あるメディアの報道記事はパキスタンの都市ラホールを”Lahore city”と表記しています(http://pdmin.coe-dmha.org/apdr/index.cfm?action= …の本文最後から12行め)。この形式での都市名(X)の表記(“X city”)はわが国の英字新聞にもよく見られるようで、先日もThe Japan Times(2月18日付け、p.4)にもフィリピンの地すべり事故報道に ”St. Bernard town” という言い回しが出ていました。

考えてみれば、Tokyo Station(東京駅)だけでなくTokyo station、 Todaiji Temple(東大寺)だけでなくTodaiji templeも目にするように思います。

質問をまとめます。
(1)“X city” という表記は”the city of X” というものとどういう違いがあるのでしょうか?
(2)“X station” という表記は”X Station” というものとどういう違いがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

Gです。



Tokyo stationをa station in Tokyoと言うように使われるのであれば冠詞は当然必要ですね。 でなければ、東京にある駅と言う表現にはなりません。 しかし、これは実際には少ないと私は感じます。 なぜでしょう。

それは単純に、Tokyo (rail/rail road) stationと言う言い方をしてTokyoと言う名前のついた、一種の説明的表現だからなのです。 世界の記事を書く記者としては、その記事を読む人の中には知らない人がいるかもしれない、と言う事が前提になっているからです。 

ですから、これが複数として使われる場合、そのままでは使われる事が少なくなり、Shibuya and Tokyo stationsと言う言い方をして、渋谷と言う名の駅と東京にある駅、と言う使い方をするのです。

両方が大文字になれば固有名詞であるということはお分かりですね。

この固有名詞であるということにつなげて、Vicotria stationといえばVictriaと言う名前の駅ですね。 しかし、Victoria Stationとアメリカ人に言えば、駅のことではなく、Victoria Station cafe/restaurantのことを示します。

Victoriaは女性の名前ですね。 Victoriaと言う駅であれば、Victoria stationと書くしかないですね。 そして、その駅が自分たちの駅はVictoria Stationと言う名前が正式だと言えば二つの大文字を使った名前が使われるわけです。 でも明らかにそうではないのです。 しかし、東京駅の場合はTokyo Stationが正式の名前なのですね。


では追加質問としての
>ここでとりあげた用法での(1)“X city” や (2)“X station” には冠詞theは付けないように思えます。

これはもう良いですね。

>一方、「英語」"English" は "the English language" で冠詞theが付きますよね。この違いはどこら辺にあるのでしょうか?

このthe English languageと言う表現を耳にすると、「あなたはEnglishとは何であるか分からないかもしれないけど言語なんだよ」と言うフィーリングはまったく感じません。 なぜって、常識だと言う事を知っているからです。 

言語の中の英語と言う言語、と言うフィーリングを受けるわけです。 もちろん、それはtheがあるからだ、と言われたら何もいえませんが、そうではなく、言語の中の英語と言う言語だ、と言うフィーリングがあるからこそ、theを使う、と解釈した方が自然と私は感じるわけです。 そのフィーリングを出したいからそのために表す表現方法を使う、と言う言葉としての根本的理解としか私には言えません。

また、何か的を射ていないのかな。 どこか波長があっていないフィーリングを感じるのは何がそうするのだろうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度にわたるご回答、本当にありがとうございます。

私の質問の(2)に関して、前回とあわせてこのようにすっきりと説明をいただいたのははじめてです。手元の文法書にはこのパターンは記述がありませんでしたので助かりました。

「何か的を射ていないのかな。 どこか波長があっていないフィーリングを感じるのは何がそうするのだろうか。」

⇒私の中にまだ「固有名詞+普通名詞 」の結びつきの前にtheが入る、入らないで割り切れないものがあるようです。この点はもう少し考えた上で、改めてまた新たな質問としてお尋ねしようと思います。

お礼日時:2006/02/24 16:13

<英語(English)をthe English languageと書く>


確かに、the English languageで、冠詞が必要です。なんだか気になって、もう一度原則に戻って調べて考え直しました。

手元の「新自修英文典」<山崎貞>にこういう記載がありました。
「固有名詞は、その性質上、冠詞を必要としない・・・が、次に列挙する固有名詞には常に"the"をつける」
「(c)地勢をあらわす普通名詞の次に"of"を置いて固有名詞に続ける場合には、その普通名詞に"the"をつける。その場合、普通名詞を大文字で書きはじめるかどうかは習慣の問題である」
そして、この(c)の注意書きとして、「(4) "Street"、"Park"、"Station"などの語を含む固有名詞にはふつう"the"をつけない。・・・Tokyo Station・・・」
「(e)官庁、病院、劇場その他の公共建造物の名:」
そして、この(e)の注意書きとして、「(4)「増上寺」のような固有名詞を英語の中にまじえる場合"Zojoji Temple"などとすることがある」
「(i)国語の名がある特殊の語または作品を指す場合:―国語の名は"Japanese"・・"English"・・など"the"つけないが、特にある単語や作品を指すときは"the"をつける」

これを考慮に入れて当初の質問に当てはめれば、市名の場合、例えばNew York Cityとするときは原則に戻って"the"つけない、と推定できます。ただし、cityを小文字で書くLahore cityの場合は、これとは違う感じもします。
the English languageの場合は上記の説明にはありませんが、「単語や作品を指す」の延長線と捉えられそうな気もします。


これは本件からは少し外れますが、ふと思ったのは何故川の名前や海洋の名前は"the"を必要とするんですかね。そういう習慣だではなく、何故そういう習慣ができたのか、という観点です。まぁ、これは別の問題ではありますが・・・。


ここまで書いたところで、捕捉を読みましたので続けます。
まず、正直に言いますと、Victoria stationという書き方があることには知りませんでした。したがって、この件で回答する立場にはありませんが、前掲書で上記に引用した中にある「地勢をあらわす普通名詞の次に"of"を置いて・・・その場合、普通名詞を大文字で書きはじめるかどうかは習慣の問題である」(stationの説明に対する直接の注ではありません)という記載にあたりませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと調べなおしてくださいましてありがとうございました。

固有名詞と冠詞の関係は一筋縄ではいかないようですねえ。

さて、「何故川の名前や海洋の名前は"the"を必要とするんですかね。そういう習慣だではなく、何故そういう習慣ができたのか、という観点です。」とありましたので、

『教師のためのロイヤル英文法』(綿貫陽ほか著、旺文社、1994年)はp.96で、ある学者さんの次の見解を紹介しています。

「ocean, sea, gulf のような『おおきくて、境界を明確に定められないような』水のまとまりや、riverのように『流動する』水、desertやpeninsulaのような『境界の不明確な』土地や地域の名前は、これらをユニークな普通名詞と考えてtheがつくが、そうではない湖や岬などは純然たる固有名詞と考えてtheがつかない…。」

この記述に出会ったときなるほどなあ、いい説明だな、と思いましたのでご紹介しました。

2度にもわたってご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/24 14:40

<the Lahore cityを目にしないのはなぜなのかな?と思うんです>



Lahore city、Todaiji temple、Tokyo stationの三つを比べるとき、Tokyo stationが他の二つと違うということを考える必要があると思います。「東京の駅」はいくつあるか知りませんが、少なくとも数百の単位ではあるはずです。しかし、Lahore cityとTodaiji templeは(少なくとも話題となっている範囲では)一つだけです。文法書等でこの点を扱っているのが見つかれば苦労はないのですが、手持ちの書籍では見当たりません。そこで、これまでの経験と想像を交えた私見を書きます。
Lahore city、St. Bernard town、Todaiji templeという書き方をするとき、それを書いている記者は外国に派遣されていて、自国の読者に向けて話し掛けていると推定できます。読者に馴染みのない固有名詞を扱うとき、特派員はそれが何を指しているのかを示す必要を感じるのだと思います。だから、Lahore cityというのは「Lahore市」ではなく、単に、「Lahoreという名前の都市」を意味しているだと考えます。さらに加えれば、Lahore cityとはLahore (which is a) cityの略だと解釈しています。だから、theはつかないと考えます。

この回答への補足

”Tokyo station” についての私の質問を補足します。

(1)
私が最初の質問で「Tokyo Station(東京駅)だけでなくTokyo station」と書いた後者の” Tokyo station”には確かに2つの用法があるようです。

1.東京駅(実質、Tokyo Stationと同じように使われているようです。ただし、前にtheが付くこともあるように思います。)
2.東京のある駅(単数ではじめて現れるときには前に冠詞のaが付くようです。)

ただし、私が今回の質問で問題にしているのはこの1番目の用法についてであることは文脈を読み直していただくとお分かりいただけると思います。

(2)
Riverviewさんが回答#2の第2段落で、

「Tokyo Stationは全国に一つしかない「東京駅」で、Tokyo stationは「東京の駅」、つまり、a Tokyo station or a station in Tokyo」、

さらに回答#5で、

「Lahore city、Todaiji temple、Tokyo stationの三つを比べるとき、Tokyo stationが他の二つと違うということを考える必要があると思います。「東京の駅」はいくつあるか知りませんが、少なくとも数百の単位ではあるはずです。しかし、Lahore cityとTodaiji templeは(少なくとも話題となっている範囲では)一つだけです。」

とお書きになっていますが、Riverviewさんが取り上げていらっしゃるのは2番目の用法だと思います。

(3)
1番目の用法は、例えば
http://64.233.179.104/search?q=cache:STjKu2hZoBI …
の[Transportation]の第3段落に見られます。
ただし、Tokyo stationはどうしても国内のサイトが多いので次のVictoria station(sは小文字)はいかがでしょうか?
http://en.wikipedia.org/wiki/Victoria_station_%2 …)や(http://64.233.179.104/search?q=cache:6nFSE3JO-bc …)です。

(4)
その上で私の最初の質問を確認します。

「(2) “X station” という表記は”X Station” というものとどういう違いがあるのでしょうか?」

補足日時:2006/02/23 21:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/23 10:34

Gです。

 こんにちは。

>(1)“X city” という表記は”the city of X” というものとどういう違いがあるのでしょうか?

結局は同じことです。 要は小文字であることが必要なのです。 Springfield city/city of Springfieldは両方とも、Springfieldという市、と言う意味なのです。 つまり、Springfield town/town of SpringfieldでSpringfieldと言う「名前の付いた」町とサイズや行政を区別しているわけです。 お分かりでしょうか。

Tokyo province/province of Tokyoと書けば東京というprovince県・都・府ということなのです。 この表現をして、これは東京駅でもないし東京23区でもないし、まして、東京の繁華街と言うことではないことを示しているわけです。

なぜそうするか、ですよね。 東大寺のことが出ましたけど、漢字が分からない人は最後のjiが何を意味しているのか分からないですね。 (すでにある知識は別として) Todaiji templeと言う表現をして、Todaijiと言う名前の付いたtempleだと言っているわけです。 ですから、Todai Templeともし東大寺のお偉方が「東大寺の英語名はTodai Temple」とするということに決まればこれが名前になるわけです。

だから、Fuji mountain(富士と言う山)かMt. Fujiなわけです。

Tokyo stationはTokyoという名前の付いた駅と言うことになるわけです。 しかし、通産省が東京駅の事をTokyo Stationと決めればこれが名前になるわけです。

St. Bernard townの場合も同じなのです。 St. Bernardと言うところがどんなところなのか普通の人は分かりませんね。 ですから、「親切にも」St Bernardという町と言う表現をしているわけですね。 町なんだよ、大きな市ではなく、と言っている表現になるわけです。

(2)“X station” という表記は”X Station” というものとどういう違いがあるのでしょうか?

上に書いてしまいましたね。 X stationはXと言う名前の付いた駅。X Stationは「たぶん駅であろうけど」X Stationという名前で呼ばれている、ということなのです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。

一つだけ冠詞についてお尋ねします。

ここでとりあげた用法での(1)“X city” や (2)“X station” には冠詞theは付けないように思えます。一方、「英語」"English" は "the English language" で冠詞theが付きますよね。この違いはどこら辺にあるのでしょうか?

ちょっとテーマが大き過ぎるようでしたら新たな質問にしますが。

お礼日時:2006/02/22 17:28

質問の(2)に関しては、先に回答した方々と同意見なので質問の(1)だけ



>(1)お答えからすると、"the city of X" は「わりと大仰というか気取った言い方」、他方"X city" がむしろ普通の表記と理解しました。

私は日ごろ新聞しか読んでいませんが、"the city of X" の方が圧倒的に頻繁に目にします。でも考えてみれば新聞英語だからで、小説やエッセーは違うのでしょうか。


#2さんが説明されている通り、基本的に"the Y of X"が正式名称であることが多いと思います。そのため新聞等で見かけるのも、必然的にこの書き方が多くなるのではないでしょうか。

しかし、例えば、我々が普通に言うオックスフォードと言う町がイギリスにあります。大学(The University of Oxford)で有名です。この町の正式表記は"Oxford City"です。
そして"The city of Oxford"はアメリカのミシシッピにある街を指します。

また、"The University of York"はイギリスに、"York University"はカナダにあります。

このように同じ名称があるときは、それらを区別する働きもあるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「我々が普通に言うオックスフォードと言う町がイギリスにあります。大学(The University of Oxford)で有名です。この町の正式表記は"Oxford City"です。
そして"The city of Oxford"はアメリカのミシシッピにある街を指します。

また、"The University of York"はイギリスに、"York University"はカナダにあります。」

とても興味深いケースを教えていただき、ありがとうございます。知りませんでした。

また、確かにおっしゃるように
「同じ名称があるときは、それらを区別する働きもある」のかも知れませんね。

お礼日時:2006/02/22 09:39

英語を外国語として学ぶ者にとって固有名詞をどう書くかは難題の一つです。



順序を逆にして
Tokyo Stationは全国に一つしかない「東京駅」で、Tokyo stationは「東京の駅」、つまり、a Tokyo station or a station in Tokyoでしょう。

New York市の場合、普通New York Cityと書きますが、公式(例えば、公正証書の住所記載)にはThe City of New Yorkです。
Lahore cityやSt. Bernard townの例はLahoreやSt. Bernardが地名で使われていることを明記するためだと思います。St. Bernardが聖バーナードでも犬でもなく、フィリッピンのある町の名前であることの確認でしょう。基本的にはLahore cityも同じ趣旨なのでしょうが、ラホールが鳩の一種だなんて考える人がいるとも思えませんが・・・。

そして、この二つが混ざったのがTodaiji(東大寺)でしょう。東大寺の英語名をどう書くかは一義的には東大寺が決めることです。Todaijiと決めれば、それが英語名だし、Todaiji Templeと決めれば、それが英語名です。この場合、正式名か略称かに関わらずTodaijiとだけあった場合、それがどんなものか(つまり、cityでもなくstationでもなくtempleだ)という手掛かりを示すのが読者への配慮というものでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全体の主旨は理解しました。ありがとうございます。
1つだけ。

第2段落で、

「Tokyo Stationは全国に一つしかない「東京駅」で、Tokyo stationは「東京の駅」、つまり、a Tokyo station or a station in Tokyo」

とあります。私の関心は”Lahore city”タイプの表記の際に前に冠詞が付いてないことです。私には句頭に一種の後方照応のtheを冠して”the Lahore city” としてくれればすっきりするのですが。例えば、英語(English)をthe English languageと書くようにです。 

場合分けして整理すると、
1.Lahore
2.the city of Lahore
3.Lahore city
は見かけます。ここで3を目にするのに
4.the Lahore city
を目にしないのはなぜなのかな?と思うんです。

もし何かヒントがあればうかがえるとうれしいです。

お礼日時:2006/02/22 09:32

(1)前者のほうが短いです。

意味は同じなのだから、小説やエッセーなどの凝った表現でない限り、わざわざ長ったらしい言い方をする必要はありません。また、後者は、わりと大仰というか気取った言い方です。

(2)表記の違いです。固有名詞の頭は大文字にするというルールがありますので、私は後者を好んで使っているのですが。ちょっと違うかもしれないけれど、「東京駅」の「東京」までを名前と考えるか、「東京駅」までを名前と考えるか、みたいな感じじゃないかと思います。で、例えば、Todaiji templeを厳密に直訳しちゃうと「東大寺寺」になっちゃいますよね。だから筆者によっては「Todaiji」までが名前で「temple」は分かりやすくするために修飾語的に添えた名前の一部よ、みたいなつもりが少し入ったりするのかなあ。Tokyo Station派の私には、ちょっとわからないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

(1)お答えからすると、"the city of X" は「わりと大仰というか気取った言い方」、他方"X city" がむしろ普通の表記と理解しました。

私は日ごろ新聞しか読んでいませんが、"the city of X" の方が圧倒的に頻繁に目にします。でも考えてみれば新聞英語だからで、小説やエッセーは違うのでしょうか。

(2)「筆者によっては「Todaiji」までが名前で「temple」は分かりやすくするために修飾語的に添えた名前の一部よ、みたいなつもりが少し入ったりするのかなあ」⇒なるほど。感覚的にはよくわかりました。

お礼日時:2006/02/21 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1キーで大文字/小文字を切り替えたい

1キーで大文字/小文字を切り替えたい

現在Windows 7でMicrosoft IMEを使用しています。

ローマ字の大文字と小文字を切り替えるときにはShiftキーとCapslock/英数キーを同時に押すのが標準だと思います。

ただ仕事がら大文字/小文字の切り替えが非常に多く、2つのキーを押すのがひどく面倒に感じられ、この機能を1つのキーに割り当てられることができればどんなにいいだろうと思っています。

たとえばCapslock/英数キーを押すだけで大文字と小文字が切り替わると助かります。

そこで[Microsoft IMEのプロパティ]→[編集操作]→[キー設定]→[変更]を探るのですが、それらしき項目は見当たりません。

Microsoft IMEの設定でなんとかならないでしょうか?あるいは何らかのソフトウェアを導入して解決できないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語キーボードを使ってみてください。
英語キーボードですと、CapsLockはシフトを押さず
単独で動作してくれます。

質問者さんが「仮名入力」しかできないならば
英語キーボードはお薦めできませんが、
「ローマ字入力」をすることが可能ならば
英語キーボードの方が楽に打てるはずです。

英語キーボードは2000円くらいから販売されています。

Q大文字の X = 2,小文字の x = 10 はどういえばいいのでしょうか?

数学などで、「大文字の X = 2,小文字の x = 10」 はどういえばいいのでしょうか?

ちょっとまどろっこしいですが、

 Uppercase X equals 2 and lowercase x equals 10.

くらいでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

大文字は、“Capital X”の方がいいと思います。アメリカの大学の大学院の講義で教授や学生が“Large X”というのを寡聞にも聞いたことがありません。

したがって、“Capital X equals to Two, and small x equals to Ten.”となります。

もっとも、大学院の講義で質問するとき、「ラージ X」をつい日本で呼んでいた通りにそのまま“Large X”と言ってしまって冷や汗をかいた時もちゃんと通じたので“Large X”でも問題ないと思います。

Qアルファベットの小文字・大文字切り替えについて

言語バーの「直接入力」にて英字を入力する際に、いつもならシフトキーを押しながら入力することで(通常が小文字なら)大文字になるのですが、いくらシフトキーを押しながら入力しても全く変わらなく(小文字のままに)なってしまいました。

パスワード等は小文字大文字を区別するので困っています。言語バーの「半角入力」でF8やF9を押すことで対応はしていますが、どこに不具合があるか、どなたか教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

原因と対応を探ってみました。

1. ソフトウェアの問題

1.1. 設定変更
 あまり考えられませんが、何かの設定により Shift キーを無効にしていませんか?
 先ほど、Delete キーを無効にしてしまったという質問を見ましたので、可能性があるかもしれません。

2. ハードウェアの問題

2.1. 物理的な故障
 Shift キーを押し込めない状態になっていませんか。
(1) キーの下に異物が入っているため(大量のゴミなど)キーが十分下がらない。
(2) 飲み物をこぼしたなどの原因で、キーの軸が周囲に張り付いて動かなくなっている。

2.2. 電気的な故障
 Shift キーの接点が、接触不良を起こしている。

原因としては、これらが考えられます。

対応は、以下の方法をお試し下さい。

1.1. 設定変更
 これが原因の場合は、設定を元に戻してください。

2.1. 物理的な故障
 掃除機でゴミを吸い取るか、エアダスターでゴミを吹き飛ばしてみてください。
 次には、キートップを外して(かなり力が要ります)内部が正常に動くか確認してみてください。
 キートップを外すときは、
 キートップリムーバーという道具がありますが入手は手間がかかるので、
 ドライバーの先端を使うか(下記のページの2番目の写真を参考に)、
 http://www.infovaio.net/pcv-s/key/
 針金を輪にしたものを作り、引っ掛けて抜きます。
 (私が先日キーボードを掃除したときのやり方です。下記のページの中段の写真を参考に)
 http://park16.wakwak.com/~ex4/kb/news0202.htm
 ゴミが残っている場合は、取り除いてください。

 ここで、軸がきちんと上下するかも確認してください。

 動かない場合は(2)の問題で、洗浄処理が必要です。

2.2. 電気的な故障
 これまでの対応が当てはまらない場合は、電気的な故障と考えられます。
 この場合は、キーボードの分解・修理が必要です。

自分で直せない場合は、(ノートの場合は)修理に出す、
(デスクトップの場合は)買い替えることを検討してください。
また、Shift キーは普通は左右に一つずつあるので、片方が使えるなら多少の不便は我慢して、使い続けることもありかもしれません。

原因と対応を探ってみました。

1. ソフトウェアの問題

1.1. 設定変更
 あまり考えられませんが、何かの設定により Shift キーを無効にしていませんか?
 先ほど、Delete キーを無効にしてしまったという質問を見ましたので、可能性があるかもしれません。

2. ハードウェアの問題

2.1. 物理的な故障
 Shift キーを押し込めない状態になっていませんか。
(1) キーの下に異物が入っているため(大量のゴミなど)キーが十分下がらない。
(2) 飲み物をこぼしたなどの原因で、キーの軸が周囲に張り...続きを読む

QYokohama “incorporated city”

Yokohama (横浜市, Yokohama-shi?) is the capital of. Kanagawa Prefecture and, with a population of 3.6 million, Japan’s largest incorporated city and second largest urban area after Tokyo.

上の文にある“incorporated city”とは、「合併した都市」という意味ですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

cityにくっついている incorporated というのは、「県・州の議会にて正式に自治体として認められた「市」」ということです。役員会で承認され、役所に登記された段階で「incorporateした株式会社となる」のと同じですね。

米国ではよく「City of~ Incorporated in 1950」というような「市章」があります。例えばこんな:http://www.delreyoaks.org/
これはカリフォルニア州のどこかの人口数万人くらいの市らしいですが、左上の市章にやはり「Incorporated 1953」とあります。つまり、「1952年までは他の近隣都市の一部だったが、1953年に独立し、自治行政機能を持った市となった」ということですね。

中西部の人口が数十人もいないような土地にも市議会が存在して「Incorporated City of ~」と呼ばせているようですし、少なくとも米国では「州議会にて認められた自治体、つまり市である」ということで、人口云々には関係ないようです。

ただ横浜市の場合、自分のホームページ(ですか?)に「人口~万人以上の政令都市」という意味で書いたつもりなのか、それは分かりません。

「合併した」というのは、mergedとか combined とか言うのだと思います。

以上、ご参考までに。

cityにくっついている incorporated というのは、「県・州の議会にて正式に自治体として認められた「市」」ということです。役員会で承認され、役所に登記された段階で「incorporateした株式会社となる」のと同じですね。

米国ではよく「City of~ Incorporated in 1950」というような「市章」があります。例えばこんな:http://www.delreyoaks.org/
これはカリフォルニア州のどこかの人口数万人くらいの市らしいですが、左上の市章にやはり「Incorporated 1953」とあります。つまり、「1952年までは他の近...続きを読む

Q大文字と小文字が混ざったパスワードの入力の仕方

大文字と小文字が混ざったパスワードの入力の仕方

大文字と小文字が混ざったパスワードを入力する場合。
「SHIFT」+「CAPS LOCK」ボタンを押して切り替えていますが、
●●●表示しか出ず、入力した文字が大文字か小文字の確認出来ず、
困っています。何か良い裏技が有れば教えて下さい。

使用OS:VISTA HP SP-2
使用ブラウザ:IE-8

Aベストアンサー

>「SHIFT」+「CAPS LOCK」ボタンを押して切り替えていますが、
普通の使い方は小文字モードで入力し、大文字のときだけShuftを押しながら英文字を押します。
大文字が大幅に多い場合はシフトロック(Shuft+Caps)して操作を逆転します。
IEでのパスワード入力では他のエリアへタイプしてそれをカット&ペーストする方法も有効です。
右クリックでペースト出来ない場合でもCtrl+vでペーストできると思います。

Qローマ字 「私は」などの“は”は、『wa』と『ha』のどちらで表記?

小学生にローマ字を教えているのですが、疑問に思った点がいくつかありましたので、教えてください。

1.「私は」などの“は”は、『wa』と『ha』のどちらで表記するのでしょうか?

2.「私を」などの“を”は、『wo』と『o』のどちらで表記するのでしょうか?

3.「~さんへ」などの“へ”は、『e』と『he』のどちらで表記するのでしょうか?

4.小さい“ぁ,ぃ,ぅ,ぇ,ぉ”は、『xa,xi,xu,xe,xo』と表記するので正しいでしょうか?それとも他にありますでしょうか?(パソコンのタイピングでは『xa,xi,xu,xe,xo』『la,li,lu,le,lo』どちらでも良いので、記憶がゴチャゴチャになってしまっています…



どれも初歩的なものなのですが、初歩過ぎて記憶が曖昧になってしまっています。
どれか一つでもいいので、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

ローマ字表記の仕方にはいくつか種類がありますが、最も一般的と思われるのはヘボン式です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%AD%97
ヘボン式は文字は無視して発音を記録するための表記法です。(hepburnをヘップバーンでなくヘボンと読ませる人が作った表記法ですからね…。)
そのため、1~3について言えば、「wa,o,e」となります。「を」については現在の発音は[wo]よりも[o]が優勢なので「o」表記となります。
また、4については、単独での発音が存在しないため、表記も存在しません。
パソコンでは単独で出す必要があるためL(littleの頭文字?)やX(x-height?)を割り当てていますがこれはローマ字と呼べるものではありません。
ファやティなどの音の中で書く場合も、決まった方法はないようです。
fa,hwa/twi,thi,tiなどありえます。

Q大文字と小文字入力の方法を教えてください

大文字と小文字入力の方法を教えてください

ローマ字入力で、ネット上のあるサイトへパスワードを大文字小文字を混ぜて入力したいのですが、入力し始めると●がいくつかつきます。言語バーは半角英数状態であとは反応がないです。
どうしたら大文字と小文字入力の切り替えと入力ができますか?

Aベストアンサー

Caps Lock キーの状態を確認しましょう。
ランプが点灯していると大文字を入力する状態になっています。ランプが消灯していれば小文字入力状態です。

これは大文字と小文字の入力を切り替えるキーです。キーボードの一番左の縦一列の中にあります。
ほとんどのキーボードには Caps Lock が on になると該当するランプが点灯するようになっています。
スタンダードなキーボードでは、キーボード上の右上に「Number Lock」「Caps Lock」「Scroll Lock」の順でランプが並んでいますから
これらのランプの状態を確認しましょう。

さて多くのキーボードでは、Caps Lock キーを押しただけでは大文字と小文字の切替はできません。
Shift キーを押しながら Caps Lock キーを押すとこの切替ができることが多いようです。

また、Shift キーを押しながら 英数字を入力すると、大文字と小文字を一時的に切り替える事ができます。


メモ帳などで動作の確認と入力の練習をしてみてください。

QYou're the best.の意味を教えて下さい。

You're the best.の意味を教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

= You are the best. あなたが一番。

これだけではこれ以上訳しようがありませんが、もう少し前後の状況を教えてもらえば、状況に応じたニュアンスが出せるかもしれません。

Q拡張子はなぜ、大文字と小文字のものがある?

WindowsXPを使っています。
拡張子を表示させる設定にすると、
大文字のものと小文字のものがあることに気がつきました。
ほとんど小文字なんですが、たとえば.WMVは大文字です。
なぜ、大文字と小文字のものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

マイクロソフトのMS-DOSやWindowsでは、大文字小文字の区別がありません。
大文字で表示しても、小文字で表示しても同じファイルと認識されます。

UNIXでは大文字小文字が区別され、別のファイルと認識されます。
これで、ファイル名のつけ方が大幅に増えることになります。
試しに、何倍になるか計算してみてください。

注意して欲しいのは、インターネットのサーバーではUNIXが使われていること。
Windowsの世界では、大文字小文字の区別がなく、インターネットの世界では大文字小文字の区別があることです。

windowsでは正常にリンクされていたものがサーバーにアップロードするとリンクエラーになってしまうことがよくあります。

QI might have got lost.の意味

I might have got lost.   の意味についてです。考えられるものとして、

(1)仮定法過去完了のif節の省略
例:(もしあの時、私が地図を持っていなかったら、)私は道に迷っていたかもしれない

(2)断定を控える表現
もしかしたら、あの時、私は道に迷っていたかもしれなかった

の2つの可能性があるようですが、これとは別に、have got lost.の部分を中学で習う現在完了(完了・結果、継続、経験)のうちの「完了・結果」と考えることはできるのでしょうか。

つまり、「私は(今)道に迷ったかもしれない」と現在のことを言っていると考えてもよいのでしょうか。

辞書のmightの項目をみると、このような記載はないようですが、よろしければ教えていただければと思います。

Aベストアンサー

英語を母語感覚で身につけてしまったため、文法説明はできないのですが、「I might have got lost.」は文脈によって…

(1)「(もしあの時、私が地図を持っていなかったら、)私は道に迷っていたかもしれない(が迷わずに済んだ)」

もしくは、

(2)「私は、おそらく、すでに道に迷ってしまい、今も迷っているのかもしれない」

のどちらかと考えるのが自然です。どちらもよく使われます。

(3)「もしかしたら、あの時、私は道に迷っていたのかもしれない」つまり、「はっきりとはわからないが、あの時、たぶん道に迷っていたのだと思う」という意味合いで使われることは、アメリカではあまりないと言っていいでしょう。イギリスではあるように思います。


人気Q&Aランキング