最新閲覧日:

鍛造の目的について教えて下さい。
とくに化学成分を変えずに引っ張り強さを強くするのが目的なのかどうか?

A 回答 (1件)

鍛造は元来、目的の形までたたき上げる所に意味がありますが、


炉から出したばかりのインゴットは、金属の結晶構造が大きいし
また、インゴット自体を大気中、水中、冷却油中に晒した場合の表面部と
内部との冷却速度の差により、成分が局在化していたり、気泡が残る
場合もあります。
それを正さなくては強靭性を得られぬばかりか内部応力が残ったまま形成され
てしまい薄手のものならば応力腐食割れにて破断する可能性もあります。
それゆえに鍛造過程で塑性変形を与えることにより、結晶構造が微細化し
成分の均一化することにより局在化を回避し、これによって鋼材は強靱に
なってゆくので鍛造が必要なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2002/02/13 07:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報