。この際、メタノールのみで流した後にさらにカラム内に残存していると思われる脂質を溶出させる場合、水/メタノール系の溶媒を流してもOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

脂質が「水/メタノール」系で有意に溶出するかどうかは疑問ですが、カラムクロマトの「常識」では「アリ」です。
時には「水/メタノール/酢酸」系まで使う事もありますが、溶出液にシリカが溶け出すことがあるので、最後の手段です。

Qシリカゲルカラムクロマトグラフィー

業務で混合物の分離、それぞれの組成分析を行うことになりました。
有効な分離手段としてシリカゲルカラムクロマトグラフィーが適していると聞いたのですが、その方法やカラムの作り方について詳しくかかれている書籍やホームページがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

慣れてしまえばどーってことのない作業ですが、ゼロからのスタートだと大変かもしれません。

下記サイトで"シリカゲル"で検索してみてください。
カラムクロマトグラフィのところにカラムの立て方が載っています。
条件出し、検出にTLCも必要になると思うので、そちらもご一緒にご覧下さい。
文章見るだけではサッパリだと思うので、近くの大学または出身大学の有機化学や応用科学などの研究室に一度見学に行かれた方ががいいかと思います。

シリカゲルカラムクロマトに必要なもの
 ・シリカゲル
 ・カラム管(自作可。ただし要ガラス加工技術)
 ・展開溶媒
 ・TLC
 ・ロータリーエバポレーター
 ・試験管、ナスフラスコ
 ・UV照射装置(ハンディで可)、必要であれば各種検出液

こんなもんでしょうか。
上記装置、器具を全て揃えるとなると結構な出費になると思います(特にロータリーエバポ)。
毎回試料の分析をする必要が無いのであれば、業者に丸投げや大学等との共同研究にする方が安上がりかと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/

慣れてしまえばどーってことのない作業ですが、ゼロからのスタートだと大変かもしれません。

下記サイトで"シリカゲル"で検索してみてください。
カラムクロマトグラフィのところにカラムの立て方が載っています。
条件出し、検出にTLCも必要になると思うので、そちらもご一緒にご覧下さい。
文章見るだけではサッパリだと思うので、近くの大学または出身大学の有機化学や応用科学などの研究室に一度見学に行かれた方ががいいかと思います。

シリカゲルカラムクロマトに必要なもの
 ・シリカゲル
 ・...続きを読む

Qシリカゲルカラムクロマトグラフィーについて

カルボン酸を含む化合物をカラムで単離しようとしているのですが、カルボン酸を含むものは分けづらいから大変かもねと、言われました。
どうしてカルボン酸が含まれると分けづらいのでしょうか?カルボン酸がどういう風に影響しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 anthraceneさんのかかれた通り吸着は強いですが、両方とも酸性の物質であるので、目的物にカルボン酸が多数含まれていない限りは展開溶媒にアルコールを入れるときれいに出てくる場合もあります。目的物にカルボン酸が二つの化合物をクロロホルム・メタノール系の溶媒で分けたことが有ります。一つの場合はアセトンでもいけました。カルボン酸が4つぐらい入った化合物をシリカゲルのカラムで分けようとしていた後輩がいましたが溶媒の選択でかなり苦労していた記憶が有ります。

 カルボン酸とシリカゲルの間の相互作用は水素結合だと私は考えているので、これと競争するような溶媒、たとえばアルコール系であればなんとかなるかも知れません。

 

Qオープンカラムのシリカの量

オープンカラムを行なう場合、
どの位の高さまでシリカゲルを重鎮したら問題ないのでしょうか?
分離したい物質によるのは分かるのですが、
最低限2cmくらいあった方が良いなどありましたらお願いします。
またサンプルの量や展開溶媒の量と絡めて、
どの位の比で行なったら良いとかあるのでしょうか?
例)サンプル:シリカゲル:展開溶媒=1:10:20

Aベストアンサー

カラムの太さ、サンプル量、サンプルの分離の容易さなどによってかわってきます。
たとえば、太さが20~30 mm程度のカラムを使用して、適当な量のサンプルを分けると仮定した場合に(これも曖昧ですが)、2cmの長さで分離できるのは、きわめて分かれやすいものに限られると思います。
この太さの場合には、個人的な感覚としては10cm程度の長さにすることが多いような気がします。
分かれにくいものであれば、20cm以上にすることもあります。

なお、サンプルの量が少なくて、10mm以下の太さのカラムを用いるのであれば、2cmでもある程度分離できると思います。

すなわち、カラムの太さというのも重要な要因だと思います。

それと、展開溶媒の量をあらかじめ設定することはないと思います。やってみなければわかりませんから、分離の様子をチェックしながら、終点を決めるのが普通だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報