母が趣味で普通ミシンとロックミシンを使って服などを作っているのですが
使い方がいまいち使いこなせないらしいのです。

普通に縫うのはできるらしいのですが。
普通ミシンにはそういう縫い方の本などは出ていますが
ロックミシンの縫い方のテクニックみたいな本は出ているでしょうか。
出ていたら教えて下さい。

近日、母の誕生日なのでできれば贈り物にしたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も衣縫人を使っています。

なかなか慣れるまでは難しいですね。

「手づくりママキディ」という子供服の雑誌にワンポイントアドバイスが載っていました。
(この雑誌は現在は休刊中。2/1にリニューアルされて発刊されるそうです
 婦人生活社 http://www.fujinseikatsusha.co.jp/
これをまとめた冊子がベビーロックに問い合わせると送ってもらえます。
「手づくりパラダイス」¥500
製図などはたいしたものは載っていませんが、角をきれいにロックする方法など
写真入りで載っているのでヒントになると思います。
ただ、この冊子も改訂中とかでメーカーに問い合わせても送ってもらえないかもしれません。
近くのミシンの販売店に在庫があればそちらで分けてもらえると思います。
ベビーロック http://www.babylock.co.jp/top.html

この他にトレーナーやカットソーなどニットソーイングで参考になる本は
・60分でできるカットソー工房 日本ヴォーグ社 ¥886
 ISBN4-529-03232-9
・簡単に縫えるおしゃれ着 ロックミシンで、少しでも早く少しでも美しく
 文化出版局 ¥1300
 ISBN4-579-10811-6
・ステップアップのおしゃれ着 ロックミシンで、少しでも早く少しでも美しく
 文化出版局 ¥1300
 ISBN4-579-10884-1

Webサイトでは、こちらがとても参考になります。
HIRORIN'sロックミシン研究所
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/1263/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しくありがとうごさいます。
文化出版局とブティック社には、
思い切って電話で問い合わせたのですが
How to物は出ていないという回答でとても落ち込んでいました。

neko2さんの回答を拝見する前に
ベビーロックにメールで問い合わせたところ
「手づくりパラダイス(婦人編)」の存在を知り、
600円の切手同封で入手できると教えて頂きました。

婦人編があるのなら、男性編もあるのかしらと思い、
(とにかく、参考資料が少ないので男性編でもいいから
あるのならば入手したい)
尋ねてみようとTELで問い合わせました。

結果、在庫は少ないが子供編があると聞きまして・・・
700円の切手同封で入手できると言うことで
早速、2種類希望と書いて速達で郵送しました。
母の誕生日が1/20で慌てているもので。

neko2さんはお持ちのようですが、
もし、片方でも入手されたい場合は下記へ問い合わせてみてください!

株式会社 ジューキ 家庭製品部 斉藤様
E-Mail:domestic@kk-juki.com


本もありがとうございます。

Webサイト、ちょこっと拝見しましたが
とても分かりやすそうで親切なサイトのようですね。
(すいません、私は全く洋裁をしないので分からないのですが)

何も分からない私に、ここが出来ないとあそこが分からないと
母が言いまして。
何も分からなくても誰かに言いたいんですよね。

しかし、この教えて頂いたサイトが助けてくれそうです。

私もかなりミシンや洋裁関係のサイトを探していましたが
良いサイトがなかなかなく、
’インターネットのミシン屋さん’というサイトしか
見つかりませんでした。

もっと、ロックミシン使用人口が増えると
本もたくさん出るのでしょうね。
本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/16 22:13

どんなタイプのロックミシンでしょうか?最近は、使い方ビデオがついていますよね。

私は、2本針、4本糸のジューキのロックミシンを短大の被服科だったとき(10年ほど前)に購入しました。当時、12.3万ほどして、普通にかがるのはもちろんのこと、シフォン素材などをぐるぐるとかがることもできますが・・・。作ることが好きで自分で服をたくさん作りましたが、
既製品のSKやJKの裾のように美しく仕上げるこつは、
*その箇所にふさわしい縫い代にしておくこと(例えば、SKなら脇と裾では
 縫い代が違いますよね)
*ロックミシンは、カッターで布を切りながらかがっていくものです。布端 を常に1mmか2mm切ってかがると美しいです。(縫い代で、この切る 1mmか2mmを余分につけて下さい)

この回答への補足

ジューキのベビーロックの’衣縫人’(いほうじん)です。
ビデオも付いていましたし、3回程その講習にも行き、基礎の基礎は習ったと言っています。
しかし、縫っていくうちに、こういう場所を綺麗にかがり縫う時、どうするのだろうと
いろいろと疑問がでてくるものの、本にはそういう事が載っていないので困っているようです。

糸は4本糸まで出来る物だと思います。
(すいません、一応母には内緒なので本を贈りたいので詳しく聞けないのです)
エアースルー方式とか言って、カンタンに糸が入っていく物らしく、
購入した頃はそれが目玉だったようです。
購入してから3年は経つと思います。やはり、12.3万位だったと思います。

chokodokoさんと私は同じ年代のようです。
私も10年程前、学生でしたので。
私も一度ウェストがゴムのズボンを縫った事がありますが、
母によくそんな汚く縫っておいて
平気で居られると言われた位、洋裁に関してはアバウト人間です。


母も最近、少し時間に余裕ができ、
数年で私のブラウス、パンツ(スボン)、スカート
スェット素材のトレーナーやシャツ、布団カバーなどいろいろ縫ってくれています。
姪のジャンパースカートなども縫っていて、今は甥のズボンを制作中です。

母が言うには普通ミシンのように、ロックは急に方向転換らしき事ができなかったりで
普通ミシンとは全然、かってが違うようなんです。

私は全然、洋裁をやらないので、うまくできないと嘆く母から様子を聞くのですが
よく意味が分からないのですが。

洋裁に関しては結構キッチリできないと気が済まないタイプのようで、
私からみると図画工作を見ているようです。(笑)
綺麗に縫えないとほどいて、やり直しているようですし、
ポケット部分のカーブなどの縫い目が綺麗に出来ると嬉しいらしく
うまく縫えたと喜んで見せるんです。

夕方、本屋さんにも検索してもらったのですが、見つからず、
文化出版局と日本ヴォーグ社のTELを教えてもらいました。
そういう本があるか聞いてみようと思います。

教えて頂いたアドバイスは近日の誕生日の時に知らせてあげようと思います。
ありがとうございます。

補足日時:2002/01/14 22:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロックミシンの縫う時のコツ

今までは家庭用ミシンで洋服を作ってきました。
ほとんどの縫い代は1センチですので
端から1センチは押えを目安にすると出来上がり線を写さなくても
上手に縫い進められるのですが
ロックミシンをこの度初めて使い戸惑うことばかりです。
端をカットするので端からという目安は使えないし
ロックミシンは針が落ちる位置もよく見えないし
押えに書いてある針位置のガイドもあてにできません。
皆さんはどのようにロックミシンを出来上がり線にかけているのでしょうか?
何かコツなどがありますか?

Aベストアンサー

出来上がり線にロックをかけるという事は、4本糸のニットソーイングですね。

まず、貴方のロックミシンのかがり幅を確認してください(ミシンそれぞれ違ったり、調節出来たりします)。
4本糸のみで接ぐ(地縫いはしない)場合、通常縫代は1.0cmです。
仮に貴方のロックミシンのかがり幅が0.6cmだった場合、メスで断ち切る幅が0.4cmになれば出来上がりを踏む事になる訳ですので、0.4cm断ち落とす感覚を覚えましょう。

1.0cmの縫代の断ち端を貴方のミシンのどこを目安に縫い進めば0.4cm断ち落とす事になるのか、確認して感覚を掴んでください。

ちなみに、出来上がりに印を付ける事は今後の為にも合理的な仕立て方ではないのでオススメしません。ちなみに、縫製工場やプロの洋裁士さんなども上記方法ですよ。頑張ってくださいね。

Qロックミシン(ベビーロック・ジューキとJUKI)について

はじめまして。ロックミシンを早めに手に入れたいのですが、ミシン専門店にいくとお店によって微妙に勧め方が違うので、どれにすればよいのか困っています。

4本を買おうと考えていて
今、迷っているのはベビーロックの衣縫人かJUKIのMO系です。
恥ずかしながら店員さんに聞くまでジューキとJUKIが別会社であることを知らず、ジューキ(JUKI)なら大丈夫かなと思っていたのですが、話ではロックミシン=ベビーロックのようなことを言われました。
確かにエアー糸通しは魅力的ですが、実際触らせていただいてそこは自力でもなんとか頑張れそうだと感じ、また迷っている二つのミシンはできることの違いもないというお話だったのですが、それでもベビーロックが断然いいと言われました。(国産だから?)

ベビーロックとJUKIの違いとはなんなのでしょうか?JUKIの方が安いので買いたいと思っているのですが、、、踏ん切りがつかなく質問いたしました。
誰か御存じの方がいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MOユーザーの方が書き込んでいらっしゃらないようなので、最早蛇足かもしれませんが…

私もMOと衣縫人と迷ったのですが、実際に両機種お店で試し縫いさせてもらってMOに決めました。

まずベビーロック(衣縫人・糸取)の最大の特徴はエアスルーですが、あくまで私の観点では、あればラクだけど無くても困らないものです。自動糸調子も便利ですが、家庭用のミシンは色んなタイプの布を縫うわけですから、手動で糸調子をいじれるMOの方が微調整が利くという考え方も出来ます。

私にとってMOを購入する最大の決め手となったのは、かがり幅の調節がしやすいことと、縫い目が端正でキレイであること(←勿論糸調子を自分できっちり合わせてこそ得られるものですし、ロックミシンの縫い目は表に出ないものですけどもね。でも糸調子の調節も人の話に聞いていたほど大変じゃないです…普通のオーバーロックでそんなに手こずったことはありません)、動作音が比較的静かであること(これは作業環境にもよると思いますが)、それと掃除がしやすいこと(ご検討の対象になってらっしゃる機種ではどうか分かりませんが、私の買ったものは針の下というか左側のカバーも開けられるので)です。ロックミシンってかなり糸くずやホコリが溜まるので、メンテナンスのしやすさは1つのポイントかと思います。

ただしロックミシンを初めて使うという方にはベビーロックは気が楽ではあると思います。届いてすぐに縫い始められる、という点でも。またユーザーも多いですし、とにかく販売店としてもベビーロックを勧めておけば間違いないと思われているフシはあるので(買ってみたけど使いこなせなくて問い合わせを受ける率で言えば、MOの方が多いであろうことは想像できますし)、圧倒的なシェアを誇っているのは事実です。

MOユーザーの方が書き込んでいらっしゃらないようなので、最早蛇足かもしれませんが…

私もMOと衣縫人と迷ったのですが、実際に両機種お店で試し縫いさせてもらってMOに決めました。

まずベビーロック(衣縫人・糸取)の最大の特徴はエアスルーですが、あくまで私の観点では、あればラクだけど無くても困らないものです。自動糸調子も便利ですが、家庭用のミシンは色んなタイプの布を縫うわけですから、手動で糸調子をいじれるMOの方が微調整が利くという考え方も出来ます。

私にとってMOを購入する最大の...続きを読む

Q布を直角に裁断する方法を教えてください

入園、入学の準備でナフキンやお弁当袋などを作る予定です。
初めてではないのですが、いつも作り物をするときに
布を正確に裁断するのに苦労します。

たとえば長方形の布を切るときなど
30×45としたら、正確に測るのに苦労します。

直角をきれいに取れる方法やグッズなどあったら教えてください。

Aベストアンサー

私は、ホームセンターに売っている。
大工さんの使う。角尺…L型になった鉄尺(30cm)使っています。
布目に関係無く、直角に取りたい時便利です。
そんなに、お値段もしませんし。便利ですよ。

Q日暮里繊維街って実際安いですか?

日暮里繊維街って実際安いですか?

普段はネットショップ等で生地や副材料などを買っています。
また近隣の手芸店にもよく行きますが、材料によってここが一番安い!とか一応気にしてお店を選んでます。
でも、それらのお店と比べても日暮里は安い!という話を聞きます。
服から小物、バッグ等もよく作りますので、少量しか買わない、と言うわけではないです。大量仕入れも可なので今度、日暮里に行こうと思っています。

ただ、お値段なんかはやっぱり安いですか?
通常の(少量でも買える)手芸店などと比べてどうでしょう?

また、レースやモチーフ、ファスナーなどの副材料も通常の手芸店よりは安いんですか?

特に指名買いではなく、プラプラ楽しみながら歩こうと思ってます。品揃えに関しては二三、めぼしをつけているお店もありますが、お値段が調べられませんので質問してみました。

Aベストアンサー

今の時代ではネットでも割と安く生地や材料を手に入れることができる時代なので、お店で直接見て・触って納得した物を安く買える…という点では出向く価値はあるかもしれません。

私も数年前に度々『日暮里は安い!』とあちらこちらで聞いたので、実際に行ってみよう!と思い立って買い物に行った一人です。

最近は滅多に行かなくなりましたが、以前によく行っておりました。

私の個人的な意見ですが、日暮里は問屋街なので大量買い(生地などは基本的に1m単位での販売・時には『数(←自分の希望)mお願いします』と言って、それがたまたま残り少なかった場合は全部お買い上げ…なんてことも何度かありましたし・一反買いの場合はもっと安く買えた気がしますが…)が基本なので、単価あたりで計算すると安く買えたことになるのですが、結果的には必要以上に買い物することになってしまい、交通費なども考慮すると『もの凄く安かった!』という印象にはなりませんでした。

激安品に関しては、製造過程でミスプリントがあった物『=難あり品・B品』だったりも結構ありますので確認の上で購入しないといけませんね。(当然、お店では告知したうえで販売していますが…)

それでも、掘り出し物や・思いがけずこんなモノが…!なんていうこともあるので、一度出向いて見る価値はあると思っています。

お店の数も沢山あるので、あちこち回りながら買い物をし続けると帰りはもの凄い荷物ととてつもない疲労が。。。なんてこともよくありました(笑)

レースやモチーフに関しても、以前に買い物していた際は1m単位だったり・モチーフなどは10枚単位だったり・パック売りだったりも…。

…なので、結果的には『それでもどうしても買いたい!』と思った物をあちこちで買ってしまったりしたので、出向いた際のトータルの予算は結構かさんでしまったりしました。。。

店頭やネットでの買い物は、自分が欲しい分だけ買えるけれどその分、カットする手間や色々(流通の段階・店員が品出ししたり…ネットの場合は画像をアップしたり…)な経費が上乗せされての定価だと改めて思ったものです。

行くなら平日の午前中が良かったような気がします。

お昼~午後以降はお店によってはかなり混んでいて、生地をカットしてもらうだけでもかなり待ったりするお店もあったりなかったり…。

日暮里に行くと、日暮里繊維街のマップがあると思うので、それを参考に回られると良いと思います。

参考URL:http://www.to-yu-realtor.co.jp/guide/map_seni.htm

今の時代ではネットでも割と安く生地や材料を手に入れることができる時代なので、お店で直接見て・触って納得した物を安く買える…という点では出向く価値はあるかもしれません。

私も数年前に度々『日暮里は安い!』とあちらこちらで聞いたので、実際に行ってみよう!と思い立って買い物に行った一人です。

最近は滅多に行かなくなりましたが、以前によく行っておりました。

私の個人的な意見ですが、日暮里は問屋街なので大量買い(生地などは基本的に1m単位での販売・時には『数(←自分の希望)mお願いし...続きを読む

Q洋裁教室でストレスを感じます

数年前から趣味で市販の本を使って子供服や自分の服を作っていましたが、4月から月2回2時間ほどの洋裁教室にも通い始めました。

教室では伊藤式を習っており、製図から行っています。
綿のワンピースを作っていますが、今までの縫い代付き型紙を使ってぱぱっと縫うやり方とは全然違い、製図作り、切りじつけ、仮縫い、補正など、とにかく時間がかかり、やっと本縫いを始めたところです。

始めたばかりなので、先生にも「はじめは時間がかかる、じっくり、こつこつ根気よく、丁寧に正確に手間暇かけて仕上げるのが肝心」と言われています。

確かに知らないことを教えていただけるので、良かったと思うこともあるのですが、時間がかかることに正直かなりストレスを感じます。
生徒の人数も多く、待ち時間もあり、時間ばかりが過ぎ、思うように進みません。
なるべく自宅でできることは、宿題として自分で進めているのですが、宿題をしなきゃと思うと、勉強嫌いな子供に戻ったような気持ちになります(泣)

8月は子供も夏休みなので、教室を休んでいるのですが、その間、心が本当に軽くなって、市販の型紙を使って子供のワンピースなど作って楽しんでいました。

教室で教えていただけると、自分の体型にあった服を作れる、いずれは裏地つきの服に挑戦できるなど良い面もあると思うのですが、ただの綿のワンピースにここまで時間をかける必要があるのか?この数か月のお月謝代で布をいっぱい買えるではないか!?と思ってしまうのです。
作りたいものはナチュラル系の綿や麻のチュニック、ブラウス、ワンピースなどです。

私の根気の無さが悪いのか?
今まで独学で資格なども取ってきたので、人に教わることも苦手かもしれません。
教室に通い出してから、洋裁が楽しくなくなってきたのですが、嫌々ながらも続けていたら、切りじつけや仮縫いなども面倒に思わず慣れてくるのか、結果が出てくるのか?
市販の本を利用しての洋服作りにはやはり限界があるのでしょうか?

教室に通い続けている方に、ご意見をうかがいたいです。

数年前から趣味で市販の本を使って子供服や自分の服を作っていましたが、4月から月2回2時間ほどの洋裁教室にも通い始めました。

教室では伊藤式を習っており、製図から行っています。
綿のワンピースを作っていますが、今までの縫い代付き型紙を使ってぱぱっと縫うやり方とは全然違い、製図作り、切りじつけ、仮縫い、補正など、とにかく時間がかかり、やっと本縫いを始めたところです。

始めたばかりなので、先生にも「はじめは時間がかかる、じっくり、こつこつ根気よく、丁寧に正確に手間暇かけて仕上げる...続きを読む

Aベストアンサー

市販の本での洋服作りには限界があると思います。
よくできているようで、細かいところがわからないのが本なんです。
わかりやすそうで、できそうにみえるけど、いざやってみたらここは?という疑問が出てくるのが本。
「1番わかりやすい」とか「丁寧な」「初心者でも簡単」なんて書かれた本がありますが、本当の初心者がやったら結構わからないところが多いものですよ。
見ながらできる人はある程度の知識・経験がある人です。
先生達だって、先生になるまでには色々な苦労があります。時間も費用もかかっています。
それを本に全部載せてしまうと思いますか?上手にできるコツを簡単に人に教えてしまうと思いますか?
市販の本はそれをみてやってみたけどよくわからないから、教室に通ってみよう・・・という生徒集めの部分もあるんです。
・・・というのが、母の言っていたことです。
(母は和裁以外は編み物・洋裁等全部習っていましたし、今もパッチワークなど習っています)

でも、教える先生もピンキリですよ。
先生の先生のまた先生の・・・という感じです。
先生自体が合わないのであれば、他の教室を探してもいいと思います。
色々教えてくれる人、教えてくれない人、教え方が上手い人、下手な人・・・先生もそれぞれですから。
ただ、やっぱり何でも基本は大切だと思いますよ。
基本ができないと応用で絶対に躓きます。
面倒なしつけやアイロンかけ・・・でも、その一手間が出来上がりを左右するんだと思います。

どの程度のものを作りたいのか・・・にもよると思いますが、習うのが苦痛ならやめて自分でできる範囲で楽しむのもありだと思います。
ただ、趣味というのは時間もお金もかかるものだと思います。
無駄なような月謝代もきっと役にたっているのではないでしょうか?

市販の本での洋服作りには限界があると思います。
よくできているようで、細かいところがわからないのが本なんです。
わかりやすそうで、できそうにみえるけど、いざやってみたらここは?という疑問が出てくるのが本。
「1番わかりやすい」とか「丁寧な」「初心者でも簡単」なんて書かれた本がありますが、本当の初心者がやったら結構わからないところが多いものですよ。
見ながらできる人はある程度の知識・経験がある人です。
先生達だって、先生になるまでには色々な苦労があります。時間も費用もかかっていま...続きを読む

Q袖が先か脇が先か~ブラウスなど縫い合わせ

趣味で洋裁を楽しんでいる者です。
そこで質問なのですが、、、

様々な洋裁本の型紙と縫い進め方を参考にして、
ブラウスやワンピースなど、袖付きの縫い合わせをするにあたって、
あらかじめ袖の脇を縫い、袖を完成させた後に、
袖山を身頃に縫い合わせる手順と、

肩を合わせた身頃に、直接、脇を開いたままの袖山縫い付けをしてから、
袖下脇から身頃脇まで、通していっぺんに縫う手順とが、
あるようなのですが、

この違いは何なのでしょうか。
単に、デザイナーさんの好みなのか、
何か法則があるのか?
素人の私には読み取れないものなので、
教えてください。

後者の方が比較的縫いやすいとも言えますが、
あえて前者で縫うには理由があるのでしょうか?
ヨークのあるなし・衿の始末の方法に拠ったりするのですか?
よろしくお願いいたします。

補足として、
一枚づつ端ミシン処理をして縫い代を開く場合と、開かずに二枚いっぺんに端ミシンを処理する方法、こちらも二通りあるのですが、違いの意味を教えてください。

Aベストアンサー

脇を先に縫って、筒にした袖をつけるのは、丁寧な縫製の場合。
オーダーメイドものや、袖ぐりの縫い代をくるんだりするのはこちら。

袖山と見頃を袖山で繋げてから。裾から袖口までを一気に縫ってしまうのは、工場縫製から発した物で、簡略した縫製。
当然のことながら、袖ぐりの縫い代をくるむことはできません。

何人かの先生に習いましたが、オートクチュールをされていた先生は前者。
既製服を作るお仕事をされてた先生は後者。
あと、型紙も違いますね。(前者は型紙に縫い代が無い。後者は縫い代付きの型紙)

補足の端ミシンについてです。

1枚ずつ処理するのは、工場生産では、精算性がおちます。
なので、問題無ければ2枚まとめて端ミシンはよくあります。
あと、ニットなんかは、端ミシンしながら縫い合わせるので、

ただ、薄地の場合は、2枚まとめて倒れた縫い代が表に響きます。
また、厚地の場合も、2枚まとめてしまうと、これまた厚いのが2枚なので表にひびきます。
だから、表に響きそうな生地は別々。
また表に響かない生地でも、縫製にこだわる人やメーカーは1枚ずつ端ミシンします。

もっと丁寧に作る場合は、縫い代を多め(補正のための余分)にしておいて、端ミシンしないで仮縫いして、できあがりの線が確定して、本縫いが終わってから、1枚ずついらない部分を切り落として端ミシン。
 

脇を先に縫って、筒にした袖をつけるのは、丁寧な縫製の場合。
オーダーメイドものや、袖ぐりの縫い代をくるんだりするのはこちら。

袖山と見頃を袖山で繋げてから。裾から袖口までを一気に縫ってしまうのは、工場縫製から発した物で、簡略した縫製。
当然のことながら、袖ぐりの縫い代をくるむことはできません。

何人かの先生に習いましたが、オートクチュールをされていた先生は前者。
既製服を作るお仕事をされてた先生は後者。
あと、型紙も違いますね。(前者は型紙に縫い代が無い。後者は縫い代付きの型...続きを読む

Qロックミシン針とニット針は同じもの?

楽天などで検索していて疑問に感じました。
ロックミシン針とニット針は同じものですか?
表現が違うだけで同じなのか、それとも違うものなのですか?

Aベストアンサー

どちらも同じくミシン針です
ただ「家庭用ロックミシン」で販売されていても
使用針は「工業用ミシン針」を使用するようになってるロックミシンもあります
「家庭用ミシン針」より「工業用ミシン針」の方がバリエーションが広い
「家庭用ミシン針」より「工業用ミシン針」の方が堅牢です
バリエーションが多くて堅牢なのが長所ですが
堅牢な針は折れた時に跳ねるのが短所です

お持ちのロックミシンの針を確認された方が良いですよ

うちの母親のロックミシンは工業用針だったかな?
でも,叔母のロックミシンは家庭用針です
叔母がうっかり規格違いの針を購入し,頼まれてネットで注文した記憶があります


人気Q&Aランキング

おすすめ情報